Cisco Unified Wireless IP Phone 7921G ガイド for Cisco Unified Communications Manager 4.3/5.1/6.0 and Later
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

はじめに

このガイドの使用方法

その他の情報の入手先

安全と性能に関する情報

シスコ製品のセキュリティの概要

アクセシビリティ機能

Notices

OpenSSL/Open SSL Project

License Issues

はじめに

このガイドの使用方法

このガイドでは、電話機で使用可能な機能の概要について説明しています。電話機の機能について確実に理解するには、このガイドをよく読んでください。次の表に、よく使用される項目を示します。

 

目的
操作

安全情報を参照する

「安全と性能に関する情報」を参照してください。

電話をネットワークに接続する

「電話機の接続」を参照してください。

設置後に電話機を使用する

「電話機の概要」を参照してください。

ボタンとメニューについて調べる

「機能ボタンとメニューについて」を参照してください。

電話スクリーンについて調べる

「電話スクリーンの機能について」を参照してください。

コールを発信する

「コールの発信:基本オプション」を参照してください。

コールを保留にする

「コールの保留と復帰」を参照してください。

ミュートにする

「ミュートの使用」を参照してください。

コールを転送する

「コールの転送」を参照してください。

会議コールを発信する

「会議コールの使用方法」を参照してください。

別の番号にコールを転送する

「すべてのコールの別の電話番号への転送」を参照してください。

電話番号を共有する

「共有回線の使用」を参照してください。

別の電話機で呼び出し中のコールに応答する

「自分の電話機で他の電話機の着信に応答」を参照してください。

電話機をスピーカフォンとして使用する

「ハンドセット、ヘッドセット、およびスピーカフォンの使用方法」を参照してください。

短縮ダイヤルを設定する

「短縮ダイヤル」を参照してください。

呼出音の音量やトーンを変更する

「呼び出しのカスタマイズ」を参照してください。

不在履歴を表示する

「履歴およびディレクトリの使用」を参照してください。

ボイス メッセージを聞き取る

「ボイス メッセージへのアクセス」を参照してください。

ユーザ オプション Web ページを使用して電話機をカスタマイズする

「ユーザ オプション Web ページへのアクセス」を参照してください。

ソフトキーとアイコンの定義を参照する

このガイドの冒頭にあるクイック リファレンス カードを参照してください。

その他の情報の入手先

WWW 上の次の URL から、Cisco Unified IP Phone の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/phones/ps379/products_user_guide_list.html

シスコの Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/

また、シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

シスコ製品の最新資料の日本語版は、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp

このマニュアルには、日本語化されたマニュアル名と英語版 URL が併記された箇所があります。日本語版マニュアルを参照する場合は、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/index_ipt_ipp.shtml

安全と性能に関する情報

次の安全上の注意事項をお読みになってから、無線 IP Phone の設置と使用を始めてください。


警告 安全上の重要な注意事項

「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。装置の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止策をとるよう努めてください。警告の各国語版を参照するには、各注意事項の番号と、装置に付属の「Translation Safety Warnings」の番号を照らし合せてください。ステートメント 1071

これらの注意事項を保管しておいてください。



) 警告の各国語表記については、この製品に付属している『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 Series and Peripheral Devices』にある番号を参照してください。



警告 システムを電源に接続する前に、取り付け手順をお読みください。ステートメント 1004



警告 電源の異常および障害が発生した場合、Voice over IP(VoIP)サービスおよび緊急コール サービスは機能しません。VoIP および緊急コール サービスへのアクセスを回復するため、場合によっては、電源が復旧してから装置をリセットまたは再設定する必要があります。米国では、この緊急番号は 911 です。自国の緊急番号を確認してください。ステートメント 361



警告 バッテリ チャージャーのプラグとソケットは重要な切断手段となるため、常に手の届く場所に配置してください。ステートメント 1019



警告 バッテリ チャージャーでは、屋内取り付けの一環として短絡(過電流)保護を行う必要があります。国および各地域の配線規制に準拠して取り付けを行ってください。ステートメント 1045



