Cisco Unified IP Phone 8961、9951、9971 ユーザ ガイド:Cisco Unified Communications Manager 8.0(SIP)
ユーザ オプション
ユーザ オプション
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

ユーザ オプション

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページ

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページのログインおよびログアウト

デバイス

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページでのデバイスの選択

サイレント オプションのカスタマイズ

回線の設定

回線ごとにコール転送を設定する

回線ごとにボイス メッセージ インジケータの設定を変更する

回線ごとにオーディオ ボイス メッセージ インジケータの設定を変更する

回線ごと呼出音設定を変更する

電話機のディスプレイの回線テキスト ラベルの変更または作成

Web での短縮ダイヤル

短縮ダイヤル ボタンの設定

短縮ダイヤル コードの設定

電話機サービス

サービスへの登録

サービスの検索

サービスの変更または解除

サービス名の変更

電話機のプログラム可能な機能ボタンへのサービスの追加

ユーザ設定

ブラウザのパスワードの変更

PIN の変更

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページの言語の変更

電話機のディスプレイの言語の変更

ディレクトリ

個人アドレス帳

新規 PAB エントリの追加

PAB エントリの検索

パーソナル ディレクトリのエントリの編集

パーソナル ディレクトリのエントリの削除

個人アドレス帳の機能ボタンの割り当て

ファスト ダイヤル

ファスト ダイヤルの機能ボタンの割り当て

PAB エントリへのファスト ダイヤル コードの割り当て

電話番号へのファスト ダイヤル コードの割り当て(PAB エントリは使用しない)

ファスト ダイヤル エントリの検索

ファスト ダイヤル電話番号の編集

PAB エントリの削除

モビリティ設定

新規リモート接続先の追加

アクセス リストの作成

プラグイン

プラグインへのアクセス

ユーザ オプション

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページ

Cisco Unified IP Phone は、社内のパーソナル コンピュータなど、他のネットワーク デバイスと情報を共有することのできるネットワーク デバイスです。

コンピュータを使用すると [Cisco Unified CM のユーザ オプション(Cisco Unified CM User Options )] Web ページにログインできます。そのページから、Cisco Unified IP Phone の機能、設定、サービスを制御できます。たとえば、[ユーザ オプション(User Options)] Web ページから短縮ダイヤル ボタンを設定できます。

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインしたら、ユーザ オプションを選択して、次の項目にアクセスします。

デバイス

ユーザ設定

ディレクトリ

個人アドレス帳

ファスト ダイヤル

モビリティ設定

プラグイン

関連項目

「連絡先」

「すべてのコールの転送」

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページのログインおよびログアウト

短縮ダイヤル設定や個人アドレス帳など、ユーザ オプションにアクセスするには、ログインする必要があります。[ユーザ オプション(User Options)] Web ページの使用を終了するには、ログアウトする必要があります。

1. システム管理者から [ユーザ オプション(User Options)] Web ページの URL、ユーザ ID、およびデフォルトのパスワードを取得します。

2. コンピュータの Web ブラウザを開き、URL を入力します。

3. セキュリティ設定を承認するプロンプトが表示されたら、[はい(Yes)] または [証明書をインストール(Install Certificate)] を選択します。

4. [ユーザ名(Username)] フィールドにユーザ ID を入力します。

5. [パスワード(Password)] フィールドにパスワードを入力します。

6. [ログイン(Login)] を選択します。

[Cisco Unified CM のユーザ オプション(Cisco Unified CM User Options)] ホーム ページが表示されます。このページからユーザ オプションを選択して、ユーザ設定、ディレクトリ機能、個人アドレス帳、ファスト ダイヤルにアクセスできます。

7. ユーザ オプションからログアウトするには、[ログアウト(Logout)] を選択します。

デバイス

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページから、電話機のデバイス設定を変更できます。電話機の次のデバイス設定について変更が可能です。

回線

短縮ダイヤル設定

電話機サービス

関連項目

「短縮ダイヤル」

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページでのデバイスの選択

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインしたら、[ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

[デバイス設定(Device Configuration)] ページが表示されます。[デバイス設定(Device Configuration)] ページの最上部に表示されるツールバー ボタンは、選択したデバイスの種類によって異なります。

2. 複数のデバイスが割り当てられている場合は、適切なデバイス(電話機のモデル、Extension Mobility プロファイル、またはリモート接続先プロファイル)を [名前(Name)] ドロップダウン メニューから選択します。

