Cisco 無線 IP 電話 7920 アドミニストレータ ガイド
機能とユーザの設定
機能とユーザの設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

機能とユーザの設定

Cisco CallManager Administration を使用したテレフォニー機能の設定

カスタムの電話呼び出し音の作成

大きな音の呼び出しトーンのダウンロード

Cisco CallManager へのユーザの追加

機能とユーザの設定

ネットワークに Cisco IP Phone を設置したら、Cisco IP Phone のネットワーク設定値を設定して Cisco CallManager に追加します。テレフォニー機能を設定し、ユーザを割り当てるには、Cisco CallManager Administration アプリケーションを使用する必要があります。

この章では、これらの設定手順とセットアップ手順の概要を説明します。 Cisco CallManager のマニュアルには、これらの手順の詳細が記載されています。

機能に関する情報をユーザに提供する方法、および提供する情報の種類については、 付録 A「Web サイトによるユーザへの情報提供」 を参照してください。

英語環境以外で電話機をセットアップする方法の詳細については、 付録 B「各国のユーザのサポート」 を参照してください。

この章では、次のトピックについて取り上げます。

「Cisco CallManager Administration を使用したテレフォニー機能の設定」

「カスタムの電話呼び出し音の作成」

「Cisco CallManager へのユーザの追加」

Cisco CallManager Administration を使用したテレフォニー機能の設定

Cisco IP Phone を Cisco CallManager に追加すると、電話機の機能を拡張することができます。 表 7-1 に、サポートされているテレフォニー機能のリストを示します。これらの機能の多くは、Cisco CallManager Administration を使用して設定できます。 機能のカラムに機能名を示し、隣にその説明を付します。 参照先のカラムには、設定手順や関連情報が記載されている Cisco CallManager のマニュアルを挙げます。

ほとんどの機能を電話機で使用するための情報については、『 Cisco Wireless
IP Phone 7920 Guide(Cisco 無線 IP 電話 7920 電話ガイド)
』を参照してください。

 

表 7-1 Cisco CallManager Administration を使用したテレフォニー機能の設定

機能
説明
参照先

割り込み

共有回線上のアクティブ コールにユーザを追加します。 組み込みのブリッジ サービス パラメータを設定して、このシステム全体にかかわる機能を利用可能にするか、または個々の電話機に対して組み込みのブリッジを有効にします。


) Cisco 無線 IP 電話 7920 のユーザは、組み込みのブリッジが有効になっている卓上電話から開始されたコールにのみ、割り込み機能を使用できます。


 

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager Features and
Services Guide
(Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド)』を参照してください。

自動転送

すべてのコールを指定された電話番号に転送します。

Cisco CallManager Administration Guide
(Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

コール保留

アクティブ コールを保留にします。

保留音楽を使用する場合を除いて、設定する必要はありません。 詳細については、この表内の「保留音楽」を参照してください。

コール パーク

コールを保留にして、Cisco
CallManager システムに接続している任意のユーザがそのコールを受けられるようにします。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager Features and
Services Guide
(Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド)』を参照してください。

コール ピックアップ

グループ内の着信コールを受けます。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager System Guide (Cisco CallManager システム ガイド)』を参照してください。

コール ウェイティング

最初のコールを切らずに、同じ回線で 2 番目の着信コールを受けます。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager System Guide (Cisco CallManager システム ガイド)』を参照してください。

発信者 ID

発信者の電話番号と名前を表示します。

Cisco CallManager Administration Guide
(Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

会議

アドホック会議を開始した後、他の参加者を一度に 1 人ずつ会議に参加させます。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager System Guide (Cisco CallManager システム ガイド)』を参照してください。

グループ コール ピックアップ

ユーザが所属グループ内または他のグループ内の着信コールを受けられるようにします。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager System Guide (Cisco CallManager システム ガイド)』を参照してください。

Meet-Me 会議

事前に設定された時刻に、参加者が Meet-Me 会議番号にダイヤルして電話会議に参加できるようにします。

Cisco CallManager Administration Guide
(Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

メッセージ受信

ユーザへのボイス メッセージがあることを示します。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager System Guide (Cisco CallManager システム ガイド)』を参照してください。

保留音楽

発信者が保留になっている間、音楽を再生します。

Cisco CallManager Features and Services
Guide
(Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド)』を参照してください。

共有回線

無線 IP 電話と卓上 IP 電話が同じ内線番号を表示し、同じ内線番号で呼び出されるようにします。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager System Guide (Cisco CallManager システム ガイド)』を参照してください。

リダイヤル

Cisco IP Phone で前回ダイヤルした番号にリダイヤルします。

設定する必要はありません。

転送

コールを別の内線番号または電話番号に転送します。

設定する必要はありません。

ボイス メッセージ システム

コールに応答がない場合に、発信者がメッセージを残せるようにします。

Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。

Cisco CallManager System Guide (Cisco CallManager システム ガイド)』を参照してください。


テレフォニー機能を無線 IP 電話で使用するための詳細な情報については、『Cisco Wireless IP Phone 7920 Guide(Cisco 無線 IP 電話 7920 電話ガイド)』を参照してください。


