Cisco IP Conference Station 7936 アドミニストレーション ガイド
Cisco IP Conference Station 7936 の設定
Cisco IP Conference Station 7936 の設定
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco IP Conference Station 7936 の設定

管理者オプション

システム設定値の確認

ネットワーク設定値へのアクセス

DHCP 設定の変更

DHCP を使用可能にする

DHCP を使用不可にする

IP 設定値の設定

静的 IP アドレスの割り当て

サブネット マスクの割り当て

デフォルト ゲートウェイの割り当て

ドメイン名の割り当て

DNS サーバの割り当て

VLAN オプションの設定

代替 TFTP オプションの設定

代替 TFTP サーバの使用方法

HTTP ポートの設定

ファームウェア バージョン情報の確認

IP Conference Station のリセット

ローカル設定の消去

デフォルト設定値

アプリケーション ロードのアップグレード

イーサネット ポート設定の変更

管理者パスワードの変更

Diagnostics メニューの使用方法

Changing the Settings メニュー

コントラスト設定の変更

バックライト設定の変更

呼び出し音の種類の設定の変更

時刻形式の設定の変更

日付形式の設定の変更

社内ディレクトリの設定

Cisco CallManager の設定

社内ディレクトリの使用方法

社内ユーザの検索

ローカル ディレクトリの設定

Phone Book の使用

Phone Book のオープン

エントリの追加

エントリの編集

その他の機能

Meet-Me 会議

Call Park(コール パーク)

Call Transfer(コール着信転送)

Call Forwarding(コール自動転送)

Call Pickup(コール ピックアップ)と Group Pickup(グループ ピックアップ)

Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス

Web インターフェイスの説明

Web インターフェイスの使用方法

すべての Web ページで使用可能な情報

管理者が行う設定

System Information

Network Setup

Phone Book

Sounds

Time & Date

Diagnostics

Passwords/HTTP Port Change

Restore Factory Defaults

Cisco IP Conference Station 7936 の設定

Cisco IP Conference Station 7936 は、ネットワーク装置で、設定可能なネットワーク設定値が含まれています。ユーザが IP Conference Station にアクセスして使用できる状態になる前に、こうした設定値の多くを指定しておく必要があります。

IP Conference Station 7936 の設定については、この章の次のトピックを参照してください。

「管理者オプション」

「システム設定値の確認」

「ネットワーク設定値へのアクセス」

「ファームウェア バージョン情報の確認」

「IP Conference Station のリセット」

「ローカル設定の消去」

「アプリケーション ロードのアップグレード」

「イーサネット ポート設定の変更」

「管理者パスワードの変更」

「Diagnostics メニューの使用方法」

「Changing the Settings メニュー」

「社内ディレクトリの設定」

「ローカル ディレクトリの設定」

「その他の機能」

「Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス」

管理者オプション

次の管理者オプションが、LCD メニューから使用できます。これらの設定オプションは、Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスからも使用できます。詳細については、「Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス」を参照してください。


) 管理者オプションはパスワードで保護されています。


 

LCD メニュー項目
説明

Admin Setup:このメニューにアクセスするには、次の手順に従います。

1. Menu ボタンを押します。

2. Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

3. Select ボタンを押します。

4. 管理者パスワードを入力します(デフォルトの管理者パスワードは **# です)。

Admin Setup メニューから、管理者メニューにアクセスできます。管理者オプションはパスワードで保護されています。

Network Setup:Network Setup メニュー パラメータにアクセスするには、上記の手順に従って、Network Setup を選択します。


ヒント Admin Setup メニュー オプションに戻る必要があるときには、Menu ボタンを押します。

Network Setup メニューでは、特定のネットワーク パラメータ、たとえば、DHCP、ドメイン名、静的 IP アドレッシングなどが設定できます。

詳細については、「ネットワーク設定値へのアクセス」を参照してください。

Diagnostics:Diagnostics メニューにアクセスするには、上記の手順に従って、Diagnostics を選択します。

Diagnostics メニューでは、接続性をテストし、ネットワーク統計情報をチェックできます。

Ethernet Port Configuration:Ethernet Port Configuration メニューにアクセスするには、上記の手順に従って、Ethernet Port Config を選択します。

Ethernet Port Configuration メニューでは、イーサネット ポートの設定を変更できます。

詳細については、「イーサネット ポート設定の変更」を参照してください。

Restore Defaults:Restore Defaults メニューにアクセスするには、上記の手順に従って、Restore Defaults を選択します。電話の待機画面メニューで **1 を押して、デフォルト設定を復元することもできます。

Restore Defaults メニューでは、IP Conference Station の設定を出荷時の設定値に復元できます。

詳細については、「デフォルト設定値」を参照してください。

Change Passcode:Change Passcode メニューにアクセスするには、上記の手順に従って、
Change Passcode を選択します。

Change Passcode メニューでは、電話で使用する管理者パスワードを変更できます。

詳細については、「管理者パスワードの変更」を参照してください。

HTTP Port Change:HTTP Port Change メニューにアクセスするには、上記の手順に従って、HTTP Port Change を選択します。

HTTP Port Change メニューでは、HTTP ポートを変更できます。デフォルトの HTTP ポートは 80 です。

詳細については、「HTTP ポートの設定」を参照してください。

System Info:System Information メニューにアクセスするには、上記の手順に従って、System Information を選択します。

System Information メニューでは、構成情報を表示できます。詳細については、「システム設定値の確認」を参照してください。

システム設定値の確認

IP Conference Station には、現在のシステム設定値に関する詳細情報が記録されています。この情報は、トラブルシューティング時、またはシステム設定値に変更を加える場合に便利です。


ワンポイント・アドバイス Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスを使用して、システム設定値を表示することもできます。「Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス」を参照してください。


システム設定値を確認するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワードを入力します(デフォルトの管理者パスワードは **# です)。

ステップ 5 Enter ソフトキーを押します。

ステップ 6 Up または Down スクロール ボタンを押して System Info を選択し、次に Select ボタンを押します。

ステップ 7 Up または Down スクロール ボタンを押して、次の表に説明されているシステム情報全体をスクロールします。


 

 

システム設定値
説明
使用上の注意事項

Language

IP Conference Station 用の言語選択エントリを表示します。

デフォルトの言語は、English です。

Local number

これは、IP Conference Station に割り当てられている市内電話番号または内線番号です。

電話会議は、この番号を使用して開始されます。

DHCP

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)が使用可能か、使用不可かを示します。

デフォルトで DHCP は使用可能になっています。 Admin Setup > Network Setup 設定メニューから使用不可にできます。

MAC Address

IP Conference Station に固有のメディア アクセス制御(MAC)アドレスを示します。

このアドレスは、電話に関連付けられているハードウェア アドレスです。設定はできません。

IP Address

これは、IP Conference Station に割り当てられる IP アドレスです。

IP アドレスは、ネットワーク上で IP Conference Station を識別します。このアドレスは、DHCP が使用可能になっている場合は、自動的に設定されます。

