Cisco Unified IP Phone 7906G/7911G 電話ガイド for Cisco Unified Communications Manager 6.1 (SCCP/SIP)
ユーザ オプション Web ページの使用方法
ユーザ オプション Web ページの使用方法
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 840KB) | フィードバック

目次

ユーザ オプション Web ページの使用方法

ユーザ オプション Web ページへのアクセス

Web での機能とサービスの設定

Web でのパーソナル ディレクトリの使用方法

Web での個人アドレス帳の使用方法

Web でのファースト ダイヤルの設定

アドレス帳同期ツールの使用方法

Web での短縮ダイヤルの設定

Web での電話機サービスの設定

Web でのユーザ設定の制御

Web での回線設定の制御

モバイル コネクト用の電話機とアクセス リストの設定

Cisco WebDialer の使用方法

ユーザ オプション Web ページの使用方法

Cisco Unified IP Phone は、社内の他のネットワーク デバイス(パーソナル コンピュータを含む)と情報を共有できるネットワーク デバイスです。コンピュータを使用して、Cisco Unified CM ユーザ オプション Web ページにログインし、ここで Cisco Unified IP Phone の機能、設定、およびサービスを制御できます。たとえば、ユーザ オプション Web ページから短縮ダイヤル番号を設定できます。

ユーザ オプション Web ページへのアクセス

この項では、ログインして電話デバイスを選択する方法について説明します。

 

目的
操作

ユーザ オプション Web ページにログインする

1. ユーザ オプション Web ページの URL、ユーザ ID、およびデフォルトのパスワードをシステム管理者から入手します。

2. コンピュータで Web ブラウザを起動し、URL を入力してログインします。

3. セキュリティ設定の受け入れを求めるプロンプトが表示されたら、 [はい] または [証明書のインストール] をクリックします。

メインの Cisco Unified Communications Manager ユーザ オプション Web ページが表示されます。このページから、 [ユーザオプション] を選択して、ユーザ設定、ディレクトリ機能、個人アドレス帳、およびファースト ダイヤルにアクセスできます。

また、電話機固有のオプションにアクセスするには、デバイスを選択します(次を参照してください)。

ログイン後にデバイスを選択する

1. ユーザ オプション ページにログインした後、 [ユーザオプション] > [デバイス] を選択します。

[デバイス設定]ページが表示されます。

2. 複数のデバイスを割り当てられている場合は、適切なデバイス(電話機のモデル、エクステンション モビリティ プロファイル、またはリモート接続先プロファイル)を[名前]ドロップダウン メニューから選択します。


) [デバイス設定]ページの最上部に表示されるツールバー ボタンは、選択したデバイスの種類によって異なります。


ログイン後に設定オプションを選択する

1. ユーザ オプション Web ページにログインした後、 [ユーザオプション] を選択して、ユーザ設定、ディレクトリ、個人アドレス帳、ファースト ダイヤル、およびモビリティ設定にアクセスします。

2. 別のページから[デバイス設定]ページに戻るには、 [ユーザオプション]>[デバイス] を選択します。

Web での機能とサービスの設定

この項の各トピックでは、ログイン後にユーザ オプション Web ページから機能サービスを設定する方法について説明します。「ユーザ オプション Web ページへのアクセス」を参照してください。

Web でのパーソナル ディレクトリの使用方法

コンピュータでアクセスできるパーソナル ディレクトリ機能セットは、次のもので構成されています。

Personal Address Book(PAB; 個人アドレス帳)

ファースト ダイヤル

Cisco Unified Communications Manager Address Book Synchronizer


) 電話機から PAB およびファースト ダイヤルにアクセスすることもできます。「電話機でのパーソナル ディレクトリの使用方法」を参照してください。


Web での個人アドレス帳の使用方法

この項では、ユーザ オプション Web ページから PAB を使用する方法について説明します。

 

