Cisco 無線 IP 電話 7920 電話ガイド Cisco CallManager 4.0 and Later
高度なコール処理
高度なコール処理
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 583KB) | フィードバック

目次

高度なコール処理

コール パークとパーク中のコールの取得

電話機でのリダイレクトされたコールのピックアップ

共有回線の使用方法

共有回線でサポートされる最大コール数

コール情報の共有と割り込み

他人による共有回線のコールの表示または参加の防止

不審なコールのトレース

重要なコールの優先順位付け

高度なコール処理

高度なコール処理作業には、特殊な機能へのアクセスが必要です。ユーザのコール処理のニーズと作業環境に応じて、システム管理者がユーザの電話機にこのような機能を設定する場合もあります。

コール パークとパーク中のコールの取得

Cisco CallManager システム内の別な電話機(同僚の机の上の電話機や会議室の電話機など)から、自分または他のユーザがコールを取得できるように保存する場合、コールを「パーク」できます。コール パークは特別な機能のため、システム管理者に設定を依頼する必要があります。

 

項目
操作
コール パークを使用したアクティブなコールの保存

通話中に を押し、 Park に切り替えて押します。コールが保存されます。

電話画面に、特定のコール パーク番号が表示され、この番号にコールが保存されます。コール パーク番号をメモします。

パーク中のコールの取得

Cisco CallManager システム内の任意の電話機から該当のコール パーク番号を入力し、コールに接続します。

ヒント

パーク中のコールに応答するまでの時間には、制限があります。この制限を超えると、コールは元の電話に戻されます。この時間制限については、システム管理者に問い合わせてください。

電話機でのリダイレクトされたコールのピックアップ

同僚とコール処理を共有する場合、システム管理者はユーザの電話機でコール ピックアップを有効にしていることがあります。コール ピックアップを使用すると、呼び出し中のコールをご使用の電話機にリダイレクトして同僚の電話機でコールに応答できます。コール ピックアップを使用して、同じピックアップ グループ(PickUp)内の同僚または他のピックアップ グループ(GPickUp)内の同僚のコールを処理できます。

 

項目
操作
同じコール ピックアップ グループ内の別の内線を呼び出しているコールに応答する

を押して PickUp に切り替えます。次に PickUp を押すと、コールによって電話機が鳴ります。 Answer を押して、コールに接続します。

ピックアップ グループ外の内線を呼び出しているコールに応答する

を押して GPickUp に切り替え、 GPickUp を押して、コール グループのピックアップ コードをダイヤルします。コールによって電話機が鳴ります。 Answer を押して、コールに接続します。

ヒント

コール グループのピックアップ コードはシステム管理者から入手します。

PickUp または GPickUp を押すと、最も長く呼び出しているコールに接続します。

共有回線の使用方法

システム管理者によって「共有」回線が設定されていることがあります。共有回線機能は、標準の非共有回線には適用されません。通常、共有回線には 2 つの用途があります。

1 人のユーザが複数の電話機に共有回線を使用:たとえば、共有回線 23456 を無線 IP 電話とオフィスの卓上の電話機に使用します。23456 への着信コールで卓上の電話機と無線 IP 電話が鳴ります。いずれかの電話機でコールに応答します。

複数のユーザが回線を共有:たとえば、マネージャが回線および内線番号をアシスタントと共有します。内線への着信コールによって両方の電話機が鳴ります。

共有回線の場合、電話画面上に「in-use-remote」というメッセージが表示されることがあります。これは同僚が共有回線を現在使用しているという意味です。共有回線で通常どおりコールを発信したり、受信したりできます。remote-in-use メッセージが表示されている場合も同様です。

共有回線でサポートされる最大コール数

共有回線でサポートされている最大コール数は、電話機のモデルによって異なります。たとえば、Cisco 無線 IP 電話 7920 では、共有回線で最大 2 つのコールをサポートしていますが、Cisco IP Phone 7960 では、共有回線で 4 つのコールをサポートできます。回線に 2 つのコールがある場合、 NewCall ソフトキーを使用できるユーザと使用できないユーザがあります。

コール情報の共有と割り込み

電話画面に、同僚が共有回線上で発信および受信したコールについての情報が表示されます。この情報には、発信者 ID および 通話期間が含まれます。また、共有回線を使用しているときに、自分のコールについての情報が同僚の電話画面に表示されます。

電話画面上にコール情報が表示されている場合、割り込み機能を使用することによって、共有回線のコールに自分自身や同僚を追加できます。

割り込み :組み込みブリッジを有効にしている IP 電話モデルとの共有回線のコールに参加できます。割り込みを使用して、他の Cisco 無線 IP 電話 7920 との共有回線のコールに参加することはできません。

C 割り込み :任意の IP 電話モデルとの共有回線のコールに参加し、コールを会議に切り替えることができます。

プライバシー :回線を共有している同僚に自分のコールに関する情報を見られたくない場合、プライバシー機能を有効にします。また、プライバシー機能を使用すると、同僚はコールに割り込むことができません。「他人による共有回線のコールの表示または参加の防止」を参照してください。