IP Mask

IP Conference Station が使用するサブネット マスクを示します。

この IP アドレスは、DHCP が使用可能になっている場合は、自動的に設定されます。

Router 1

IP Conference Station が使用する
デフォルト ゲートウェイを示します。

この IP アドレスは、DHCP が使用可能になっている場合は、自動的に設定されます。

Host Name

IP Conference Station に割り当てられた固有のホスト名を示します。

このアドレスは、Cisco CallManager を通じて割り当てられます。

Domain

IP Conference Station が置かれているドメインを示します。

このドメイン名は、DHCP サーバを通じて割り当て可能です。

DNS Address

IP Conference Station に対応するドメイン ネーム システム(DNS)サーバ アドレスを示します。

この IP アドレスは、DHCP サーバを通じて割り当て可能です。

Op VLAN ID

IP Conference Stationがメンバーになっている VLAN (バーチャル LAN)を示します。

VLAN ID は、Cisco Discovery Protocol(CDP)を通じて IP Conference Station に割り当てられます。

Adm VLAN ID

IP Conference Station がメンバーになっている管理 VLAN を示します。

管理 VLAN ID は、システム管理者によって IP Conference Station に割り当てられます。「VLAN オプションの設定」を参照してください。


) VLAN ID が CDP を通じて割り当てられた場合、この設定は無視されます。


CallManager 1 (CM1) Address、CallManager 2 (CM2) Address、CallManager 3 (CM3) Address

この IP Conference Station からのコールの処理に使用できるCisco CallManager システムを示します。

Cisco CallManager アドレスのうちいずれか 1 つがアクティブ(A)として画面に表示され、その他のアドレスはスタンバイ(S)として表示されます。

これらの IP アドレスは、
Cisco CallManager によって自動的に設定されます。

Main TFTP、Secondary TFTP、Tertiary TFTP

コンフィギュレーション ファイルおよび IP Conference Station のファームウェアを取得するのに IP Conference Station が使用するトリビアル ファイル転送プロトコル(TFTP)のサーバ IP アドレスを示します。

この IP アドレスは、DHCP が使用可能になっている場合は、自動的に設定されます。


) セカンダリおよびターティアリ(第三次)TFTP サーバは、DHCP オプション 150 を使用するように設定した場合にサポートされます。


Alt TFTP Addr

コンフィギュレーション ファイルおよびファームウェアを取得するのに IP Conference Station が使用する代替 TFTP サーバのアドレスを示します。

この IP アドレスは、手動で設定する必要があります。


) セカンダリおよびターティアリ(第三次)TFTP サーバは、DHCP オプション 150 を使用するように設定した場合にサポートされます。


Alt TFTP

代替 TFTP サーバが使用可能になっているか否かを示します(yes/no)。

この設定は、手動で指定する必要があります。

Boot Load ID

電話のファームウェアの現在のロード ID を示します。

これは、IP Conference Station によって自動的に設定されます。

App Load ID

電話のソフトウェアの現在のロード ID を示します。

これは、IP Conference Station によって自動的に設定されます。

HW (hardware) Revision

ハードウェア改訂レベルを示します。

この番号は、IP Conference Station によって自動的に設定されます。

SW (software) Version

IP Conference Station 上にロードされているファームウェア バージョンを示します。

この番号は、IP Conference Station によって自動的に設定されます。

Dial Tone

IP Conference Station 上のダイヤル音の設定を示します。

デフォルト値は Tone 1 です。

Ringer

IP Conference Station 上の呼び出し音の設定を示します。

5 種類の呼び出し音があります。呼び出し音をオフにすることもできます。この場合は、LCD スクリーンに Ring Off と表示されます。デフォルトの呼び出し音は Pro Ring です。

Time

IP Conference Station 上の時刻設定を示します。

時刻形式設定には、12 時間制と 24 時間制の 2 種類があります。

Date

IP Conference Station 上の日付設定を示します。

日付形式設定には、MM/DD/YY と DD/MM/YY の 2 種類があります。

Codec

IP Conference Station 上の圧縮設定を示します。

これは、IP Conference Station によって自動的に設定されます。

Net Config

IP Conference Station 上のイーサネット ポート設定を示します。

この設定には、全二重または半二重を指定できます(FDX または HDX)。

Net Speed

IP Conference Station 上のイーサネット ポート速度の設定を示します。

この設定には、10 Mbps、100 Mbps、または Auto を指定できます。デフォルトでは Auto に設定されています。

HTTP Port

ユーザが Web インターフェイスにアクセスするときに使用する HTTP ポートを示します。

デフォルトの HTTP ポートは 80 です。このポート番号は、任意の番号に設定できます。デフォルト値を変更した場合は、Web インターフェイスにアクセスするときに、IP Conference Station の IP アドレスにサフィックスとしてポート番号を付加する必要があります。

ネットワーク設定値へのアクセス

IP Conference Station のネットワーク設定にアクセスするには、Admin Setup を通じてログインする必要があります。

ネットワーク設定にアクセスするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワードを入力します(デフォルトの管理者パスワードは **# です)。

ステップ 5 Enter ソフトキーを押します。

ステップ 6 Up または Down スクロール ボタンを押して Network Setup を選択し、次に Select ボタンを押します。


 

これで、特定のネットワーク パラメータ、たとえば、DHCP、静的 IP アドレッシング、IP マスク、DNS、管理 VLAN、代替 TFTP にアクセスし、変更を加えることができます。


ワンポイント・アドバイス Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスを使用しても、ネットワーク オプションを変更することができます。
「Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス」を参照してください。


DHCP 設定の変更

装置をネットワークに接続すると、DHCP は、自動的にその装置に IP アドレスを割り当てます。DHCP を使用可能または使用不可にするには、この項の該当する手順を実行してください。

DHCP を使用可能にする

デフォルトでは、DHCP は使用可能になっています。

使用不可になっている場合に DHCP をリセットするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Network Setup メニューで Up または Down スクロール ボタンを押して、DHCP を選択します。

DHCP が使用不可である場合は、このオプションは次のように表示されます。

DHCP Disabled
 

ステップ 2 Enable ソフトキーを押して、DHCP を使用可能にします。

ステップ 3 Save ソフトキーを押します。

次のような警告メッセージが表示されます。

Warning: You have requested a change that requires validation of these fields. Please verify.
 

