Cisco H.323 Signaling Interface ユーザ ガイド Guide Cisco HSI Release 4.3.2
索引
A
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

A

ack-alm コマンド  A-10

ALARMDEBOUNCETIME パラメータ  5-2

Asymmetric Codec Treatment  3-33

C

CIAgent  4-3

CIAGENTSCANPERIOD パラメータ  4-3

Cisco HSI

「HSI」を参照

Cisco HSI のアンインストール  2-23

Cisco HSI の再起動  4-1

clr-alm コマンド  5-4, A-11

clr-meas コマンド  4-6, A-12

CONFIG_CHANGE アラーム  5-10

CONFIGURATION_FAILURE アラーム  5-5

D

diaglog コマンド  A-5, A-13

E

E-ISUP

概要  1-4

プロトコル  1-4

EISUP_PATH_FAILURE アラーム  5-6

Empty Capability Set  3-33

ENDPOINT_CALL_CONTROL_INTERFACE_FAILURE アラーム  5-11

ENDPOINT_CHANNEL_INTERFACE_FAILURE アラーム  5-11

Enhanced ISDN ユーザ パート

「E-ISUP」を参照

G

GAPPED_CALL_NORMAL アラーム  5-12

GAPPED_CALL_PRIORITY アラーム  5-12

GATEKEEPER_INTERFACE_FAILURE アラーム  5-7

GENERAL_PROCESS_FAILURE アラーム  5-7

H

h コマンド  A-14

H.225 Notify メッセージ  3-36

H.245

カウンタ グループ  4-3

コーデックのパラメータ  3-25

パラメータ  3-24

H.323

IP ネットワーク  1-2

スタック

システム パラメータ  3-20

設定  3-20

ネットワーク  1-2

H.323 Signaling Interface

「HSI」を参照

H.323 から SIP へのインターワーキング  3-36

H.323 ヘアピン  3-34

H323_STACK_FAILURE アラーム  5-5

help コマンド  A-8, A-15

HSI

Asymmetric Codec Treatment  3-33

Empty Capability Set  3-33

H.323 ヘアピン  3-34

hsirestore スクリプト  6-11

MML セッション、設定  A-2

T.38 Fax  3-34

アップグレード  2-21

アンインストール  2-23

インストール

以前のバージョン  2-21

サブディレクトリ  2-6

手順  2-3

必要な情報  2-5

インストール前の作業  2-3

概要  1-2

キャリア コード マッピング  3-37

サービス  1-2

再起動  4-1

削除  2-23

サブシステム  1-3

ステータス  4-2

設定  2-19

概要  3-1

ソフトウェア要件  1-5

停止  2-18

デフォルト

グループ名  2-5

ゲートキーパーのポート  2-5

ベース ディレクトリ パス  2-8

ユーザ名  2-5

ハードウェア要件  1-5

バックアップ ファイルのリスト表示  6-10

バックアップ手順  6-1, 6-2

削除  6-6

自動  6-3

リスト表示  6-8

復元手順  6-1, 6-10

リカバリ  1-5

HSI による INFORMATION メッセージのサポート  3-35

HSI による Notify のサポート  3-36

HSI によるテクニカル プレフィクスのサポート  3-35

I

IP ネットワーク

H.323 ネットワーク  1-2

PSTN  1-2

IP_LINK_FAILURE アラーム  5-7

L

LOGDIRECTORY パラメータ  4-10

LOGFILEROTATEINTERVAL パラメータ  4-9

LOGFILEROTATESIZE パラメータ  4-9

LOW_DISK_SPACE アラーム  5-8

M

MML 応答メッセージ

エラー  A-7

ステータス  A-7

MML コマンド

大文字と小文字の区別  A-4

構文  A-3

表記法  A-3

MML セッション

help  A-8

開始  A-4

終了  A-8

設定  A-2

MML 設定コマンド

エクスポート  3-3

コンポーネント  3-3

セッション  3-3

O

OAM サブシステム  1-3

OVERLOAD_LEVEL1 アラーム  5-13

OVERLOAD_LEVEL2 アラーム  5-10

OVERLOAD_LEVEL3 アラーム  5-8

OVLDLEVEL1FILTER パラメータ  4-7

OVLDLEVEL1PERCENT パラメータ  4-7

OVLDLEVEL1THRESHLOWERCALLS パラメータ  4-7

OVLDLEVEL1THRESHLOWERCPU パラメータ  4-7

OVLDLEVEL1THRESHUPPERCALLS パラメータ  4-7

OVLDLEVEL1THRESHUPPERCPU パラメータ  4-7

OVLDLEVEL2FILTER パラメータ  4-7

OVLDLEVEL2PERCENT パラメータ  4-7

OVLDLEVEL2THRESHLOWERCALLS パラメータ  4-7

OVLDLEVEL2THRESHLOWERCPU パラメータ  4-7

OVLDLEVEL2THRESHUPPERCALLS パラメータ  4-7

