Cisco Unity Connection トラブルシューティング ガイド リリース 9.x
Cisco Unity Connection 9.x の診断トレース
Cisco Unity Connection 9.x の診断トレース
発行日;2012/08/20 | 英語版ドキュメント(2012/06/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 9.x の診断トレース

9.x における のトレース

選択した問題に対する マイクロ トレース

選択した問題に対する マクロ トレース

トレースを使用した問題のトラブルシューティング

9.x における のトレース

選択した問題に対する トレース

トレースを使用した問題のトラブルシューティング

Cisco Unity Connection 9.x の診断トレース

診断トレースを使用すると、問題のトラブルシューティングに役立ちます。Cisco Unity Connection Serviceability では、トレースを有効にすると、Cisco Unity Connection コンポーネントをトラブルシューティングできます。Cisco Unified Serviceability では、トレースを有効にすると、Cisco Unified Serviceability でサポートされるサービスをトラブルシューティングできます。トレースを有効にした後は、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)またはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用すると、トレース ログ ファイルにアクセスできます。

次の項を参照してください。

「Cisco Unity Connection 9.x における Cisco Unity Connection Serviceability のトレース」

「Cisco Unity Connection 9.x における Cisco Unified Serviceability のトレース」

Cisco Unity Connection 9.x における Cisco Unity Connection Serviceability のトレース

Cisco Unity Connection Serviceability には、マイクロ トレースとマクロ トレースの両方があり、それぞれ個別に使用することも、組み合わせて使用することもできます。

 

Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレース

特定の Cisco Unity Connection コンポーネントの問題をトラブルシューティングするために使用します。

Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレース

Cisco Unity Connection 機能を全般的にトラブルシューティングするために使用します。

トレースを有効にした後は、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)またはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用すると、トレース ログ ファイルにアクセスできます。

次の項を参照してください。

「選択した問題に対する Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレース」

「選択した問題に対する Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレース」

「Cisco Unity Connection Serviceability トレースを使用した問題のトラブルシューティング」

選択した問題に対する Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレース

Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースを使用すると、特定の Cisco Unity Connection コンポーネントの問題をトラブルシューティングできます。トレースを有効にした後は、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)またはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用すると、トレース ログ ファイルにアクセスできます。

表 2-1 に、選択した問題のトラブルシューティング、およびトレース ログの表示に必要な Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースに関する情報を示します(Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースの使用方法の詳細については、『 Administration Guide for Cisco Unity Connection Serviceability Release 9.x 』の「 Using Traces 」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/serv_administration/guide/9xcucservagx.html から入手可能です)。


) Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースを有効にすると、システム パフォーマンスが低下します。トレースを有効にするのは、トラブルシューティング目的のときにだけにしてください。


 

表 2-1 選択した問題に対する Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレース

問題の分野
設定するトレース
選択する RTMT サービス
トレース ログのファイル名

音声の問題

TUI による添付ファイルの再生

CML(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

ConvSub(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

カレンダー統合の問題

カレンダー統合

CCL(レベル 10、11、12、13)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CsWebDav(レベル 10、11、12、13)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

カレンダー統合(イベント通知)

CsWebDav(レベル 10 ~ 13)

Connection IMAP サーバ

diag_CuImapSvr_*.uc

通話の問題

ルーティング規則

Arbiter(レベル 14、15、16)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

RoutingRules(レベル 11)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

クライアントの問題

Cisco Unified Personal Communicator クライアント(IMAP 関連の問題)

表 2-2 「Cisco Unified Personal Communicator クライアント(IMAP 関連の問題)」 も参照)

CML(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CsMalUmss(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CuImapSvr(全レベル)

Connection IMAP サーバ

diag_CuImapSvr_*.uc

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

ViewMail for Outlook(メッセージの送受信)

表 2-2 「ViewMail for Outlook(メッセージの送受信)」 も参照)

CML(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CsMalUmss(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CuImapSvr(全レベル)

Connection IMAP サーバ

diag_CuImapSvr_*.uc

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

SMTP(全レベル)

Connection SMTP サーバ

diag_SMTP_*.uc

Connection クラスタの問題

Connection クラスタ(ファイル レプリケーション以外)

SRM(全レベル)

Connection サーバ ロール マネージャ

diag_CuSrm_*.uc

Connection クラスタ ファイル レプリケーション

CuFileSync(全レベル)