ステップ 4 Confirm ソフトキーを押して、変更を確認します。

ステップ 5 Exit ボタンを押して、待機画面メニューに戻ります。


 

DHCP を使用不可にする

ご使用のネットワーク内で DHCP を使用しない場合は、DHCP を使用不可にすることができます。

DHCP を使用不可にすると、静的 IP アドレスとルータ IP アドレスの設定が有効になります。

DHCP を使用不可にするために次の手順を実行してから、手動で IP アドレスを IP Conference Station に割り当てます。


ステップ 1 Network Setup メニューで Up または Down スクロール ボタンを押して、DHCP を選択します。

DHCP が使用可能である場合は、このオプションは次のように表示されます。

DHCP Enabled
 

ステップ 2 Disable ソフトキーを押して、DHCP を使用不可にします。

ステップ 3 Save ソフトキーを押します。

ステップ 4 Yes ソフトキーを押して変更内容を保存します。取り消す場合には、 No を押します。

ステップ 5 Exit ボタンを押して、待機画面メニューに戻ります。


 

IP 設定値の設定

これらのガイドラインと一緒に次の項の情報を使用して、IP Conference Station の IP 設定を手動で設定します。

サブネット マスクに 0.0.0.0 を使用できるのは、デフォルト ゲートウェイも 0.0.0.0 の場合だけです。

TFTP サーバに IP アドレスがあることを確認してください。

デフォルト ゲートウェイ IP アドレスが、ホスト IP アドレスと同じサブネット上にあることを確認してください。

静的 IP アドレスの割り当て


) 手動で IP アドレスを割り当てることができるのは、DHCP が使用不可になっている場合だけです。


IP アドレスは、TCP/IP ネットワーク上で各ホスト コンピュータ、またはノードを識別する固有の論理アドレスです。IP アドレスは、32 ビット数であり、ピリオドで区切られた、0 ~ 255 の 10 進数の 4 組として表示されます。

各 IP アドレスには、2 つの部分、

ネットワーク ID:同じ物理ネットワークにあるすべてのホストを識別します。

ホスト ID:ネットワークの特定のホストを識別します。

IP アドレスを手動で設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Up または Down スクロール ボタンを押して、IP address を選択します。

現在の IP アドレスが表示されます。

ステップ 2 < ソフトキーを使用して、現在の IP アドレスを削除します。

ステップ 3 ダイヤル ボタンを使用して、新しい IP アドレスを入力します。

ピリオド(.)を入力するには . ソフトキーを使用します。入力ミスを訂正するには < ソフトキーを使用します。

ステップ 4 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。

ステップ 5 Confirm ソフトキーを押して、変更を確認します。


 

サブネット マスクの割り当て


) 手動でサブネット マスクを割り当てることができるのは、DHCP が使用不可になっている場合だけです。


サブネット マスクは、IP アドレスをネットワーク ID とホスト ID に区切るのに使用します。サブネット マスクは、TCP/IP がネットワーク ID をホスト ID と区別できるように、IP アドレスの一部をマスクするのに使用されます。

サブネット マスクを手動で設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Up または Down スクロール ボタンを押して、IP Mask を選択します。

現在の IP マスクが表示されます。

ステップ 2 < ソフトキーを使用して、現在のサブネット マスクを削除します。

ステップ 3 ダイヤル ボタンを使用して、新しいサブネット マスクを入力します。

ピリオド(.)を入力するには . ソフトキーを使用します。入力ミスを訂正するには < ソフトキーを使用します。

ステップ 4 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。

ステップ 5 Confirm ソフトキーを押して、変更を確認します。


 

デフォルト ゲートウェイの割り当て


) 手動でデフォルト ゲートウェイを割り当てることができるのは、DHCP が使用不可になっている場合だけです。


手動で IP Conference Station に IP アドレスを割り当てると、使用するデフォルト ゲートウェイを割り当てることができます。

デフォルト ゲートウェイを手動で設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Up または Down スクロール ボタンを押して、Router 1 を選択します。

現在のルータ IP アドレスが表示されます。

ステップ 2 < ソフトキーを使用して、現在の IP アドレスを削除します。

ステップ 3 ダイヤル ボタンを使用して、新しい IP アドレスを入力します。

ピリオド(.)を入力するには . ソフトキーを使用します。入力ミスを訂正するには < ソフトキーを使用します。

ステップ 4 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。

ステップ 5 Confirm ソフトキーを押して、変更を確認します。


 

ドメイン名の割り当て

ドメイン名は、IP Conference Station が置かれているドメイン ネーム システム(DNS)のドメインの名前です。

DNS は、ネットワーク ノードの名前をアドレスに変換するために、インターネットで使用されます。DNS の詳細については、『 Understanding the Domain Name System 』を参照してください。

ドメイン名を手動で設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Up または Down スクロール ボタンを押して、Domain を選択します。

現在のドメインが表示されます。

ステップ 2 ダイヤル ボタンを使用して、新しいドメイン名を入力します。

文字を入力するには、その文字に関連付けられている数字を使用してください。

たとえば、数字 2 のキーには、文字 ABC が関連付けられています。小文字の「a」を入力する場合は、 2 を 2 回押します。繰り返し 2 キーを押して、使用可能な文字と数字全体をスクロールしてください。選択した文字が画面上に表示されたら、停止します。

入力ミスを訂正するには、 < ソフトキーを押します。ピリオド(.)、スペース、ダッシュ(-)、または下線(_)文字を使用するには、 .sp-_ ソフトキーを押します。

ステップ 3 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。


 

DNS サーバの割り当て

DNS を使用すると、ユーザは、リモート コンピュータの指定に、単なる一連の数字である IP アドレスではなく、記憶し易い文字列であるホスト名を使用できます。

システムが IP アドレスではなく名前を使用して設定されている場合、
IP Conference Station は、DNS サーバを使用して、TFTP サーバのホスト名、Cisco CallManager システム、および Web サーバのホスト名を解決します。

DNS サーバを手動で設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Up または Down スクロール ボタンを押して、DNS を選択します。

ステップ 2 ダイヤル ボタンを使用して、新しい DNS サーバ アドレスを入力します。

ピリオド(.)を入力するには、 . ソフトキーを使用します。入力ミスを訂正するには、 < ソフトキーを使用します。

ステップ 3 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。


 

VLAN オプションの設定

IP Conference Station が使用する管理 VLAN は変更できます。ただし、補助 VLAN を Cisco Catalyst スイッチに割り当てた場合は、これによって
IP Conference Station で行った変更がすべて上書きされます。

IP Conference Station の管理 VLAN ID を手動で設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Up または Down スクロール ボタンを押して、Adm VLAN を選択します。

ステップ 2 < ソフトキーを押して、現在の VLAN ID を消去します。

ステップ 3 ダイヤル ボタンを使用して、新しい VLAN ID を入力します(0 ~ 4095)。

ステップ 4 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。


 

代替 TFTP オプションの設定

ネットワークで DHCP が使用可能になっている場合は、IP Conference Station が使用する TFTP サーバの IP アドレスは自動的に割り当てられます。この設定は変更できませんが、コンフィギュレーション ファイルおよびファームウェアを取得するのに IP Conference Station が使用する代替 TFTP サーバを手動で設定することによって、TFTP サーバの設定を上書きできます。

ネットワークで DHCP が使用不可になっている場合は、IP Conference Station が使用する代替 TFTP サーバを手動で設定する必要があります。

代替 TFTP サーバを設定するには、「代替 TFTP サーバの使用方法」を参照してください。

代替 TFTP サーバの使用方法

IP Conference Station が DHCP を介して受信した TFTP サーバの設定を上書きする場合は、手動で代替 TFTP サーバを使用可能にする必要があります(IP Conference Station が特定の TFTP サーバの方を向くようにする場合は、このオプションを使用します)。


) セカンダリおよびターティアリ(第三次)TFTP サーバは、DHCP オプション 150 を使用するように設定した場合にサポートされます。


代替 TFTP サーバを使用可能にするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Up または Down スクロール ボタンを押して、Alt TFTP を選択します。

IP Conference Station が代替 TFTP サーバを使用していない場合は、このオプションは次のように表示されます。

Alt TFTP NO.
 

