Cisco Unified IP Phone 6921/6941/6945/6961 アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Communications Manager 10.0(SCCP および SIP)
機能、テンプレート、サービス、およびユーザのセットアップ
機能、テンプレート、サービス、およびユーザのセットアップ
発行日;2013/12/19   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

機能、テンプレート、サービス、およびユーザのセットアップ

Cisco Unified IP Phone をネットワークに設置し、ネットワークの設定値を設定して、IP Phone を Cisco Unified Communications Manager に追加した後は、Cisco Unified Communications Manager の管理アプリケーションを使用して、テレフォニー機能を設定する必要があります。必要に応じて、電話テンプレートの修正、サービスのセットアップ、ユーザの割り当ても行います。

この章では、これらの設定およびセットアップについて、手順の概要を示します。 これらの手順の詳細については、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

Cisco Unified Communications Manager 上のすべての電話機または特定の電話機モデルでサポートされるすべての機能を一覧するには、Cisco Unified レポート ツールで、Unified Communications Manager Phone Feature List レポートを生成してください。

ユーザへの情報の提供方法、および提供すべき情報の種類については、社内のサポート Web サイトを参照してください。

英語以外の環境に電話機を設定する方法については、各言語ユーザのサポートを参照してください。

この章は、次の項で構成されています。

使用可能なテレフォニー機能

Cisco Unified IP Phone を Cisco Unified Communications Manager に追加した後、電話機に機能を追加できます。 次の表に、サポートされているテレフォニー機能のリストを示します。これらの多くは、[Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] を使用して設定できます。 この表の「参照先」欄は、設定の手順と関連情報が記載された Cisco Unified Communications Manager やその他のマニュアルを示しています。

電話機のほとんどの機能の使用方法の詳細については、『Cisco Unified IP Phone 6921, 6941, 6945, and 6961 User Guide for Cisco Unified Communications Manager (SCCP and SIP)』を参照してください。


(注)  


Cisco Unified Communications Manager の管理ページには、各種のテレフォニー機能を設定するためのサービス パラメータもいくつかあります。 サービス パラメータへのアクセスと設定方法については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

サービスの機能の詳細については、[サービス パラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウでパラメータ名を選択するか、ヘルプ ボタン(?)を選択します。


表 1 Cisco Unified IP Phone のテレフォニー機能

機能

説明

設定の参照先

短縮ダイヤル

ユーザは、事前に割り当てておいたインデックス コード(1 ~ 99)を電話機のキーパッドで入力することで、電話番号をすばやくダイヤルできます。

(注)     

短縮ダイヤル機能は、オンフックでもオフフックでも使用できます。

ユーザはセルフケア ポータルからインデックス コードを割り当てます。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」

エージェント グリーティング

エージェントが事前録音したグリーティングを作成したり更新したりできるようにします。このグリーティングは、エージェントが発信者と話し始める前に、顧客コールなどのコールの開始時に再生されます。 エージェントは、必要に応じて 1 つまたは複数のグリーティングを事前録音できます。

顧客が電話をかけてきた場合、エージェントと顧客の両者が事前録音したグリーティングを聴くことになります。 エージェントは、グリーティングが終わるまで待つこともできますし、グリーティングの途中で応答することもできます。

エージェント グリーティング コールでは、電話機でサポートされるすべてのコーデックがサポートされます。

Cisco Unified Communications Manager の管理アプリケーションでエージェント グリーティングを有効にするには、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択し、設定する IP Phone を指定します。 [デバイス情報レイアウト(Device Information Layout)] ペインまでスクロールし、[ビルトイン ブリッジ(Built In Bridge)] を [オン(On)] または [デフォルト(Default)] に設定します。

[ビルトイン ブリッジ(Built In Bridge)] を [デフォルト(Default)] に設定した場合は、Cisco Unified Communications Manager の管理アプリケーションで [システム(System)] > [サービス パラメータ(Service Parameter)] を選択し、適切なサーバとサービスを選択します。 [クラスタ全体にわたるパラメータ(デバイス - 電話機)(Clusterwide Parameters (Device - Phone))] ペインまでスクロールし、[ビルトイン ブリッジ有効(Builtin Bridge Enable)] を [オン(On)] に設定します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Barge and Privacy」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」

任意のコール ピックアップ

コールがどのように電話機にルーティングされたかに関係なく、ユーザはコール ピックアップ グループ内の任意の回線でコールをピックアップできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup Configuration」の章を参照してください。

処理されたダイレクト コール パーク(SIP のみ)

ダイレクト コール機能を使用すると、1 つのボタンを押すだけでユーザはコールをパークできるようになります。 管理者はビジー ランプ フィールド(BLF)の [処理されたダイレクト コール パーク(Assisted Directed Call Park)] ボタンを設定する必要があります。 ユーザがアクティブ コールに対して、アイドル状態の BLF の [処理されたダイレクト コール パーク(Assisted Directed Call Park)] ボタンを押すと、そのアクティブ コールは [処理されたダイレクト コール パーク(Assisted Directed Call Park)] ボタンに関連付けられたダイレクト パーク スロットでパークされます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Assisted Directed Call Park」の章を参照してください。

オーディオ メッセージ受信インジケータ(AMWI)

ハンドセット、ヘッドセット、またはスピーカフォンから聞こえるスタッター音により、ユーザが回線で新しいボイス メッセージを 1 つ以上受信したことが示されます。

(注)     

スタッタ音は回線によって異なります。 この音が聞こえるのは、使用中の回線でメッセージを受信した場合のみです。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章を参照してください。