サイレント オプションのカスタマイズ

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。電話機のサイレント(DND)機能はシステム管理者が設定します。

2. ドロップダウン メニューから [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. 次のオプションを設定できます。

[サイレント(Do Not Disturb)]:チェックボックスをオンにして DND を有効にするか、無効にします。

[DND オプション(DND Option)]:[なし(None)] または [呼出音オフ(Ringer Off)](呼出音だけをオフにする)のいずれかを選択します。

[DND 着信呼警告(DND Incoming Call Alert)](設定されたいずれかの DND オプションに適用):アラートを [ビープ音のみ(Beep Only)]、[フラッシュのみ(Flash Only)]、[無効(Disable)] に設定するか、[なし(None)] を選択します(システム管理者が設定した「アラート」の設定を使用するため)。

関連項目

「サイレント」

回線の設定

回線の設定は、電話機の特定の電話回線(電話番号)に影響します。回線の設定には、コール転送、視覚的および音声メッセージ受信インジケータ、ボイス メッセージ インジケータ、呼出音のパターンや、その他の回線固有の設定が含まれます。

次のような他の回線の設定値は、電話機で直接設定できます。

プライマリ電話回線のコール転送の設定

呼出音、表示、その他の電話機モデル固有の設定の変更

関連項目

「すべてのコールの転送」

「通話履歴」

回線ごとにコール転送を設定する

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [回線の設定(Line Settings)] を選択します。

5. 電話機に割り当てられている電話番号(回線)が複数ある場合は、[回線(Line)] ドロップダウン メニューから回線を選択します。

6. [着信コールの転送(Incoming Call Forwarding)] 領域で、各種条件のコール転送設定を選択します。

7. [保存(Save)] を選択します。

関連項目

「すべてのコールの転送」

回線ごとにボイス メッセージ インジケータの設定を変更する

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [回線の設定(Line Settings)] を選択します。

5. 電話機に割り当てられている電話番号(回線)が複数ある場合は、[回線(Line)] ドロップダウン メニューから回線を選択します。

6. [メッセージ受信ランプ(Message Waiting Lamp)] 領域で、さまざまな設定から選択します。通常、デフォルトのメッセージ受信設定の場合、電話機で受話器のライト ストリップのランプが赤色に点灯することにより、新しいボイス メッセージがあることを示します。

7. [保存(Save)] を選択します。

回線ごとにオーディオ ボイス メッセージ インジケータの設定を変更する

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [回線の設定(Line Settings)] を選択します。

5. 電話機に割り当てられている電話番号(回線)が複数ある場合は、[回線(Line)] ドロップダウン メニューから回線を選択します。

6. [オーディオ メッセージ受信ランプ(Audible Message Waiting Lamp)] 領域で、さまざまな設定から選択します。

7. [保存(Save)] を選択します。

回線ごと呼出音設定を変更する

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [回線の設定(Line Settings)] を選択します。

5. 電話機に割り当てられている電話番号(回線)が複数ある場合は、[回線(Line)] ドロップダウン メニューから回線を選択します。

6. [呼出音設定(Ring Settings)] 領域で、ドロップダウン メニューから[呼出音設定(電話がアイドルのとき)(Ring Setting (Phone Idle))] と [呼出音設定(電話がアクティブのとき)(Ring Setting (Phone Active))] のオプションを設定します。オプションは次のとおりです。

[システム デフォルトの使用(Use System Default)]

[無効(Disable)]

[フラッシュのみ(Flash Only)]

[一度鳴らす(Ring Once)]

[鳴らす(Ring)]

[ビープ音のみ(Beep Only)](このオプションは [呼出音設定(電話がアクティブのとき)(Ring Setting (Phone Active))] の場合だけ指定可)

7. [保存(Save)] を選択します。

電話機のディスプレイの回線テキスト ラベルの変更または作成

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [回線の設定(Line Settings)] を選択します。

5. 電話機に割り当てられている電話番号(回線)が複数ある場合は、[回線(Line)] ドロップダウン メニューから回線を選択します。

6. [回線のテキスト ラベル(Line Text Label)] 領域に、テキスト ラベルを入力します。

7. [保存(Save)] を選択します。

Web での短縮ダイヤル

電話機の設定に応じて、短縮ダイヤル ボタンや短縮ダイヤル コードを使用できます。これらの設定は [ユーザ オプション(User Options)] Web ページで行えます。

短縮ダイヤル ボタンの設定

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [短縮ダイヤル(Speed Dials)] を選択します。

