Cisco Virtualization Experience Client Manager 4.9 インストレーション ガイド
参考資料とトラブルシューティング:FTP、IIS、およびファイアウォール情報
参考資料とトラブルシューティング:FTP、IIS、およびファイアウォール情報
発行日;2012/06/28 | 英語版ドキュメント(2012/04/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

参考資料とトラブルシューティング:FTP、IIS、およびファイアウォール情報

Cisco VXC Manager による FTP のインストールおよび設定方法

Windows Server 2003 への FTP のインストールおよび設定

匿名接続専用の FTP サービスの設定

Windows Server 2008 への FTP のインストールおよび設定

Windows Server 2008 への FTP のインストール

Windows Server 2008 での FTP の設定

Windows Server 2008 での FTP の確認

Windows Server 2008 R2 への FTP のインストールおよび設定

Windows Server 2008 R2 への FTP のインストール

Windows Server 2008 R2 での FTP の設定

Windows Server 2008 R2 での FTP の確認

Windows 7 への FTP のインストールおよび設定

Windows 7 への FTP のインストール

Windows 7 での FTP の設定

Windows 7 での FTP の確認

IIS のインストールと設定

Windows Server 2003 への IIS 6.0 のインストールおよび設定

Windows Server 2003 への WebDAV のインストールおよび設定

匿名接続のみを許可するための Windows Server 2003 での WebDAV の設定

Windows Server 2008 への IIS 7.0 のインストール

IIS 7.0 用 WebDAV Extension のインストール

Web.config ファイルの設定

Windows Server 2008 R2 への IIS 7.5 のインストール

Windows 7 への IIS 7.5 のインストール

Cisco VXC Manager での Windows ファイアウォールの使用

参考資料とトラブルシューティング:FTP、IIS、およびファイアウォール情報

Cisco VXC Manager は FTP、IIS、および Windows ファイアウォールを使用するために必要なすべてを自動的にインストールして設定しますが、次の参考情報は環境を理解し、トラブルシューティングを行うために役立ちます。

この章は、次の項で構成されています。

「Cisco VXC Manager による FTP のインストールおよび設定方法」

「IIS のインストールと設定」

「Cisco VXC Manager での Windows ファイアウォールの使用」

Cisco VXC Manager による FTP のインストールおよび設定方法

Cisco VXC Manager で使用するための FTP のインストールおよび設定の方法については、ご使用のサーバのバージョンに応じて、次のいずれかの項を参照してください(手順を手動で実行した場合の説明になっています)。

「Windows Server 2003 への FTP のインストールおよび設定」

「Windows Server 2008 への FTP のインストールおよび設定」

「Windows Server 2008 R2 への FTP のインストールおよび設定」

「Windows 7 への FTP のインストールおよび設定」

Windows Server 2003 への FTP のインストールおよび設定

Windows Server 2003 で FTP を設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [Add or Remove Programs] ダイアログボックスを開きます([Start] > [Control Panel] > [Add or Remove Programs] をクリックします)。

ステップ 2 [Add/Remove Windows Components] アイコンをクリックして、Windows コンポーネント ウィザードを開きます。

ステップ 3 [Components] リストで、[Application Server] チェックボックスをオンにして、[Details] をクリックします。

 

 

ステップ 4 リスト内の [Internet Information Services (IIS)] チェックボックスをオンにしてから [Details] をクリックします。

 

ステップ 5 次のチェックボックスがオンになっていることを確認します。

Common Files

File Transfer Protocol (FTP) Service

Internet Information Services Manager

World Wide Web Service

 

ステップ 6 インストールするその他の IIS 関連サービスやサブコンポーネントがあればチェックボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

ステップ 7 [Next] をクリックします。

ステップ 8 指示されたら、Windows Server の CD-ROM をマシンの CD-ROM または DVD-ROM ドライブに挿入するか、ファイルのロケーションへのパスを指定して [OK] をクリックします。

ステップ 9 [Finish] をクリックします。


 

匿名接続専用の FTP サービスの設定

匿名接続のみを許可するように、Windows Server 2003 で FTP サービスを設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Internet Information Services(IIS)Manager を開きます([Start] > [Administrative Tools] > [Internet Information Services (IIS) Manager] をクリックします)。

ステップ 2 ツリー ペインで、Server_name を展開し(ここで、Server_name はサーバの名前です)、[FTP Sites] を展開します。

 

ステップ 3 ツリー ペインで、[Default FTP Site] を右クリックし、[Properties] を選択して [Properties] ダイアログボックスを開きます。

