Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド リリース 9.x
Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでのブラウザの設定
Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでのブラウザの設定
発行日;2013/08/22 | 英語版ドキュメント(2013/08/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでのブラウザの設定

9.x 管理者ワークステーションでの Firefox の設定

9.x 管理者ワークステーションでの Microsoft Internet Explorer の設定

Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでのブラウザの設定

Connection サーバ上の Cisco Unity Connection Administration、Cisco Unified Serviceability、Cisco Unity Connection Serviceability、ディザスタ リカバリ システム、およびその他の Web アプリケーションにアクセスするには、管理者ワークステーション上でブラウザを正しく設定する必要があります。

コンピュータにインストールされているブラウザに応じて、該当するセクションを参照してください。

「Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでの Firefox の設定」

「Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでの Microsoft Internet Explorer の設定」

次の点に注意してください。

Cisco Unity Connection Administration、Cisco Personal Communications Assistant、および Web Inbox を開いている間は、信頼済みサイトを実行するようにしてください。

Cisco Unity Connection へのアクセスにはホスト名を使用することを推奨します。

Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでの Firefox の設定

Cisco Unity Connection Web アプリケーションにアクセスできるように Firefox をセットアップするには、次のタスクを実行します。

1. 正しいブラウザの設定に必要なソフトウェアがインストールされていることを確認します。該当するシステム要件マニュアルの、「Software Requirements--Administrator Workstations」の項を参照してください。

System Requirements for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )。次の URL にあります。 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/requirements/9xcucsysreqs.html

System Requirements for Cisco Unity Connection in Cisco Unified CMBE Release 9.x 。次の URL にあります。 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/requirements/9xcucmbesysreqs.html

2. 次に示すように Firefox を設定します。

a. Java を有効にします。

b. JavaScript を有効にして、[詳細設定(Advanced)] で [画像の変更(Change Images)] を有効にします。

c. サイトでのクッキーの設定を許可します。(セキュリティ上の理由から、送信元 Web サイトのクッキーだけを保存することを推奨します)。

Cisco Unity Connection 9.x 管理者ワークステーションでの Microsoft Internet Explorer の設定

Cisco Unity Connection Web アプリケーションにアクセスできるように Internet Explorer をセットアップするには、次のタスクを実行します。

1. 正しいブラウザの設定に必要なソフトウェアがインストールされていることを確認します。該当するシステム要件マニュアルの、「Software Requirements--Administrator Workstations」の項を参照してください。

System Requirements for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )。次の URL にあります。 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/requirements/9xcucsysreqs.html

System Requirements for Cisco Unity Connection in Cisco Unified CMBE Release 9.x 。次の URL にあります。 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/requirements/9xcucmbesysreqs.html

2. 次に示すように Internet Explorer を設定します。

a. アクティブ スクリプトを有効にします。

b. ActiveX コントロールをダウンロードして実行します。

c. Java スクリプトを有効にします。

d. すべてのクッキーを受け入れます。

e. 一時的なインターネット ファイルの新しいバージョンを自動的にチェックします。

f. [中 - 高(Medium-High)] のプライバシーを有効にします。

g. Microsoft Windows Server 2003 を実行していて Internet Explorer バージョン 6.0 を使用している場合は、Cisco PCA にアクセスするには、次の手順に従って信頼済みサイトのリストに Connection サーバを追加します。


) Microsoft Internet Explorer 7.0、8.0、および 9.0 バージョンは、Windows XP、Windows Vista、および Windows 7 オペレーティング システム上で IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方をサポートしています。ただし、IPv6 アドレスは、Connection プラットフォームがデュアル(IPv4/IPv6)モードで設定されている場合にのみ機能します。IPv6 設定の詳細については、『Reconfiguration and Upgrade Guide for Cisco Unity Connection』ガイドの「Adding or Changing the IPv6 Addresses of Cisco Unity Connection」の章を参照してください。このドキュメントは、http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/upgrade/guide/9xcucrug051.html から入手可能です。


信頼済みサイトのリストに Cisco Unity Connection サーバを追加する方法(Windows Server 2003 と Internet Explorer 6.0 の組み合わせの場合のみ)


ステップ 1 Cisco Personal Communications Assistant のサインイン ページを開きます。Cisco PCA にサインインする必要はありません。

ステップ 2 Internet Explorer の [ファイル(File)] メニューで、[このサイトを追加する(Add This Site To)] > [信頼済みサイトゾーン(Trusted Sites Zone)] を選択します。

ステップ 3 [信頼済みサイト(Trusted Sites)] ダイアログボックスで [追加(Add)] を選択します。

ステップ 4 [閉じる(Close)] を選択して、[信頼済みサイト(Trusted Sites)] ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 5 Internet Explorer を再起動します。