5. [短縮ダイヤル設定(Speed Dial Settings)] 領域で、電話機の短縮ダイヤル ボタンの番号とラベルを入力します。

6. [保存(Save)] を選択します。

短縮ダイヤル コードの設定

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [短縮ダイヤル(Speed Dials)] を選択します。

5. [短縮ダイヤル設定(Speed Dial Settings)] 領域で、短縮ダイヤル コードの番号とラベルを入力します。

6. [保存(Save)] を選択します。

電話機サービス

電話機サービスには、特別な電話機の機能、ネットワーク データ、Web ベースの情報(株式相場、映画情報など)が含まれます。電話機サービスにアクセスする前に、まず電話機サービスに登録する必要があります。[ユーザ オプション(User Options)] Web ページから、サービスを短縮ダイヤル ボタンに割り当てることができます。

電話機で使用できるサービスは、システム管理者が設定した電話システムの設定や登録したサービスによって異なります。詳細については、システム管理者にお問い合せください。

設定したサービスが 1 つだけの場合は、デフォルトでそのサービスが開きます。設定したサービスが複数ある場合は、メニューからオプションを選択します。

次の機能ボタンのいずれかを使用してサービスを選択します。


(システム管理者が設定する機能ボタン)


メッセージ

アプリケーション

連絡先

サービスへの登録

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [IP Phone サービス(Phone Services)] を選択します。

5. [新規追加(Add New)] を選択します。

6. ドロップダウン リストからサービスを選択して [次へ(Next)] を選択します。

7. 可能な場合はサービス ラベルを変更したり追加のサービス情報を入力します(オプション)。

8. [保存(Save)] を選択します。

サービスの検索

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. デバイスを選択します。

3. [IP Phone サービス(Phone Services)] を選択します。

4. [検索(Find)] を選択します。

サービスの変更または解除

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. サービスを検索します。

3. 1 つまたは複数のエントリを選択します。

4. [選択項目の削除(Delete Selected)] を選択します。

サービス名の変更

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. サービスを検索します。

3. サービス名を選択します。

4. 情報を変更して [保存(Save)] を選択します。

電話機のプログラム可能な機能ボタンへのサービスの追加

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [サービス URL(Service URL)] を選択します。電話機のサービス URL ボタンは、システム管理者が設定します。

5. [ボタン サービス(Button Service)] ドロップダウン リストからサービスを選択します。

6. サービスの名前を変更する場合は、ラベル フィールドを編集します。

7. [保存(Save)] を選択します。

8. [リセット(Reset)] を選択して電話機をリセットします(電話機の新しいボタン ラベルを表示するために必要です)。

ユーザ設定

PIN およびパスワードを使用すると、さまざまな機能やサービスにアクセスできます。たとえば、PIN を使用して、電話機で Cisco Extension Mobility またはパーソナル ディレクトリにログインできます。パスワードを使用すると、パーソナル コンピュータで [ユーザ オプション(User Options)] Web ページや Cisco WebDialer にログインできます。詳細については、システム管理者にお問い合せください。

ユーザ設定には、ブラウザのパスワード、PIN、言語(ロケール)設定が含まれます。

ブラウザのパスワードの変更

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [ユーザ設定(User Settings)] を選択します。

3. 現在のパスワードを入力します。

4. 新しいパスワードを入力します。

5. [パスワードの確認(Confirm Password)] フィールドに再度新しいパスワードを入力します。

6. [保存(Save)] を選択します。

PIN の変更

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [ユーザ設定(User Settings)] を選択します。

3. 現在の PIN を入力します。

4. 新しい PIN を入力します。

5. [PIN の確認(Confirm PIN)] フィールドに再度新しい PIN を入力します。

6. [保存(Save)] を選択します。

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページの言語の変更

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [ユーザ設定(User Settings)] を選択します。

3. [ユーザ ロケール(User Locale)] 領域の [ロケール(Locale)] ドロップダウン リストから項目を選択します。

4. [保存(Save)] を選択します。

電話機のディスプレイの言語の変更

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [ユーザ ロケール(User Locale)] ドロップダウン リストから項目を選択します。