 

項目
操作
同僚が共有回線でアクティブなコールを使用しているかどうか確認する

電話画面で、「In Use Remote」がステータス行に表示され、発信者側の ID が行番号の隣に表示されるかどうかを確認します。

割り込みを使用して共有回線のコールに自分自身を追加する

画面上で「in-use-remote」のコールを選択し、 Barge を押します。共有回線のユーザにトーンが聞こえ、「To Barge」が画面上に表示されます。Cisco IP Phone(割り込みが有効になっている)が開催したコールだけに参加できます。

C 割り込みを使用して共有回線のコールに自分自身を追加する

画面上で「in-use-remote」のコールを選択し、 cBarge を押します。他の参加者にトーンと短い中断音が聞こえ、電話画面のコール情報が変更されます。

C 割り込みはコールを会議に切り替え、これによってユーザは新しい参加者を電話会議に追加できるようになります。詳細については、「電話会議の使用」を参照してください。

電話を切ると、回線に 3 人以上の参加者が残っている場合に限り、コールは電話会議として続行します。

共有回線のコールを共有回線に接続している他の電話機に移動させる

Hold を押します。共有回線に接続している他の電話機で、
Resume
を押します。

ヒント

Barge および cBarge ソフトキーは、プライベート コールでは使用できません。

コールが保留状態になるか、転送されるか、または電話会議に切り替えられた場合、 Barge を使用して参加しているコールから、ユーザは切断されます。

他人による共有回線のコールの表示または参加の防止

回線を共有している場合、プラバシー機能を有効にすると、回線を共有している他のユーザがその回線のコールを表示したり、そのコールに参加したりできなくなります。

 

項目
操作
他人が共有回線のコールを表示したり参加したりできないようにする

Private を押します。 プライバシーを有効にすると、プライバシーが有効になっていることを示すアイコン が電話画面の電話番号の隣に表示されます。

他人が共有回線のコールを表示したり参加したりできるようにする

Private を押します。プライバシーを無効にすると、プライバシーが無効になっていることを示すアイコン が電話画面の電話番号の隣に表示されます。

ヒント

共有回線でプライバシーを有効にしていてコールを発信すると、回線を共有している他の電話機に「in use remote」とは表示されません。つまり、回線が使用中であるという通知はありません。

同じ回線を共有している他の電話機がプライバシーを有効にしている場合でも、その共有回線を使用して新しいコールを発信することができます。ただし、共有回線を使用して進行中のコールに参加することはできません。

不審なコールのトレース

不審または迷惑なコールを受信している場合、システム管理者は、電話機に Malicious Call Identification(MCID)機能を追加できます。この機能を使用するとアクティブなコールと不審なコールとを見分けることができます。その結果、一連のトラッキングと通知のメッセージが自動的に発信されます。

 

項目
操作
不審なコールを識別する

MCID を押します。MCID 要求が正常終了すると、特別なトーンが聞こえ、「MCID successful」というメッセージが電話機に表示されます。コールは、終了しない限りアクティブです。

重要なコールの優先順位付け

政府機関や軍事施設のような特別な環境では、緊急または重要なコールを発信および受信しなければならない場合があります。重要なコールは、プライオリティの高い処理(他のコールを後回しにするなど)を必要とします。特別なコール処理機能が必要な場合は、電話機への Multilevel Precedence and Preemption(MLPP)の追加をシステム管理者に依頼します。

次の用語に留意してください。

Precedence :コールに関連付けられたプライオリティを示します。

Preemption :プライオリティの低い既存のコールを終了して、電話機に送信されたプライオリティのより高いコールを受け入れる処理です。

 

項目
操作
発信コールのプライオリティ レベル(Precedence)を選択する

対応するコールの Precedence 番号のリスト(プライオリティの低い順)については、システム管理者にお問い合せください。

プライオリティ(Precedence)コールを発信する

電話番号の前に、システム管理者から提供された MLPP アクセス番号を入力します。

プライオリティ(Precedence)コールを受信する

特別なコール待機のトーンが鳴り、着信コールを示す特別なアイコンが表示されます。

コールのセキュリティ レベルを表示する

プライオリティの高い順に、コールのリストの先頭から表示されます。次のアイコンがプライオリティを表示します。

(アイコンなし)通常のコール

プライオリティ コール

中程度のプライオリティの(即時)コール

プライオリティの高い(フラッシュ)コール

プライオリティの最も高い(フラッシュ オーバーライド)コール

プライオリティの高いコールを受信する

特別なコール待機のトーンが鳴り、アクティブなコールを終了させてプライオリティの高いコールに応答します。

Preemption コールを受信する

コールがアクティブなときに 10 秒間ほど続くトーンが聞こえます。Preemption コールがアクティブなコールと入れ替わります。

ヒント

MLPP が有効なコールを発信または受信すると、標準のトーンとは異なる特別な呼出トーンとコール待機のトーンが鳴ります。

無効な MLPP アクセス番号を入力すると、音声通知でエラーを警告されます。