OVLDLEVEL2THRESHUPPERCPU パラメータ  4-7

OVLDLEVEL3FILTER パラメータ  4-8

OVLDLEVEL3PERCENT パラメータ  4-8

OVLDLEVEL3THRESHLOWERCALLS パラメータ  4-8

OVLDLEVEL3THRESHLOWERCPU パラメータ  4-8

OVLDLEVEL3THRESHUPPERCALLS パラメータ  4-8

OVLDLEVEL3THRESHUPPERCPU パラメータ  4-8

P

PGW 2200

説明  1-2

PKINST ファイル  2-12, 2-21

prov-add コマンド  3-11, A-16

prov-cpy コマンド  A-17

prov-dlt コマンド  3-11, A-18

prov-ed コマンド  3-11, A-19

prov-exp コマンド  A-20

PROVISIONING_INACTIVITY_TIMEOUT アラーム  5-13

prov-rtrv コマンド  A-21

prov-sta コマンド  A-5, A-23

prov-stp コマンド  A-5, A-25

Q

Q.931  4-3

Q.931 のパラメータ  3-20

quit コマンド  A-8, A-26

R

radlog コマンド  A-27

RAS

カウンタ グループ  4-3

パラメータ  3-21

restart-softw コマンド  4-1, A-28

rtrv-alms コマンド  5-3, A-29

rtrv-alms:cont コマンド  5-3

rtrv-calls コマンド  A-30

rtrv-ctr コマンド  4-6, A-31

rtrv-dest コマンド  A-32

rtrv-gapping コマンド  4-15, A-33

rtrv-log コマンド  A-35

rtrv-mml コマンド  A-36

rtrv-ne コマンド  A-36

rtrv-ne-health コマンド  A-37

rtrv-overload コマンド  4-9, A-38

rtrv-softw コマンド  4-2, A-39

RUDP

概要  1-4

プロトコル  1-4

S

set-dest-state コマンド  A-40

set-gapping コマンド  4-15, A-41

set-log コマンド  4-9, 4-11, A-42, A-44

set-overload コマンド  A-43

Signaling Interface

「HSI」を参照

SNMP

MIB  4-3

サブエージェント  4-3

トラップ タイプ  5-3

マネージャ  5-2

Solaris 8 オペレーティング システム

インストール  2-2

sta-callproc コマンド  4-2, A-44

sta-softw コマンド  4-2, A-45

STOP_CALL_PROCESSING アラーム  5-14

stp-call コマンド  A-45

stp-callproc コマンド  4-2, A-46

stp-softw コマンド  4-2, A-46

T

T.38 Fax  3-34

trv-config コマンド  A-30

V

VSC_FAILURE アラーム  5-9

アクティブなログ ファイル  4-9

アップデート タイプ  3-21, 3-24

アラーム

CONFIG_CHANGE  5-10

CONFIGURATION_FAILURE  5-5

EISUP_PATH_FAILURE  5-6

ENDPOINT_CALL_CONTROL_INTERFACE_FAILURE  5-11

ENDPOINT_CHANNEL_INTERFACE_FAILURE  5-11

GAPPED_CALL_NORMAL  5-12

GAPPED_CALL_PRIORITY  5-12

GATEKEEPER_INTERFACE_FAILURE  5-7

GENERAL_PROCESS_FAILURE  5-7

H323_STACK_FAILURE  5-5

IP_LINK_FAILURE  5-7

LOW_DISK_SPACE  5-8

OVERLOAD_LEVEL1  5-13

OVERLOAD_LEVEL2  5-10

OVERLOAD_LEVEL3  5-8

PROVISIONING_INACTIVITY_TIMEOUT  5-13

SNMP マネージャ  5-2

STOP_CALL_PROCESSING  5-14

VSC_FAILURE  5-9

確認  5-4

クリア  5-4

重大度

クリティカル  5-2

情報  5-2

マイナー  5-2

メジャー  5-2

取得  5-3

デバウンス期間  5-2

トラップ タイプ  5-3

トラブルシューティング  5-5

リスト  5-4

アラームに関するトラブルシューティング  5-5

アラームの確認  5-4

アラームのクリア  5-4

アレイ インデックス  3-21

インストール手順

Cisco HSI  2-3

Solaris 8 オペレーティング システム  2-2

開始

MML セッション  A-4

コール処理  4-2

コール処理アプリケーション  4-2

バッチ ファイル  A-5

カウンタ グループ

H.245  4-3

RAS  4-3

カウンタ、取得  4-6

過負荷

説明  4-7

データ

取得  4-9

設定  4-8

レベル 1  4-7

レベル 2  4-7

レベル 3  4-8

関連資料  xviii

ギャッピング

コール タイプ  4-15

設定  4-15

説明  4-15

データの取得  4-15

レベル  4-15

キャリア コード マッピング

パラメータ  3-30

有効化  3-38

クリティカル重大度  5-2

グループ名、設定  2-3

コーデックのパラメータ  3-25