目的
ログインした後の操作

新しい PAB エントリを追加する

1. [ユーザオプション]>[個人アドレス帳] を選択します。

2. [新規追加] を選択します。

3. エントリの情報を入力します。

4. [保存] をクリックします。

PAB エントリを検索する

1. [ユーザオプション]>[個人アドレス帳] を選択します。

2. 検索情報を指定して、 [検索] をクリックします。

PAB エントリを編集する

1. PAB エントリを検索します。

2. 名前またはニックネームをクリックします。

3. 必要に応じてエントリを編集し、 [保存] をクリックします。

PAB エントリを削除する

1. PAB エントリを検索します。

2. 1 つ以上のエントリを選択します。

3. [選択項目の削除] をクリックします。

Web でのファースト ダイヤルの設定

この項では、ユーザ オプション Web ページからファースト ダイヤルを割り当てる方法について説明します。

 

目的
ログインした後の操作

PAB エントリにファースト ダイヤル コードを割り当てる

1. PAB エントリを作成します。「Web での個人アドレス帳の使用方法」を参照してください。

2. [ユーザオプション]>[ファーストダイヤル] を選択します。

3. [新規追加] をクリックします。

4. [検索オプション]領域を使用して、適切な PAB エントリを見つけます。

5. [検索結果]領域で、電話番号をクリックします。

6. 必要に応じて、ファースト ダイヤル コードを変更します。

7. [保存] をクリックします。

電話番号にファースト ダイヤル コードを割り当てる(PAB エントリを使用しない)

1. [ユーザオプション]>[ファーストダイヤル] を選択します。

2. [新規追加] をクリックします。

3. 必要に応じて、ファースト ダイヤル コードを変更します。

4. 電話番号を入力します。

5. [保存] をクリックします。

ファースト ダイヤル エントリを検索する

1. [ユーザオプション]>[ファーストダイヤル] を選択します。

2. 検索情報を指定して、 [検索] をクリックします。

ファースト ダイヤルの電話番号を編集する

1. [ユーザオプション]>[ファーストダイヤル] を選択します。

2. 編集するファースト ダイヤル エントリを検索します。

3. エントリのコンポーネントをクリックします。

4. 電話番号を変更します。

5. [保存] をクリックします。

ファースト ダイヤル エントリを削除する

1. ファースト ダイヤルを検索します。

2. 1 つ以上のエントリを選択します。

3. [選択項目の削除] をクリックします。

ヒント

最大 500 個のファースト ダイヤル エントリおよび PAB エントリを作成できます。

PAB エントリを使用せずに新しいファースト ダイヤル エントリを作成できます。そのようなファースト ダイヤル エントリにはユーザ オプション ページで「raw」というラベルが付いており、設定可能なテキスト ラベルが表示されません。

アドレス帳同期ツールの使用方法

アドレス帳同期ツール(TABSynch)を使用して、既存の Microsoft Windows アドレス帳(存在する場合)を PAB と同期させることができます。同期させると、Cisco Unified IP Phone およびユーザ オプション Web ページから Microsoft Windows アドレス帳のエントリにアクセスできるようになります。TABSynch へのアクセスおよび使用方法の詳しい情報については、システム管理者に確認してください。

Web での短縮ダイヤルの設定

設定に応じて、電話機は次のような短縮ダイヤル機能をいくつかサポートします。

短縮ダイヤル番号

固定短縮ダイヤル

ファースト ダイヤル


) 短縮ダイヤル機能の使用方法については、「短縮ダイヤル」を参照してください。


 

目的
ログインした後の操作

短縮ダイヤル番号を設定する

1. [ユーザオプション] > [デバイス] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

3. [短縮ダイヤル] をクリックします。

4. 電話機の短縮ダイヤル番号の番号とラベルを入力します。

5. [保存] をクリックします。


) 電話機では ASCII ラベル フィールドが使用されます。


固定短縮ダイヤルを設定する

1. [ユーザオプション] > [デバイス] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

3. [短縮ダイヤル] をクリックします。

4. 固定短縮ダイヤル コードの番号とラベルを入力します。

5. [保存] をクリックします。

ファースト ダイヤルを設定する

「Web でのファースト ダイヤルの設定」を参照してください。

電話機でファースト ダイヤルを設定することもできます。「電話機でのパーソナル ディレクトリの使用方法」を参照してください。

Web での電話機サービスの設定

電話機サービスには、特別な電話機機能、ネットワーク データ、および Web ベースの情報(株式相場、映画情報など)が含まれます。電話機で電話機サービスにアクセスするには、まず電話機サービスに登録する必要があります。

