Cisco Unity Connection トラブルシューティング ガイド リリース 9.x
Cisco Unity Connection 9.x におけるレポートのトラブルシューティング
Cisco Unity Connection 9.x におけるレポートのトラブルシューティング
発行日;2012/08/20 | 英語版ドキュメント(2012/06/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 9.x におけるレポートのトラブルシューティング

9.x Reports Data Harvester サービスが実行中であることの確認方法

9.x におけるレポート データ収集サイクルの調整

Cisco Unity Connection 9.x におけるレポートのトラブルシューティング

生成したレポートにデータが表示されない場合は、次のタスク リストを使用して、問題の原因確認と解決を行ってください。

レポートのデータをトラブルシューティングするためのタスク リスト

1. Connection Reports Data Harvester サービスが実行中であることを確認します。「Cisco Unity Connection 9.x Reports Data Harvester サービスが実行中であることの確認方法」を参照してください。

2. レポート データ収集サイクルを調整します。「Cisco Unity Connection 9.x におけるレポート データ収集サイクルの調整」を参照してください。

3. トレースを使用してレポートをトラブルシューティングします。該当するトレースを有効にして、トレース ログを表示する方法の詳細については、 「Cisco Unity Connection 9.x の診断トレース」 を参照してください。

使用可能なレポートおよびレポートの生成方法については、『 Administration Guide for Cisco Unity Connection Serviceability Release 9.x 』の「 Using Reports 」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/serv_administration/guide/9xcucservagx.html から入手可能です。

Cisco Unity Connection 9.x Reports Data Harvester サービスが実行中であることの確認方法

Connection Reports Data Harvester サービスが実行中であることを確認する方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Serviceability で、[ツール(Tools)] メニューの [サービス管理(Service Management)] を選択します。

ステップ 2 [コントロール センター - 機能サービス(Control Center - Feature Services)] ページの [オプション サービス(Optional Services)] で、[Connection Reports Data Harvester] サービスを探します。

ステップ 3 Connection Reports Data Harvester サービスのアクティベート ステータスが [アクティブ(Activated)] であることを確認します。アクティベート ステータスが [非アクティブ(Deactivated)] になっている場合は、[アクティベート(Activate)] を選択します。

ステップ 4 Connection Reports Data Harvester サービスのサービス ステータスが [開始済み(Started)] であることを確認します。サービス ステータスが [停止中(Stopped)] になっている場合は、[開始(Start)] を選択します。

ステップ 5 Connection Reports Data Harvester サービスの実行時間が 00:00:00 よりも大きいことを確認します。実行時間が 00:00:00 の場合は、Connection Reports Data Harvester をオフにしてから、ステップ 3ステップ 4 を繰り返します。


 

Cisco Unity Connection 9.x におけるレポート データ収集サイクルの調整

[データ収集サイクル(Data Collection Cycle)] フィールドの値が大きすぎる場合は、データを収集するサイクルの間隔が長すぎて、レポートのデータがまだ収集されていない可能性があります。次の手順に従い、値を訂正してください。

レポート データ収集サイクルを調整する方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection の管理で [システム設定(System Settings)] を展開し、[詳細設定(Advanced)] > [レポート(Reports)] を選択します。

ステップ 2 [レポートの設定(Report Configuration)] ページの [データ収集サイクルの間隔(分)(Minutes Between Data Collection Cycles)] フィールドに、レポートのデータを収集するサイクルの間隔を入力します。デフォルトは 30 分です。

ステップ 3 [保存(Save)] を選択します。