Connection File Syncer

diag_CuFileSync_*.uc

外部メッセージ ストアの問題

外部メッセージ ストア内の電子メールへのアクセス

CML(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

ファクスの問題

ファイルの描画

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

SMTP メッセージが送信されない

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

SMTP サーバによるファクスの誤処理

SMTP(全レベル)

Connection SMTP サーバ

diag_SMTP_*.uc

LDAP の問題

LDAP の同期化

表 2-3 「LDAP の同期化」 も参照)

CuCmDbEventListener

Connection CM Database Event Listener

diag_CuCmDbEventListener_*.uc

メッセージの問題

ディスパッチ メッセージ

表 2-2 「ディスパッチ メッセージ」 も参照)

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

IMAP メッセージ

表 2-2 「IMAP メッセージ」 も参照)

CML(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CsMalUmss(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CuImapSvr(全レベル)

Connection IMAP サーバ

diag_CuImapSvr_*.uc

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

SMTP(全レベル)

Connection SMTP サーバ

diag_SMTP_*.uc

メッセージの配信と取得

表 2-2 「メッセージの配信と取得」 も参照)

CML(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CsMalUmss(レベル 10、14、18、22、23、26)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

ノーティファイヤ(6 と 7 以外の全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

SMTP(全レベル)

Connection SMTP サーバ

diag_SMTP_*.uc

UmssSysAgentTasks(全レベル)

Connection システム エージェント

diag_CuSysAgent_*.uc

NDR

表 2-2 「NDR」 も参照)

CML(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CuCsMgr(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

通知が送信されない

表 2-2 「通知が送信されない」 も参照)

CuCsMgr(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

ノーティファイヤ(6 と 7 以外の全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

SMTP(全レベル)

Connection SMTP サーバ

diag_SMTP_*.uc

セキュア メッセージ エージング

UmssSysAgentTasks(全レベル)

Connection システム エージェント

diag_CuSysAgent_*.uc

SMS 通知

ノーティファイヤ(6 と 7 以外の全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

ネットワークの問題

イントラサイト ネットワーク レプリケーション

表 2-2 「イントラサイト ネットワーク レプリケーション」 も参照)

CuReplicator

Connection Digital Networking Replication Agent

diag_CuReplicator_*.uc

インターサイト ネットワーク レプリケーション

フィーダー(レベル 00、01、02、03)

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

フィードリーダー(レベル 00、01、02、03、10、14)

Connection システム エージェント

diag_CuSysAgent_*.uc

VPIM メッセージ配信

表 2-2 「VPIM メッセージ配信」 も参照)

MTA(全レベル)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

SMTP(全レベル)

Connection SMTP サーバ

diag_SMTP_*.uc

パーソナル着信転送ルールの問題

予定表情報へのアクセス

CCL(レベル 10、11、12、13)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

CsWebDav(レベル 10、11、12、13)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

電話機によるパーソナル着信転送ルールの設定

ConvSub(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

ルールを有効にしたユーザに着信があったときのルールの処理

ConvRoutingRules(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

RulesEngine(全レベル)

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

ルール関連のカンバセーション

CDE(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Phone View の問題

Phone View

PhoneManager(全レベル)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

レポートの問題

レポートのデータ収集

ReportDataHarvester(全レベル)

Connection Report Data Harvester

diag_CuReportDataHarvester_*.uc

レポートの表示

CuService(全レベル)

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

RSS フィードの問題

ボイス メッセージの RSS フィードへのアクセス

RSS(全レベル)

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

SNMP の問題

SNMP

CuSnmpAgt(全レベル)

Connection SNMP エージェント

diag_CuSnmpAgt_*.uc

SpeechView 文字変換の問題

SpeechView 文字変換

SttClient(全レベル)

Connection Message Transfer Agent

diag_MTA_*.uc

SttService(全レベル)

Connection SpeechView Processor

diag_SttService_*.uc

SMTP(全レベル)

Connection SMTP サーバ

diag_SMTP_*.uc

MTA(レベル 10、11、12、13)

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

SysAgent(レベル 10、11、12、16)

Connection システム エージェント

diag_CuSysAgent_*.uc

音声から変換したテキストを通知デバイスへ送信

Notifier(レベル 16、21、25、30)

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

テスト ボタン(外部サービスと外部サービス アカウント)の問題

テスト ボタン(外部サービス診断ツール)

CuESD(全レベル)

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

Web Inbox の問題

Representational State Transfer(REST)API とのデータのやり取り

VMREST(全レベル)

