Cisco Unified IP Phone 7961G/7961G-GE および 7941G/7941G-GE アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified CallManager 5.0 (SIP)
Web サイトによるユーザへの 情報提供
Web サイトによるユーザへの情報提供
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Web サイトによるユーザへの情報提供

Cisco Unified IP Phone のサポートを受ける方法

ユーザへのユーザ オプション Web ページに対するアクセス権限の付与

Cisco Unified IP Phone のオンライン ヘルプ システムにアクセスする方法

Cisco Unified IP Phone マニュアルを入手する方法

サービスへの登録方法と電話機能の設定方法

ボイス メッセージ システムにアクセスする方法

パーソナル ディレクトリを設定する方法

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストールと設定

Web サイトによるユーザへの情報提供

システム管理者は、多くの場合、自分が管理するネットワークや社内の Cisco Unified IP Phone ユーザから質問を受ける立場にあります。最新でしかも完全な情報をエンド ユーザに提供することが重要です。

Cisco Unified IP Phone に関する重要な情報は、社内のサポート サイトに Web ページを作成して、エンド ユーザに提供することをお勧めします。

このサイトには、次のような情報を追加することを検討してください。

「Cisco Unified IP Phone のサポートを受ける方法」

「ユーザへのユーザ オプション Web ページに対するアクセス権限の付与」

「Cisco Unified IP Phone のオンライン ヘルプ システムにアクセスする方法」

「Cisco Unified IP Phone マニュアルを入手する方法」

「サービスへの登録方法と電話機能の設定方法」

「ボイス メッセージ システムにアクセスする方法」

「パーソナル ディレクトリを設定する方法」

Cisco Unified IP Phone のサポートを受ける方法

Cisco Unified IP Phone の機能(短縮ダイヤル、サービス、ボイス メッセージ システムのオプションなど)を正しく使用するために、ユーザは、システム管理者またはそのネットワーク チームから情報を受け取ることや、システム管理者に連絡してサポートを依頼できることが必要です。サポートを誰に、どのような方法で依頼するかについての情報を必ずエンド ユーザに提供してください。

ユーザへのユーザ オプション Web ページに対するアクセス権限の付与

ユーザがユーザ オプション Web ページにアクセスできるようにするには、システム管理者が Cisco Unified CallManager の管理ページを使用して、ユーザを標準の Cisco Unified CallManager エンド ユーザ グループに追加しておく必要があります。詳細については、次の箇所を参照してください。

Cisco Unified CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザ グループの設定」の章

Cisco Unified CallManager システム ガイド 』の「ロールとユーザ グループ」の章

Cisco Unified IP Phone のオンライン ヘルプ システムにアクセスする方法

Cisco Unified IP Phone 7961G/7961G-GE および 7941G/7941G-GE には、総合的なオンライン ヘルプ システムがあります。電話機でメインのヘルプ メニューを表示するには、電話機の ? ボタンを押して、メニューが表示されるまで数秒間待ちます。ヘルプがすでに表示されている場合は、 [メイン] を押します。

メイン メニューには、次の項目が含まれます。

Cisco Unified IP Phone について:電話のモデルに関する説明

操作方法:一般的に使用される電話機のタスクに関する手順や情報

コール機能:会議および転送などの、コール機能を使用するための説明および手順

ヘルプ:ヘルプの使用やアクセスに関するヒント

また、? ボタンを使用して、ソフトキー、メニュー項目、およびヘルプ システム自体についての情報を入手することもできます。詳細については、『 Cisco Unified IP Phone 7961G/7961G-GE および 7941G/7941G-GE 電話ガイド 』を参照してください。

Cisco Unified IP Phone マニュアルを入手する方法

システム管理者は、Cisco Unified IP Phone のユーザ マニュアルにエンド ユーザがアクセスできるようにする必要があります。『 Cisco Unified IP Phone 7961G/7961G-GE および 7941G/7941G-GE 電話ガイド 』には、電話機の主要な機能の使用方法が詳しく説明されています。

Cisco Unified IP Phone には複数のモデルがあるため、ユーザがシスコの Web サイトで目的のマニュアルを見つけやすいように、最新のマニュアルへのリンクを用意することをお勧めします。ただし、ユーザをシスコの Web サイトにアクセスさせない場合やアクセスを提供できない場合は、システム管理者が PDF ファイルをダウンロードし、社内の Web サイトでエンド ユーザに提供することをお勧めします。

また、マニュアルは『 Cisco Unified CallManager and IP Phones and Services Documentation 』というタイトルの CD-ROM からも入手できます。この CD-ROM は、Cisco Unified CallManager の各リリースに付属しています。

Cisco Unified IP Phone の入手可能なマニュアルのリストについては、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/index.htm

Cisco Unified CallManager の入手可能なマニュアルのリストについては、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/index.htm

マニュアルの表示方法や注文方法については、「技術情報の入手方法」を参照してください。

サービスへの登録方法と電話機能の設定方法

エンド ユーザは、Cisco Unified CallManager のユーザ オプション Web ページを使用して、さまざまな操作を実行できます。たとえば、各種サービスへの登録、短縮ダイヤル番号やコール転送番号の設定、呼び出し音の設定、個人アドレス帳の作成などの操作を行うことができます。ただし、Web サイトを使用した電話機の設定に、エンド ユーザが慣れていないことを考慮してください。エンド ユーザがユーザ オプション Web ページに正しくアクセスして利用するには、できるだけ多くの情報を提供する必要があります。