 

目的
ログインしてデバイスを選択した後の操作

サービスに登録する

1. [ユーザオプション] > [デバイス] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

3. [電話サービス] をクリックします。

4. [新規追加] をクリックします。

5. ドロップダウン リストからサービスを選択し、 [次へ] をクリックします。

6. (省略可能)可能な場合は、サービス ラベルを変更したり、追加のサービス情報を入力したりします。

7. [保存] をクリックします。

サービスを検索する

1. デバイスを選択します。

2. [電話サービス] をクリックします。

3. [検索] をクリックします。

サービスを変更または解除する

1. サービスを検索します。

2. 1 つ以上のエントリを選択します。

3. [選択項目の削除] をクリックします。

サービス名を変更する

1. サービスを検索します。

2. サービス名をクリックします。

3. 情報を変更して、 [保存] をクリックします。

電話機からサービスにアクセスする

>[サービス] を選択します。

Web でのユーザ設定の制御

ユーザ設定には、パスワード、PIN、および言語(ロケール)の設定が含まれます。

 

目的
ログインした後の操作

パスワードを変更する

1. [ユーザオプション]>[ユーザ設定] を選択します。

2. [ブラウザのパスワード]領域で、情報を入力します。

3. [保存] をクリックします。

PIN を変更する

1. [ユーザオプション]>[ユーザ設定] を選択します。

2. [電話のPIN]領域で、情報を入力します。

3. [保存] をクリックします。

ユーザ オプション ページの言語(ロケール)を変更する

1. [ユーザオプション]>[ユーザ設定] を選択します。

2. [ユーザロケール]領域で、[ロケール]ドロップダウン リストから項目を選択します。

3. [保存] をクリックします。

電話スクリーンの言語(ロケール)を変更する

1. [ユーザオプション]>[ユーザ設定] を選択します。

2. [ユーザロケール]ドロップダウン リストから項目を選択します。

3. [保存] をクリックします。

ヒント

PIN とパスワードでは、アクセスできる機能およびサービスが異なります。たとえば、電話機で Cisco エクステンション モビリティまたはパーソナル ディレクトリにログインするには、PIN を使用します。パーソナル コンピュータでユーザ オプション Web ページおよび Cisco WebDialer にログインするには、パスワードを使用します。詳細については、システム管理者にお問い合せください。

Web での回線設定の制御

回線設定は、電話機の特定の電話回線(電話番号)に影響します。回線設定には、コール転送、ボイス メッセージ インジケータ、呼出音のパターン、および回線ラベルが含まれます。

電話機で、その他の回線設定を直接設定できます。次の設定が可能です。

プライマリ電話回線のコール転送を設定する:「別の電話番号へのコールの転送」を参照してください。

呼出音、表示、および他の電話機モデルに固有の設定を変更する:「電話機の設定の変更方法」を参照してください。

 

目的
ログインした後の操作

回線ごとにコール転送を設定する

1. [ユーザオプション] > [デバイス] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

3. [回線の設定] をクリックします。

4. [着信コールの転送]領域で、さまざまな条件のコール転送設定を選択します。

5. [保存] をクリックします。

回線ごとにボイス メッセージのインジケータの設定を変更する

1. [ユーザオプション]>[デバイス] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

3. [回線の設定] をクリックします。

4. [メッセージ受信ランプ]領域で、さまざまな設定から選択します。


) 通常、デフォルトのメッセージ受信設定では、電話機のハンドセットにあるライト ストリップの赤いランプが点灯して、新しいボイス メッセージがあることが示されます。