ステップ 4 [Security Accounts] タブをクリックし、[Allow Anonymous Connections] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

 

ステップ 5 [Home Directory] タブをクリックし、[Read]、[Write]、および [Log visits] のチェックボックスがオンになっていることを確認します。

 

ステップ 6 [Apply] をクリックし、[OK] をクリックします。

ステップ 7 [Internet Information Services (IIS) Manager] ウィンドウを閉じます。

ステップ 8 これで、着信 FTP 要求を受け取るように FTP サーバが設定されました。使用できるようにするファイルを、アクセス用の FTP パブリッシング フォルダにコピーまたは移動します。デフォルト フォルダは、drive:¥Inetpub¥ftproot です(ここで、drive は IIS がインストールされているドライブです)。


 

Windows Server 2008 への FTP のインストールおよび設定

Windows で独自の FTP サーバを設定する前に、Internet Information Services(IIS)がすでにサーバにインストールされていることを確認する必要があります。

Windows Server 2008 への FTP のインストール

Windows Server 2008 に FTP をインストールするには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Administrative Tools] > [Server Manager] をクリックし、[Server Manager] ウィンドウを開きます。

ステップ 2 [Server Manager] ツリー ペインで、[Roles] を展開し、[Web Server (IIS)] をクリックして [Web Server (IIS)] ウィンドウを開きます。

 

ステップ 3 [Web Server (IIS)] ウィンドウの詳細ペインで、[Role Services] までスクロールし、[Add Role Services] をクリックして [Select Role Services] ウィンドウを開きます。

ステップ 4 [Role Services] で [FTP Publishing Service] を展開し、[FTP Server] および [FTP Management Console] のチェックボックスをオンにしてから、[Next] をクリックして [Confirm Installation Selections] ウィンドウを開きます。

 

ステップ 5 確認した後に [Install] をクリックします。

ステップ 6 インストールが完了したら([Results] ウィンドウに成功したインストールが表示されます)、[Close] をクリックします。


 

Windows Server 2008 での FTP の設定

Windows Server 2008 で FTP を設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Administrative Tools] > [Internet Information Services (IIS) Manager] をクリックし、[Internet Information Services (IIS) Manager] ウィンドウを開きます。

ステップ 2 ツリー ペインで、Server_name を展開し(ここで、Server_name はサーバの名前です)、[FTP Sites] を選択します。

ステップ 3 FTP サイトの詳細ペインで、[Click here to launch] リンクをクリックして [IIS 6.0 Manager] ウィンドウを開きます。

 

 

ステップ 4 ツリー ペインで、Server_name を展開し(ここで、Server_name はサーバの名前です)、[FTP Sites] を展開します。


) FTP サイトが停止している場合は、[Start] アイコンをクリックして開始します。


ステップ 5 ツリー ペインで、[Default FTP Site] を右クリックし、[Properties] を選択して [Properties] ダイアログボックスを開きます。

 

ステップ 6 [Security Accounts] タブをクリックし、[Allow Anonymous Connections] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

 

 

ステップ 7 [Home Directory] タブをクリックし、[Read]、[Write]、および [Log visits] のチェックボックスがオンになっていることを確認します。

 

ステップ 8 [Apply] をクリックし、さらに [OK] をクリックします。

ステップ 9 [Internet Information Services (IIS) Manager] ウィンドウを閉じます。

ステップ 10 これで、着信 FTP 要求を受け取るように FTP サーバが設定されました。使用できるようにするファイルを、アクセス用の FTP パブリッシング フォルダにコピーまたは移動します。デフォルト フォルダは、drive:¥Inetpub¥ftproot です(ここで、drive は IIS がインストールされているドライブです)。


 

Windows Server 2008 での FTP の確認

Windows Server 2008 で FTP を確認するには、次の注意事項に従います。

手順


ステップ 1 コマンド プロンプトを開きます([Start] > [Run] をクリックし、 cmd と入力して [OK] をクリックします)。

ステップ 2 ftp localhost と入力します。

ステップ 3 管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

ステップ 4 正常にサインインが行われたことを確認します。

ステップ 5 サービス パネルを開き、FTP サービスが自動的に開始するように設定されていることを確認します。


 

Windows Server 2008 R2 への FTP のインストールおよび設定

Windows で独自の FTP サーバを設定する前に、Internet Information Services(IIS)がすでにサーバにインストールされていることを確認する必要があります。