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

選択した問題に対する Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレース

Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレースによって、選択済みの Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースのセットが有効になり、それを使用して Cisco Unity Connection の機能全般をトラブルシューティングできます。

表 2-2 に、選択した問題のトラブルシューティング、およびトレース ログの表示に必要な Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレースに関する情報を示します(Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレースの使用方法の詳細については、『 Administration Guide for Cisco Unity Connection Serviceability Release 9.x 』の「 Using Traces 」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/serv_administration/guide/9xcucservagx.html から入手可能です)。


) Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレースを有効にすると、システム パフォーマンスが低下します。トレースを有効にするのは、トラブルシューティング目的のときにだけにしてください。


 

表 2-2 選択した問題に対する Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレース

問題の分野
設定するトレース
選択する RTMT サービス
トレース ログのファイル名

音声の問題

音質

メディア(Wave)トレース

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Mixer

diag_CuMixer_*.uc

通話の問題

コール制御

コール制御(Miu)トレース(マクロ トレースを拡張して SIP または SCCP を選択)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

通話フロー

通話フロー診断

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

ViewMail for Outlook(録音または電話での再生)

コール制御(Miu)トレース(マクロ トレースを拡張して SIP または SCCP を選択)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

クライアントの問題

Cisco Unified Personal Communicator クライアント(IMAP 関連の問題)

表 2-1 「Cisco Unified Personal Communicator クライアント(IMAP 関連の問題)」 も参照)

通話フロー診断

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

ViewMail for Outlook(メッセージの送受信)

表 2-1 「ViewMail for Outlook(メッセージの送受信)」 も参照)

通話フロー診断

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

ViewMail for Outlook

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection IMAP サーバ

diag_CuImapSvr_*.uc

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

Connection REST サービス

diag_Tomcat_*.uc

Connection Mailbox Sync

diag_CuMbxSync_*.uc

Cisco Unity Connection Serviceability の問題

Cisco Unity Connection Serviceability

Connection Serviceability Web サービス

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

カンバセーションの問題

カンバセーション

カンバセーション トレース

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

メッセージの問題

ディスパッチ メッセージ

表 2-1 「ディスパッチ メッセージ」 も参照)

通話フロー診断

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

IMAP メッセージ

表 2-1 「IMAP メッセージ」 も参照)

通話フロー診断

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

メッセージの配信と取得

表 2-1 「メッセージの配信と取得」 も参照)

メッセージ トラッキング トレース

Connection メッセージ転送エージェント

diag_MTA_*.uc

Connection システム エージェント

diag_CuSysAgent_*.uc

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Tomcat アプリケーション

diag_Tomcat_*.uc

Connection IMAP サーバ

diag_CuImapSvr_*.uc

NDR

表 2-1 「NDR」 も参照)

通話フロー診断

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

通知が送信されない

表 2-1 「通知が送信されない」 も参照)

その他の通知の問題に関するトレース(マクロ トレースを拡張して SIP または SCCP を選択)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

シングル インボックス メッセージの同期

シングル インボックスのトレース

Connection Mailbox Sync

diag_CuMbxSync_*.uc

MWI の問題

MWI

MWI の問題に関するトレース(マクロ トレースを拡張して SIP または SCCP を選択)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

ネットワークの問題

イントラサイト ネットワーク レプリケーション

表 2-1 「イントラサイト ネットワーク レプリケーション」 も参照)

Digital Networking

Connection Digital Networking Replication Agent

diag_CuReplicator_*.uc

VPIM メッセージ配信

表 2-1 「VPIM メッセージ配信」 も参照)

通話フロー診断

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

起動の問題

Connection の起動に失敗する

Unity 起動

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Notifier

diag_CuNotifier_*.uc

テキスト/スピーチの問題

テキスト/スピーチ

コール制御(Miu)トレース(マクロ トレースを拡張して SIP または SCCP を選択)

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

メディア(Wave)トレース

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Connection Mixer

diag_CuMixer_*.uc

テキスト/スピーチ(TTS)トレース

Connection Conversation Manager

diag_CuCsMgr_*.uc

Cisco Unity Connection Serviceability トレースを使用した問題のトラブルシューティング

Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースまたはマクロ トレースを使用して Cisco Unity Connection の問題をトラブルシューティングするときは、まず、Cisco Unity Connection Serviceability で適切なトレースを有効にする必要があります。その後、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)またはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、トレースが生成したログを収集および表示できます。

