Cisco SIP IP Phone アドミニストレータ ガイド
技術仕様
技術仕様
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

技術仕様

物理仕様および稼働環境仕様

ケーブル仕様

各種規定への準拠

接続仕様

技術仕様

この付録では、Cisco SIP IP phone の技術仕様を記述します。

「物理仕様および稼働環境仕様」

「ケーブル仕様」

「各種規定への準拠」

「接続仕様」

物理仕様および稼働環境仕様

次の表は、Cisco SIP IP phone の物理仕様と稼働環境仕様を示しています。

 

表 C-1 Cisco SIP IP phone の物理仕様と稼働環境仕様

仕様
値または範囲

動作温度

0 ~ 40°C(32 ~ 104°F)

動作相対湿度

10 ~ 95%(結露しないこと)

保管温度

-10 ~ 60°C(14 ~ 140°F)

高さ

20.32 cm(8 インチ)

26.67 cm(10.5 インチ)

奥行

15.24 cm(6 インチ)

重量

1.6 kg(3.5 ポンド)

電源

100 ~ 240 VAC、50 ~ 60 Hz、0.5 A:AC アダプタの使用時。

48 VDC、0.2 A:ネットワーク ケーブルを介したインライン電源の使用時

ケーブル

10 Mbps ケーブルの場合、カテゴリ 3 を 2 ペア。
100 Mbps ケーブルの場合、カテゴリ 5 を 2 ペア

距離要件

イーサネット仕様をサポートしているため、IP フォンのほとんどは、IP フォン配線室から 100 m(330 ft)以内に設置されると想定しています。

ケーブル仕様

Cisco SIP IP phone を接続するには、次のケーブルが必要です。

RJ-11、受話器の接続用。

RJ-45 ジャック、LAN 接続用(10/100 SW のラベル付き)。

RJ-45 ジャック、2 つ目の 10Base-T 準拠の接続用(100/100 PC のラベル付き)。

48 V 電源コネクタ。IP フォン電源ジャック(Switchcraft 712A)の中央ピンの直径は、0.1 インチ(2.5 mm)。中央ピンは正(+)電圧。IP フォン上の電源ジャックに合う小型電源プラグは、Switchcraft 760 または同等品。

各種規定への準拠

Cisco IP Phone 7960、7940、および 7910 は、次の安全規格他、他の規格に準拠しています。

CE Marking

安全規格

UL1950

CSA C22.2 No. 950

EN 60950

IEC 60950

AS/NZS 3260

TS001

EMC

AS/NZS 3548 クラス B

VCCI クラス B

FCC(47 CFR)Part 15 クラス B

EN 55022, クラス B

Telecom

IC CS-03

FCC(47 CFR)Part 68

図 C-1 では、Cisco IP Phone 7960、7940、7910、および 7910+SW の FCC クラス B Declaration を示しています。

図 C-1 FCC クラス B Declaration

 

接続仕様

Cisco SIP IP phone には 2 つの RJ-45 ポート(ネットワーク ポートとアクセス ポート)があり、それぞれのポートが、外付け装置用の 10/100 Mbps 半二重、または全二重の接続をサポートします。10 Mbps 接続には、カテゴリ 3 か 5 のどちらかのケーブルを使用できますが、100 Mbps 接続には、カテゴリ 5 のケーブルを使用する必要があります。LAN と IP フォン間のポート IP フォンの背面に向かって左側の RJ-45 ポート)と PC と IP フォン間のポート(右側のポート)は、どちらも衝突を避けるために全二重を使用しています。LAN と IP フォン間のポートは、接続ジャックを使用して、IP フォンをネットワークに接続します。PC と IP フォン間ポートは、コンピュータなどのネットワーク装置を IP フォンに接続します。

Cisco SIP IP phone の背面にある各種ポートを示す図については、「Cisco SIP IP Phone のインストール」を参照してください。