Cisco IP Phone 7911G 電話ガイド Cisco CallManager Release 4.1(3)
Cisco IP Phone 7911G 電話ガイド Cisco CallManager 4.1(3)
クイック リファレンス
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 409KB) | フィードバック

目次

Cisco IP Phone 7911G

ソフトキーの定義

電話スクリーンのアイコン

ボタン アイコン

履歴およびディレクトリ

電話機の一般的なタスク

クイック リファレンス

Cisco IP Phone 7911G
電話ガイド
Cisco CallManager 4.1(3)

ソフトキーの定義

短縮

短縮ダイヤルのインデックス番号を使用してダイヤルする

応答

コールに応答する

割り込み

共有回線のコールに自分自身を追加する

折返し

話し中または呼出中の内線が応対可能になったときに通知を受信する

キャンセル

変更内容を適用せずに、操作をキャンセルまたは画面を終了する

C割込

共有回線のコールに自分自身を追加し、会議コールを開催する

不在

コール転送を設定またはキャンセルする

クリア

レコードまたは設定を削除する

閉じる

現在のウィンドウを閉じる

参加者

会議の参加者を表示する

会議

会議コールを作成する

削除

[編集]の使用時に、カーソルの右側にある文字を削除する

ダイヤル

電話番号をダイヤルする

D転送

2 つのコールを相互に転送する

編集

履歴の電話番号を編集する

終了

現在のコールを切断する

削除

設定をデフォルトにリセットする

終了

前の画面に戻る

Gピック

別のグループで鳴っているコールに応答する

即転送

ボイス メッセージ システムにコールを送信する

参加

1 本の回線上の複数のコールに参加し、会議コールを発信する

ミートミー

Meet-Me 会議コールを開催する

モニタ

通話をスピーカで聞く

モニタオフ

モニタ機能を無効にする

次へ

その他のソフトキーを表示する

メッセージ

ボイスメール システムにアクセスする

発信

新しいコールを発信する

他Grp

自分のグループに関連付けられた別のグループで鳴っているコールに応答する

パーク

コール パークを使用してコールを保存する

ピック

自分のグループでコールに応答する

非通知

他者が共有回線のコールを表示したり、コールに割り込みしたりできないようにする

品質

コールに関する問題をシステム管理者へ送信する

リダイヤル

最後にダイヤルした電話番号にリダイヤルする

削除

会議の参加者を削除する

ドロップ

会議コールに最後に追加された参加者を削除する

検索

ディレクトリ リストを検索する

転送

コールを転送する

更新

内容を更新する

<<

入力した文字を削除する

>>

入力した文字の先に移動する

電話スクリーンのアイコン

コールの状態

 

コール転送が有効

 

コールの保留

 

接続コール

 

オフフック

 

オンフック

 

着信コール

 

共有回線を使用中

安全なコール

 

認証されたコール

 

安全なコール

選択された入力デバイス

 

ハンドセットを使用中

 

スピーカを使用中(モニタがオンの状態)

重要なコール

 

プライオリティ コール

 

プライオリティがやや高いコール

 

プライオリティが高いコール

 

プライオリティが最も高いコール

その他の機能

 

短縮ダイヤルが設定済み

 

メッセージ受信

 

オプションが有効

 

機能が有効

ボタン アイコン

 

音量

 

ナビゲーション

 

保留

 

アプリケーション メニュー

履歴およびディレクトリ

目的
操作

履歴からダイヤルする

を押して、[ディレクトリ] >[不在履歴] [発信履歴] 、または [着信履歴] を選択します。コールを発信する番号までスクロールし、 [ダイヤル] を押します。

社内ディレクトリからダイヤルする

を押して、[ディレクトリ]>[社内ディレクトリ]を選択します。文字を入力し、[サブミット]を押します。ダイヤルするには、オフフックにします。

電話機の一般的なタスク

コールを発信する

番号をダイヤルする前または後に、オフフックにします。

番号をリダイヤルする

[リダイヤル] を押します。

コールを保留にする

コールを強調表示し、 を押します。

保留状態のコールを復帰する

保留状態のコールを強調表示し、 を押します。

短縮ダイヤルを使用する

 

を押して、ダイヤルする番号を選択します。

を押して、[ディレクトリ] >[短縮ダイヤル] を選択します。ダイヤルする番号を選択します。

オンフックの状態で短縮ダイヤルの番号を入力して、 [短縮] を押します。

新しい番号へコールを転送する

[転送] を押し、番号を入力してから、切断します(電話機がオンフック転送をサポートしていない場合は、もう一度 [転送] を押します)。

標準の会議コールを開催する

[次へ] > [会議] を押し、参加者にダイヤルします。次に、もう一度 [会議] を押します。