Cisco Unified IP Conference Station 7936 アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified CallManager 5.0
Cisco Unified IP Conference Station 7936 のトラブルシュー ティング
Cisco Unified IP Conference Station 7936 のトラブルシューティング
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 731KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified IP Conference Station 7936 のトラブルシューティング

ネットワーク統計情報の表示

ping の使用方法

その他のトラブルシューティング情報

Cisco Unified IP Conference Station 7936 のトラブルシューティング

Cisco Unified IP Conference Station には、発生した問題のトラブルシューティングに役立つ診断機能が、LCD インターフェイスに組み込まれています。

Cisco Unified IP Conference Station をトラブルシュートする際には、この章の該当する内容を参照してください。

「ネットワーク統計情報の表示」

「ping の使用方法」

「その他のトラブルシューティング情報」

ネットワーク統計情報の表示

Diagnostics メニューを使ってネットワーク統計情報を表示できます。


) ネットワーク統計情報は、Web インターフェイスでは利用できません。


ネットワーク統計情報を表示するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup を選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワード(デフォルトの管理者パスワードは **#)を入力し、次に Enter ソフトキーを押します。

ステップ 5 Up または Down スクロール ボタンを押して Diagnostics を選択し、次に Select ボタンを押します。

ステップ 6 Network Statistics を選択し、 Select ボタンを押します。

次の統計情報が表示されます。

Network stats(たとえば、Auto-FDX-100Mbps または 10Mbps-HDX)

Rcv:受信したフレーム数

Xmt:送信したフレーム数

REr:エラーで受信したフレーム数

BCast:ブロードキャスト フレーム数

現在のカウントを消去し、現在のセッションに対してすべてのカウントをゼロから開始するには、 Clear ソフトキーを使用します。

ステップ 7 Menu ボタンを押して Diagnostics メニューに戻るか、 Exit ボタンを押して待機画面に戻ります。


 

ping の使用方法

別の装置とのネットワーク接続をテストするには、ping を使用します。ping は Diagnostics メニューから利用できます。

ping を使用するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Menu ボタンを押します。

ステップ 2 Up または Down スクロール ボタンを押して、Admin Setup を選択します。

ステップ 3 Select ボタンを押します。

ステップ 4 管理者パスワード(デフォルトの管理者パスワードは **#)を入力し、次に Enter ソフトキーを押します。

ステップ 5 Up または Down スクロール ボタンを押して Diagnostics を選択し、次に Select ボタンを押します。

ステップ 6 Ping を選択し、 Select ボタンを押します。

ステップ 7 ダイヤル ボタンを使用して、ping しようとする装置の IP アドレスを入力します。

ピリオド(.)を入力するには . ソフトキーを押します。入力ミスを訂正するには < ソフトキーを押します。

ステップ 8 Execute ソフトキーを押します。

次のメッセージとほぼ同じ応答メッセージが表示されます。

Reply from 0.0.0.0
 

ステップ 9 Menu ボタンを押して Diagnostics メニューに戻るか、 Exit ボタンを押して待機画面に戻ります。


 

その他のトラブルシューティング情報

表4-1 は、Cisco Unified IP Conference Station で発生する可能性のある問題のトラブルシューティング情報を示しています。

 

表4-1 トラブルシューティング情報

問題の説明
解決法

LCD スクリーン メッセージの表示

「Obtaining IP Address」というメッセージが LCD スクリーンに継続して表示される場合は、DHCP サーバをチェックし、ネットワーク接続を確認してください。

「Cannot contact TFTP Server」というメッセージが LCD スクリーンに継続して表示される場合は、TFTP サーバが動作しているかどうかを確認してください。

G.729 コーデックを使ってデジタル携帯電話と通話するときの音声品質が悪い


注意 Cisco Unified IP Phone の非常に近くで携帯電話、GSM 電話、または双方向ラジオを使用すると、干渉が起こる場合があります。詳細については、干渉を発生している装置のメーカーのマニュアルを参照してください。

Cisco Unified CallManager で、G.729 コーデックを使用するようにネットワークを設定できます(デフォルトは G.711)。G.729 コーデックが使用されると、Cisco Unified IP Conference Station とデジタル携帯電話間の通話音声の品質が悪くなります。G.729 コーデックは、必要な場合だけ使用してください。

詳細については、Cisco Unified CallManager アプリケーションのオンライン ヘルプを参照してください。

発信音が聞こえない

すべての接続が、所定の位置で確実に行われているか否かチェックしてください。

すべての接続が正しいことを確認してください。

Cisco Unified IP Conference Station の呼び出し音が鳴らない

呼び出し音の設定が「Ringer Off」になっていないかチェックしてください。

音量レベルをチェックしてください。

Cisco Unified IP Conference Station がリセットする

Cisco Unified IP Conference Station は、Cisco Unified
CallManager ソフトウェアとの接続が失われると、リセットされます。

Cisco Unified IP Conference Station で Cisco Unified
CallManager ソフトウェアとの接続が失われると、次のステータス メッセージが LCD スクリーンに表示されます。

Registering
 

Cisco Unified IP Conference Station は、ネットワークとの接続が失われると、リセットされます。

Cisco Unified IP Conference Station でネットワークとの接続が失われると、次のステータス メッセージが LCD スクリーンに表示されます。

Configuring IP
 

これらの接続が失われた原因は、ネットワーク接続の切断(ケーブルの破損、スイッチの停止、およびスイッチのリブートなど)が考えられます。

LCD スクリーンに何も表示されない

Cisco Unified IP Conference Station に電力が供給されていることを確認してください。

電源装置が差し込まれていることを確認してください。

LCD スクリーン表示の問題

建物内で特定タイプの旧式蛍光灯を使用している場合は、LCD スクリーンにビート周波数(走査線)が表示される場合があります。Cisco Unified IP Conference Station をこの蛍光灯から離すか、蛍光灯を交換すると、問題が解決します。

DTMF 遅延

キーパッドの入力が必要なコール中に、キーを押すのが速すぎると、キーの一部が認識されない場合があります。