次の、該当する手順に従ってください。

「Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースを有効にし、トレース ログを表示する方法」

「Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレースを有効にし、トレース ログを表示する方法」

Cisco Unity Connection Serviceability マイクロ トレースを有効にし、トレース ログを表示する方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Serviceability の [トレース(Trace)] メニューで、[マイクロ トレース(Micro Traces)] を選択します。

ステップ 2 [マイクロ トレース(Micro Traces)] ページの [サーバ(Server)] フィールドで、Connection サーバの名前を選択し、[移動(Go)] を選択します。

ステップ 3 [マイクロ トレース(Micro Traces)] フィールドで、設定するマイクロ トレースを選択し、[移動(Go)] を選択します。

ステップ 4 [マイクロ トレース(Micro Traces)] で、設定するマイクロ トレース レベルのチェックボックスをオンにして、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 問題を再現します。

ステップ 6 トレース ログ ファイルを収集するには、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)を起動します。詳細については、該当する『 Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool Administration Guide 』の「Working with Trace and Log Central」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

トレース ログ ファイルには、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用してアクセスできます。詳細については、該当する『 Command Line Interface Reference Guide for Cisco Unified Solutions 』を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

ステップ 7 RTMT の [システム(System)] メニューで、[ツール(Tools)] > [トレース(Trace)] > [Trace & Log Central] を選択します。

ステップ 8 [Trace & Log Central] のツリー階層で、[ファイルを収集する(Collect Files)] をダブルクリックします。

ステップ 9 [CUC サービス/アプリケーションの選択(Select CUC Services/Application)] タブで、該当するサービスのチェックボックスをオンにし、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 10 [システム サービス/アプリケーションの選択(Select System Services/Applications)] タブで、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 11 [収集時間(Collection Time)] グループ ボックスで、トレースを収集する期間を指定します。

ステップ 12 [ファイルのダウンロード オプション(Download File option)] グループ ボックスで、トレースのダウンロードに使用するオプションを指定します。

ステップ 13 [完了(Finish)] を選択します。

ステップ 14 収集したトレース ファイルを表示するには、トレース収集機能のローカル ブラウズ オプションを使用します。

ステップ 15 Cisco Unity Connection Serviceability で、ステップ 3 およびステップ 4 で有効にしたトレースを無効にして、[保存(Save)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection Serviceability マクロ トレースを有効にし、トレース ログを表示する方法


ステップ 1 Cisco Unity Connection Serviceability の [トレース(Trace)] メニューで、[マクロ トレース(Macro Traces)] を選択します。

ステップ 2 [マクロ トレース(Macro Traces)] ページの [サーバ(Server)] フィールドで、Connection サーバの名前を選択し、[移動(Go)] を選択します。

ステップ 3 有効にするマクロ トレースのチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 マクロ トレースを展開して、有効にするレベルのチェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 6 問題を再現します。

ステップ 7 トレース ログ ファイルを収集するには、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)を起動します。詳細については、該当する『 Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool Administration Guide 』の「Working with Trace and Log Central」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

トレース ログ ファイルには、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用してアクセスできます。詳細については、該当する『 Command Line Interface Reference Guide for Cisco Unified Solutions 』を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

ステップ 8 RTMT の [システム(System)] メニューで、[ツール(Tools)] > [トレース(Trace)] > [Trace & Log Central] を選択します。

ステップ 9 [Trace & Log Central] のツリー階層で、[ファイルを収集する(Collect Files)] をダブルクリックします。

ステップ 10 [CUC サービス/アプリケーションの選択(Select CUC Services/Application)] タブで、該当するサービスのチェックボックスをオンにし、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 11 [システム サービス/アプリケーションの選択(Select System Services/Applications)] タブで、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 12 [収集時間(Collection Time)] グループ ボックスで、トレースを収集する期間を指定します。

ステップ 13 [ファイルのダウンロード オプション(Download File option)] グループ ボックスで、トレースのダウンロードに使用するオプションを指定します。

ステップ 14 [完了(Finish)] を選択します。

ステップ 15 収集したトレース ファイルを表示するには、トレース収集機能のローカル ブラウズ オプションを使用します。

ステップ 16 Cisco Unity Connection Serviceability で、ステップ 3 からステップ 5 で有効にしたトレースを無効にして、[保存(Save)] を選択します。


 

