Cisco Unified IP Phone 8961、9951、9971 ユーザ ガイド:Cisco Unified Communications Manager 8.0(SIP)
アプリケーション
アプリケーション
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

アプリケーション

電話アプリケーション

通話履歴

通話履歴の表示

コール レコードの詳細の表示

通話履歴のフィルタ

通話履歴からのダイヤル

通話履歴の電話番号の編集

通話履歴のクリア

通話履歴からのコール レコードの削除

設定

呼出音

壁紙

明るさ

Bluetooth

アクセサリ

アクセサリ リストの表示

アクセサリの詳細の表示

アナログ ヘッドセット用ワイドバンドの設定

Bluetooth アクセサリの追加

Bluetooth アクセサリの削除

Bluetooth アクセサリの接続

Bluetooth アクセサリの切断

カメラの詳細の表示

カメラの設定の表示

カメラのリセット

WLAN のログイン

WLAN のログイン

WLAN のログインの変更

実行中のアプリケーション

実行中のアプリケーションの表示

実行中のアプリケーションへの切り替え

実行中のアプリケーションの終了

電話の情報

電話の情報の表示

管理者設定

アプリケーション

電話アプリケーション

電話アプリケーションを使用すると、次にアクセスできます。

通話履歴

設定

アクセサリ

WLAN のログイン

実行中のアプリケーション

電話の情報

管理者設定(システム管理者専用)

話履歴

通話履歴を使用すると、電話機の最近の 150 コールに関する情報を表示できます。コールのタイプを示す次のアイコンが表示されます。

受信:

発信:

不在:

コール アイコンと発信者 ID が表示されます。発信者 ID が使用できない場合は電話番号が表示され、電話番号が使用できない場合は「不明(Unknown)」と表示されます。すべての通話履歴項目は 1 つのリストに統合され、日時の新しいものから順番に表示されます。(電話回線ごとではなく)電話機ごとに 150 コールまでの制限があります。たとえば、電話機に複数の回線がある場合は、すべての回線を合わせて 150 コールの制限が適用されます。

通話履歴リストは、すべての回線、回線ごと、または不在履歴を対象にソートできます。通話履歴を確認する個々の回線を選択すると、回線ごとに通話履歴をソートできます。[すべてのコール(All Calls)] ソフトキーを選択すると、全回線のマージされた履歴を表示できます。また、通話履歴リストから直接電話番号をダイヤルできます。

通話履歴、リダイヤル、またはコール ディレクトリのエントリにあるプラス(+)記号は、その電話機が国際コールをリストに表示するように設定されていることを示します。詳細については、システム管理者にお問い合せください。

通話履歴の表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [通話履歴(Call History)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

電話スクリーンに、各コール タイプに関連付けられたアイコンが付いた通話履歴が表示されます。

3. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

コール レコードの詳細の表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [通話履歴(Call History)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

電話スクリーンに、各コール タイプに関連付けられたアイコンが付いた通話履歴が表示されます。

3. コール レコードを選択して [詳細(Details)] ソフトキーを押します(必要に応じて、先に [次へ(More)] ソフトキーを押します)。

電話スクリーンに、タイムスタンプ、通話時間、発信者名、発信者の電話番号、代替番号が表示されます。

4. 戻るソフトキー を押して [通話履歴(Call History)] 画面に戻ります。

5. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

通話履歴のフィルタ

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [通話履歴(Call History)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [不在履歴(Missed Calls)] ソフトキーを押します。

[通話履歴(Call History)] 画面に、選択した回線の不在履歴だけが表示されます。

4. [通話履歴(Call History)] 画面にすべてのコールを表示するには、[すべてのコール(All Calls)] ソフトキーを押します。

5. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

通話履歴からのダイヤル

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [通話履歴(Call History)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [通話履歴(Call History)] 画面でダイヤルするコールを強調表示し、次のいずれかを実行します。

[コール(Call)] ソフトキーを押します。

受話器を取り上げます。

電話スクリーンで番号をダブルタップします。

選択ボタンを押します。

スピーカーフォン ボタン またはヘッドセット ボタン を押します。

通話履歴の電話番号の編集

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [通話履歴(Call History)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. 編集するコールを強調表示します。