ステップ 2 Yes ソフトキーを押します。

Alternate TFTP オプションが Yes と表示されます。

ステップ 3 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。

ステップ 4 Down スクロール ボタンを押して、Alt TFTP Addr を選択します。

ダイヤル ボタンを使用して、新しい代替 TFTP サーバのアドレスを入力します。

ピリオド(.)を入力するには . ソフトキーを使用します。入力ミスを訂正するには < ソフトキーを使用します。

ステップ 5 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。


 

HTTP ポートの設定

セキュリティを高めるために、HTTP ポート番号を変更できます。HTTP ポートを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワードを入力します(デフォルトの管理者パスワードは **# です)。

ステップ 5 Enter ソフトキーを押します。

ステップ 6 Up または Down スクロール ボタンを押して HTTP Port Change を選択し、次に Select ボタンを押します。

ステップ 7 HTTP Port フィールドに、新しい HTTP ポート番号を入力します。


) デフォルト値は 80 です。任意の番号を入力できます。Web インターフェイスにアクセスするときに、IP Conference Station の IP アドレスのサフィックスとして、この番号を使用する必要があります。


ステップ 8 Save ソフトキーを押して、変更内容を保存します。

ステップ 9 IP Conference Station を再起動します。


 

ファームウェア バージョン情報の確認

IP Conference Station にインストールされているファームウェア バージョンについての情報を入手できます。

IP Conference Station 上のファームウェア バージョンを確認するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワードを入力します(デフォルトの管理者パスワードは **# です)。

ステップ 5 Enter ソフトキーを押します。

ステップ 6 Up または Down スクロール ボタンを押して、System Information を選択します。

ステップ 7 Select ボタンを押します。

ステップ 8 Up または Down スクロール ボタンを押して、SW Version を選択します。

ファームウェア バージョン番号が表示されます。


 

IP Conference Station のリセット

IP Conference Station をリセットするには、次の手順に従います。

電話が待機モードのときに、ダイヤル ボタンで * * # * * を押します。

LCD スクリーンに Restarting というメッセージが表示されます。

IP Conference Station が再起動し、始動プロセスを実行します。


注意 IP Conference Station をリセットすると、保存されていない変更内容はすべて失われ、以前の設定値に戻ります。

ローカル設定の消去

ローカルに保存されている設定オプションをすべて消去する場合は、DHCP を使用可能にすることを含めて、すべての設定値を出荷時のデフォルト値に復元することで、消去できます。


注意 ローカル設定を消去すると、IP Conference Station でローカルにユーザが定義して加えた変更(Phone Book を含む)はすべて削除されます。このオプションを選択すると、これらの設定値が元のデフォルト値に戻ります。

デフォルト設定値を復元するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワード(デフォルトの管理者パスワードは **#)を入力し、 Enter ソフトキーを押します。

ステップ 5 Down スクロール ボタンを押して、Restore Defaults を選択します。

ステップ 6 Select ボタンを押します。

次のメッセージが表示されます。

All settings and data will be lost, including the Phone Book entries. Press Yes to confirm or No to exit.
 

ステップ 7 復元を確認するには Yes ソフトキーを押し、終了するには No ソフトキーを押します。

設定値がデフォルト値に復元されたことを確認するメッセージが表示され、IP Conference Station が再起動します。


) IP Conference Station を再起動する前に、すべてのコールを終了しておく必要があります。



 

デフォルト設定値

IP Conference Station のデフォルト設定値を次の表に示します。

 

設定(デフォルト値)
有効な
オプション
管理者による
コントロール
ユーザによる
コントロール

管理者パスワード(**#)

-

あり

なし

エンドユーザ パスワード
(7936)

-

あり

なし

CM1 アドレス
(デフォルトなし)

-

なし

なし

Cisco CallManager によって(.cnf.xml ファイルを介して)設定

CM2 アドレス
(デフォルトなし)

-

なし

なし

Cisco CallManager によって(.cnf.xml ファイルを介して)設定

CM3 アドレス
(デフォルトなし)

-

なし

なし

Cisco CallManager によって(.cnf.xml ファイルを介して)設定

メイン TFTP サーバ アドレス(デフォルトなし)

-

なし

なし

DHCP サーバによって設定

セカンダリ TFTP サーバ アドレス
(デフォルトなし)

-

なし

なし

DHCP サーバによって設定

ターティアリ(第三次)TFTP サーバ アドレス
(デフォルトなし)

-

なし

なし

DHCP サーバによって設定

代替 TFTP サーバ アドレス(デフォルトなし)

-

あり

なし

選択可能

代替 TFTP サーバ(No)

Yes/No

あり

なし

選択可能

DHCP(Enable)

Enable/Disable

あり

なし

イーサネット ポート設定
(Auto)

Autosensing

100-Mbps FDX

100-Mbps HDX

10-Mbps FDX

10-Mbps HDX

あり

なし

選択可能

HTTP ポート
(ポート番号 80)

1 - 442

あり

なし

選択可能

IP Address
(デフォルトなし)

-

あり

なし

静的に割り当て、または DHCP で割り当て

IP サブネット マスク
(デフォルトなし)

-

あり

なし

ルータ 1
(デフォルトなし)

-

あり

なし

この IP アドレスは、
DHCP が使用可能になっている場合は、自動的に設定される

ドメイン名
(デフォルトなし)

-

あり

なし

DHCP サーバによって割り当て

DNS アドレス
(デフォルトなし)

DNS サーバの IP アドレス

あり

なし

DHCP サーバによって割り当て

Admin VLAN ID
(ブランク)1

0 - 4095

あり

なし

設定可能な VLAN ID

Op VLAN ID
(デフォルトなし)

-

なし

なし

CDP によって割り当て

Language(English)

English

あり

あり

現在のリリースで使用可能なオプションは、English のみ

圧縮(デフォルトなし)

G.711 a-law/u-law、

G.729a

なし

なし

Cisco CallManager によって設定

LCD スクリーンのコントラスト(レベル 6)

レベル 1 ~ 15

あり

あり

ユーザ選択可能

バックライト(on)

On/Off

あり

あり

ユーザ選択可能

Local number
(デフォルトなし)

-

なし

なし

Cisco CallManager によって設定

Phone Book
(デフォルトなし)

20 エントリまで

あり

あり

Ringer(Pro Ring)

Pro、Biz、Euro、Chirp、Bell、Ringer Off

あり

あり

ユーザ選択可能

ダイヤル音(Tone 1)