Windows Server 2008 R2 への FTP のインストール

Windows Server 2008 R2 に FTP をインストールするには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Administrative Tools] > [Server Manager] をクリックし、[Server Manager] ウィンドウを開きます。

ステップ 2 [Server Manager] ツリー ペインで、[Roles] を展開し、[Web Server (IIS)] をクリックして [Web Server (IIS)] ウィンドウを開きます。

ステップ 3 [Web Server (IIS)] の詳細ペインで、[Role Services] までスクロールし、[Add Role Services] をクリックして [Select Role Services] ウィンドウを開きます。

 

ステップ 4 [Role Services] で [FTP Server] を展開し、[FTP Service] および [FTP Extensibility] のチェックボックスをオンにしてから、[Next] をクリックして [Confirm Installation Selections] ウィンドウを開きます。

 

ステップ 5 確認した後に [Install] をクリックします。

ステップ 6 インストールが完了したら([Results] ウィンドウに成功したインストールが表示されます)、[Close] をクリックします。


 

Windows Server 2008 R2 での FTP の設定

Windows Server 2008 R2 で FTP を設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Administrative Tools] > [Internet Information Services (IIS) Manager] をクリックし、[Internet Information Services (IIS) Manager] ウィンドウを開きます。

ステップ 2 ツリー ペインで、[Sites] を右クリックし、[Add FTP Site] を選択して FTP サイトの作成を開始します。

 

ステップ 3 FTP サイト名を入力し、FTP ルート ディレクトリの物理パスを選択して [Next] をクリックします。

 

ステップ 4 IP アドレスのデフォルト値は [All unassigned]、ポートのデフォルト値は [21] のまま使用します。

 

ステップ 5 [Start FTP site automatically] チェックボックスをオンにし、SSL オプションを [No SSL] に変更して [Next] をクリックします。

ステップ 6 [Anonymous] および [Basic Authentication] のチェックボックスをオンにします。

 

ステップ 7 [Allow access to] リストで [All users] を選択します。

ステップ 8 [Read] および [Write] のチェックボックスをオンにします。

ステップ 9 [Finish] をクリックします。


 

Windows Server 2008 R2 での FTP の確認

Windows Server 2008 R2 で FTP を確認するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 コマンド プロンプトを開きます([Start] > [Run] をクリックし、 cmd と入力して [OK] をクリックします)。

ステップ 2 ftp localhost と入力します。

ステップ 3 管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

ステップ 4 正常にサインインが行われたことを確認します。


 

Windows 7 への FTP のインストールおよび設定

Windows で独自の FTP サーバを設定する前に、Internet Information Services(IIS)がすでにサーバにインストールされていることを確認する必要があります。

Windows 7 への FTP のインストール

Windows 7 に FTP をインストールするには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Control Panel] をクリックしてコントロール パネルを開きます。

ステップ 2 [Programs] > [Programs and Features] をクリックし、左のペインにある [Turn Windows Features on or off] をクリックして [Windows Features] ウィンドウを開きます。

ステップ 3 [Internet Information Services] までスクロールします。

ステップ 4 [Internet Information Services] を展開してから、[FTP Server] を展開します。

 

ステップ 5 [FTP Server] の下にある [FTP Extensibility] および [FTP Service] のチェックボックスをオンにしてから [OK] をクリックして FTP をインストールします。


 

Windows 7 での FTP の設定

Windows 7 で FTP を設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Control Panel] > [Administrative Tools] > [Internet Information Services (IIS) Manager] をクリックし、Internet Information Services(IIS)Manager を開きます。


) コントロール パネルに [Administrative Tools] が表示されない場合は、[View by] リストから [Small icons] または [Large icons] を選択します。


ステップ 2 ツリー ペインで、[Sites] を右クリックし、[Add FTP Site] を選択して FTP サイトの作成を開始します。

 

ステップ 3 FTP サイト名を入力し、FTP ルート ディレクトリの物理パスを選択して [Next] をクリックします。

 

ステップ 4 IP アドレスのデフォルト値は [All unassigned]、ポートのデフォルト値は [21] のまま使用します。

 

ステップ 5 [Start FTP site automatically] チェックボックスをオンにし、SSL オプションを [No SSL] に変更して [Next] をクリックします。

ステップ 6 [Anonymous] および [Basic Authentication] のチェックボックスをオンにします。

 

ステップ 7 [Allow access to] リストで [All users] を選択します。

ステップ 8 [Read] および [Write] のチェックボックスをオンにします。

ステップ 9 [Finish] をクリックします。


 