4. [編集(EditDial)] ソフトキーを押します (必要に応じて、先に [次へ(More)] ソフトキーを押します)。

5. ナビゲーション バーの右矢印または左矢印を押して、カーソルを目的の場所に移動します。

6. ソフトキーを押して、カーソルの左にある番号を削除します。

7. [コール(Call)] ソフトキーを押して、新しく編集された番号にダイヤルします。

8. 戻るソフトキー を押して [通話履歴(Call History)] 画面に戻ります。

通話履歴のクリア

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [通話履歴(Call History)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [リストのクリア(Clear List)] ソフトキーを押して、電話機の通話履歴全体をクリアします。

4. [削除(Delete)] ソフトキーを押して通話履歴を削除するか、[キャンセル(Cancel)] ソフトキーを押して [通話履歴(Call History)] 画面に戻ります。

5. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

通話履歴からのコール レコードの削除

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [通話履歴(Call History)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. 削除するコールを強調表示します。

4. [削除(Delete)] ソフトキーを押して、通話履歴からその番号を削除します (必要に応じて、先に [次へ(More)] ソフトキーを押します)。

5. [削除(Delete)] ソフトキーを押して番号を削除するか、[キャンセル(Cancel)] ソフトキーを押して [通話履歴(Call History)] 画面に戻ります。

6. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

設定を使用すると、次の項目にユーザ設定を設定できます。

呼出音

壁紙

明るさ

Bluetooth

出音

着信コールを通知するために電話機で再生される呼出音は、回線ごとに選択できます。電話機へのカスタム呼出音の追加については、システム管理者にお問い合せください。

回線の呼出音の変更

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [設定(Preferences)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [呼出音(Ringtone)] を選択します。

4. 呼出音を強調表示します。

5. 選択ボタンまたは [編集(Edit)] ソフトキーを押します。

6. サンプルの呼出音を再生するには、[再生(Play)] ソフトキーを押します。

7. 呼出音を適用するには、[設定(Set)] ソフトキーを押します。

8. 戻るソフトキー を押して [設定(Preferences)] 画面に戻ります。

電話機に付属の壁紙またはカスタムの壁紙を使用して、電話スクリーンに表示されるデフォルト イメージを変更できます。電話機へのカスタムの壁紙の追加については、システム管理者にお問い合せください。

壁紙の変更

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [設定(Preferences)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [壁紙(Wallpaper)] を選択し、壁紙オプションを選択します。

4. [プレビュー(Preview)] ソフトキーを押して、電話スクリーンの壁紙を確認します。

5. [設定(Set)] ソフトキーを押して、壁紙を電話機に適用します。

るさ

電話スクリーンの明るさのレベルを調整できます。

明るさの調整

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [設定(Preferences)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [明るさ(Brightness)] を選択します。

明るくするには、 ナビゲーション パッドの右矢印を押します。

暗くするには、 ナビゲーション パッドの左矢印を押します。

4. [保存(Save)] ソフトキーを押して明るさを設定するか、[キャンセル(Cancel)] ソフトキーを押して終了します。

Bluetooth

システム管理者が電話機に Bluetooth 機能を設定している場合は、電話機から Bluetooth をオン/オフにできます。

Bluetooth の電源オン

(Cisco Unified IP Phone 9951 および 9971 限定)

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [設定(Preferences)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Bluetooth] を選択します。

4. [オン(On)] ソフトキーを押します。Bluetooth アイコン が電話スクリーンのヘッダーに表示されます。

このスクリーンから Bluetooth アクセサリを追加するには、もう一度 [Bluetooth] を選択し、[アクセサリを追加(Add Accessory)] ソフトキーを押します。

Bluetooth の電源オフ

(Cisco Unified IP Phone 9951 および 9971 限定)

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [設定(Preferences)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Bluetooth] を選択します。

4. [オフ(Off)] ソフトキーを押します。

電話スクリーンのヘッダーに Bluetooth アイコン が表示されなくなります。

クセサリ

ヘッドジャック、Bluetooth、または USB を使用して、電話機に外部ハードウェアを接続できます。アクセサリ リストには、アナログ ヘッドセットがデフォルトで含まれています。このヘッドセットは、ワイドバンドを有効にするように設定できます。

アクセサリ リストの表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

電話アクセサリのリストが表示されます。

3. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

アクセサリの詳細の表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

電話アクセサリのリストが表示されます。

3. リストからアクセサリを選択し、[詳細(Details)] ソフトキー押します。

電話スクリーンに、選択したアクセサリの詳細が表示されます。電話スクリーンに表示される情報は、選択したアクセサリによって異なります。大半のアクセサリで表示される詳細は次のとおりです。