関連項目

「カスタムの電話呼び出し音の作成」

「Cisco CallManager へのユーザの追加」

カスタムの電話呼び出し音の作成

Cisco CallManager で提供されている電話呼び出し音の利用、または独自の Pulse Code Modulation(PCM; パルス符号変調)ファイルの作成および RingList.xml ファイルの編集によって、ご使用の環境で利用できる電話呼び出しのタイプをカスタマイズできます。 呼び出しトーンのカスタマイズの詳細については、
Cisco CallManager Features and Services Guide (Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド)』を参照してください。

雑音の多い環境で無線電話を使用する場合は、大きな音の呼び出しトーンをダウンロードできます。 これらの呼び出しトーンのダウンロード方法については、「大きな音の呼び出しトーンのダウンロード」を参照してください。

大きな音の呼び出しトーンのダウンロード

Cisco CallManager Release 3.3(3) SR 1 以降を実行している Cisco 無線 IP 電話 7920 では、特別な大きな音の呼び出しトーンをサポートしています。 大きな音の呼び出しトーンは、まず 125 dBA で 4 秒間再生された後、136 dBA で再生されます。これらは、雑音の多い環境であるために大きな音の呼び出しトーンが必要なユーザを想定しています。

次の手順に従って、Cisco 無線 IP 電話 7920 に大きな音の呼び出しトーンをロードしてください。

手順


ステップ 1 大きな音の呼び出しトーンの zip ファイルと Readme ファイルを CCO からダウンロードします。URL は次のとおりです。

http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/ip-7900ser-crypto

ステップ 2 ハード ディスクに呼び出しトーンのファイルを解凍します。

ステップ 3 TFTP サービスを停止するには、Cisco CallManager Administration から
Applications > Serviceability > Tools > Control Center
を選択します。 Cisco TFTP を右クリックし、 Stop をクリックします。

ステップ 4 新しい呼び出しトーン一覧にはご使用の呼び出しトーンがすべて含まれていない可能性があるため、現在の呼び出しトーン一覧のファイル( ringlist.xml )をバックアップします。

ステップ 5 Cisco 無線 IP 電話 7920 を最新バージョンのファームウェア イメージ ファイルにアップグレードします。 詳細な情報については、「Cisco CallManager 3.3(3) Service Release 1 以降での新しいファームウェア イメージのインストール」を参照してください。

ステップ 6 特別な大きな音の呼び出しトーンのファイル( loudxxx.raw )および関連する ringlist.xml ファイルを Cisco CallManager サーバの C:\program files\Cisco\TFTPPath ディレクトリにコピーします。


) 呼び出しトーンのファイルは、移動するのではなく、必ずコピーしてください。 呼び出しトーンのファイルを移動すると、正しい権限が継承されません。


ステップ 7 Cisco TFTP サーバを再起動するには、 Applications > Serviceability > Tools >
Control Center
を選択します。 Cisco TFTP を右クリックし、 Restart をクリックします。

ステップ 8 大きな音の呼び出しトーンをダウンロードし、現在の呼び出しトーンとして選択するには、Cisco 無線 IP 電話 7920 の電源をオンにします。

ステップ 9 Menu > Phone Settings > Ring Tones > Download Ring Tone を選択します。 大きな音の呼び出しトーン( loudxxx.raw )を電話機にダウンロードできるようになります。

ステップ 10 Download Ring Tone リストから、目的の大きな音の呼び出しトーンまでスクロールし、選択します。 アクティブな呼び出しトーンの横にチェック マークが表示されます。

ステップ 11 Cisco 無線 IP 電話 7920 から、 Menu > Profiles を選択し、呼び出し音量を調節します。


) 呼び出し音量が最大設定に調整されたことを確認してください。 また、
「Outdoors」プロファイルを選択することもできます。これには、最大音量設定がプリセットされています。



 

電話機に呼び出し音量を設定するための詳細な情報については、『 Cisco Wireless IP Phone 7920 Guide(Cisco 無線 IP 電話 7920 電話ガイド) 』の第 7 章「Using and Changing Profiles(プロファイルの使用方法と変更方法)」を参照してください。

関連項目

「Cisco CallManager Administration を使用したテレフォニー機能の設定」

「Cisco CallManager へのユーザの追加」

Cisco CallManager へのユーザの追加

Cisco CallManager の User Options Web ページを使用すると、各ユーザは次の作業を実行できます。

短縮ダイヤルの設定

自動転送番号の設定

これらの機能を設定するには、次のいずれかの方法によって、まず Cisco
CallManager へユーザを追加する必要があります。

個々にユーザを追加するには、Cisco CallManager Administration アプリケーションで User > Add a New User を選択します。

ユーザの追加の詳細については、『 Cisco CallManager Administration Guide (Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド)』を参照してください。 ユーザ情報の詳細については、『 Cisco CallManager System Guide (Cisco
CallManager システム ガイド)』を参照してください。

バッチでユーザを追加するには、Bulk Administration Tool を使用します。 この方法では、同一のデフォルト パスワードをすべてのユーザに設定することもできます。

詳細については、『 Bulk Administration Tool User Guide (Bulk Administration Tool ユーザ ガイド)』を参照してください。

関連項目

「Cisco CallManager Administration を使用したテレフォニー機能の設定」

「カスタムの電話呼び出し音の作成」

「大きな音の呼び出しトーンのダウンロード」