5. [保存] をクリックします。

回線ごとにオーディオ ボイス メッセージ インジケータの設定を変更する

1. [ユーザオプション] > [デバイス] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

3. [回線の設定] をクリックします。

4. [オーディオメッセージ受信インジケータ]領域で、さまざまな設定から選択します。


) 通常、デフォルトのメッセージ受信設定では、電話機のハンドセットにあるライト ストリップの赤いランプが点灯して、新しいボイス メッセージがあることが示されます。


5. [保存] をクリックします。

電話スクリーンに表示される回線テキスト ラベルを変更または作成する

1. [ユーザオプション] > [デバイス] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン メニューから電話機を選択します。

3. [回線の設定] をクリックします。

4. [回線のテキストラベル]領域で、テキスト ラベルを入力します。

5. [保存] をクリックします。


) 2 バイト文字セットをサポートしていない電話機は ASCII ラベル フィールドを使用します。


モバイル コネクト用の電話機とアクセス リストの設定

Cisco Mobile Connect を使用する場合、デスクの電話機と同じ電話番号を使用してコールの発信や受信ができるように、携帯電話や他の電話機を追加する必要があります。これらの電話機は、リモート接続先と呼ばれます。また、アクセス リストを定義して、特定の番号からのコールが携帯電話に送信されるのを制限または許可することもできます。

 

目的
ログインした後の操作

アクセス リストを作成する

1. [ユーザオプション]>[モビリティの設定]>[アクセスリスト] を選択します。

2. [新規追加] をクリックします。

3. 次の情報を入力します。

[名前]:アクセス リストを識別します。

[説明]:アクセス リストの説明です。

4. 次のいずれかのオプションを選択します。

[拒否アクセスリスト]:ブロックする番号のリストを作成します。

[許可アクセスリスト]:許可する番号のリストを作成します。

5. [保存]をクリックします。

アクセス リストにメンバを追加する

1. アクセス リストを作成します。

2. [メンバの追加] をクリックして、電話番号またはフィルタをリストに追加します。

3. [フィルタマスク]ドロップダウン リスト ボックスからオプションを選択します。電話番号、制限付きの発信者 ID(使用不可)が表示されたコール、または匿名の発信者 ID(非通知)が表示されたコールをフィルタリングできます。

4. [フィルタマスク]ドロップダウン リスト ボックスから電話番号を選択する場合、[DNマスク]フィールドに電話番号またはフィルタを入力します。フィルタの定義には、次のワイルド カードを使用できます。

X(大文字または小文字):数字 1 字に一致します。たとえば、408555123X は 4085551230 から 4085551239 までのすべての番号に一致します。

!:任意の桁の数字に一致します。たとえば、408! は 408 で始まるすべての番号に一致します。

#:完全一致する数字 1 字として使用します。

5. このメンバをアクセス リストに追加するには、 [保存] をクリックします。

6. アクセス リストを保存するには、 [保存] をクリックします。

新しいリモート接続先を追加する

1. [ユーザオプション]>[モビリティの設定]>[リモート接続先] を選択します。

2. [名前]ドロップダウン リスト ボックスからデバイスを選択します。

3. [リモート接続先] をクリックします。

4. [新規追加] をクリックします。

5. 次の情報を入力します。

[名前]:携帯電話(または他の電話機)の名前を入力します。

[着信先番号]:携帯電話の番号を入力します。

[最短応答タイマー]:リモート接続先でコールに応答できるまでの時間を入力します(ミリ秒)。

[最長応答タイマー]:それ以上経過するとリモート接続先でコールに応答できなくなる時間を入力します(ミリ秒)。

[呼び出し前の遅延タイマー]:リモート接続先でコールの呼出音が鳴るまでの時間を入力します(ミリ秒)。

[リモート接続先プロファイル]:リモート接続先のプロファイルを選択します。このプロファイルには、すべてのリモート接続先に適用される設定値が含まれます。

[許可アクセスリスト]:デスクトップの電話機にコールが着信したときに携帯電話で呼出音が鳴るようにする電話番号またはルールを選択します。許可アクセス リストと拒否アクセス リストは、いずれか一方を選択します。両方は選択できません。