Windows 7 での FTP の確認

Windows 7 で FTP を確認するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 コマンド プロンプトを開きます([Start] > [Run] をクリックし、 cmd と入力して [OK] をクリックします)。

ステップ 2 ftp localhost と入力します。

ステップ 3 管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

ステップ 4 正常にログインが行われたことを確認します。


 

IIS のインストールと設定

Cisco VXC Manager で使用するための IIS のインストールおよび設定の方法については、ご使用のオペレーティング システムに応じて、次のいずれかの項を参照してください(手順を手動で実行した場合の説明になっています)。

「Windows Server 2003 への IIS 6.0 のインストールおよび設定」

「Windows Server 2008 への IIS 7.0 のインストール」

「Windows Server 2008 R2 への IIS 7.5 のインストール」

「Windows 7 への IIS 7.5 のインストール」

Windows Server 2003 への IIS 6.0 のインストールおよび設定

Windows Server 2003 で IIS 6.0 をインストールおよび設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [Add or Remove Programs] ダイアログボックスを開きます([Start] > [Control Panel] > [Add or Remove Programs] をクリックします)。

ステップ 2 [Add/Remove Windows Components] アイコンをクリックして、Windows コンポーネント ウィザードを開きます。

ステップ 3 [Components] リストで、[Application Server] チェックボックスをオンにします。


) [Application Server] を選択すると、Internet Information Services(IIS)のデフォルト インストールが実行され、証明書サービスに必要のないコンポーネントが組み込まれます。このインストールは、ほとんどの場合、隔離されたテスト環境として使用できます。ただし、テスト環境を実稼動ネットワークに接続する予定がある場合は、組織のセキュリティ ポリシーを確認してインストールする必要があるコンポーネントを判断してください。


 

ステップ 4 [Next] をクリックします。

ステップ 5 ウィザードによるインストールが完了したら、[Finish] をクリックします。


 

Windows Server 2003 への WebDAV のインストールおよび設定

Windows Server 2003 で WebDAV をインストールおよび設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [Add or Remove Programs] ダイアログボックスを開きます([Start] > [Control Panel] > [Add or Remove Programs] をクリックします)。

ステップ 2 [Add/Remove Windows Components] アイコンをクリックして、Windows コンポーネント ウィザードを開きます。

ステップ 3 [Components] リストで、[Application Server] チェックボックスをオンにして、[Details] をクリックします。

 

ステップ 4 [Internet Information Services (IIS)] チェックボックスをオンにしてから [Details] をクリックします。

 

ステップ 5 [World Wide Web Service] チェックボックスをオンにしてから [Details] をクリックします。

 

ステップ 6 [WebDAV Publishing] および [World Wide Web Service] のチェックボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

 

ステップ 7 [Next] をクリックします。

ステップ 8 指示されたら、Windows Server の CD-ROM をマシンの CD-ROM または DVD-ROM ドライブに挿入するか、ファイルのロケーションへのパスを指定して [OK] をクリックします。

ステップ 9 [Finish] をクリックします。


 

匿名接続のみを許可するための Windows Server 2003 での WebDAV の設定

匿名接続のみを許可するように、Windows Server 2003 で WebDAV を設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Internet Information Services(IIS)Manager を開きます([Start] > [Administrative Tools] > [Internet Information Services (IIS) Manager] をクリックします)。

ステップ 2 ツリー ペインで、Server_name を展開します(ここで、Server_name はサーバの名前です)。

 

ステップ 3 ツリー ペインで、[Web Service Extension] をクリックします。

ステップ 4 詳細ペインで、[WebDAV] を右クリックし、メニューから [Allow] を選択します。

 

ステップ 5 ツリー ペインで、Server_name を右クリックします(ここで、Server_name はサーバの名前です)。

ステップ 6 メニューから [All Tasks] > [Restart IIS] を選択します。

 


 

Windows Server 2008 への IIS 7.0 のインストール

デフォルトで、Windows Server 2008 に IIS 7.0 はインストールされません。Server Manager の [Add Roles] ウィザードを使用して、IIS をインストールできます。サーバに IIS をインストールした後、IIS 7.0 用 WebDAV Extension をインストールします(「IIS 7.0 用 WebDAV Extension のインストール」を参照)。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Administrative Tools] > [Server Manager] をクリックし、[Server Manager] ウィンドウを開きます。

ステップ 2 [Server Manager] ツリー ペインで、[Roles] をクリックします。

ステップ 3 詳細ペインで、[Add Roles] > [Server Roles] をクリックします。

 