ユーザ オプション Web ページに関する次の情報は、必ずエンド ユーザに提供してください。

このアプリケーションへのアクセスに必要な URL。次の URL を使用します。

http:// server_name /CCMUser/。ここで、 server_name は、Web サーバがインストールされているホストです。

このアプリケーションへのアクセスに必要なユーザ ID およびデフォルト パスワード。

これらの設定値は、ユーザを Cisco Unified CallManager に追加したときに入力した値と同じです(「Cisco Unified CallManager へのユーザの追加」を参照)。

Web ベースの GUI アプリケーションの簡単な説明、および Web ブラウザを使用してこのアプリケーションにアクセスする方法。

この Web ページを使用してユーザが実行できるタスクの概要。

ボイス メッセージ システムにアクセスする方法

Cisco Unified CallManager では、Cisco Unity ボイス メッセージ システムなど、さまざまなボイス メッセージ システムを統合することができます。ただし、多数の異なるシステムと統合できるため、特定のシステムの使用方法に関する情報をユーザに提供する必要があります。

次の情報を各ユーザに提供してください。

ボイス メッセージ システム アカウントへのアクセス方法

Cisco Unified CallManager を使用して、Cisco Unified IP Phone の メッセージ ボタンを設定しておく必要があります。

ボイス メッセージ システムにアクセスするための初期パスワード

すべてのユーザに対して、ボイス メッセージ システムのデフォルト パスワードを設定しておく必要があります。

電話機でボイス メッセージの受信を知らせる方法

Cisco Unified CallManager を使用して、メッセージ受信インジケータ(MWI)を設定しておく必要があります。

パーソナル ディレクトリを設定する方法

ユーザは、Cisco Unified IP Phone でパーソナル ディレクトリのエントリを設定できます。パーソナル ディレクトリを設定するために、ユーザは次の機能にアクセスできる必要があります。

ユーザ オプション ページ

ユーザ オプション ページへのアクセス方法をユーザに知らせてください。詳細については、「サービスへの登録方法と電話機能の設定方法」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer

このアプリケーションのインストーラをユーザに提供してください。インストーラを入手するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified CallManager の管理ページで、 [アプリケーション]>[プラグイン] の順に選択します。プラグインのリストが表示されます。プラグインが表示されない場合は、 [検索] をクリックします。

ステップ 2 Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer プラグインを見つけて、説明の隣にある [ダウンロード] をクリックします。ファイルをダウンロードするダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [保存] をクリックし、アプリケーションをコンピュータに保存します。


 

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer をインストールする方法の詳細については、「Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストールと設定」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストールと設定

このツールは、Microsoft Windows、Microsoft Outlook、または Microsoft Outlook Express のアドレス帳に保存されているデータを、Cisco Unified CallManager ディレクトリおよび個人アドレス帳サービスと同期するために使用します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストーラ ファイルをシステム管理者から入手します。

ステップ 2 システム管理者から提供された TabSyncInstall.exe ファイルをダブルクリックします。

Welcome to Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Next をクリックします。

License Agreement ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 ライセンス契約の内容を確認し、 Yes をクリックして同意します。

Choose Destination Location ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 アプリケーションをインストールするディレクトリを選択し、 Next をクリックします。

Start Copying Files ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 適切なディレクトリを選択したことを確認し、 Next をクリックします。

インストレーション ウィザードによってコンピュータにアプリケーションがインストールされます。インストールが完了すると、InstallShield Wizard Complete ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 Finish をクリックします。

ステップ 8 次に Synchronizer の設定を行います。


 

Synchronizer の設定


ステップ 1 Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer を開きます。

デフォルトのインストール ディレクトリを受け入れた場合は、 [スタート]>[プログラム]> Cisco > IP Phone Address Synchronizer を選択することでアプリケーションを開くことができます。

ステップ 2 ユーザ情報を設定するために、 Password ボタンをクリックします。

Cisco IP Phone User ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Cisco Unified IP Phone ユーザの名前とパスワードを入力し、 OK をクリックします。

ステップ 4 同期規則を設定するには、 Rules Options ボタンをクリックします。

ステップ 5 使用する同期方法を選択し、 OK をクリックします。

ステップ 6 Cisco Unified CallManager に関する情報を設定するには、 CCM Server ボタンをクリックします。

Configure Cisco Unified CallManager Web Server ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 Cisco Unified CallManager の IP アドレスまたはホスト名を入力し、 OK をクリックします。

IP アドレスおよびホスト名がわからない場合は、システム管理者に問い合せてください。

ステップ 8 Password ボタンをクリックします。

Cisco Unified IP Phone User ウィンドウが表示されます。

ステップ 9 Cisco Unified IP Phone のユーザ オプション アプリケーション用のユーザ ID とパスワードを入力します。

ステップ 10 ディレクトリ同期プロセスを開始するには、 Synchronize ボタンをクリックします。

Synchronization Status ウィンドウには、アドレス帳の同期のステータス情報が表示されます。重複エントリに対してユーザが介入する規則を選択している場合、重複するアドレス帳エントリがあると、Duplicate Selection ウィンドウが表示されます。個人アドレス帳に含めるエントリを選択し、 OK をクリックします。

同期が完了したら、 Exit をクリックして Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer を閉じます。