Tone 1

あり

あり

現在のリリースで使用可能なオプションは、Tone 1 のみ

音量(レベル 21)

レベル 1 ~ 29

あり

あり

ユーザ選択可能

時刻(デフォルトなし)

-

なし

なし

Cisco CallManager によって設定

時刻形式 (12-hour)

12-hour(24 時制)

24-hour(24 時制)

あり

あり

ユーザ選択可能

日付(デフォルトなし)

-

なし

なし

Cisco CallManager によって設定

日付形式
(MM/DD/YY)

MM/DD/YY または

DD/MM/YY

あり

あり

ユーザ選択可能

ブート ロード ID

-

なし

なし

アプリケーション ロードに埋め込まれ、
IP Conference Station によって設定

アプリケーション ロード ID

-

Cisco CallManager によって設定

1.管理 VLAN を設定しない場合、このオプションはブランクです。

アプリケーション ロードのアップグレード

IP Conference Station 上のアプリケーション ロードは、Cisco CallManager からしかアップグレードできません。

アプリケーション ロードをアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/ip-7900se の Software Download Center から、新しいアプリケーション ロードをダウンロードします。

アプリケーション ロード ID に使用される形式の例を示します。

cmterm_7936.3-3-2-0
 

ステップ 2 この新しいロードを C:\Program Files\Cisco\TFTPPath ディレクトリにコピーします。

ステップ 3 Cisco CallManager Administration を起動します。

ステップ 4 System > Device Defaults の順に選択します。

ステップ 5 Device Defaults Configuration ウィンドウで、Cisco 7936 Device Type まで下方にスクロールします。

ステップ 6 Load Information を、ダウンロードした新しいロードに変更します。

ステップ 7 Update をクリックします。

ステップ 8 すべての IP Conference Station をリセットして、新しいロードを受け取るようにします。


 

アプリケーション ロードの更新中に、IP Conference Station の LCD スクリーンに次のようなメッセージが表示されます。

 

アップグレード成功の場合のメッセージ テキスト
アップグレード失敗の場合のメッセージ テキスト
Rebooting
 

(Cisco CallManager を介してリセットする場合)、または

Restarting
(when reset by pressing **#**)
Cisco Systems, Inc.
Polycom Technology
Copyright 2003
Configuring IP
Press Menu to Reconfigure
Station IP: (IP address)
Contacting: (TFTP Server)
Upgrading...(percentage) done
DO NOT POWER OFF
Upgrading 100% done
Rebooting
Cisco Systems, Inc.
Polycom Technology
Copyright 2003
Configuring IP
Press Menu to Reconfigure
Station IP: (IP address)
Contacting: (TFTP Server)
Opening: CM IP address; Registering
Rebooting
 

(Cisco CallManager を介してリセットする場合)、または

Restarting
(when reset by pressing **#**)
Cisco Systems, Inc.
Polycom Technology
Copyright 2003
Configuring IP
Press Menu to Reconfigure
Station IP: (IP address)
Contacting: (TFTP Server)
Upgrading...(percentage) done
DO NOT POWER OFF
Upgrading 0% done
File not found in TFTP Server
USING EXISTING VERSION
or
Error in upgrade file format
USING EXISTING VERSION
or
Bad Checksum in upgrade file
USING EXISTING VERSION

イーサネット ポート設定の変更

イーサネット ポート設定オプションを変更するには、次の手順を実行します。


ワンポイント・アドバイス Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスを使用して、オプションを変更することもできます。「Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス」を参照してください。



ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワードを入力します(デフォルトの管理者パスワードは **# です)。

ステップ 5 Enter ソフトキーを押します。

ステップ 6 Up または Down スクロール ボタンを押して Ethernet Port Config を選択し、次に Select ボタンを押します。

ステップ 7 速度の設定を変更するには、次の手順に従います。

a. 次の速度のいずれかを選択します。

AUTO

10 Mbps - Full Duplex

10 Mbps - Half Duplex

100 Mbps - Full Duplex

100 Mbps - Half Duplex

Change ソフトキーを押して、選択内容を保存します。

LCD スクリーンに次の警告メッセージが表示されます。

The change you have requested will cause the IP Conference Station to restart. Press the Confirm softkey or the Cancel softkey to exit the menu.
 

ステップ 8 Confirm ソフトキーを押して、変更を確認します。

ステップ 9 Menu ボタンを押して、Admin Setup メニュー オプションに戻ります。

IP Conference Station が自動的に再起動します。


 

管理者パスワードの変更

管理者パスワードを変更するには、次の手順を実行します。


ワンポイント・アドバイス Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスを使用して、オプションを変更することもできます。「Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス」を参照してください。



ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup メニューを選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワードを入力します(デフォルトの管理者パスワードは **# です)。

ステップ 5 Enter ソフトキーを押します。

ステップ 6 Up または Down スクロール ボタンを押して Change Passcode を選択し、次に Select ボタンを押します。

a. ダイヤル ボタンを使用して、Passcode フィールドに新しいパスワードを入力します。

入力ミスを訂正するには、 < ソフトキーを使用します。

b. Confirm フィールドに、新しいパスワードをもう一度入力します。

ステップ 7 Save ソフトキーを押して新しいパスワードを保存します。保存せずに終了する場合には、 Cancel ソフトキーを押します。


 

Diagnostics メニューの使用方法

Diagnostics メニューを使用すると、IP Conference Station のネットワーク統計情報を表示して、別の装置の IP アドレスに ping を実行することができます。

IP Conference Station のネットワーク統計情報を表示する方法については、「ネットワーク統計情報の表示」を参照してください。

Diagnostics メニューを使用して IP Conference Station から別の装置に ping を実行する方法については、「ping の使用方法」を参照してください。

詳細なトラブルシューティング情報については、 第4章「Cisco IP Conference Station 7936 のトラブルシューティング」 を参照してください。

Changing the Settings メニュー

IP Conference Station の設定、たとえば、コントラスト、バックライト、呼び出し音の種類、時刻形式、日付形式を変更するには、次の項の手順を実行します。

コントラスト設定の変更

IP Conference Station のコントラスト設定を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Settings を選択してから、 Select ボタンを押します。

ステップ 3 Up または Down スクロール ボタンを押して、Contrast を選択します。

ステップ 4 + 」または「 - 」ソフトキーを押して、LCD スクリーンのコントラストを明るくまたは暗くします。

ステップ 5 Exit ボタンを押して、このメニューを終了します。


 

バックライト設定の変更

IP Conference Station のバックライト設定を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Settings を選択してから、 Select ボタンを押します。

ステップ 3 Up または Down スクロール ボタンを押して、Backlight を選択します。

ステップ 4 On または Off ソフトキーを押して、LCD スクリーンのバックライトをオンまたはオフにします。

ステップ 5 Exit ボタンを押して、このメニューを終了します。


 

呼び出し音の種類の設定の変更

IP Conference Station の呼び出し音の種類の設定を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Settings を選択してから、 Select ボタンを押します。

