Cisco IP Phone 7911G 電話ガイド Cisco CallManager Release 4.1(3)
ハンドセット、ヘッドセット、および スピーカの使用方法
ハンドセット、ヘッドセット、およびスピーカの使用方法
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 409KB) | フィードバック

目次

ハンドセット、ヘッドセット、およびスピーカの使用方法

ヘッドセットの購入

自動応答の使用

ハンドセット、ヘッドセット、およびスピーカの使用方法

Cisco IP Phone 7911G では、スピーカを使用してハンズフリーで音声を聞くことができます。スピーカは、通話を聞くためだけに使用できます。通話中に会話するには、ハンドセットを取ります。

 

目的
操作

ハンドセットを使用する

ハンドセットを取り上げます。

相手の音声をスピーカで聞く

[モニタ]を押し、ハンドセットを置きます。通話を聞くことはできますが、話すことはできません。

スピーカをオフにし、ハンドセットを使用する

ハンドセットを取り上げるか、 [モニタオフ] を押します。

スピーカをオフにし、終了する

[終了]を押します。

ヘッドセットを使用する

ハンドセットを切断し、ヘッドセットをハンドセット ポートに接続します。

コールの音量レベルを調節する

コール中またはダイヤル トーンが聞こえているときに音量の上下ボタンを押します。

この操作によって、使用中の装置(ハンドセット、スピーカ、またはヘッドセット)の音量が調整されます。

以降のコール用に音量レベルを保存するには、[保存]を押します。


) システム管理者によって電話機のスピーカを使用できないように設定されている場合、[モニタ]ソフトキーおよびモニタオフ]ソフトキーは使用できません。ハンドセットを取り上げて、コールの発信やモニタを行う必要があります。


ヘッドセットの購入

ヘッドセットの購入については、「ヘッドセットについて」を参照してください。ヘッドセット製造業者の推奨事項によって異なりますが、外付け増幅器が必要になる場合があります。詳細については、ヘッドセット製造業者の製品マニュアルを参照してください。

自動応答の使用

自動応答が有効になっている場合、電話機では呼出音が 2、3 回鳴った後で着信コールが自動的に応答されます。システム管理者の設定では、自動応答においてはコールへの応答にスピーカが使用されます。ただし、スピーカを使用してユーザが実行できるのは、コールをモニタすることだけです。発信者と通話するには、ハンドセットを取り上げる必要があります。