Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド リリース 9.x
Cisco Unity Connection 9.x での Phone View の設定
Cisco Unity Connection 9.x での Phone View の設定
発行日;2013/08/22 | 英語版ドキュメント(2013/08/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 9.x での Phone View の設定

Cisco Unity Connection 9.x での Phone View の設定

Phone View 機能によって、メッセージの検索メニューまたはメッセージの表示メニューを使用すると、Cisco IP Phone の LCD 画面に検索結果を表示できます。Phone View が有効になっていると、Cisco Unity Connection ユーザは次のタイプのボイス メッセージを検索できます。

すべての新規メッセージ

すべてのメッセージ

特定のユーザからのメッセージ

すべての外部発信者からのメッセージ

特定の外部発信者からのメッセージ

Phone View は、Cisco Unified Communications Manager 電話システムの特定の Cisco IP Phone だけで動作します。詳細については、該当する要件のドキュメントを参照してください。

System Requirements for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )。次の URL にあります。 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/requirements/9xcucsysreqs.html

System Requirements for Cisco Unity Connection in Cisco Unified CMBE Release 9.x 。次の URL にあります。 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/requirements/9xcucmbesysreqs.html

Phone View は、タッチトーンと音声認識のどちらのバージョンの通話でも使用できます。

Phone View を設定するには、次の順序でタスクを実行してください。

1. Cisco Unified CM に CTI アプリケーション ユーザを作成し、このユーザに該当するユーザ デバイスを関連付けます。使用するバージョンの Cisco Unified CM に応じた手順を参照してください。

「Phone View 用に Cisco Unified Communications Manager を設定する方法(Cisco Unified CM 6.x 以降)」

「Phone View 用に Cisco Unified Communications Manager を設定する方法(Cisco Unified CM 5.x)」

2. Cisco Unity Connection での電話システム連動のため、Phone View を有効にします。「電話システムに対して Phone View を有効にする方法(Cisco Unified Communications Manager のみ)」を参照してください。

3. ユーザに対して Phone View を有効にします。『 User Moves, Adds, and Changes Guide for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )の「 Setting Up Features and Functionality That Are Controlled by User Account Settings in Cisco Unity Connection 9.x 」の章にある「Phone View in Cisco Unity Connection 9.x」の項を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/user_mac/guide/9xcucmacx.html から入手可能です。

Phone View 用に Cisco Unified Communications Manager を設定する方法(Cisco Unified CM 6.x 以降)


ステップ 1 Cisco Unified CM Administration で、[ユーザ管理(User Management)] > [アプリケーション ユーザ(Application User)] を選択します。

ステップ 2 [アプリケーション ユーザの検索と一覧表示(Find and List Application Users)] ページで、[新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 [アプリケーション ユーザの設定(Application User Configuration)] ページで、次の手順に従い、すべてのユーザ電話機への Phone View からのアクセス権を持つ CTI ユーザを作成します。

a. [ユーザ ID(User ID)] フィールドに、アプリケーション ユーザの一意の名前を入力します。たとえば、「PhoneViewUser」と入力します。

b. パスワードのフィールドには、アプリケーション ユーザのパスワードを入力します。

c. [パスワードの確認(Confirm Password)] フィールドに、ステップ 3b. で入力したパスワードを再度入力します。

d. [デバイス情報(Device Information)] の [使用可能なデバイス(Available Devices)] フィールドの右で、[別の電話を検索(Find More Phones)] を選択します。

e. [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ページで、Phone View を有効にする電話機を選択し、[選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

f. [アプリケーション ユーザの設定(Application User Configuration)] ページで、Phone View を有効にする電話機が [制御するデバイス(Controlled Devices)] フィールドに表示されていることを確認します。これにより、電話機をアプリケーション ユーザと関連付けることができます。