自動応答

呼出音を 1 ~ 2 回鳴らした後に、着信コールを自動的に接続します。

自動応答は、スピーカフォンとヘッドセットのどちらでも機能します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章を参照してください。

自動ポート同期(Automatic Port Synchronization)

Cisco Unified Communications Manager 管理者がリモート ポート設定機能を使用して IP Phone の速度とデュプレックス機能をリモートで設定した場合、一方のポートの速度が他方のポートよりも遅くなると、パケットの損失が生じることがあります。

自動ポート同期機能を使用すれば、2 つのポートは最も低い速度に同期されるので、パケット損失が解消されます。 自動ポート同期が有効になっている場合は、両方のポートに自動ネゴシエーションを設定することを推奨します。 一方のポートで自動ネゴシエーションを有効にし、他方のポートの速度を固定にすると、電話機は固定されたポートの速度に同期されます。

(注)     

両方のポートを固定速度に設定すると、自動ポート同期機能は無効になります。 リモート ポート設定と自動ポート同期の機能を使用できるのは、IEEE 802.3AF Power of Ethernet(PoE)スイッチだけです。 シスコ インライン パワーのみをサポートするスイッチとは互換性がありません。 このタイプのスイッチに接続されている電話機でこの機能を有効にして、PoE で電話機に電源を供給した場合、Cisco Unified Communications Manager との接続が失われる可能性があります。

Cisco Unified Communications Manager の管理アプリケーションでパラメータを設定するには、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択し、該当する IP Phone を選択して、[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] ペインまでスクロールします。

複数の電話機で同時に設定するには、[エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)]([システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)])または [共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)]([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)])のいずれかで [自動ポート同期(Automatic Port Synchronization)] を有効にします。

自動ピックアップ

ユーザは、コール ピックアップのための、ワンタッチのピックアップ機能を使用できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

外線から外線への転送のブロック

外線コールをユーザが別の外線コールに転送することを禁止します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「External Call Transfer Restrictions」の章を参照してください。

ビジー ランプ フィールド(BLF)

ユーザは、電話機のスピード ダイヤル ボタンに関連付けられている電話番号のコール状態をモニタできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Presence」の章を参照してください。

ビジー ランプ フィールド(BLF)ピックアップ

BLF スピード ダイヤルの拡張機能です。 ユーザが着信コールをモニタリングできるように、電話番号を設定できます。 電話番号が着信コールを受信すると、モニタリングしているユーザに対してシステムからアラートが発生し、コールをピックアップすることができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

折り返し

通話の相手が話し中や通話不能だった場合、その相手が通話可能になったときに、ユーザの電話機に音声による通知と画面表示による通知が送信されます。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Call Back」

コール表示の制限

発信回線および接続回線について表示する情報を、コールに関係する通話相手に応じて決定します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Display Restrictions」

コール自動転送

ユーザが着信コールを別の番号にリダイレクトできるようにします。 コール転送オプションには、すべてのコールの転送、話中転送、無応答時転送、およびカバレッジなし時転送があります。

詳細については、以下を参照してください。

不在転送ループのブレークアウト

不在転送ループを検出して防止します。 不在転送ループが検出されると、[すべてのコールの転送(Call Forward All)] の設定が無視されて呼出音が鳴ります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章を参照してください。

不在転送ループの防止

ユーザが、[すべてのコールの転送(Call Forward All)] の接続先を電話機で直接設定する際に、不在転送ループが生じたり、既存の Forward Maximum Hop Count サービス パラメータに定められたホップ数の上限を超える不在転送チェーンが生じたりしないようにします。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章を参照してください。

コール転送時の表示内容の設定

コールの転送時に電話機に表示する情報を指定できます。 この情報には、発信者の名前、発信者の電話番号、リダイレクト先の電話番号、および最初にダイヤルされた電話番号を含めることができます。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」

不在転送の接続先

管理者は、すべてのコールの転送(CFA)の接続先が CFA の転送元にコールを発信する場合には CFA を無効にすることができます。 この機能により、CFA の接続先は、重要なコールがある場合に CFA の転送元に到達できるようになります。 この無効化は、CFA の接続先の電話番号が内部か外部かに関係なく動作します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Directory Numbers」の章を参照してください。

コールの転送通知

転送されたコールを受信したときに表示される情報を設定できます。

詳細については、コール転送通知の設定を参照してください。

共有回線のコール履歴

電話機のコール履歴に共有回線のアクティビティを表示できるようにします。 この機能は、次を行います。
  • 共有回線の不在着信をログに記録する
  • 共有回線のすべての応答済み着信と発信履歴をログに記録する

詳細については、共有回線のコール履歴の有効化を参照してください。

コール パーク

ユーザがコールをパーク(一時的に保存)し、Cisco Unified Communications Manager システムの別の電話機を使用してそのコールに応答できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Park and Directed Call Park」の章を参照してください。

コール ピックアップ

ユーザは、自分のピックアップ グループに属する別の電話機で呼出音が鳴っている場合に、そのコールを自分の電話機にリダイレクトできます。

電話機のプライマリ回線に、音声によるアラートと画面表示によるアラートを設定できます。 このアラートによって、ピックアップ グループ内でコールの呼び出しがあることが通知されます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

コール録音

スーパーバイザは、アクティブ コールを記録できます。 コールが記録されている場合、コール中に記録音声アラート トーンがユーザに聞こえることがあります。

コールがセキュアな場合、そのコールのセキュリティ ステータスが Cisco Unified IP Phone に鍵のアイコンとして表示されます。 コールがセキュアであり、記録されていることを示す音声アラート トーンは、接続先の通話者にも聞こえることがあります。

