Cisco Unified IP Phone 7970G/7971G-GE アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified CallManager Release 5.0 (SCCP)
Web サイトによるユーザへの 情報提供
Web サイトによるユーザへの情報提供
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Web サイトによるユーザへの情報提供

Cisco Unified IP Phone に関するサポートの取得方法

電話機のオンライン ヘルプ システムへのアクセス方法

Cisco Unified IP Phone のマニュアルの入手方法

Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ e- ラーニング チュートリアルへのアクセス

サービスへの登録方法および電話機機能の設定方法

ボイス メッセージ システムへのアクセス方法

パーソナル ディレクトリのエントリの設定方法

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストールと設定

Web サイトによるユーザへの情報提供

多くの場合、システム管理者は、ネットワークまたは企業の Cisco Unified IP Phone ユーザにとって主要な情報源です。最新の詳細な情報をエンド ユーザに提供する必要があります。

シスコでは、エンド ユーザに Cisco Unified IP Phone に関する重要な情報を提供するために、社内のサポート サイトに Web ページを作成することを推奨しています。

このサイトには、次のタイプの情報を含めるように考慮してください。

「Cisco Unified IP Phone に関するサポートの取得方法」

「電話機のオンライン ヘルプ システムへのアクセス方法」

「Cisco Unified IP Phone のマニュアルの入手方法」

「Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ e- ラーニング チュートリアルへのアクセス」

「サービスへの登録方法および電話機機能の設定方法」

「ボイス メッセージ システムへのアクセス方法」

「パーソナル ディレクトリのエントリの設定方法」

Cisco Unified IP Phone に関するサポートの取得方法

Cisco Unified IP Phone の機能(短縮ダイヤル、サービス、ボイス メッセージ システムのオプションなど)を正常に使用するには、ユーザはシステム管理者やシステム管理者のネットワーク チームから情報を入手する必要があります。また、サポートを受けるためにシステム管理者に問い合せできる環境が必要です。システム管理者は、サポート担当者の名前と問い合せ手段をエンド ユーザに明示しておく必要があります。

電話機のオンライン ヘルプ システムへのアクセス方法

Cisco Unified IP Phone 7970 シリーズでは、包括的なオンライン ヘルプ システムにアクセスできます。電話機でメイン ヘルプ メニューを表示するには、電話機の ? ボタンを押し、メニューが表示されるまで数秒間待ちます。ヘルプが表示されたら、 [メイン] を押します。

メイン メニューには、次の項目が含まれます。

Cisco Unified IP Phone について:電話機のモデルに関する記述的な情報

操作方法:電話機の一般的なタスクに関する手順と情報

コール機能:会議や転送などのコール機能を使用する場合の説明と手順

ヘルプ:ヘルプの使用とアクセスに関するヒント

また、 ? ボタンを使用すると、ソフトキー、メニュー項目、およびヘルプ システムそのものに関する情報を入手できます。詳細については、『 Cisco Unified IP Phone 7970 Series Guide 』を参照してください。

Cisco Unified IP Phone のマニュアルの入手方法

システム管理者は、エンド ユーザが Cisco Unified IP Phone のユーザ マニュアルにアクセスできるようにする必要があります。『 Cisco Unified IP Phone 7970 Series Guide 』には、主要な電話機能のユーザ向けの詳細な説明が記載されています。

Cisco Unified IP Phone のモデルは複数あるため、ユーザがシスコの Web サイトで適切なドキュメントを見つけることができるように、社内 Web サイトで現在使用中のモデルに関連するマニュアルへのリンクを提供することを推奨します。ユーザにシスコ Web サイトへのアクセスを許可しない場合や、ユーザがシスコ Web サイトへアクセスできない環境の場合は、システム管理者が PDF ファイルをダウンロードして、それらを社内 Web サイトでエンド ユーザに提供することをお勧めします。

また、マニュアルは、Cisco Unified CallManager リリースとともに配布される『 Cisco Unified CallManager Design, Installation, and Operation Guides 』というタイトルの CD-ROM にも収録されています。