デバイス名

ホスト名

デバイス タイプ

デバイスのサービス

ファームウェア バージョン

ペア化されているステータス(Bluetooth デバイス用)

接続ステータス

設定ステータス

4. [セットアップ(Setup)] ソフトキーを押して、電話機で選択したアクセサリを設定します。

5. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

ナログ ヘッドセット用ワイドバンドの設定

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

電話アクセサリのリストが表示されます。

3. [アナログ ヘッドセット(Analog Headset)] を選択し、[セットアップ(Setup)] ソフトキーを押します。

電話スクリーンに、アナログ ヘッドセットのワイドバンドの状態が表示されます。

4. [オンにする(Turn On)] ソフトキーを押して、アナログ ヘッドセット用のワイドバンドを有効にします。

5. [オフにする(Turn Off)] ソフトキーを押して、アナログ ヘッドセット用のワイドバンドを無効にします。

6. 戻るソフトキー を押して [アクセサリ(Accessories)] 画面に戻ります。

Bluetooth アクセサリの追加

(Cisco Unified IP Phone 9951 および 9971 限定)

始める前に

Bluetooth アクセサリを電話機で検出できなければ、Bluetooth アクセサリを追加できません。Bluetooth アクセサリの LED が点滅しているか確認します。LED の点滅は、そのデバイスが検出可能であることを示しています。詳細については、Bluetooth アクセサリの製造元から提供されたマニュアルを参照してください。

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Bluetooth アクセサリの追加(Add Bluetooth Accessory)] を選択します。

電話機が、検出可能なサポート対象アクセサリを検索します。検出されたアクセサリは、[Bluetooth アクセサリの追加中(Adding Bluetooth Accessory)] 画面のリストに追加されます。

4. アクセサリを選択し、[接続(Connect)] ソフトキーを押します。

5. 電話機は、「0000」の Bluetooth デバイス PIN を使用して、自動的にアクセサリの接続を試行します。アクセサリに別の PIN が必要で、[PIN の追加(Adding PIN)] 画面が表示された場合は、お使いのアクセサリの PIN を入力します。

接続が完了すると、電話スクリーンのヘッダーに Bluetooth アクティブ アイコン が表示され、接続されたアクセサリの横にチェックマークが表示されます。

Bluetooth アクセサリの削除

(Cisco Unified IP Phone 9951 および 9971 限定)

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. Bluetooth アクセサリを選択し、[削除(Delete)] ソフトキーを押します。

Bluetooth アクセサリが切断され(接続されている場合)、アクセサリ リストから削除されます。

Bluetooth アクセサリの接続

(Cisco Unified IP Phone 9951 および 9971 限定)

始める前に

Bluetooth アクセサリは、アクセサリとして電話機に追加してから接続する必要があります。

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. Bluetooth アクセサリを選択し、[接続(Connect)] ソフトキーを押します。

接続が完了すると、電話スクリーンのヘッダーに Bluetooth アクティブ アイコン が表示され、接続されたアクセサリの横にチェックマークが表示されます。

Bluetooth アクセサリの切断

(Cisco Unified IP Phone 9951 および 9971 限定)

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. Bluetooth アクセサリを選択し、[切断(Disconnect)] ソフトキーを押します。

カメラの詳細の表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Cisco Unified Video Camera] を選択し、[詳細(Details)] ソフトキーを押します。

4. 戻るソフトキー を押して [アクセサリ(Accessories)] 画面に戻ります。

カメラの設定の表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Cisco Unified Video Camera] を選択し、[セットアップ(Setup)] ソフトキーを押します。

次のカメラの機能を設定できます。

自動転送

明るさ

表示領域

4. 戻るソフトキー を押して [セットアップ(Setup)] 画面に戻ります。

自動転送の有効化

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Cisco Unified Video Camera] を選択します。

4. [セットアップ(Set-up)] ソフトキーを押します。

5. [オンにする(Turn On)] ソフトキーを押して自動転送機能を有効にするか、戻るソフトキー を押して [設定(Set-up)] 画面に戻ります。

カメラの明るさの調整

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Cisco Unified Video Camera] を選択します。