(注)     

アクティブ コールがモニタまたは記録されている場合、インターコム コールの受信または発信は可能ですが、インターコム コールを発信するとアクティブ コールが保留になります。これにより、録音セッションは終了し、モニタリング セッションは一時停止されます。 モニタリング セッションを再開するには、コールをモニタされている通話者がコールを再開する必要があります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Monitoring and Recording」の章を参照してください。

コール待機

コールの最中に別の着信コールの呼出音が鳴っていることを通知し、ユーザが応答できるようにします。 また、着信コールの情報を電話スクリーンに表示します。

詳細については、以下を参照してください。

コール待機の呼出音

標準のビープの代わりに、コール待機中のユーザに聞こえる呼出音のオプションが用意されています。

オプションは、[鳴らす(Ring)] と [一度鳴らす(Ring Once)] です。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Directory Numbers」の章を参照してください。

発信者 ID

電話番号、名前、その他の説明テキストなど、発信者の識別情報を電話スクリーンに表示します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Display Restrictions」
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」

発信者 ID ブロック

発信者 ID が有効になっている電話機から、ユーザが自分の電話番号または電子メール アドレスをブロックできるようにします。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」

発信側の正規化

発信側の正規化を使用すると、無効な電話番号を持つユーザへの通話が禁止されます。 番号に任意のエスケープ コードが追加され、ユーザが発信者に簡単に再接続できるようにされます。 ダイヤル可能な番号はコール履歴に保存され、個人アドレス帳にも保存できます。

詳細については、発信側の正規化 を参照してください

SCCP および SIP 用の CAST

Cisco Unified Video Advantage(CUVA)と Cisco Unified IP Phone の間の通信を確立し、IP Phone がビデオ機能を装備していない場合でも PC でビデオを使用できるようにします。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』を参照してください。

cBarge

ユーザは、共有電話回線でプライベート コール以外のコールに参加できます。 C 割り込みでは、ユーザをコールに追加し、それを会議に変換することで、そのユーザと他の通話者が会議機能にアクセスできるようにします。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Barge and Privacy」

Cisco Extension Mobility

共有 Cisco Unified IP Phone から自分の Cisco Unified IP Phone の設定(ライン アピアランス、サービス、スピード ダイヤルなど)に一時的にアクセスできます。それには、共有 Cisco Unified IP Phone の Cisco Extension Mobility サービスにログインする際に、自分の電話機の Cisco Extension Mobility サービスにログインします。

Cisco Extension Mobility は、社内の複数の場所でユーザが業務を行う場合や、作業場を同僚と共有する場合に便利です。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Extension Mobility」の章を参照してください。

Cisco Extension Mobility Cross Cluster

特定のクラスタで設定されたユーザが、別のクラスタにある Cisco Unified IP Phone にログインできます。

ユーザはホーム クラスタから、訪問先クラスタにある Cisco Unified IP Phone にログインします。

(注)     

EMCC を設定する前に、Cisco Unified IP Phone で Cisco Extension Mobility を設定してください。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Extension Mobility Cross Cluster」の章を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager Express(Unified CME)のバージョンのネゴシエーション

(SIP だけ)

Cisco Unified Communication Manager Express は電話機に送信される情報に特別なタグを付けて、その情報が識別されるようにします。 このタグにより、電話機はスイッチがサポートするサービスをユーザに提供できるようになります。

詳細については、以下を参照してください。

Cisco Unified Video Advantage(CUVA)

Cisco Unified IP Phone、パーソナル コンピュータ、および外付けビデオ カメラを使用することにより、ユーザがビデオ コールを発信できるようにします。

(注)     

[電話の設定(Phone Configuration)] の [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] で、ビデオ機能のパラメータを設定します。

詳細については、Cisco Unified Video Advantage のマニュアルを参照してください。

Cisco WebDialer

Web およびデスクトップ アプリケーションから電話をかけることができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco WebDialer」の章を参照してください。

クラシック呼び出し音

29 の呼出音をサポートしています。2 つの呼出音が電話機ファームウェアに組み込まれており、27 の呼出音を Cisco Unified Communications Manager からダウンロードできます。 この機能により、他の Cisco Unified IP Phone でも同じ呼び出し音を使用できるようになります。

詳細については、以下を参照してください。

クライアント識別コード(CMC)

コールが特定のクライアントに関連するように指定できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Client Matter Codes and Forced Authorization Codes」の章を参照してください。

会議

  • ユーザは、各参加者を個別に呼び出して、複数の通話相手と同時に話すことができます。 会議機能には、会議とミートミーがあります。
  • 標準(アドホック)会議では、開催者以外でも参加者を追加または削除できます。また、どの会議参加者でも同じ回線上の 2 つの標準会議を結合できます。

これらの機能を有効にするには、[Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] ではデフォルトで無効になっている Advance Adhoc Conference サービス パラメータを使用します。

会議の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Conference Bridges」の章を参照してください。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章を参照してください。

(注)     

ユーザに対し、これらの機能がアクティブであるかどうかを必ず通知してください。

設定可能な音量の自動保存

あらかじめ決められた音量レベルをすべてのコールに対して自動的に保存するように電話機を設定できます。

機能が有効でない場合、ユーザは [保存(Save)] ソフトキーを使用してすべてのコールに対して選択した音量レベルを保存できます。

詳細については、音量の自動保存の設定を参照してください。

CTI アプリケーション

Computer Telephony Integration(CTI)ルート ポイントでは、仮想デバイスを指定して、アプリケーションが宛先変更を制御している多重同時コールを受信することができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「CTI Route Point Configuration」の章を参照してください。