ステップ 4 [Select Server Roles] 画面で、[Web Server (IIS)] を選択して [Next] をクリックし、再度 [Next] をクリックして [Select Role Services] ウィンドウを開きます。

ステップ 5 [Roles Services] の下にある [Web Server] を展開し、[Common HTTP Features] を展開して、[HTTP Redirection] チェックボックスをオンにします。

 

ステップ 6 [Web Server] の下にある [Application Development] を展開し、[ISAPI Extensions] チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 [Web Server] の下にある [Security] を展開し、[Basic Authentication] および [Windows Authentication] のチェックボックスをオンにして、[Request Filtering] オプションがオフになっていることを確認します。

ステップ 8 [Web Server] の下にある [Performance] を展開し、各オプションがオフになっていることを確認します([Static Content Compression] および [Dynamic Content Compression] がオフになっている必要があります)。

ステップ 9 [Web Server] の下にある [Management Tools] を展開し、[IIS Management Console] および [IIS Management Scripts and Tools] のチェックボックスをオンにします。

ステップ 10 [Web Server] の下にある [IIS 6 Management Compatibility] を展開し、そのすべてのオプションが選択されていることを確認します。

 

 

ステップ 11 [Next] をクリックして [Confirm Installation Selections] ウィンドウを開きます。

ステップ 12 確認した後に [Install] をクリックします。

ステップ 13 インストールが完了したら([Results] ウィンドウに成功したインストールが表示されます)、[Close] をクリックします。


 

IIS 7.0 用 WebDAV Extension のインストール

IIS 7.0 用の WebDAV Extension をインストールするには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 IIS 7.0 用 WebDAV Extension の 32 ビット インストール パッケージを次の URL からダウンロードします。

http://blogs.iis.net/robert_mcmurray/archive/2008/03/12/webdav-extension-for-windows-server-2008-rtm-is-released.aspx

ステップ 2 ダウンロードしたら、 webdav_x86_rtw.msi をダブルクリックし、[Microsoft WebDAV Extension for IIS 7.0 Setup] ウィザードを開いて使用します。

 

ステップ 3 ソフトウェアをインストールした後、[Finish] をクリックします。


 

Web.config ファイルの設定

Web.config ファイルを変更して、次のエラーを防止できます。

30 MB を超えるファイルのアップロードの失敗。

URL およびクエリーの文字列サイズが適切でないときの Merlin イメージ化の失敗。

次の項目を Web.config ファイルに追加します(Web.config ファイルは inetpub¥wwwroot フォルダにあります)。

<security>
<requestFiltering>
<requestLimitsmaxAllowedContentLength="4294967296" maxUrl="8000" maxQueryString="8000" />
</requestFiltering>
</security>

次に、項目を追加した後の web.config ファイルの例を示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<configuration>
<system.webServer>
<directoryBrowse enabled="true" showFlags="Date, Time,
Size, Extension, LongDate" />
:

:
<security>
<requestFiltering>
<requestLimitsmaxAllowedContentLength="4294967296"
maxUrl="8000" maxQueryString="8000" />
</requestFiltering>
</security>
</system.webServer>
</configuration>

Windows Server 2008 R2 への IIS 7.5 のインストール

デフォルトで、Windows Server 2008 R2 に IIS 7.5 はインストールされません。Server Manager の [Add Roles] ウィザードを使用して、IIS をインストールできます。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Administrative Tools] > [Server Manager] をクリックし、[Server Manager] ウィンドウを開きます。

ステップ 2 [Server Manager] ツリー ペインで、[Roles] を選択し、[Add Roles] をクリックして [Add Roles] ウィザード ウィンドウを開きます。

ステップ 3 [Add Roles] ウィザードで、[Server Roles] をクリックし、[Web Server (IIS)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [Add Roles] ウィザードで、[Server Roles] > [Web Server (IIS)] > [Role Services] をクリックします。

ステップ 5 [Role Services] の下にある [Web Server] を展開し、[Common HTTP Features] を展開して、[WebDAV Publishing] チェックボックスをオンにします。

 

ステップ 6 [Role Services] の下にある [Application Development] を展開し、[ISAPI Extension] チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 [Role Services] の下にある [Security] を展開し、[Basic Authentication] および [Windows Authentication] のチェックボックスをオンにして、[Request Filtering] オプションがオフになっていることを確認します。