[拒否アクセスリスト]:デスクトップの電話機にコールが着信したときに携帯電話で呼出音が鳴らないようにする電話番号またはルールを選択します。許可アクセス リストと拒否アクセス リストは、いずれか一方を選択します。両方は選択できません。

[携帯電話]:デスクトップの電話機から発信されたコールを携帯電話で受信する場合に選択します。

[モバイルコネクトの有効化]:デスクトップの電話機と同時に携帯電話の呼出音を鳴らす場合に選択します。

[スマートクライアントインストール済み]:設定しているリモート接続先がスマートフォンの場合に選択します。

6. [保存] をクリックします。

Cisco WebDialer の使用方法

Cisco WebDialer を使用すると、Web ブラウザで項目をクリックすることで、ディレクトリ内の連絡先へのコールをCisco Unified IP Phone で発信できます。この機能は、システム管理者に設定してもらう必要があります。

 

目的
操作

ユーザ オプション ディレクトリで WebDialer を使用する

1. ユーザ オプション Web ページにログインします。「ユーザ オプション Web ページへのアクセス」を参照してください。

2. [ユーザオプション]>[ディレクトリ] を選択し、同僚を検索します。

3. ダイヤルする番号をクリックします。

4. WebDialer を初めて使用する場合は、初期設定を行い、 [送信] をクリックします(詳細については、この表の最後の項目を参照)。

5. コールの開始ページが表示された場合は、 [ダイヤル] をクリックします(今後このページを表示しないようにする方法については、この表の最後の項目を参照)。

これで、電話機からコールが発信されます。

6. コールを終了するには、 [コールの終了] をクリックするか、電話機から切断します。

別のオンライン社内ディレクトリ(ユーザ オプション ディレクトリではない)で WebDialer を使用する

1. WebDialer が有効な社内ディレクトリにログインし、同僚を検索します。

2. ダイヤルする番号をクリックします。

3. プロンプトが表示されたら、ユーザ ID とパスワードを入力します。

4. WebDialer を初めて使用する場合は、初期設定を行い、 [送信] をクリックします(詳細については、この表の最後の項目を参照)。

5. コールの開始ページが表示された場合は、 [ダイヤル] をクリックします(今後このページを表示しないようにする方法については、この表の最後の項目を参照)。

これで、電話機からコールが発信されます。

6. コールを終了するには、 [コールの終了] をクリックするか、電話機から切断します。

WebDialer からログアウトする

コールの開始ページ、またはコールの終了ページのログアウト アイコンをクリックします。

WebDialer 初期設定を設定、表示、または変更する

[初期設定]ページにアクセスします。

[初期設定]ページは、WebDialer を初めて使用するとき(ダイヤルする番号をクリックした後)に表示されます。

後で[初期設定]に戻るには、コールの開始ページ、またはコールの終了ページの初期設定アイコンをクリックします。

[初期設定]ページには、次のオプションがあります。

[優先する言語]:WebDialer の設定およびプロンプトに使用する言語を指定します。

[常設の電話を使う]:WebDialer コールを発信するときに使用する Cisco Unified IP Phone および電話番号(回線)を特定します。1 本の回線を持つ電話機を 1 台だけ使用している場合は、適切な電話機と回線が自動的に選択されます。それ以外の場合は、電話機または回線、あるいはその両方を選択します。電話機は、ホスト名を使用して指定します(電話機のホスト名を表示するには、 を押して、 [設定]>[ネットワークの設定]>[ホスト名] を選択します)。

[エクステンションモビリティを使用する]:選択した場合、WebDialer では、エクステンション モビリティ プロファイル(使用可能な場合)と関連付けられた Cisco Unified IP Phone が使用されます。

[コールの確認ダイアログを表示しない]:選択した場合、WebDialer がコールの開始ページを表示しないように要求されます。デフォルトでは、このページは、WebDialer が有効なオンライン ディレクトリの電話番号をクリックした後に表示されます。