電話のデバッグ

電話機の問題をデバッグする追加のメニューを電話で提供します。

詳細については、[デバッグ(Debug)] メニューを使用したトラブルシューティング を参照してください。

[デバッグ(Debug)] メニューの制御を参照してください。

デバイスが起動した録音

エンド ユーザがソフトキーを使用して通話を録音できます。

また、管理者は CTI ユーザ インターフェイスを介して通話の録音を続けることができます。

詳細については、デバイスが起動した録音の有効化 を参照してください

直接転送

2 つのコールを相互接続できます。接続完了後は、回線から離脱できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章を参照してください。

ダイレクト コール パーク

ユーザが、使用可能なダイレクト コール パーク番号をダイヤルまたはスピード ダイヤルし、その番号にアクティブなコールを転送できる機能です。

コール パーク BLF ボタンは、ダイレクト コール パーク番号が使用中かどうかを表示するとともに、ダイレクト コール パーク番号へのスピード ダイヤル アクセスにも使用できます。

(注)     

ダイレクト コール パーク機能を実装する場合は、[パーク(Park)] ソフトキーを設定しないでください。 これは、ユーザが 2 つのコール パーク機能を混同するのを防ぐためです。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Park and Directed Call Park」の章を参照してください。

ダイレクト コール ピックアップ

ユーザが、特定の電話番号で呼び出し音が鳴っているコールに応答することができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

シングル ボタン割り込み機能の無効化

ソフトキーは Cisco Unified Communications Manager での設定によって制御されます。 [管理(Administration)] ウィンドウの Line Key Barge パラメータには、次のオプションがあります。

  • デフォルト:ユーザは [割り込み(Barge)] および [C 割り込み(cBarge)] ボタンを常に使用できます。
  • オフ:ユーザは [割り込み(Barge)] および [C 割り込み(cBarge)] ボタンを使用できません。
  • ソフトキーをオン:電話プロファイルで設定されている場合は、[割り込み(Barge)] および [C 割り込み(cBarge)] ボタンが表示されます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

固有呼び出し音

ユーザは、着信コールや新しいボイス メッセージを電話機で示す方法をカスタマイズできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

即転送

ユーザは、呼び出し中のコール、接続されたコール、または保留中のコールを、ボイス メッセージ システムに直接転送できます。 コールを転送した場合、その回線は新しいコールの発信または受信に使用できるようになります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Immediate Divert」の章を参照してください。

Do Not Disturb(DND)(サイレント)

DND をオンにすると、コールが呼び出し状態になっても呼出音が鳴らなくなります。またあらゆる種類の表示や音による通知も、一切行われません。

電話ボタン テンプレートの機能の 1 つとして DND を選択して、電話機を設定できます。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、次の DND 関連のパラメータを設定できます。

  • [サイレント(Do Not Disturb)]:このチェックボックスを使用すると、DND を電話機ごとに有効にすることができます。 Cisco Unified Communications Manager の管理 > [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] > [電話の設定(Phone Configuration)] を使用します。
  • [DND 着信呼警告(DND Incoming Call Alert)]:DND がアクティブな場合に、着信に対して電話機で実行される警告のタイプを選択します(ある場合)。 このパラメータは、[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ページと [電話の設定(Phone configuration)] ページの両方にあります([電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの値が優先)。
  • [DND を示す BLF ステータス(BLF Status Depicts DND)]:ビジーまたはアイドル状態を DND ステータスで上書きできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Do Not Disturb」の章を参照してください。

電子フックスイッチ

ユーザが電話の補助ポートに接続されたワイヤレス アナログ ヘッドセットから IP フォンの基本機能をリモート制御できるようにします。 IP フォンの基本機能には、オフフック/オンフック、着呼表示、オーディオ音量の制御、ミュート/ミュート解除が含まれます。

(注)     

この機能は、Cisco Unified IP Phone 6945 だけに適用されます。

詳細については、電子フックスイッチの有効化を参照してください。

EnergyWise

省エネのために、あらかじめ決められた時刻に IP Phone をスリープ(電源オフ)および復帰(電源オン)させることができます。

詳細については、Cisco Unified IP Phone での EnergyWise の設定を参照してください。

Enhanced Secure Extension Mobility Cross Cluster(EMCC)

ネットワークとセキュリティの設定がログイン電話で保存されるため、Secure Extension Mobility Cross Cluster(EMCC)機能が強化されます。 これを行うことで、セキュリティ ポリシーが維持され、ネットワーク帯域幅が確保されて、訪問先クラスタ(VC)内でのネットワーク障害が防止されます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Extension Mobility Cross Cluster」の章を参照してください。

E-SRST サービスの改善

SRST モードでビデオ、共有回線、BLF スピード ダイヤルを有効にします。

設定は必要ありません。

ファスト ダイヤル サービス

ユーザは、ファスト ダイヤル コードを入力してコールを発信できます。 ファスト ダイヤル コードは、電話番号または [個人アドレス帳(Personal Address Book)] エントリに割り当てることができます。 この表の「サービス」を参照してください。

詳細については、PAB またはファスト ダイヤル用の電話ボタン テンプレートの変更を参照してください。

強制承認コード(FAC)

特定のユーザが発信できるコールのタイプを制御します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Client Matter Codes and Forced Authorization Codes」の章を参照してください。

