Cisco Unified IP Phone 7975G/7971G-GE/7970G/7965G/7945G アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Communications Manager 9.0(SCCP および SIP)
技術仕様
技術仕様
発行日;2012/11/16   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

技術仕様

ここでは、Cisco Unified IP Phone 7970 シリーズの技術仕様について説明します。

物理仕様および動作環境仕様

次の表に、Cisco Unified IP Phone の物理仕様および動作環境仕様を示します。

表 1 物理仕様および動作環境仕様

仕様

値または範囲

動作温度

32 ~ 104°F(0 ~ 40°C)

動作時の相対湿度

10 ~ 95%(結露しないこと)

保管温度

14 ~ 140°F(–10 ~ 60°C)

高さ

9.07 インチ (23.03 cm)

Cisco Unified IP Phone 7975G、7965G、および 7945G の場合:

10.82 インチ (27.48 cm)

Cisco Unified IP Phone 7971G-GE および 7970G の場合:

10.5 インチ (26.67 cm)

奥行

  • 2.54 インチ (6.45 cm):フットスタンドを完全に閉じた状態
  • 6.0 インチ (15.24 cm):フットスタンドを完全に開いた状態
  • 3.54 インチ (9.00 cm):オプションの壁面取り付けキットを使用(Cisco Unified IP Phone 7975G、7965G、および 7945G)

重量

1.47 kg(3.25 ポンド)

電源オプション

Cisco Unified IP Phone 7975G、7965G、および 7945G:

  • AC アダプタ使用時:100 ~ 240 VAC、50 ~ 60 Hz、0.5 A
  • 44V ~ 57V DC、0.25 A(ネットワーク ケーブルでインライン パワーを使用する場合)

Cisco Unified IP Phone 7971G-GE および 7970G:

  • 電話機は、IEEE 802.3af 準拠のデータ スイッチ(クラス III)から受電できます。
  • 電話機には、電源アダプタ(シスコ部品番号 CP-PWR-CUBE-3=)と適切な電源コードを使用してローカルに給電できます(電源アダプタの電力要件:100 ~ 240 VAC、50 ~ 60 Hz、0.5 A)。

ケーブル

Cisco Unified IP Phone 7975G、7965G、および 7945G の場合:
  • 10-Mbps ケーブルの場合はカテゴリ 3/5/5e/6 を 4 ペア
  • 100-Mbps ケーブルの場合はカテゴリ 5/5e/6 を 4 ペア
  • 1000-Mbps ケーブルの場合はカテゴリ 5e/6 を 4 ペア
    (注)     

    ケーブルは、合計 8 本のコンダクタに対して 4 ペアのワイヤで構成されています。

Cisco Unified IP Phone 7971G-GE および 7970G の場合:
  • 10 Mbps ケーブルの場合はカテゴリ 3/5/5e を 4 ペア
  • 100 Mbps ケーブルの場合はカテゴリ 5/5e を 4 ペア
  • 1000-Mbps ケーブルの場合はカテゴリ 5e/6 を 4 ペア
    (注)     

    ケーブルは、合計 8 本のコンダクタに対して 4 ペアのワイヤで構成されています。

距離要件

イーサネット仕様でサポートされているとおり、各 Cisco Unified IP Phone とスイッチ間のケーブル長は最大 100 メートル(330 フィート)とします。

ケーブル仕様

  • ハンドセットおよびヘッドセット接続用の RJ-9 ジャック(4 コンダクタ)。
  • LAN 10/100/1000BaseT 接続用の RJ-45 ジャック(10/100/1000 SW というラベル)。
  • 2 番目の 10/100/1000BaseT 準拠の接続用の RJ-45 ジャック(10/100/1000 PC というラベル)。
  • マイクおよびスピーカ接続用の 3.5 mm ジャック(Cisco Unified IP Phone 7971G-GE および 7970G のみ)。
  • 48 ボルト電源コネクタ。

ネットワーク ポートとアクセス ポートのピン割り当て

ネットワーク ポートとアクセス ポートはどちらもネットワーク接続に使用されますが、それぞれ異なる目的で使用され、ポートのピン割り当ても異なっています。 アクセス ポートは、コンピュータ ポートとも呼ばれます。

ネットワーク ポート コネクタ

次の表では、ネットワーク ポート コネクタのピン割り当てについて説明します。

表 2 ネットワーク ポート コネクタのピン割り当て

ピン番号

機能

1

BI_DA+

2

BI_DA-

3

BI_DB+

4

BI_DC+

5

BI_DC-

6

BI_DB-

7

BI_DD+

8

BI_DD-

(注)     

BI は双方向を表し、DA、DB、DC、および DD はそれぞれデータ A、データ B、データ C、およびデータ D を表します。

コンピュータ ポート コネクタ

次の表では、コンピュータ ポート コネクタのピン割り当てについて説明します。

表 3 コンピュータ(アクセス)ポート コネクタのピン割り当て

ピン番号

機能

1

BI_DB+

2

BI_DB-

3

BI_DA+

4

BI_DD+

5

BI_DD-

6

BI_DA-

7

BI_DC+

8

BI_DC-

(注)     

BI は双方向を表し、DA、DB、DC、および DD はそれぞれデータ A、データ B、データ C、およびデータ D を表します。