ステップ 3 Up または Down スクロール ボタンを押して、Ringer を選択します。

ステップ 4 Change ソフトキーを押します。

ステップ 5 Up または Down スクロール ボタンを押して、呼び出し音の種類のエントリを選択してから、 Listen ソフトキーを押して選択した音を聞きます。

5 種類の呼び出し音があります。呼び出し音をオフにすることもできます。この場合は、LCD スクリーンに Ring Off と表示されます。デフォルトの呼び出し音は Pro Ring です。

別の種類の呼び出し音を選択する場合は、ステップ 5 を繰り返します。

ステップ 6 Save ソフトキーを押して、呼び出し音の種類を保存します。

ステップ 7 Exit ボタンを押して、このメニューを終了します。


 

時刻形式の設定の変更

IP Conference Station の時刻形式の設定を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Settings を選択してから、 Select ボタンを押します。

ステップ 3 Up または Down スクロール ボタンを押して、Time Format を選択します。

ステップ 4 使用する時刻形式を選択します。

時刻形式設定には、12 時間制と 24 時間制の 2 種類があります。

ステップ 5 Exit ボタンを押して、このメニューを終了します。


 

日付形式の設定の変更

IP Conference Station の日付形式の設定を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Settings を選択してから、 Select ボタンを押します。

ステップ 3 Up または Down スクロール ボタンを押して、Date Format を選択します。

ステップ 4 使用する日付形式を選択します。

日付形式設定には、MM/DD/YY と DD/MM/YY の 2 種類があります。

ステップ 5 Exit ボタンを押して、このメニューを終了します。


 

社内ディレクトリの設定

IP Conference Station 上で、従業員の名前と電話番号のディレクトリにアクセスできます。ディレクトリにアクセスする前に、Cisco CallManager でディレクトリを設定する必要があります。

Cisco CallManager の設定

社内ディレクトリを使用するには、Cisco CallManager で設定した Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)ディレクトリにユーザを入力しておく必要があります。

ディレクトリを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Cisco CallManager を開きます。

ステップ 2 User > Global Directory の順に選択します。

システムでユーザを検索します。

ステップ 3 新規ユーザを追加するには、 Add a New User をクリックします。

目的のユーザを追加します。

詳細については、Cisco CallManager Administration アプリケーションのオンライン ヘルプを参照してください。または、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』および『 Cisco CallManager システム ガイド 』を参照してください。


 

社内ディレクトリの使用方法

Cisco CallManager で社内ディレクトリを設定した後、この機能を IP Conference Station で使用できます。

社内ユーザの検索

名前と電話番号を使用して、IP Conference Station で社内ディレクトリを検索できます。

名前で検索

社内ディレクトリを名前で検索するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Corp Dir ソフトキーを押します。

検索画面が表示されます。姓、名前、またはその両方で検索できます。

ステップ 2 キーパッドを使用して、検索基準(First Name と Last Name)を入力します。 Up または Down スクロール ボタンを押して、フィールドを選択します。

名前で検索するときは、1 文字または複数文字を入力して、検索範囲を広げることも絞り込むこともできます。

文字を入力する際には、必要な文字に該当する数字キーを選択し、その文字に相当する回数、そのキーを押します。たとえば、B を入力するには、 2 のキーを 2 回押し、C を入力するには、 2 のキーを 3 回押します。

検索データの入力中に前に戻るには、 < ソフトキーを使用します。

検索を取り消すには、 Cancel ソフトキーを押します。

ステップ 3 Search ソフトキーを押して、検索を開始します。

LCD スクリーンで「Searching...」というメッセージが点滅します。

ステップ 4 検索結果が表示された後、 Up または Down スクロール ボタンを使用して、エントリを選択します。

検索結果が 32 エントリを超えた場合は、 more >> ソフトキーを押してから Next ソフトキーを押すと、次のエントリ グループが表示されます。

前のエントリ グループに戻るには、 more >> ソフトキーを押してから、 Back ソフトキーを押します。

Search 画面に戻るには、 more >> ソフトキーを押してから、 NewSearch ソフトキーを押します。

ステップ 5 Dial ソフトキーを押して、電話をかけます。電話をかける前に番号を編集するには、 EditDial ソフトキーを押します。

ステップ 6 ディレクトリを終了するには、 Cancel ソフトキーまたは Exit ボタンを押します。


 

電話番号で検索

社内ディレクトリを電話番号で検索するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Corp Dir ソフトキーを押します。

検索画面が表示されます。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Number フィールドを選択します。

キーパッドを使用して、番号を入力します。番号で検索するときは、1 つまたは複数の数字を入力して、検索範囲を広げることも絞り込むこともできます。

検索データの入力中に前に戻るには、 < ソフトキーを使用してください。

検索を取り消すには、 Cancel ソフトキーを押します。

ステップ 3 Search ソフトキーを押して、検索を開始します。

LCD スクリーンで「Searching...」というメッセージが点滅します。

ステップ 4 検索結果が表示された後、 Up または Down スクロール ボタンを使用して、エントリを選択します。

検索結果が 32 エントリを超えた場合は、 more >> ソフトキーを押してから Next ソフトキーを押すと、次のエントリ グループが表示されます。

前のエントリ グループに戻るには、 more >> ソフトキーを押してから、 Back ソフトキーを押します。

Search 画面に戻るには、 more >> ソフトキーを押してから、 NewSearch ソフトキーを押します。

ステップ 5 Dial ソフトキーを押して、電話をかけます。電話をかける前に番号を編集するには、 EditDial ソフトキーを押します。

ステップ 6 ディレクトリを終了するには、 Cancel ソフトキーまたは Exit ボタンを押します。


 

ローカル ディレクトリの設定

Phone Book は、頻繁にダイヤルする電話会議参加者番号を保管する便利な方法です。


ワンポイント・アドバイス Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスを使用して、Phone Book にアクセスすることもできます。「Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス」を参照してください。


Phone Book の使用

頻繁にコールする会議参加者番号のディレクトリとして、Phone Book を使用できます。

Phone Book のオープン

Ph Book ソフトキーを押します。

エントリの追加

Phone Book にエントリを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Phone Book にエントリを追加するために、 New Entry ソフトキーを押します。

ステップ 2 ダイヤル ボタンを使用して、新しいエントリに姓名および電話番号を入力します。 Up または Down スクロール ボタンを押して、Last、First、または Number フィールドを選択します。

文字を入力する際には、必要な文字に該当する数字キーを選択し、その文字に相当する回数、そのキーを押します。たとえば、B を入力するには、 2 のキーを 2 回押し、C を入力するには、 2 のキーを 3 回押します。

データの入力中に前に戻るには、 < ソフトキーを使用します。

ステップ 3 Save ソフトキーを押して新しいエントリを保存します。保存せずに終了するには、 Exit ソフトキーを押します。


) Phone Book には最大 20 のエントリを追加できます。



 

エントリの編集

Phone Book 内のエントリを編集するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Phone Book 内のエントリを編集するために、 Up または Down スクロール ボタンを押してエントリを選択します。 View/Edit ソフトキーを押します。