ヘッドセットのサイドトーン制御

管理者が有線ヘッドセットのサイドトーン レベルを設定できます。 可能なサイドトーン レベルは次のとおりです。

  • 標準(Normal)
  • 小(Low)
  • 非常に低い(Very Low)
  • オフ(Off)

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章を参照してください。

グループのコール ピックアップ

ユーザが、別のグループの電話番号で呼び出し音が鳴っているコールに応答することができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

保留復帰

コールの保留時間を制限します。制限時間が経過すると、コールは保留にした側の電話機に復帰し、ユーザにアラートが通知されます。

復帰コールの通知は、着信コールの場合とは異なり、1 回の呼出音(回線の新規コール インジケータの設定によってはビープ音)によって行われます。 この通知は、コールが再開されるまで、一定の間隔で繰り返されます。

コールが保留復帰した場合は、さらに、コール バブルにアニメーションのアイコンが表示されます。

コールのフォーカス優先度を着信コールまたは復帰コールのどちらかに設定できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Hold Reversion」の章を参照してください。

保留状態

共有回線を持つ電話機では、ローカル回線とリモート回線のいずれがコールを保留したのかを区別できます。

設定は必要ありません。

保留/復帰

ユーザは、接続されたコールをアクティブな状態から保留状態に移行できます。

  • 設定は必要ありません。ただし、保留音を使用する場合には必要です。 この表の「保留音」を参照してください。
  • この表の「保留復帰」を参照してください。

HTTP ダウンロード

ファイルのダウンロード プロセスを拡張して、デフォルトで電話機が HTTP を使用できるようにします。 HTTP のダウンロードが失敗すると、電話機は TFTP ダウンロードを使用して復帰します。

設定は必要ありません。

電話サービス用の HTTPS

HTTPS を使用した通信を要求することで、セキュリティが向上します。

[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] または [システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] を使用して HTTPS サービス パラメータの設定を有効にします。

(注)     

IP フォンは HTTPS クライアントにすることはできますが、HTTPS サーバにすることはできません。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

ハント グループ

主要な電話番号へのコールに対して、ロード シェアリングを行います。 ハント グループには、着信コールに応答できる一連の電話番号が含まれています。 ハント グループ内の最初の電話番号が話し中の場合、システムは、グループ内で次に使用可能な電話番号を所定の順序で検索して特定し、その電話機にコールを転送します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Communications Manager Administration Guide』の「Hunt Group Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」

着信コール Toast タイマー

電話機の画面に着信コール Toast(通知)が表示される時間を設定できます。

詳細については、着信コール Toast タイマーの設定を参照してください。

インターコム

ユーザが、プログラム可能な電話のボタンを使用して、インターコムコールを発信したり受信したりできます。 インターコム回線のボタンを設定すると、次を実行できます。

  • 特定のインターコム内線番号への直接的なダイヤル。
  • インターコムコールを開始してから、有効なインターコム番号の入力をユーザに要求。
(注)     

ユーザが毎日同じ電話機にログインする場合は、それらのユーザの Cisco Extension Mobility のプロファイルを使用し、インターコム情報を含む電話ボタン テンプレートをユーザのプロファイルに割り当て、その電話機をインターコム回線のデフォルトのインターコム デバイスとして指定します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Feature and Services Guide』の「Intercom」の章を参照してください。

SCCP の IPv6 サポート

SCCP を実行する電話機に IPv6 アドレスのサポートを提供します。

設定は必要ありません。

SIP の IPv6 サポート

SIP を実行する電話機に IPv6 アドレスのサポートを提供します。

IPv6 サポートには、Cisco SIP Phone の IP アドレスが TAHI プロジェクトで指定されているコンポーネント レベルの適合性テストと相互運用性テストに合格したことを保証する IPv6 Ready Logo(SIP)が含まれています。

設定は必要ありません。

ジッタ バッファ

ジッタ バッファ機能は、音声とビデオの両方のストリームに対して、10 ミリ秒(ms)から 1000 ms でジッタを処理します。

設定は必要ありません。

回線をまたいで参加

ユーザが、複数の電話回線上にある複数のコールを、1 つの会議コールに結合できるようになります。

一部の JTAPI/TAPI アプリケーションでは、Cisco Unified IP Phone の参加および直接転送機能と互換性がないため、参加および直接転送ポリシーを設定して、同一回線上や、場合によっては複数の回線をまたいだ参加と直接転送を無効にする必要があります。 詳細については、参加および直接転送ポリシーを参照してください。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章を参照してください。

参加

ユーザが、同一電話回線上にある 2 つのコールを、1 つの会議コールとして接続したうえで、そのコールに留まることができます。

一部の JTAPI/TAPI アプリケーションでは、Cisco Unified IP Phone の参加および直接転送機能と互換性がないため、参加および直接転送ポリシーを設定して、同一回線上や、場合によっては複数の回線をまたいだ参加と直接転送を無効にする必要があります。 詳細については、参加および直接転送ポリシーを参照してください。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」
  • 『Cisco Unified IP Phone 6921, 6941, 6945, and 6961 User Guide for Cisco Unified Communications Manager (SCCP and SIP)』

ハント グループからのログアウト

ユーザは、コールを受けることができない場合に、ハント グループからログアウトし、一時的にユーザの電話機で呼出音が鳴らないようにすることができます。 ハント グループからログアウトしても、ハント グループ以外のコールは引き続き着信します。

詳細については、以下を参照してください。

コール リストの回線ステータス

[通話履歴(Call History)] リストにモニタ対象回線番号の回線ステータスの可用性ステータスを表示できます。 回線ステータスは次のとおりです。

  • 不明(Unknown)
  • アイドル(Idle)
  • ビジー(Busy)
  • サイレント(DND)

