Cisco Unified IP Phone 7906G/7911G ユーザ ガイド for Cisco Unified Communications Manager 9.0(SCCP および SIP)
ハンドセット、ヘッドセット、およびスピーカ
ハンドセット、ヘッドセット、およびスピーカ
発行日;2012/09/12   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ハンドセット、ヘッドセット、およびスピーカ

Cisco Unified IP Phone 7906G/7911G には、ハンドセットとスピーカが含まれています。 オプションのヘッドセットも使用できます。

ワイドバンド ハンドセットの設定

ヘッドセットをハンドセット ポートに接続する場合は、ワイドバンド ハンドセットの設定が無効になっていることを確認してください。 [ユーザ設定] > [オーディオ設定] > [ワイドバンド ハンドセット] を選択します。


(注)  


ワイドバンド ハンドセットの設定がグレー表示になっている場合、ユーザはこの設定を制御できません。この設定を変更するには、システム管理者に連絡する必要があります。


ヘッドセット

ヘッドセットを使用するには、ハンドセットを取り外し、ヘッドセットをハンドセット ポートに接続します。 ヘッドセットの購入については、ヘッドセットのサポートを参照してください。

スピーカフォン

Cisco Unified IP Phone 7906G/7911G では、スピーカを使用してハンズフリーで音声を聞くことができます。 スピーカを使用する場合、電話機にはマイクロフォンが内蔵されていないため、会話を聞くことはできますが、話すことはできません。 通話中に会話するには、ハンドセットを使用します。

次の 2 つの方法のいずれかで、スピーカを使用できます。どちらの方法を使用できるかは、システム管理者が電話機に対してどちらの機能を有効にしているかによって決まります。 電話機に対して次のいずれかの機能を有効にできますが、両方同時に有効にはできません。

  • グループ リッスン
  • モニタ(デフォルト)

グループ リッスン機能

次の表は、グループ リッスン機能の使用方法を示しています。

目的

操作

ハンドセットを使用する

オフフックにするにはハンドセットを取り上げます。オンフックにするにはハンドセットを受け台に戻します。

ハンドセットを使用して話すと同時に、スピーカで聞く(グループ リッスン)

[GListen] を押します。

(注)     

システム管理者がグループ リッスンを有効にしている場合にだけ、[GListen] ソフトキーが表示されます。

グループ リッスンをオフにし、ハンドセットを使用する

[GLOff] を押します。

グループ リッスンの使用後に切断する

[終了] を押すか、電話を切ります。

コールの音量レベルを調節する

(注)     

グループ リッスンを使用している場合は、音量を調節すると、ハンドセットではなくスピーカの音量だけが変更されます。

コール中またはダイヤル トーンが聞こえているときに音量の上下ボタンを押します。

以降のコール用に音量レベルを保存するには、[保存] を押します。

モニタ機能

次の表は、モニタ機能の使用方法を示しています。

目的

操作

ハンドセットを使用する

オフフックにするにはハンドセットを取り上げます。オンフックにするにはハンドセットを受け台に戻します。

通話をスピーカで聞く

[モニタ] を押し、ハンドセットを置きます。 通話を聞くことはできますが、話すことはできません。

(注)     

グループ リッスンが有効である場合、[モニタ] ソフトキーと [モニタオフ] ソフトキーは使用できません。

スピーカをオフにし、ハンドセットを使用する

ハンドセットを取り上げるか、[モニタオフ] を押します。

(注)     

グループ リッスンが有効である場合、[モニタ] ソフトキーと [モニタオフ] ソフトキーは使用できません。

スピーカをオフにし、終了する

[終了] を押します。

コールのスピーカ音量レベルを調節する

コール中またはダイヤル トーンが聞こえているときに音量の上下ボタンを押します。

以降のコール用に音量レベルを保存するには、[保存] を押します。

ヒント

  • システム管理者によって電話機のスピーカを使用できないように設定されている場合、[Glisten][GLOff][モニタ][モニタオフ] の各ソフトキーは使用できません。 ハンドセットを取り上げて、コールの発信やモニタを行う必要があります。
  • 音量ボタンを押すと、使用中の装置(ハンドセットまたはスピーカ)の音量が変わります。 グループ リッスン モードおよびモニタ モードでは、音量調節はスピーカを対象としており、ハンドセットを対象としていません。

(注)  


ハンドセットを変更するなど、ハンドセットのワイドバンド設定を変更する必要がある場合は、 を押し、[設定] > [ユーザ設定] > [オーディオ設定] > [ワイドバンド ハンドセット] を選択します。 ワイドバンド ハンドセットの設定がグレー表示になっている場合、ユーザはこの設定を変更できません。



(注)  


システム管理者に、電話機システムがワイドバンドを使用するように設定されているかどうかを確認します。 システムがワイドバンド対応に設定されていない場合は、ワイドバンド ハンドセットを使用してもオーディオの感度が上がったとは感じられない場合があります。 詳細については、ハンドセットのマニュアルを参照するか、システム管理者にお問い合わせください。


自動応答

自動応答機能が有効な場合、呼出音が数回鳴った後、電話機が自動的に応答します。 システム管理者は、自動応答においてコールへの応答にスピーカを使用するよう設定できます。 ただし、スピーカを使用してユーザが実行できるのは、コールをモニタすることだけです。 発信者と通話するには、ハンドセットを取り上げる必要があります。