ステップ 8 [Role Services] の下にある [Performance] を展開し、各オプションがオフになっていることを確認します([Static Content Compression] および [Dynamic Content Compression] がオフになっている必要があります)。

ステップ 9 [Role Services] の下にある [Management Tools] を展開し、[IIS Management Console] および [IIS Management Scripts and Tools] のチェックボックスをオンにします。

ステップ 10 [Role Services] の下にある [IIS 6 Management Compatibility] を展開し、すべてのオプションが選択されていることを確認してから、[Next] をクリックして [Confirm Installation Selections] ウィンドウを開きます。

 

ステップ 11 確認した後に [Install] をクリックします。

ステップ 12 インストールが完了したら([Results] ウィンドウに成功したインストールが表示されます)、[Close] をクリックします。

ステップ 13 Windows Server 2008 R2 に IIS 7.5 を正常にインストールした後、次の詳細設定を確認する必要があります。

[Enable 32-Bit Applications] が [True] に設定されていること。

[Idle Time-out (minutes)] が [0](ゼロ)に設定されていること。

次のガイドラインに従います。

a. タスクバーで、[Start] > [Administrative Tools] > [Internet Information Services (IIS) Manager] をクリックし、[Internet Information Services (IIS) Manager] ウィンドウを開きます。

b. [Internet Information Services (IIS) Manager] ツリー ペインで、[Server] を展開し、[Application Pools] をクリックして [Application Pools] リストに [DefaultAppPool] を表示します。

c. [DefaultAppPool] を右クリックし、[Advanced Settings] を選択して [Advanced Settings] ウィンドウを開きます。

 

d. [General] セクションで、[Enable 32-Bit Applications] が [True] に設定されていることを確認します。

e. [Process Model] セクションで、[Idle Time-out(minutes)] [0](ゼロ)に設定されていることを確認します。

 

ステップ 14 「Cisco VXC Manager のインストールおよびアップグレード」に進みます。


 

Windows 7 への IIS 7.5 のインストール

デフォルトで、Windows 7 に IIS 7.5 はインストールされません。[Programs and Features] の [Turn Windows Features On or Off] ウィザードを使用して、IIS をインストールできます。

手順


ステップ 1 タスクバーで、[Start] > [Control Panel] をクリックしてコントロール パネルを開きます。

ステップ 2 [Programs] > [Programs and Features] をクリックし、左のペインにある [Turn Windows Features on or off] をクリックして [Windows Features] ウィンドウを開きます。

ステップ 3 [Internet Information Services] までスクロールします。

 

ステップ 4 [Internet Information Services] を展開します。

ステップ 5 [Web Management Tools] を展開し、[IIS 6 Management Compatibility]、[IIS Management Console]、および [IIS Management Scripts and Tools] チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [World Wide Web Services] を展開し、[Application Development Features] を展開して、[ISAPI Extensions] チェックボックスをオンにします。

 

ステップ 7 [World Wide Web Services] の下にある [Common HTTP Features] を展開し、[Default Document]、[Directory Browsing]、[HTTP Errors]、[HTTP Redirection]、[Static Content]、および [WebDAV Publishing] のチェックボックスをオンにします。

ステップ 8 [World Wide Web Services] の下にある [Performance Features] を展開し、すべてのオプションがオフになっていることを確認します([Dynamic Content Compression] および [Static Content Compression] がオフになっている必要があります)。

ステップ 9 [World Wide Web Services] の下にある [Security] を展開し、[Basic Authentication] および [Windows Authentication] のチェックボックスをオンにして、[Request Filtering] オプションがオフになっていることを確認します。

 

ステップ 10 [OK] をクリックして IIS をインストールします。

ステップ 11 「Cisco VXC Manager のインストールおよびアップグレード」に進みます。


 

Cisco VXC Manager での Windows ファイアウォールの使用

Windows ファイアウォールを使用していて、Windows Server 2003(32 ビット)または Windows Server 2003 R2 SP2(32 ビット)で Cisco VXC Manager を実行している場合、Cisco VXC Manager は管理者としてログオンし、Cisco VXC Manager DHCP Proxy、Cisco VXC Manager TFTP、Inetinfo、Rptservicelogs の各プログラムを [Windows Firewall] ダイアログボックスの [Exceptions] タブにある [Programs and Services] リストに追加します([Windows Firewall] の例外リストへの追加の詳細については、Microsoft 社の Web サイトにある Microsoft 社のマニュアルを参照してください)。


注意 この手順は、Cisco VXC Manager のインストールまたはアップグレードを行った各サーバで実行されます。