警告 高濃度の引火性ガスが発生する場所など、危険な環境で Cisco Wireless IP Phone 7921G を使用しないでください。このような場所で無線デバイスを使用する前に、設置場所の安全管理責任者に確認してください。



警告 受話器には磁場が発生するので、ピンやクリップなどの小さい金属が引き寄せられる場合があります。ケガを避けるため、そうした物がある場所には受話器を置かないでください。


バッテリの安全上の注意事項

次に示すバッテリの安全上の注意事項は、Cisco Wireless IP Phone 7921G の専用バッテリに適用されます。


警告 バッテリの取り扱い方を間違えると破裂、発火の危険があります。バッテリは、必ずシスコが指定する型番のバッテリに交換してください。使用済みのバッテリは、各自治体の条例などに従って廃棄してください。ステートメント 1015



警告 この製品を廃棄処分する際には、日本国の法律および地方自治体の条例または規則に従ってください。ステートメント 1040



警告 バッテリ パックを火または水の中に廃棄しないでください。火の中に捨てると、バッテリが爆発する可能性があります。



注意 バッテリ パックは、この装置だけで使用することを目的としています。


注意 バッテリ パックを分解、粉砕、破壊、または焼却しないでください。


注意 バッテリ パックの発火、消耗、または損傷の危険を防ぐために、バッテリ端子に金属を触れさせないようにしてください。


注意 損傷または漏電したバッテリの取り扱いには、十分注意してください。電解液に触れた場合は、触れた部分を石鹸と水で洗ってください。電解液が目に入った場合は、水で 15 分間目を洗い流し、医師の診察を受けてください。


注意 気温が 104 °F(40 ℃)を超える場合は、バッテリ パックを充電しないでください。


注意 バッテリ パックを保管するときは、高温(140 °F、60 ℃超)にさらさないでください。


注意 バッテリ パックを廃棄するときは、バッテリの廃棄またはリサイクルに関する地域の制限について、お住まいの地域の条例などの規則をご確認ください。


注意 交換用バッテリを入手するには、お近くの販売店にお問い合せください。シスコの部品番号の付いたバッテリだけを使用してください。
標準バッテリ:CP-BATT-7921G-STD
拡張使用バッテリ:CP-BATT-7921G-EXT


注意 ご使用の電話機に付属しているシスコの電源だけを使用してください。電源を交換する必要がある場合は、シスコの部品番号のリストを参照してください。
オーストラリア:CP-PWR-7921G-AU=
中央ヨーロッパ:CP-PWR-7921G-CE=
中国:CP-PWR-7921G-CN=
日本:CP-PWR-7921G-JP=
北米:CP-PWR-7921G-NA=
英国:CP-PWR-7921G-UK=

停電

電話を使用して緊急サービスにアクセスできるかどうかは、電力が供給されている無線アクセス ポイントに依存します。電源障害がある場合、電源が復旧するまで、利用および緊急コール サービス ダイヤルは機能しません。電源の異常および障害が発生した場合は、装置をリセットまたは再設定してから、利用および緊急コール サービスへのダイヤルを行う必要があります。

規制国

この電話の無線周波数(RF)は、国ごとの規制に基づき設定されています。この電話をその規制国外で使用した場合は、電話が正しく機能せず、その国の規制に違反する場合があります。

医療環境

本製品は医療機器ではないため、他の装置や機器からの妨害を受けやすい無認可の周波数帯を使用する場合があります。

外部デバイスの使用

次の情報は、Cisco Unified Wireless IP Phone で外部デバイスを使用する場合に適用されます。

シスコでは、不要な Radio Frequency(RF; 無線周波数)および Audio Frequency(AF; 可聴周波数)がシールドされた高品質の外部デバイス(ヘッドセットなど)の使用を推奨しています。

これらのデバイスの品質や、携帯電話および双方向ラジオなど他のデバイスとの間隔によっては、雑音が入ることもあります。その場合は、次のいずれかの方法で対処してください。