4. [保存(Save)] を選択します。

ディレクトリ

社内ディレクトリで同僚のリストを取得するには、[ユーザ オプション(User Options)] > [ディレクトリ(Directory)] を選択します。

コンピュータ上でアクセスできるディレクトリ機能は、次のとおりです。

個人アドレス帳(PAB)。電話機からもアクセスできます。

ファスト ダイヤル。電話機からもアクセスできます。

Cisco Unified Communications Manager Address Book Synchronizer。

関連項目

「パーソナル ディレクトリ」

「社内ディレクトリ」

個人アドレス帳

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページから、個人アドレス帳のエントリを追加、削除、または更新できます。

新規 PAB エントリの追加

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [個人アドレス帳(Personal Address Book)] を選択します。

3. [新規追加(Add New)] を選択します。

4. エントリの情報を入力します。

5. [保存(Save)] を選択します。

PAB エントリの検索

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [個人アドレス帳(Personal Address Book)] を選択します。

3. 検索情報を指定して [検索(Find)] を選択します。

パーソナル ディレクトリのエントリの編集

1. [パーソナル ディレクトリ(Personal Directory)] にログインしてエントリを検索します (ナビゲーション バーとボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

2. [編集(Edit)] ソフトキーを押して名前または E メール アドレスを変更します。

3. 名前または E メールアドレスを変更します。

4. [電話(Phones)] ソフトキーを押して電話番号を変更します。

5. [更新(Update)] ソフトキーを押します。

パーソナル ディレクトリのエントリの削除

1. [パーソナル ディレクトリ(Personal Directory)] にログインしてエントリを検索します (ナビゲーション バーとボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

2. [編集(Edit)] ソフトキーを押します。

3. [削除(Delete)] ソフトキーを押します (必要に応じて、先に [次へ(More)] ソフトキーを選択します)。

4. [OK] ソフトキーを押して削除を確認します。

個人アドレス帳の機能ボタンの割り当て

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [名前(Name)] ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

4. [サービス URL(Service URL)] を選択します。

電話機でのサービスの表示はシステム管理者が設定します。詳細については、システム管理者にお問い合せください。

5. [ボタン(Button)] ドロップダウン リストボックスで [個人アドレス帳(Personal Address Book)] サービスを選択します。

6. ボタンの電話ラベルを入力します。

7. [保存(Save)] を選択します。

8. [リセット(Reset)] を選択してから [リスタート(Restart)] を選択し、電話の設定を更新します。

これでボタンを押すと PAB コードにアクセスできるようになります。

ファスト ダイヤル

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページから、ファスト ダイヤル エントリを追加、削除、または更新できます。

最大 500 個のファスト ダイヤルおよび PAB のエントリを作成できます。PAB エントリを使用しなくても、新規のファスト ダイヤル エントリを作成できます。新規のファスト ダイヤル エントリは、[ユーザ オプション(User Options)] Web ページでは「raw」とラベル付けされ、設定可能なテキスト ラベルは表示されません。

ファスト ダイヤルの機能ボタンの割り当て

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [デバイス(Device)] を選択します。

3. [サービス URL(Service URL)](システム管理者から取得)を選択します。

4. [ボタン(Button)] ドロップダウン リストボックスで [ファスト ダイヤル(Fast Dial)] サービスを選択します。

5. ボタンの電話ラベルを入力します。

6. [保存(Save)] を選択します。

7. [リセット(Reset)] を選択してから [リスタート(Restart)] を選択し、電話の設定を更新します。

PAB エントリへのファスト ダイヤル コードの割り当て

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [ファスト ダイヤル(Fast Dials)] を選択します。

3. [新規追加(Add New)] を選択します。

4. [検索オプション(Search Options)] 領域を使用して、該当する PAB エントリを検索します。

5. [検索結果(Search Results)] 領域の電話番号を選択します。

6. 必要に応じて、ファスト ダイヤル コードを変更します。

7. [保存(Save)] を選択します。

電話番号へのファスト ダイヤル コードの割り当て(PAB エントリは使用しない)

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [ファスト ダイヤル(Fast Dials)] を選択します。

3. [新規追加(Add New)] を選択します。

4. 必要に応じて、ファスト ダイヤル コードを変更します。

5. 電話番号を入力します。

6. [保存(Save)] を選択します。

ファスト ダイヤル エントリの検索

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [ファスト ダイヤル(Fast Dials)] を選択します。

3. 検索情報を指定して [検索(Find)] を選択します。

ファスト ダイヤル電話番号の編集

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [ファスト ダイヤル(Fast Dials)] を選択します。