Cisco Unity Connection Serviceability のマイクロ トレースおよびマクロトレースの詳細については、『 Administration Guide for Cisco Unity Connection Serviceability Release 9.x 』の「 Using Traces 」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/serv_administration/guide/9xcucservagx.html から入手可能です。

RTMT の詳細については、該当する『 Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool Administration Guide 』を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

CLI の詳細については、該当する『 Command Line Interface Reference Guide for Cisco Unified Solutions 』を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

Cisco Unity Connection 9.x における Cisco Unified Serviceability のトレース

次の項を参照してください。

「選択した問題に対する Cisco Unified Serviceability トレース」

「Cisco Unified Serviceability トレースを使用した問題のトラブルシューティング」

選択した問題に対する Cisco Unified Serviceability トレース

Cisco Unified Serviceability トレースを使用すると、特定の問題をトラブルシューティングできます。トレースを有効にした後は、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)またはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用すると、トレース ログ ファイルにアクセスできます。

表 2-3 に、選択した問題のトラブルシューティング、およびトレース ログの表示に必要な Cisco Unified Serviceability トレースに関する情報を示します(Cisco Unified Serviceability トレースの使用法の詳細については、該当する『 Cisco Unified Serviceability Administration Guide 』の「Trace」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です)。


) Cisco Unified Serviceability トレースを有効にすると、システム パフォーマンスが低下します。トレースを有効にするのは、トラブルシューティング目的のときにだけにしてください。


 

表 2-3 選択した問題に対する Cisco Unified Serviceability トレース

問題の分野
設定するトレース
選択する RTMT サービス

バックアップと復元

Cisco DRF Local
Cisco DRF Master

Cisco DRF Local
Cisco DRF Master

LDAP の同期化

Cisco DirSync

Cisco DirSync

Web アプリケーションのサインイン

Cisco CCMRealm Web Service

Cisco CallManager Realm

Cisco Unified Serviceability トレースを使用した問題のトラブルシューティング

Cisco Unified Serviceability トレースを使用して Cisco Unity Connection の問題をトラブルシューティングするときは、まず、Cisco Unified Serviceability で適切なトレースを有効にする必要があります。その後、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)またはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、トレースが生成したログを収集および表示できます。

次の手順を実行します。

Cisco Unified Serviceability トレースを有効にし、トレース ログを表示する方法


ステップ 1 Cisco Unified Serviceability の [トレース(Trace)] メニューで、[トラブルシューティングのトレース設定(Troubleshooting Trace Settings)] を選択します。

ステップ 2 [トラブルシューティングのトレース設定(Troubleshooting Trace Settings)] ページの [ディレクトリ サービス(Directory Services)] で、有効にするトレースのチェックボックスをオンにし、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 3 問題を再現します。

ステップ 4 トレース ログ ファイルを収集するには、Real-Time Monitoring Tool(RTMT)を起動します。詳細については、該当する『 Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool Administration Guide 』の「Working with Trace and Log Central」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

トレース ログ ファイルには、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用してアクセスできます。詳細については、該当する『 Command Line Interface Reference Guide for Cisco Unified Communications Solutions 』を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

ステップ 5 RTMT の [システム(System)] メニューで、[ツール(Tools)] > [トレース(Trace)] > [Trace & Log Central] を選択します。

ステップ 6 [Trace & Log Central] のツリー階層で、[ファイルを収集する(Collect Files)] をダブルクリックします。

ステップ 7 [CUC サービス/アプリケーションの選択(Select CUC Services/Application)] タブで、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 8 [システム サービス/アプリケーションの選択(Select System Services/Applications)] タブで、該当するサービスのチェックボックスをオンにし、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 9 [収集時間(Collection Time)] グループ ボックスで、トレースを収集する期間を指定します。

ステップ 10 [ファイルのダウンロード オプション(Download File option)] グループ ボックスで、トレースのダウンロードに使用するオプションを指定します。

ステップ 11 [完了(Finish)] を選択します。

ステップ 12 収集したトレース ファイルを表示するには、トレース収集機能のローカル ブラウズ オプションを使用します。

ステップ 13 Cisco Unity Connection Serviceability で、ステップ 2 で有効にしたトレースを無効にして、[保存(Save)] を選択します。


 

Cisco Unified Serviceability トレースの詳細については、該当する『 Cisco Unified Serviceability Administration Guide 』の「Trace」の章を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

RTMT の詳細については、該当する『 Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool Administration Guide 』を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

CLI の詳細については、該当する『 Command Line Interface Reference Guide for Cisco Unified Solutions 』を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。