Cisco IP Phone 7960G/7940G アドミニストレーション ガイド Cisco CallManager Release 4.1
Web サイトを使用したユーザ への情報 提供
Web サイトを使用したユーザへの情報提供
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Web サイトを使用したユーザへの情報提供

Cisco IP Phone のサポートを受ける方法

Cisco IP Phone のマニュアルを入手する方法

サービスへの登録方法と電話機能の設定方法

ボイス メッセージ システムにアクセスする方法

個人ディレクトリを設定する方法

Web サイトを使用したユーザへの情報提供

システム管理者は、多くの場合、自分が管理するネットワークや社内の Cisco IP Phone ユーザから質問を受ける立場にあります。最新でしかも完全な情報をエンド ユーザに提供することが重要です。

Cisco IP Phone に関する重要な情報は、社内のサポート サイトに Web ページを作成して、エンド ユーザに提供することをお勧めします。

このサイトには、次のような情報を追加することを検討してください。

「Cisco IP Phone のサポートを受ける方法」

「Cisco IP Phone のマニュアルを入手する方法」

「サービスへの登録方法と電話機能の設定方法」

「ボイス メッセージ システムにアクセスする方法」

「個人ディレクトリを設定する方法」

Cisco IP Phone のサポートを受ける方法

Cisco IP Phone の機能(短縮ダイヤル、サービス、ボイス メッセージ システムのオプションなど)を正しく使用するために、ユーザは、システム管理者またはそのネットワーク チームから情報を受け取ることや、システム管理者に連絡してサポートを依頼できることが必要です。

Cisco IP Phone のマニュアルを入手する方法

システム管理者は、Cisco IP Phone のユーザ マニュアルにエンド ユーザがアクセスできるようにする必要があります。『 Cisco IP Phone 7960G/7940G ユーザ ガイド 』では、電話機の主要な機能の使用方法が詳しく説明されています。

Cisco IP Phone には複数のモデルがあるため、ユーザがシスコの Web サイトで目的のマニュアルを見つけやすいように、最新のマニュアルへのリンクを用意することをお勧めします。ただし、ユーザをシスコの Web サイトにアクセスさせない場合やアクセスを提供できない場合は、システム管理者が PDF ファイルをダウンロードし、社内の Web サイトでエンド ユーザに提供することをお勧めします。

マニュアルは、 Cisco CallManager and IP Phones and Services Documentation というタイトルの CD-ROM でも提供されています。この CD-ROM は、Cisco CallManager のリリースに付属しています。

利用可能な Cisco IP Phone のマニュアルについては、次の Web サイトにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/index.htm

利用可能な Cisco CallManager のマニュアルについては、次の Web サイトにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/index.htm

マニュアルの表示方法や注文方法については、「技術情報の入手方法」を参照してください。

サービスへの登録方法と電話機能の設定方法

エンド ユーザは、Cisco CallManager のユーザ オプション Web ページを使用して、さまざまな操作を実行できます。たとえば、各種サービスへの登録、短縮ダイヤル番号やコール転送番号の設定、呼び出し音の設定、個人アドレス帳の作成などの操作を行うことができます。ただし、Web サイトを使用した電話機の設定に、エンド ユーザが慣れていないことを考慮してください。エンド ユーザがユーザ オプション Web ページに正しくアクセスして利用するには、できるだけ多くの情報を提供する必要があります。

ユーザ オプション Web ページに関する次の情報は、必ずエンド ユーザに提供してください。

このアプリケーションへのアクセスに必要な URL。次の URL を使用します。

http:// server_name /CCMUser。ここで、 server_name は、Web サーバがインストールされているホストです。

アプリケーションへのアクセスに必要なユーザ ID とデフォルト パスワード。

これらの設定値は、ユーザを Cisco CallManager に追加したときに入力した値と同じです(「Cisco CallManager へのユーザの追加」を参照)。

Web ベースの GUI アプリケーションの簡単な説明、および Web ブラウザを使用してこのアプリケーションにアクセスする方法。

この Web ページを使用してユーザが実行できるタスクの概要。

また、次の URL で参照できる『 Customizing Your Cisco IP Phone on the Web(Web での Cisco IP Phone のカスタマイズ) 』をユーザに紹介することもできます。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/index.htm

ボイス メッセージ システムにアクセスする方法

Cisco CallManager では、Cisco Unity ボイス メッセージ システムなど、さまざまなボイス メッセージ システムを統合することができます。ただし、多数の異なるシステムと統合できるため、特定のシステムの使用方法に関する情報をユーザに提供する必要があります。

次の情報を各ユーザに提供してください。

ボイス メッセージ システム アカウントへのアクセス方法

Cisco CallManager を使用して、Cisco IP Phone の メッセージ ボタンを設定しておく必要があります。

ボイス メッセージ システムにアクセスするための初期パスワード

すべてのユーザに対して、ボイス メッセージ システムのデフォルト パスワードを設定しておく必要があります。

電話機でボイス メッセージの受信を知らせる方法

Cisco CallManager を使用して、メッセージ受信インジケータ(MWI)を設定しておく必要があります。

個人ディレクトリを設定する方法

ユーザは、Cisco IP Phone で個人ディレクトリのエントリを設定できます。個人ディレクトリを設定するために、ユーザは次の機能にアクセスできる必要があります。

ユーザ オプション ページ

ユーザ オプション ページへのアクセス方法をユーザに知らせてください。詳細については、「サービスへの登録方法と電話機能の設定方法」を参照してください。

Cisco IP Phone Address Book Synchronizer

このアプリケーションのインストーラをユーザに提供してください。このインストーラを入手するには、Cisco CallManager で Application > Install Plugins の順に選択し、 Cisco IP Phone Address Book Synchronizer をクリックします。