入手可能なマニュアルのリストについては、次の URL の Cisco Unified IP Phone の Web サイトを参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/index.htm

マニュアルの表示方法または発注方法の詳細については、「技術情報の入手方法」を参照してください。

また、いくつかの電話機のモデルについては、自分のペースで学習できる Cisco Unified IP Phone e- ラーニング チュートリアルへのアクセス権をエンドユーザに提供することができます。このチュートリアルには、ユーザ ガイドの PDF ファイルへのリンクを含めることができます。詳細については、「Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ e- ラーニング チュートリアルへのアクセス」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ e- ラーニング チュートリアルへのアクセス

Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ e- ラーニング チュートリアルは、オーディオとアニメーションを使用して、基本的なコール機能を示します。現在、Cisco Unified IP Phone 7970 シリーズ(7970G/7971G-GE)と、Cisco Unified IP Phone モデル 7960G、7940G、7912G、および 7905G 対応の e- ラーニング チュートリアルが用意されています。

エンド ユーザは、Cisco.com から e- ラーニング チュートリアル(英語版のみ)のランタイム バージョンにアクセスできます。次の URL で、該当する電話機モデルの下にあるチュートリアルを探します。

http://cisco.com/en/US/products/hw/phones/ps379/products_user_guide_list.html

管理者は、カスタマイズ可能なバージョンの e- ラーニング チュートリアル(英語版のみ)を Cisco.com の電話機の製品ページ
http://www.cisco.com/en/US/products/hw/phones/ps379/ps1855/index.html )からダウンロードすることができます。また、Cisco Unified CallManager バージョン 4.1 以降では付属の『Cisco Unified CallManager Design, Installation, and Operation Guides』(CD-ROM)にもチュートリアルが収録されています(電話機モデルに対応するチュートリアルが入手可能かどうかは、CD のバージョンによって異なります)。いずれの場合も、最新のユーザ ガイド PDF へのリンク方法を含む特定の手順については、該当する e- ラーニング チュートリアルの Read Me ファイルを参照してください。


) e- ラーニング チュートリアルは定期的に更新されるため、最新機能に関する情報が含まれていない場合があります。最新機能の情報については、電話機モデルと Cisco Unified CallManager のバージョンに固有のエンド ユーザ向け Cisco Unified IP Phone のドキュメントを参照する必要があります。


サービスへの登録方法および電話機機能の設定方法

エンド ユーザは、Cisco Unified CallManager のユーザ オプション Web ページを使用して、さまざまなアクティビティを実行できます。これらのアクティビティには、サービスへの登録、短縮ダイヤルおよびコール転送番号の設定、呼出音の設定、個人アドレス帳の作成などがあります。Web サイトを使用した電話機の設定に慣れていないエンドユーザもいることに留意してください。エンド ユーザがユーザ オプション Web ページに正しくアクセスして使用できるように、できるだけ多くの情報を提供する必要があります。

エンド ユーザには、必ずユーザ オプション Web ページに関する次の情報を提供してください。

アプリケーションにアクセスするために必要な URL。この URL は、次のとおりです。

http:// server_name /CCMUser/。ここで、 server_name は、Web サーバがインストールされているホストです。

アプリケーションにアクセスするために必要な、ユーザ ID、デフォルト パスワード、およびデフォルト PIN。

これらの設定は、ユーザを Cisco Unified CallManager に追加したときに入力した値に相当します(「Cisco Unified CallManager へのユーザの追加」を参照)。

Web ベースの Graphical User Interface(GUI;グラフィカル ユーザ インターフェイス)アプリケーション、および Web ブラウザを使用してそれにアクセスする方法についての概要。

Web ページを使用してユーザが実行できるタスクの概要。

また、ユーザが『 Cisco Unified IP Phone 7970 Series Guide 』も参照できるようにしてください。このガイドは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/index.htm

ボイス メッセージ システムへのアクセス方法

Cisco Unified CallManager を使用すると、Cisco Unity ボイス メッセージ システムを含めた多数のボイスメール メッセージ システムと統合できます。各種システムと統合できるため、特定のシステムの使用方法に関する情報をユーザに提供する必要があります。

