Cisco Unified IP Phone 8961、9951、9971 ユーザ ガイド:Cisco Unified Communications Manager 8.0(SIP)
メッセージ
メッセージ
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

メッセージ

ボイス メッセージ

ボイスメールの個人設定

ボイス メッセージの確認

ボイス メッセージの聞き取り

メッセージ

イス メッセージ

ボイス メッセージはボイスメール システムに保存されます。電話機が使用するボイスメール システムはユーザが指定します。

次の操作を実行できます。

ボイスメールの個人設定

ボイス メッセージの確認

ボイス メッセージの聞き取り

ボイスメールの個人設定

メッセージ ボタン を押して、音声プロンプトに従います。

ボイス メッセージの確認

次のいずれかの方法でボイス メッセージを確認します。

赤色に点灯している受話器のランプを確認する。

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページを使用して、視覚的なメッセージ受信ランプを設定できます。

回線ラベルのメッセージ アイコン を確認する。

赤色の背景は、新しいボイス メッセージがあることを示しています。

メッセージ アイコンが付いている回線を選択すると、電話スクリーンの右側にボイスメール アイコン が表示されます。

ボイスメール システムによっては、メッセージ アイコン とボイスメール アイコン に新しいボイス メッセージ数が表示されます。

新しいボイス メッセージが 100 通以上ある場合、メッセージ数はプラス(+)記号に置き換えられます。

新しいボイス メッセージがある回線にコール転送が設定されている場合、回線ラベルにはメッセージ アイコンの代わりにコール転送アイコン が表示されます。

コールを発信する際、受話器、ヘッドセット、またはスピーカーフォンからスタッタ音が聞こえるか確認する(有効な場合)。

スタッタ音は回線によって異なります。スタッタ音は、新しいボイス メッセージがある回線を使用しているときだけ聞こえます。

[ユーザ オプション(User Options)] Web ページを使用して、音声メッセージ受信トーンを設定できます。

関連項目

「回線ごとにオーディオ ボイス メッセージ インジケータの設定を変更する」

「回線ごとにボイス メッセージ インジケータの設定を変更する」

ボイス メッセージの聞き取り

1. ボイス メッセージを聞くには、次の操作のいずれかを実行します。

メッセージ ボタン を押します。

メッセージ アイコン が表示されている回線を選択し、

ボイスメール アイコン の横にあるセッション ボタン を押す。

または、Cisco Unified IP Phone 9971 のタッチスクリーンで、ボイスメール アイコン を押す。

2. プロンプトに従ってボイス メッセージを聞きます。

新しいボイス メッセージを聞いた後、電話スクリーンのメッセージ インジケータが更新されます。新しいボイス メッセージがない場合は、回線ラベルからメッセージ アイコンが消去され、電話スクリーンの右側からボイスメール アイコンが消去されます。