Cisco Unified IP Phone 7931G 電話ガイド for Cisco Unified Communications Manager 8.0(SCCP および SIP)
電話機の設定の変更方法
電話機の設定の変更方法
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2010/07/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

電話機の設定の変更方法

呼出音およびメッセージ インジケータのカスタマイズ

電話スクリーンのカスタマイズ

電話機の設定の変更方法

呼出音、音量、およびその他の設定を調整することにより、Cisco Unified IP Phone をカスタマイズできます。

呼出音およびメッセージ インジケータのカスタマイズ

着信コールや新しいボイスメール メッセージの示し方をカスタマイズできます。また、電話機の呼出音の音量を調節することができます。

目的
必要な操作

回線ごとに呼出音を変更する

1. )> [設定] > [ユーザ設定] > [呼出音] を選択します。

2. 電話回線またはデフォルトの呼出音の設定を選択します。

3. 呼出音のトーンを選択してそのサンプルを再生します。

4. [選択] および [保存] を押して、呼出音のトーンを設定します。または、[キャンセル] を押します。

電話機の呼出音の音量レベルを調節する

ハンドセットを受け台に置き、ヘッドセット ボタンとスピーカフォン ボタンをオフにして、音量ボタンを押します。設定した呼出音の音量が自動的に保存されます。

(注) 最小の呼出音設定が設定されているかどうかについては、システム管理者に確認してください。

ハンドセットにあるボイス メッセージのランプの動作を変更する

1. Cisco Unified CM ユーザ オプション Web ページにログインします(「ユーザ オプション Web ページへのアクセス」を参照してください)。

2. メッセージ インジケータの設定にアクセスします(「Web での回線設定の制御」を参照してください)。

(注) 通常、デフォルトのシステム ポリシーでは、ハンドセットのライト ストリップのランプが点灯することにより、新しいボイス メッセージがあることを示します。

電話機の可聴ボイス メッセージ インジケータの鳴り方を変更する

1. ユーザ オプション Web ページにログインします(「ユーザ オプション Web ページへのアクセス」を参照してください)。

2. メッセージ インジケータの設定にアクセスします(「Web での回線設定の制御」を参照してください)。

ヒント

最大 6 種類の呼出音が鳴るように電話機をカスタマイズできます。また、デフォルトの呼出音を設定することもできます。

電話スクリーンのカスタマイズ

電話スクリーンの特性を調整できます。

目的
必要な操作

電話スクリーンの明るさを変更する

1. )> [設定] > [ユーザ設定] > [明るさ] を選択します。

2. 調整するには、音量ボタンを押します。

3. [保存] または [キャンセル] を押します。

(注) 電話機の明るさ設定を変更した後、少なくとも 1 分は電源から切断されないようにします。切断されると、明るさ設定が保存されません。

電話スクリーンの言語を変更する

1. ユーザ オプション Web ページにログインします(「ユーザ オプション Web ページへのアクセス」を参照してください)。

2. ユーザ設定にアクセスします(「Web でのユーザ設定の制御」を参照してください)。

回線テキストラベルを変更する

1. ユーザ オプション Web ページにログインします(「ユーザ オプション Web ページへのアクセス」を参照してください)。

2. 回線ラベルの設定にアクセスします(「Web での回線設定の制御」を参照してください)。

コントラストを調整する

1. )> [設定] > [ユーザ設定] > [コントラスト] を選択します。

2. 調整するには、音量ボタンを押します。

3. [保存] または [キャンセル] を押します。

バックライトをオフにする

システム管理者に連絡し、このオプション機能が使用可能になっているかどうかを確認します。この機能により、バックライトをあらかじめ決めておいた時間(システム管理者が設定)にオフにできます。