ステップ 3e. で選択し、[使用可能なデバイス(Available Devices)] フィールドに表示されている電話機から適切な電話機を選択し、そのフィールドの下にある下向き矢印を選択して、その電話機を [制御するデバイス(Controlled Devices)] フィールドに移動します。

g. [権限情報(Permissions Information)] の下で、[ユーザ グループに追加(Add to User Group)] を選択します。

h. [ユーザ グループの検索と一覧表示(Find and List User Groups)] ページで、[標準 CCM 管理ユーザ(Standard CCM Admin Users)] チェックボックスをオンにし、[選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

i. [アプリケーション ユーザの設定(Application User Configuration)] ページで、[保存(Save)] を選択します。

j. [アプリケーション ユーザ情報(Application User Information)] で、[クレデンシャルの編集(Edit Credential)] を選択します。

k. [クレデンシャル設定(Credential Configuration)] ページで、[次回サインイン時に、ユーザによる変更が必要(User Must Change at Next Sign-In)] チェックボックスがオンになっていないことを確認し、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 4 「電話システムに対して Phone View を有効にする方法(Cisco Unified Communications Manager のみ)」に進みます。


 

Phone View 用に Cisco Unified Communications Manager を設定する方法(Cisco Unified CM 5.x)


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Administration で、[ユーザ管理(User Management)] > [アプリケーション ユーザ(Application User)] を選択します。

ステップ 2 [アプリケーション ユーザの検索と一覧表示(Find and List Application Users)] ページで、[新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 [アプリケーション ユーザの設定(Application User Configuration)] ページで、次の手順に従い、すべての加入者電話機への Phone View からのアクセス権を持つ、アプリケーション ユーザ アカウントを作成します。

a. [ユーザ ID(User ID)] フィールドに、アプリケーション ユーザの一意の名前を入力します。たとえば、「PhoneViewUser」と入力します。

b. パスワードのフィールドには、アプリケーション ユーザのパスワードを入力します。

c. [パスワードの確認(Confirm Password)] フィールドに、ステップ 3b. で入力したパスワードを再度入力します。

d. [デバイス情報(Device Information)] の [使用可能なデバイス(Available Devices)] フィールドの右で、[別の電話を検索(Find More Phones)] を選択します。

e. [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ページで、Phone View を有効にする電話機を選択し、[選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

f. [アプリケーション ユーザの設定(Application User Configuration)] ページで、Phone View を有効にする電話機が [制御するデバイス(Controlled Devices)] フィールドに表示されていることを確認します。これにより、電話機をアプリケーション ユーザと関連付けることができます。

ステップ 3e. で選択し、[使用可能なデバイス(Available Devices)] フィールドに表示されている電話機から適切な電話機を選択し、そのフィールドの下にある下向き矢印を選択して、その電話機を [制御するデバイス(Controlled Devices)] フィールドに移動します。

g. [アプリケーション ユーザの設定(Application User Configuration)] ページで、[保存(Save)] を選択します。

h. [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ グループ(User Group)] の順に選択します。

i. [ユーザ グループの検索と一覧表示(Find and List User Groups)] で、[標準 CCM 管理ユーザ(Standard CCM Admin Users)] を選択します。

j. [ユーザ グループの設定(User Group Configuration)] ページで、[グループにアプリケーション ユーザを追加(Add Application Users to Group)] を選択します。

k. [アプリケーション ユーザの検索と一覧表示(Find and List Application Users)] ページで、ステップ ステップ 3g. で作成したアプリケーション ユーザに対するチェックボックスをオンにします。

l. [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

ステップ 4 「電話システムに対して Phone View を有効にする方法(Cisco Unified Communications Manager のみ)」に進みます。


 

電話システムに対して Phone View を有効にする方法(Cisco Unified Communications Manager のみ)


ステップ 1 Cisco Unity Connection Administration で [テレフォニー統合(Telephony Integrations)] を展開してから、[電話システム(Phone System)] を選択します。

ステップ 2 変更する Cisco Unified Communications Manager 電話システムを検索します。

ステップ 3 [Phone View の設定(Phone View Settings)] で、[Phone View を有効にする(Enable Phone View)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [CTI 電話アクセス ユーザ名(CTI Phone Access User Name)] フィールドに、Phone View 機能用に Cisco Unified Communications Manager で作成したアプリケーション ユーザの名前を入力します。ユーザ名では、大文字と小文字が区別されることに注意してください。

ステップ 5 [CTI 電話アクセス パスワード(CTI Phone Access Password)] フィールドに、アプリケーション ユーザのパスワードを入力します。

ステップ 6 [保存(Save)] を選択します。