Change または Clr Entry ソフトキーを使用して、選択したエントリを変更または消去できます。エントリを変更する際に前に戻るには、 < ソフトキーを押します。

ステップ 2 Save ソフトキーを押して変更内容を保存します。保存せずに終了するには、 Exit ソフトキーを押します。

ステップ 3 Menu ボタンを押してメイン メニューに戻るか、 Exit ボタンを押して待機画面に戻ります。


 

その他の機能

IP Conference Station がサポートするその他の機能には、Meet-Me 会議、Call Park、Call Transfer、Call Forwarding、Call Pickup、Group Pickup があります。


) これらの追加機能の設定については、Cisco CallManager Administration のマニュアル、または Cisco CallManager Administration のアプリケーションのオンライン ヘルプを参照してください。

これらの機能を使用する詳細な手順については、『
Cisco IP Conference Station 7936 電話ガイド』を参照してください。


Meet-Me 会議

IP Conference Station は Meet-Me 会議をサポートしています。Meet-Me 会議では、他の発信者がダイヤルして電話会議に加わることができます。Meet-Me 会議には、専用の会議電話番号が必要です。

Call Park(コール パーク)

IP Conference Station では、指定された番号に通話を保管、つまり「一時的に保持」し、Cisco CallManager システム内の他の任意の電話機(たとえば、別の人のオフィスや会議室の電話機)を使用して、その通話を取り出すことができます。コール パーク番号は、設定する必要があります。

Call Transfer(コール着信転送)

IP Conference Station はコール着信転送の使用をサポートしています。この機能では、現在のコールを別の電話番号に転送できます。

Call Forwarding(コール自動転送)

IP Conference Station は、すべての着信コールを別の番号にリダイレクトするコール自動転送をサポートしています。この機能は、CFwdAll ソフトキーを使用して、IP Conference Station に設定できます。IP Conference Station から離れている場合は、Cisco CallManager User Options Web ページにログインして、コール自動転送をセットアップできます。詳細については、『 Cisco IP Conference Station 7936 電話ガイド 』を参照してください。

Call Pickup(コール ピックアップ)と Group Pickup(グループ ピックアップ)

IP Conference Station では、自分の IP Conference Station 以外の内線電話に着信するコールに応答できます。別の電話機上で着信コール呼び出し音が聞こえたら、コール ピックアップ機能を使用して、そのコールを自分の IP Conference Station にリダイレクトできます。

IP Conference Station で利用できるコール ピックアップには、次の 2 種類があります。

コール ピックアップ:自分のグループ内の着信コールを取ります。この機能を選択すると、該当するコール ピックアップ グループ番号が自動的にダイヤルされます。

グループ ピックアップ:自分のグループ内または他のグループ内の着信コールを取ります。この機能を使用する際には、ユーザが、該当するコール ピックアップ グループ番号をダイヤルする必要があります。

コール ピックアップとグループ ピックアップは、設定可能なオプション機能です。デフォルトでは、IP Conference Station はこれらの機能をサポートしていません。

Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイス

IP Conference Station の機能の一部は、Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスを介して設定できます。

Web インターフェイスの説明

Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスは、Web ブラウザ上で、3 ペインのウィンドウとして表示されます。ブラウザのメニューとツールバーが、ウィンドウの上部に表示され、目次リンクが左側のナビゲーション ペインに表示され、リンクされた情報フィールドや設定フィールドが右側のペインに表示されます。バナーも、右側のペインの右上隅に表示され、Web インターフェイス内のすべてのページに表示されます。バナー情報には、ソフトウェア バージョン、プロトコル タイプ、ブート ロード ID、アプリケーション ロード ID、IP アドレス、MAC アドレス、およびローカル番号が含まれます。


) Web インターフェイスの内容は、管理者用とエンドユーザ用とでは異なります。管理者画面とエンドユーザ画面の両方で、ログイン パスワードが必要です。


Web インターフェイスの使用方法

Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスにアクセスするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Web ブラウザを開きます。

ステップ 2 アドレスフィールドに、次のように入力します。

http:// IP Conference Station の IP アドレス:<HTTP ポート番号>

設定情報は、入力した IP アドレスに関連付けられている特定の IP Conference Station に適用されます。


) HTTP ポート番号を変更した場合は、その番号を IP アドレスのサフィックスとして使用する必要があります。HTTP ポート番号を変更しなかった場合は、サフィックスを入力する必要はありません。


Web インターフェイスが現れ、最初のログイン ページが表示されます。

ステップ 3 管理者としてログインするには、管理者パスワードを入力して Login をクリックします。

デフォルトの管理者パスワードは **# です。


) IP Conference Station Web ページにログインした後、何も操作しないまま約 20 分経過すると、Web ページはタイムアウトします。この場合は、再びログインする必要があります。


ステップ 4 ログオフするには、 Administrator Logout をクリックします。


 

すべての Web ページで使用可能な情報

Cisco IP Conference Station 7936 の Web インターフェイスの右上部分に、すべての Web ページで一貫した情報を表示する独立したセクションがあります。

このセクションには、次の情報が含まれます。リストの各項目の後にテキストの例を示します。

Software Version: 3.3(2.00)

Protocol Type: SCCP

Boot Load ID: PC0503031418

Application Load ID: CMTERM_7936.3-3-2-0

IP Address: 10.1.1.11

MAC Address: 00c742655892

Local Number: 2022

管理者が行う設定

管理者が行う設定には、次の Web ページが含まれます。

System Information

Network Setup

Phone Book

Sounds

Time & Date

Diagnostics

Passwords/HTTP Port Change

Restore Factory Defaults

各ページについては、次の項で説明します。

System Information

System Information Web ページは、デフォルトのページであり、次の読み取り専用の設定情報を表示します。

General 設定値。次の情報で構成されています。

Language

Local number

DHCP

IP Address

IP Mask

Router 1 Address

Host Name

Domain Name

DNS Address

Operational VLAN ID

Admin VLAN ID

CallManager 1 Address

CallManager 2 Address

CallManager 3 Address

Main TFTP Address

Secondary TFTP Address

Tertiary TFTP Address

Alternate TFTP Address

Alternate TFTP

HTTP Port

Hardware Revision

Software Version

Sound 設定値。次の情報で構成されています。

Dial Tone

Ringer

Time/Date 設定値。次の情報で構成されています。

Time

Date

Compression 情報。次の情報で構成されています。

Supported Codecs

Current Call

Dynamic Jitter Buffer

Silence Suppression

Network Configuration 設定値。次の情報で構成されています。

Ethernet Port Configuration Mode

Ethernet Port Configuration Speed

Network Setup

Network Setup Web ページでは、次の設定値を変更できます。

DHCP

ドメイン名と DNS サーバ IP アドレス

Admin VLAN ID

代替 TFTP サーバ

イーサネット設定

DHCP

IP Conference Station に対して DHCP を使用可能にしたり、使用不可にしたりすることができます。DHCP が使用可能である場合、ネットワークは動的に IP Conference Station に IP アドレスを割り当てます。