コール関連の測定値  4-3

コール処理

開始  4-2

停止  4-2

コール処理アプリケーション

開始  4-2

停止  4-2

コール制御サブシステム  1-3

コマンド

ack-alm  A-10

clr-alm  5-4, A-11

clr-meas  4-6, A-12

diaglog  A-5, A-13

h  A-14

help  A-8, A-15

MML 設定  3-3

prov-add  3-11, A-16

prov-cpy  A-17

prov-dlt  3-11, A-18

prov-ed  3-11, A-19

prov-exp  A-20

prov-rtrv  A-21

prov-sta  A-5, A-23

prov-stp  A-5, A-25

quit  A-8, A-26

radlog  A-27

restart-softw  4-1, A-28

rtrv-alms  5-3, A-29

rtrv-alms:cont  5-3

rtrv-calls  A-30

rtrv-ctr  4-6, A-31

rtrv-dest  A-32

rtrv-gapping  4-15, A-33

rtrv-log  A-35

rtrv-mml  A-36

rtrv-ne  A-36

rtrv-ne-health  A-37

rtrv-overload  4-9, A-38

rtrv-softw  4-2, A-39

set-dest-state  A-40

set-gapping  4-15, A-41

set-log  4-9, 4-11, A-42, A-44

set-overload  A-43

sta-callproc  4-2, A-44

sta-softw  4-2, A-45

stp-call  A-45

stp-callproc  4-2, A-46

stp-softw  4-2, A-46

rtrv-config  A-30

システム関連の測定値  4-3

システム設定データ

スタティック  3-6

ダイナミック  3-11

重要なパラメータのクイック リファレンス  3-27

取得

カウンタ  4-6

過負荷データ  4-9

ギャッピング データ  4-15

情報

イベント  5-2

重大度  5-2

資料

関連  xviii

設定

Cisco HSI  2-19

H.323 スタック  3-20

MML セッション  A-2

過負荷データ  4-8

ギャッピング  4-15

グループ名とユーザ名  2-3

コマンドのパラメータ  3-3

測定値

コール関連  4-3

システム関連  4-3

リセット  4-6

測定値のリセット  4-6

ソフトウェア要件  1-5

調整可能なパケット化のサポート  3-36

停止

Cisco HSI  2-18

コール処理  4-2

コール処理アプリケーション  4-2

データ

静的  B-1

設定可能  B-1

定数  B-1

動的  B-1

プロビジョニング可能  B-1

デバウンス  5-2

デフォルトのアクティブなログ ファイル  4-9

トラップ タイプ  5-3

ハードウェア要件  1-5

パケット化

ダイナミック  3-37

同期  3-37

パケット化のサポート

調整可能  3-36

バックアップ ファイルの復元  6-10

バックアップ手順

削除  6-6

自動  6-3

手動  6-2

リスト表示  6-8

バッチ ファイル

開始  A-5

作成  A-5

説明  A-5

~へのロギング  A-5

パラメータ

ALARMDEBOUNCETIME  5-2

CIAGENTSCANPERIOD  4-3

H.245  3-24

LOGDIRECTORY  4-10

LOGFILEROTATEINTERVAL  4-9

LOGFILEROTATESIZE  4-9

OVLDLEVEL1FILTER  4-7

OVLDLEVEL1PERCENT  4-7

OVLDLEVEL1THRESHLOWERCALLS  4-7

OVLDLEVEL1THRESHLOWERCPU  4-7

OVLDLEVEL1THRESHUPPERCALLS  4-7

OVLDLEVEL1THRESHUPPERCPU  4-7

OVLDLEVEL2FILTER  4-7

OVLDLEVEL2PERCENT  4-7

OVLDLEVEL2THRESHLOWERCALLS  4-7

OVLDLEVEL2THRESHLOWERCPU  4-7

OVLDLEVEL2THRESHUPPERCALLS  4-7

OVLDLEVEL2THRESHUPPERCPU  4-7

OVLDLEVEL3PERCENT  4-8

OVLDLEVEL3THRESHLOWERCALLS  4-8

OVLDLEVEL3THRESHLOWERCPU  4-8

OVLDLEVEL3THRESHUPPERCALLS  4-8

OVLDLEVEL3THRESHUPPERCPU  4-8

コーデック  3-25

パラメータOVLDLEVEL3FILTER  4-8

表記法

MML コマンド  A-3

マニュアル  xvi

復元手順  6-1, 6-10

hsirestore スクリプト  6-11

プロトコル

E-ISUP  1-4

RUDP  1-4

マイナー重大度  5-2

マニュアルの表記法  xvi

マンマシン言語

「MML」を参照

メジャー重大度  5-2

メッセージ、ログ  4-10

ユーザ名、設定  2-3

リライアブル ユーザ データグラム プロトコル

「RUDP」を参照

ロギング

説明  4-9

バッチ ファイル  A-5

ログ ファイル

アクティブ  4-9

回転  4-9

形式  4-9

場所  4-10

命名規則  4-9

ログ ファイルの回転  4-9

ログ メッセージ

形式  4-10

ログレベル、設定  4-11