RF または AF の信号源から外部デバイスを離す。

RF または AF の信号源から外部デバイスのケーブルの経路を離す。

外部デバイス用にシールドされたケーブルを使用するか、シールドおよびコネクタが高品質のケーブルを使用する。

外部デバイスのケーブルを短くする。

外部デバイスのケーブルに、フェライトまたは同様のデバイスを適用する。

シスコでは、外部デバイス、ケーブル、コネクタの品質については制御できないため、システム パフォーマンスを保証することはできません。良品質のケーブルおよびコネクタを使用して適切なデバイスを接続すると、十分なシステム パフォーマンスを得られます。


注意 欧州連合諸国では、EMC Directive [89/336/EC] に完全に準拠した外部ヘッドセットだけを使用してください。

シスコ製品のセキュリティの概要

本製品には暗号化機能が備わっており、輸入、輸出、配布および使用に適用される米国および他の国での法律を順守するものとします。シスコの暗号化製品を譲渡された第三者は、その暗号化技術の輸入、輸出、配布、および使用を許可されたわけではありません。輸入業者、輸出業者、販売業者、およびユーザは、米国および他の国での法律を順守する責任があります。本製品を使用するにあたっては、関係法令の順守に同意する必要があります。米国および他の国の法律を順守できない場合は、本製品を至急送り返してください。

シスコの暗号化製品に適用される米国の法律の概要については、次の URL で参照できます。
http://www.cisco.com/wwl/export/crypto/tool/stqrg.html
何かご不明な点があれば、export@cisco.com まで電子メールを送信してください。

アクセシビリティ機能

アクセシビリティ機能のリストをご希望の場合は、お問い合せください。

Notices

The following notices pertain to this software license.

OpenSSL/Open SSL Project

This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ ).

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

License Issues

The OpenSSL toolkit stays under a dual license, i.e. both the conditions of the OpenSSL License and the original SSLeay license apply to the toolkit. See below for the actual license texts. Actually both licenses are BSD-style Open Source licenses. In case of any license issues related to OpenSSL please contact openssl-core@openssl.org.

OpenSSL License:

Copyright © 1998-2007 The OpenSSL Project. All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions, and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgment: "This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

4. The names "OpenSSL Toolkit" and "OpenSSL Project" must not be used to endorse or promote products derived from this software without prior written permission. For written permission, please contact openssl-core@openssl.org.

5. Products derived from this software may not be called "OpenSSL" nor may "OpenSSL" appear in their names without prior written permission of the OpenSSL Project.

6. Redistributions of any form whatsoever must retain the following acknowledgment:

7. "This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OpenSSL PROJECT "AS IS"' AND ANY EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE OpenSSL PROJECT OR ITS CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com). This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Original SSLeay License:

Copyright © 1995-1998 Eric Young (eay@cryptsoft.com). All rights reserved.

This package is an SSL implementation written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

The implementation was written so as to conform with Netscapes SSL.

This library is free for commercial and non-commercial use as long as the following conditions are adhered to. The following conditions apply to all code found in this distribution, be it the RC4, RSA, lhash, DES, etc., code; not just the SSL code. The SSL documentation included with this distribution is covered by the same copyright terms except that the holder is Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Copyright remains Eric Young's, and as such any Copyright notices in the code are not to be removed. If this package is used in a product, Eric Young should be given attribution as the author of the parts of the library used. This can be in the form of a textual message at program startup or in documentation (online or textual) provided with the package.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgement:

4. "This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com)".

5. The word ‘cryptographic' can be left out if the routines from the library being used are not cryptography-related.

6. If you include any Windows specific code (or a derivative thereof) from the apps directory (application code) you must include an acknowledgement: "This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com)".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ERIC YOUNG "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

The license and distribution terms for any publicly available version or derivative of this code cannot be changed. i.e. this code cannot simply be copied and put under another distribution license [including the GNU Public License].