4. [明るさ(Brightness)] を選択します。

明るくするには、ナビゲーション パッドの右矢印または上矢印を押します。

暗くするには、ナビゲーション パッドの左矢印または下矢印を押します。

5. [保存(Save)] ソフトキーを押して明るさを設定するか、戻るソフトキー を押して [セットアップ(Setup)] 画面に戻ります。

カメラの表示領域の調整

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Cisco Unified Video Camera] を選択します。

4. [表示領域(View Area)] を選択します。

カメラの表示領域を拡大するには、ナビゲーション パッドの右矢印または上矢印を押します。

カメラの表示領域を縮小するには、ナビゲーション パッドの左矢印または下矢印を押します。

5. [保存(Save)] ソフトキーを押してコントラストを設定するか、戻るソフトキー を押して [セットアップ(Setup)] 画面に戻ります。

カメラのリセット

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [アクセサリ(Accessories)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [Cisco Unified Video Camera] を選択し、[リセット(Reset)] ソフトキーを押します。

Cisco Unified Video Camera のデフォルト設定に戻ります。

4. [キャンセル(Cancel)] ソフトキーを押して [アクセサリ(Accessories)] 画面に戻ります。

WLAN のログイン

WLAN にアクセスするには、ログインする必要があります。Wi-Fi 接続用の電話機の設定は、システム管理者が行います。電話機での WLAN の有効化に関する情報、電話機で使用できる WLAN セキュリティ モード、およびアクセス ポイント情報を表示するサイト調査情報については、システム管理者にお問い合せください。

WLAN のログイン

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [WLAN のサインイン(WLAN Sign in)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [ログイン(Sign in)] ソフトキーを押します。

正常にログインした後、電話スクリーンの右上部の隅に Wi-Fi 信号の強度が表示されます。電話機に表示されるさまざまな種類の Wi-Fi 信号については、後述の表を参照してください。

電話スクリーンに表示される視覚的な通知によって、Wi-Fi の問題を通知します。

 

 

アクセス ポイントが検出されませんでした。

 

アクセス ポイントが検出されました。

 

アクセス ポイントの信号のレベル(1 ~ 4)です。

WLAN のログインの変更

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [WLAN のサインイン(WLAN Sign in)] を選択します(ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. 選択ボタンを押し、キーパッドでユーザ ID を入力します。

ソフトキーを使用して、[ユーザ ID(User ID)] フィールドのデータを削除します。キーパッドを使用してユーザ ID を入力します。

4. ナビゲーション バーの下矢印を押し、パスワードを入力します。

5. 選択ボタンを押し、キーパッドでパスワードを入力します。

6. [ログイン(Sign in)] ソフトキーを押します。

実行中のアプリケーション

ディレクトリなど [アプリケーション(Applications)] メニューにないものも含めて、電話機で実行中のアプリケーションを確認することができます。

実行中のアプリケーションの表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [実行中のアプリケーション(Running Applications)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

電話機で実行されているアプリケーションのリストが表示されます。これには、[アプリケーション(Application)] メニューにないものも含まれます。

3. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

実行中のアプリケーションへの切り替え

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [実行中のアプリケーション(Running Applications)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. 実行中のアプリケーションを選択し、[切り替え(Switch To)] ソフトキーを押して、選択したアプリケーションを開いて使用します。

4. [終了(Exit)] ソフトキーを押してアプリケーションを閉じます。

実行中のアプリケーションの終了

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [実行中のアプリケーション(Running Applications)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. 実行中のアプリケーションを選択し、[閉じる(Close App)] ソフトキーを押してアプリケーションを閉じます。

変更を保存せずにアプリケーションを閉じるには、[閉じる(Close)] ソフトキーを押します。

アプリケーションの終了操作を取り消すには、[キャンセル(Cancel)] ソフトキーを押します。

4. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

電話の情報

電話の情報では、次に示す電話機のモデル情報を表示できます。

モデル番号

IP アドレス

ホスト名

アクティブ ロード

前回のアップグレード

アクティブ サーバ

スタンバイ サーバ

電話の情報の表示

1. アプリケーション ボタン を押します。

2. [電話の情報(Phone Information)] を選択します (ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして選択します)。

3. [終了(Exit)] ソフトキーを押して [アプリケーション(Applications)] 画面に戻ります。

管理者設定

管理者設定のアクセスおよび変更方法については、システム管理者にお問い合せください。