3. 編集するファスト ダイヤル エントリを検索します。

4. エントリのコンポーネントを選択します。

5. 電話番号を変更します。

6. [保存(Save)] を選択します。

PAB エントリの削除

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. ファスト ダイヤル エントリを検索します。

3. 1 つまたは複数のエントリを選択します。

4. [選択項目の削除(Delete Selected)] を選択します。

モビリティ設定

シスコ モバイル コネクトを使用する場合、デスクの電話機と同じ電話番号を使用してコールを発信および受信するために使用する携帯電話およびその他の電話機を追加する必要があります。これらの電話機は、 リモート接続先 と呼ばれます。また、アクセス リストを定義して、特定の番号からのコールを携帯電話に送信することを制限したり許可したりできます。

関連項目

「モバイル コネクト」

新規リモート接続先の追加

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [モビリティ設定(Mobility Settings)] > [リモート接続先(Remote Destinations)] を選択します。

3. [新規追加(Add New)] を選択します。

4. 次の情報を入力します。

名前:携帯電話(またはその他の電話)の名前を入力します。

接続先番号:携帯電話の番号を入力します。

5. ドロップダウン リストボックスからリモート接続先のプロファイルを選択します。リモート接続先のプロファイルには、作成するリモート接続先に適用する設定が含まれています。

6. [携帯電話(Mobile Phone)] チェックボックスをオンにすると、リモート接続先がデスクの電話機から送信されるコールを受信できるようになります。

7. [モバイル コネクトの有効化(Enable Mobile Connect)] チェックボックスをオンにすると、リモート接続先をデスクの電話機と同時に呼びだすことができるようになります。

8. [呼出スケジュール(Ring Schedule)] 領域で次のオプションのいずれかを選択します([呼出スケジュール(Ring Schedule)] ドロップダウン リストボックスには、作成したアクセス リストだけが表示されます)。

[常に(All the time)]:リモート接続先の呼び出しに日付や時間の制限を適用しない場合は、このオプションを選択します。

[次に指定されたとおり(As specified below)]:日付および時間に基づいて呼び出しスケジュールを設定する場合、このオプションを選択して次の項目を選択します。

a. リモート接続先を呼び出す曜日のチェックボックスをオンにします。

b. 曜日ごとに、[1 日中(All Day)] を選択するか、ドロップダウン リストから開始時間と終了時間を選択します。

c. ドロップダウン リストボックスからタイム ゾーンを選択します。

9. 次の呼出オプションのいずれかを選択します。

常にこの接続先を呼び出す。

選択した許可アクセス リストに発信者が含まれる場合にのみ、この接続先を呼び出す。

選択したブロック アクセス リストに発信者が含まれる場合、この接続先を呼び出さない。

10. [保存(Save)] を選択します。

アクセス リストの作成

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [モビリティ設定(Mobility Settings)] > [アクセス リスト(Access Lists)] を選択します。

3. [新規追加(Add New)] を選択します。

4. アクセス リストを識別する名前と説明(オプション)を入力します。

5. 指定されたコールをアクセス リストで許可するのか、ブロックするのかを選択します。

6. [保存(Save)] を選択します。

7. [メンバの追加(Add Member)] を選択して電話番号を追加するか、リストにフィルタを適用します。

8. [フィルタ マスク(Filter Mask)] ドロップダウン リストボックスからオプションを選択します。電話番号、制限付きの発信者 ID(使用不可)が表示されたコール、または匿名の発信者 ID (非通知)が表示されたコールをフィルタリングできます。

9. [フィルタ マスク(Filter Mask)] ドロップダウン リストボックスから電話番号を選択する場合、[DN マスク(DN Mask)] フィールドに電話番号またはフィルタを入力します。フィルタの定義には、次のワイルド カードが使用できます。

X(大文字または小文字):数字 1 字に一致します。たとえば、408555123X は 4085551230 から 4085551239 までのすべての番号に一致します。

!:任意の桁の数字に一致します。たとえば、408! は 408 で始まるすべての番号に一致します。

#:完全一致する数字 1 字として使用します。

10. アクセス リストにこのメンバを追加するには、[保存(Save)] を選択します。

11. アクセス リストを保存するには、[保存(Save)] を選択します。

プラグイン

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページのプラグインを使用すると、システム管理者が設定したアプリケーションをダウンロードしてそれにアクセスできます。

詳細については、システム管理者にお問い合せください。

プラグインへのアクセス

1. [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにログインします。

2. [ユーザ オプション(User Options)] > [プラグイン(Plugins)] を選択します。

プラグインが表示されるのは、システム管理者がプラグインを設定した場合だけです。