詳細については、コール リストの回線ステータスの有効化を参照してください。

Malicious Caller Identification(MCID; 迷惑呼 ID)

ユーザが、不審なコールを受信したことをシステム管理者に通知できる機能です。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Malicious Call Identification」

ミートミー会議

ユーザがミートミー会議を開始し、参加ユーザは予定の時刻に、あらかじめ決められた番号にコールをかけます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Meet-Me Number/Pattern Configuration」の章を参照してください。

メッセージ受信

メッセージ受信のオンおよびオフのインジケータに対する電話番号を定義します。 直接接続型のボイス メッセージ システムでは、指定された電話番号を使用して、特定の Cisco Unified IP Phone のメッセージ受信インジケータを設定したりクリアしたりします。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Message Waiting Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Voice Mail Connectivity to Cisco Unified Communications Manager」

メッセージ受信インジケータ

ハンドセットのランプの 1 つで、ユーザに対する 1 つまたは複数の新着ボイス メッセージが届いていることを示します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Message Waiting Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Voice Mail Connectivity to Cisco Unified Communications Manager」

最小呼出音量(Minimum Ring Volume)

IP フォンの呼出音の最小音量レベルを設定します。

呼出音の最小音量レベルは 0~14 の範囲で指定できます。 デフォルトは 0(無音)です。

詳細については、最小呼出音量の設定を参照してください。

不在履歴のログ

ユーザが、特定のライン アピアランスで不在履歴を不在履歴ディレクトリに記録するかどうかを指定できるようにします。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章を参照してください。

モバイル コネクト

ユーザは、1 つの電話番号を使用してビジネス コールを管理したり、デスクトップ電話機および携帯電話などのリモート デバイスで、進行中のコールをピックアップしたりすることができます。 また、電話番号や時刻に応じて、発信者グループを制限できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Unified Mobility」の章を参照してください。

モバイル ボイス アクセス

モバイル コネクト機能が拡張され、ユーザは Interactive Voice Response(IVR; 自動音声応答)システムにアクセスして、携帯電話などのリモート デバイスからコールを発信できるようになります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Unified Mobility」の章を参照してください。

モニタリングおよび録音

スーパーバイザは、アクティブ コールのサイレント モニタリングを実行できます。 スーパーバイザの音声はコールのどちらの側にも聞こえません。 コールがモニタされている場合、コール中にモニタリング音声アラート トーンがユーザに聞こえることがあります。

コールがセキュアな場合、そのコールのセキュリティ ステータスが Cisco Unified IP Phone に鍵のアイコンとして表示されます。 コールがセキュアであり、モニタリングされていることを示す音声アラート トーンは、接続先の通話者にも聞こえることがあります。

(注)     

アクティブ コールがモニタまたは記録されている場合、インターコム コールの受信または発信は可能ですが、インターコム コールを発信するとアクティブ コールが保留になります。これにより、録音セッションは終了し、モニタリング セッションは一時停止されます。 モニタリング セッションを再開するには、コールをモニタされている通話者がコールを再開する必要があります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Monitoring and Recording」の章を参照してください。

Multilevel Precedence and Preemption(MLPP)

(SCCP 電話のみ)

電話システムでコールの優先順位を付けることができます。 この機能は、ユーザが緊急コールや重要なコールを発信または受信する必要がある環境で作業している場合に使用します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Multilevel Precedence and Preemption」の章を参照してください。

ライン アピアランス 1 つあたりのコール数

各回線は複数のコールに対応できます。 デフォルトで、電話機は 1 回線あたり 2 つのアクティブ コールをサポートし、最大で 1 回線あたり 6 つのアクティブ コールをサポートします。 同時に接続できるコールは 1 つのみです。他のコールは自動的に保留になります。

システムによって、SCCP と SIP の両方に対して最大で 6/6 までのコール/ビジー トリガーを設定できます。 6/6 を超える設定は公式にはサポートされていません。 SCCP の場合、1 回線で複数のコールをサポートするには、Cisco Unified Communications Manager 8.6 以降にアップグレードする必要があります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章を参照してください。

保留音

発信者が保留状態になっている間、音楽を再生します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Music On Hold」の章を参照してください。

ミュート

ハンドセットやヘッドセットからのマイク音声をミュートします。

設定は必要ありません。

アラート名なし

発信者の元の電話番号を表示することで、エンド ユーザが転送されたコールを識別しやすくします。 コールはアラート コールとして表示され、その後に発信者の電話番号が表示されます。

設定は必要ありません。

オンフック ダイヤル

ユーザは、オフ フックにすることなく、番号をダイヤルできます。 番号をダイヤルした後は、ハンドセットを持ち上げるか、[ダイヤル(Dial)] を押します。

詳細については、『Cisco Unified IP Phone 6921, 6941, 6945, and 6961 User Guide for Cisco Unified Communications Manager (SCCP and SIP)』を参照してください。

他のグループのピックアップ

ユーザは、ユーザのグループに関連付けられている別のグループの電話機で呼出音が鳴っている場合に、そのコールに応答できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

ピア ファームウェア共有(PFS)

電話機は、ファームウェア イメージを構成するファイルを要求しているサブネット上の同じ電話機を検出し、転送階層をファイル単位で自動的に構築できます。

詳細については、ピア ファームウェア共有の設定 を参照してください。

エクステンション モビリティ ユーザに対する電話スクリーン メッセージ

この機能は、わかりやすいメッセージを提供することで、エクステンション モビリティ ユーザの電話インターフェイスを拡張します。

設定は必要ありません。

Queue Statistics 用の PLK のサポート

Queue Statistics 機能の PLK サポートを使用すると、ハント パイロットのコール キュー統計情報と、電話スクリーンに表示される情報を照会できます。