次の情報を、各ユーザに提供してください。

ボイスメール メッセージ システムのアカウントへのアクセス方法。

Cisco Unified CallManager を使用して、Cisco Unified IP Phone の メッセージ ボタンを設定しておく必要があります。

ボイス メッセージ システムにアクセスするための初期パスワード。

すべてのユーザが使用できる、ボイス メッセージ システムのデフォルト パスワードを設定しておく必要があります。

ボイス メッセージの受信が電話機でどのように示されるか。

Cisco Unified CallManager を使用して、Message Waiting Indicator(MWI;メッセージ受信インジケータ)メソッドを設定しておく必要があります。

パーソナル ディレクトリのエントリの設定方法

ユーザは、Cisco Unified IP Phone で、パーソナル ディレクトリのエントリを設定できます。パーソナル ディレクトリを設定するには、ユーザが次の機能にアクセス可能である必要があります。

ユーザ オプション Web ページ:ユーザにユーザ オプション Web ページへのアクセス方法を提示します。詳細については、「サービスへの登録方法および電話機機能の設定方法」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer:このアプリケーションのインストーラをユーザに提供します。インストーラを入手するには、Cisco Unified CallManager で [アプリケーション]>[プラグイン] を選択し、 Cisco IP Phone Address Book Synchronizer をクリックします。

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストールの詳細については、「Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストールと設定」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer のインストールと設定

このツールを使用すると、Microsoft Windows、Microsoft Outlook、または Microsoft Outlook Express のアドレス帳に格納されているデータと、Cisco Unified CallManager ディレクトリおよび個人アドレス帳サービスを同期させることができます。

Synchronizer のインストール


ステップ 1 システム管理者から Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer インストーラ ファイルを入手します。

ステップ 2 システム管理者から提供された TabSyncInstall.exe ファイルをダブルクリックします。

Welcome to Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Next をクリックします。

License Agreement ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 ライセンス契約に関する情報を読み、 Next をクリックして許諾します。

Choose Destination Location ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 アプリケーションのインストール先ディレクトリを選択して、 Next をクリックします。

Start Copying Files ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 正しいディレクトリが選択されていることを確認し、 Next をクリックします。

インストール ウィザードによって、アプリケーションがコンピュータにインストールされます。インストールが完了すると、InstallShield Wizard Complete ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 Finish をクリックします。

ステップ 8 プロセスを完了するため、次に Synchronizer を設定する必要があります。


 

Synchronizer の設定


ステップ 1 Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer を開きます。

デフォルトのインストール ディレクトリを使用した場合は、 [スタート]>[プログラム]> Cisco > IP Phone Address Synchronizer を選択して、アプリケーションを開くことができます。

ステップ 2 ユーザ情報を設定するには、 Password ボタンをクリックします。

Cisco Unified IP Phone User ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Cisco Unified IP Phone のユーザ名とパスワードを入力して、 OK をクリックします。

ステップ 4 同期ルールを設定するには、 Rules Options ボタンをクリックします。

ステップ 5 使用する同期方式を選択して、 OK をクリックします。

ステップ 6 Cisco Unified CallManager 情報を設定するには、 CCM Server ボタンをクリックします。

Configure Cisco Unified CallManager Web Server ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 Cisco Unified CallManager の IP アドレスまたはホスト名を入力して、 OK をクリックします。

この情報が不明な場合は、システム管理者に問い合せてください。

ステップ 8 Password ボタンをクリックします。

Cisco Unified IP Phone User ウィンドウが表示されます。

ステップ 9 Cisco Unified IP Phone User Options アプリケーションのユーザ ID とパスワードを入力します。

ステップ 10 ディレクトリ同期プロセスを開始するには、 Synchronize ボタンをクリックします。

Synchronization Status ウィンドウに、アドレス帳の同期の進捗情報が表示されます。重複エントリに関するルールでユーザによる調整を選択しており、アドレス帳のエントリが重複している場合は、Duplicate Selection ウィンドウが表示されます。個人アドレス帳に登録するエントリを選択して、 OK をクリックします。

同期化が完了したら、 Exit をクリックして Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer を閉じます。