) DHCP を使用不可にする場合は、手動で IP Conference Station ごとに IP アドレス、IP マスク、およびルータを設定する必要があります。


ドメイン名と DNS サーバ IP アドレス

IP Conference Station に対してドメイン名と DNS サーバ IP アドレスを設定できます。

管理 VLAN ID

IP Conference Station の管理 VLAN ID を設定できます。VLAN ID は、0 ~ 4095 の数値です。

TFTP サーバ

IP Conference Station に対して代替 TFTP サーバを設定できます。

イーサネット設定

IP Conference Station に対してイーサネット ポート設定と、イーサネット ポート速度を指定できます。

Phone Book

Phone Book Web ページでは、エントリを簡単に追加、削除、および編集できます。また、Phone Book から番号をダイヤルすることもできます。

Phone Book Web ページでは、アルファベット順にエントリを表示するか、番号だけでエントリを表示できます。

Phone Book のオープン

Phone Book Web ページを開くには、次の手順に従います。

ナビゲーション ペインにある Phone Book をクリックします。

アルファベット順にエントリを表示するには、文字の組み合わせのいずれかをクリックします。たとえば、文字「D」で始まるエントリを表示するには、 DEF をクリックします。

電話番号順にエントリをクリックするには、 Numbers only をクリックします。

エントリの追加

Phone Book にエントリを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Add ボタンをクリックします。

ステップ 2 電話番号、姓名、および会社名を入力します。


) 電話番号と姓は必須項目です。


ステップ 3 Add New Entry をクリックします。

他のエントリを電話帳に追加するには、上記の手順を繰り返します。Phone Book には最大 20 のエントリを追加できます。


 

エントリの削除

Phone Book 内のエントリを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 削除したいエントリを選択します。

ステップ 2 Delete ボタンをクリックします。

ステップ 3 Delete ボタンをもう一度クリックして、削除を確認します。


 

エントリの編集

Phone Book 内のエントリを編集するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 変更したいエントリを選択します。

ステップ 2 Edit ボタンをクリックします。

そのエントリに変更を加えます。

ステップ 3 Update ボタンをクリックして、変更内容を保管します。


 

Phone Book 内の番号のダイヤル

Phone Book 内の番号をダイヤルするには、次の手順に従います。

ダイヤルしたいエントリを選択し、 Dial をクリックします。

Web ページに次のメッセージが表示されます。

Your call attempt from the web is successful!

) Phone Book Web ページからダイヤルできるのは、一度に 1 つのコールだけです。Phone Book Web ページから複数のコールをダイヤルすることはできません。


Sounds

Sounds Web ページでは、呼び出し音や発信音を選択できます。

Sounds Web ページのオープン

Sounds Web ページを開くには、次の手順に従います。

ナビゲーション ペインにある Sounds をクリックします。

呼び出し音の変更

呼び出し音を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ドロップダウン リストから呼び出し音を選択します。

5 種類の呼び出し音があります。Pro、Biz、Euro、Chirp、Bell です。Ringer Off(呼び出し音オフ)もあります。


) Ringer Off を選択すると、IP Conference Station の呼び出し音が鳴りません。


ステップ 2 Set Ringer をクリックします。

ステップ 3 Test Ringer をクリックして、選択した音を試聴します。


 

Time & Date

通常、時刻と日付は、Cisco CallManager から自動的に設定されます。

Time & Date Web ページでは、IP Conference Station の LCD スクリーンに表示される時刻と日付の形式を手動で変更できます。

Time & Date Web ページのオープン

Time & Date Web ページを開くには、次の手順に従います。

ナビゲーション ペインにある Time & Date をクリックします。

時刻形式と日付形式の変更

時刻形式を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 12 時間制の時刻形式の場合は 12-hour クロック オプションのボタンを選択し、24 時間制の時刻形式の場合は 24-hour クロック オプションのボタンを選択します。

ステップ 2 Change をクリックして、変更内容を保管します。


 

日付形式を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 月/日/年の形式の場合は MM/DD/YY のオプション ボタンを選択し、日/月/年の形式の場合は DD/MM/YY のオプション ボタンを選択します。

ステップ 2 Change をクリックして、変更内容を保管します。


 

Diagnostics

Diagnostics Web ページでは、別の装置へのネットワーク接続をテストできます。

Diagnostics Web ページのオープン

ナビゲーション ペインにある Diagnostics をクリックします。

Ping

接続をテストするために別の装置に ping を実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ping しようとする装置の IP アドレスを入力します。

ステップ 2 Ping をクリックします。


 

接続が確立されている場合は、装置から応答が返されます。ping 要求がタイムアウトした場合は、装置間の接続が失われています。この問題を解決するには、装置の物理的な接続をチェックすることから始めます。

Passwords/HTTP Port Change

Passwords/HTTP Port Change Web ページでは、管理者およびユーザのログイン パスワードが変更できます。

Password Web ページのオープン

ナビゲーション ペインにある Passwords/HTTP Port Change をクリックします。

管理者パスワードの変更

管理者パスワードを変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Old Admin Password フィールドに、現在の管理者パスワードを入力します。

ステップ 2 New Admin Password フィールドに、新しい管理者パスワードを入力します。

ステップ 3 Confirm Admin Password フィールドに、新しい管理者パスワードを再度入力します。

ステップ 4 Change をクリックします。


 

エンドユーザ パスワードの変更

エンドユーザ パスワードを変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Change User Password をクリックします。

ステップ 2 Old User Password フィールドに、現在のユーザ パスワードを入力します。

ステップ 3 New User Password フィールドに、新しいユーザ パスワードを入力します。

ステップ 4 Confirm User Password フィールドに、新しいユーザ パスワードを再度入力します。

ステップ 5 Change をクリックします。


 

HTTP ポートの変更

HTTP ポート番号を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Change HTTP Port をクリックします。

ステップ 2 New HTTP Port フィールドに、新しい HTTP ポート番号を入力します。

例を示します。

http://IP address of IP Conference Station:<HTTP port number>
 

デフォルト値は 80 です。HTTP ポート番号を変更した場合は、Web インターフェイスにアクセスするときに、IP Conference Station の IP アドレスの後ろに HTTP ポート番号を追加する必要があります。

ステップ 3 Change をクリックします。


 

Restore Factory Defaults

Restore Factory Defaults Web ページでは、IP Conference Station に出荷時のデフォルト設定値を復元できます。

Restore Factory Defaults Web ページを開く

ナビゲーション ペインにある Restore Factory Defaults をクリックします。

出荷時デフォルト値の復元


注意 出荷時のデフォルト値を復元すると、Phone Book エントリを含めて、現在の設定値、コンフィギュレーション、およびデータがすべて失われます。

出荷時のデフォルト値に復元するには、次の手順に従います。

Restore Factory Defaults をクリックします。


) デフォルト設定値のリストについては、「デフォルト設定値」を参照してください。