詳細については、ソフトキー テンプレートの設定を参照してください。

プラス ダイヤル

ユーザは、先頭にプラス(+)記号を付けて E.164 番号をダイヤルできます。

+ 記号をダイヤルするには、アスタリスク キー(*)を 1 秒以上押し続ける必要があります。 これは、オンフック(編集モードを含む)またはオフフック コールの最初の桁のダイヤルに適用されます。

設定は必要ありません。

プライバシー

回線を共有しているユーザが、コールに自分を追加すること、および他のユーザのコールに関する情報を電話ディスプレイに表示することを禁止します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Barge and Privacy」の章

Private Line Automated Ringdown(PLAR)

Cisco Unified Communications Manager の管理者は、ハンドセットをオフフックにすると Cisco Unified IP Phone がただちにダイヤルする電話番号を設定できます。 この機能は、緊急連絡や「ホットライン」の番号にコールするための電話機を用意する場合に役立ちます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章を参照してください。

プログラム可能な機能ボタン

発信、折返し、不在転送などの機能を回線ボタンに割り当てることができます。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Phone Button Template Configuration」の章

PSTN モード

カンバセーションの音質を向上します。

PSTN モードの有効化を参照してください。

品質(QRT)

ユーザが、ボタンを押して、問題のあるコールの情報を送信できます。 QRT は、QRT に必要なユーザ インタラクションの量に応じて、2 つのユーザ モードのどちらかに設定できます。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Quality Report Tool」の章

リダイヤル

ユーザは、ボタンを押すか、[リダイヤル(Redial)] ソフトキーを押して、最後にダイヤルした電話番号にコールをかけることができます。

設定は必要ありません。

リモート接続先へのダイレクト コールの会社電話番号への再ルーティング

ユーザの携帯電話に直接かかってきたコールを会社の電話番号(固定電話)にルーティングできます。 リモート接続先(携帯電話)への着信コールでは、リモート接続先でのみ呼出音が鳴り、デスクトップフォンの呼出音は鳴りません。 携帯電話でコールに応答すると、デスクトップフォンに「リモートで使用中(Remote In Use)」というメッセージが表示されます。 これらのコール中、ユーザは自身の携帯電話のさまざまな機能を使用できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Unified Mobility」の章を参照してください。

リモート ポート設定

管理者は、Cisco Unified Communications Manager の管理を使用して、電話機のイーサネット ポートの速度とデュプレックス機能をリモートで設定できます。 これにより、具体的なポート設定を伴う大規模な導入のパフォーマンスが向上します。

(注)     

Cisco Unified Communications Manager のリモート ポート設定用にポートが設定されている場合は、電話機のデータを変更することはできません。

Cisco Unified Communications Manager の管理アプリケーションでパラメータを設定するには、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)]を選択して、該当する IP Phone を選択し、[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] ペイン([スイッチ ポートのリモート設定(Switch Port Remote Configuration)] または [PC ポートのリモート設定(PC Port Remote Configuration)])までスクロールします。

複数の電話機に同時に設定するには、[エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)]([システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)])または [共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)]([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)])のいずれかで、リモート設定を指定します。 ([スイッチ ポートのリモート設定(Switch Port Remote Configuration)] または [PC ポートのリモート設定(PC Port Remote Configuration)])

呼出音の設定

電話機に別のアクティブ コールが着信したときに、回線で使用される呼出音タイプを指定します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章
  • カスタム電話呼出音

SIP 用の RTCP 保留

保留中のコールがゲートウェイによって切断されないようにします。 ゲートウェイは RTCP ポートのステータスをチェックして、コールがアクティブであるかどうかを判別します。 ゲートウェイは電話機のポートを開いたままにし、保留中のコールが終了しないようにします。

設定は必要ありません。

音量の変更の保存

あらかじめ決められた音量レベルをすべてのコールに対して自動的に保存するように電話機を設定できます。

機能が有効でない場合、ユーザは [保存(Save)] ソフトキーを使用してすべてのコールに対して選択した音量レベルを保存できます。

詳細については、音量の自動保存の設定を参照してください。

セキュア会議

  • セキュアな電話機で、セキュアな会議ブリッジを使用して会議コールを発信できます。
  • [会議(Confrn)]、[参加(Join)]、[C 割り込み(cBarge)]、[割り込み(Barge)] ソフトキーまたは MeetMe 会議を使用して新しい参加者が追加されると、すべての参加者がセキュアな電話機を使用している間はセキュア コールのアイコンが表示されます。
  • 会議の各参加者のセキュリティ レベルが [会議リスト(Conference List)] に表示されます。 開催者は、非セキュアの参加者を [会議参加者リスト(Conference List)] から削除できます。 Advanced Adhoc Conference Enabled パラメータが設定されていれば、開催者でなくても会議参加者を追加または削除できます。

セキュリティの詳細については、サポート対象のセキュリティ機能を参照してください。

詳細については、次の各項を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Conference Bridges」の章
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Conference Bridge Configuration」の章
  • 『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』

セキュア EMCC

リモート オフィスから電話にログインするユーザに強化されたセキュリティを提供することで、EMCC 機能を改善します。

設定は必要ありません。

SIP エンドポイントの有用性

管理者が電話機からデバッグ情報をより迅速かつ簡単に収集できるようにします。

この機能は、各 IP フォンにリモート アクセスするために SSH を使用します。 この機能を使用するには、各 IP フォンの SSH が有効になっている必要があります。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager からのデバッグ情報の制御を参照してください。

サービス URL ボタン

ユーザは、電話機の [サービス(Services)] メニューの代わりにプログラム可能なボタンを使用して、サービスにアクセスすることができます。

詳細については、次のトピックを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services」の章

サービス

Cisco Unified CM の管理にある Cisco Unified IP Phone サービスの設定メニューを使用して、ユーザが登録できる IP Phone サービスのリストを定義して管理できます。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services」の章

共有回線

ユーザは、複数の電話機で同じ電話番号を共有したり、電話番号を同僚と共有したりできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Directory Numbers」の章を参照してください。

通話履歴に通話時間を表示

通話履歴の詳細に発信、受信通話の通話時間を表示します。

通話時間が 1 時間を超える場合、時間は時間、分、秒(HH:MM:SS)の形式で表示されます。

通話時間が 1 時間を超えない場合、時間は分、秒(MM:SS)の形式で表示されます。

設定は必要ありません。

発信者 ID と発信者番号の表示

電話に着信履歴の発信者 ID と発信者番号の両方を表示できます。

IP フォンの LCD ディスプレイ サイズは、表示される発信者 ID と発信者番号の長さを制限します。

発信者 ID と発信者番号を表示機能は、着信警告のみに適用され、コール転送やハント グループの機能は変更されません。

詳細については、この表の「発信者 ID」を参照してください。

スピード ダイヤル

記憶されている指定番号をダイヤルします。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」

SSH アクセス

管理者が、Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、SSH アクセスを有効または無効に設定できます。

このオプションは、電話機が SSH アクセスをサポートしているかどうかを示します。

次の設定があります。

  • 有効(Enabled)
  • 無効(Disabled):デフォルト

SSH サーバを有効にすると、電話機は SSH 接続を許可します。

電話機の SSH サーバ機能を無効にすると、電話機への SSH アクセスがブロックされます。

詳細については、SSH アクセスの設定 を参照してください。

Time-of-Day ルーティング

指定したテレフォニー機能へのアクセスを時間帯によって制限します。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Time Period Configuration」の章
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Time-of-Day Routing」の章

タイム ゾーンの更新

タイム ゾーンの変更に伴い、Cisco Unified IP Phone を更新します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Date/Time Group Configuration」の章を参照してください。

転送

ユーザは、接続されているコールを自分の電話機から別の番号にリダイレクトできます。

一部の JTAPI/TAPI アプリケーションでは、Cisco Unified IP Phone の参加および直接転送機能と互換性がないため、参加および直接転送ポリシーを設定して、同一回線上や、場合によっては複数の回線をまたいだ参加と直接転送を無効にする必要があります。 詳細については、参加および直接転送ポリシーを参照してください。

転送(直接転送)

転送:転送では、常にまずアクティブ コールを保留にした後、同じ電話番号を使用して新しいコールを開始します。

直接転送:この転送では、確立された 2 つのコールを 1 つのコールとして接続し(コールは保留状態または接続状態)、機能を開始したユーザはコールから離脱します。 直接転送では、打診コールが開始されたり、アクティブなコールが保留になったりすることはありません。

一部の JTAPI/TAPI アプリケーションでは、Cisco Unified IP Phone の参加および直接転送機能と互換性がないため、参加および直接転送ポリシーを設定して、同一回線上や、場合によっては複数の回線をまたいだ参加と直接転送を無効にする必要があります。 詳細については、参加および直接転送ポリシーを参照してください。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Directory Numbers」の章を参照してください。

TVS

信頼検証サービス(TVS)は、証明書信頼リスト(CTL)のサイズを増やす、または電話機に更新された CTL ファイルをダウンロードすることなく、電話機で署名付き設定を認証したり、他のサーバやピアを認証したりできるようにします。

TVS はデフォルトで有効になっています。

TVS の詳細は、電話機の [アプリケーション(Applications)] > [管理者設定(Admin Settings)] > [セキュリティ設定(Security Settings)] > [信頼リスト(Trust List)] メニューから表示できます。

設定は必要ありません。

UCR 2008(SCCP のみ)

SCCP を使用する Cisco Unified IP Phone は、次の機能を提供することで、Unified Capabilities Requirements(UCR)2008 をサポートします。

  • 連邦情報処理標準(FIPS)140-2 のサポート
  • 80 ビット SRTCP タギングのサポート

IP Phone の管理者は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで特定のパラメータをセットアップする必要があります。

詳細については、UCR 2008 のセットアップを参照してください。

ボイス メッセージ システム

コールに応答がない場合に、発信者がメッセージを残せるようにします。

詳細については、以下を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Voice-Mail Port Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Voice Mail Connectivity to Cisco Unified Communications Manager」の章。

Web アクセスをデフォルトで無効にする

HTTP などのすべての Web サービスへのアクセスを無効にして、セキュリティを強化します。

ユーザは、管理者が Web アクセスを有効にした場合だけ、Web サービスにアクセスできます。

詳細については、UCR 2008 のセットアップを参照してください。

参加および直接転送ポリシー

一部の JTAPI/TAPI アプリケーションは、Cisco Unified IP Phone における参加および直接転送機能の実装と互換性がありません。 このようなアプリケーションを使用してこれらの電話機を制御およびモニタするには、参加および直接転送のポリシーを設定して、同一回線上や、場合によっては複数の回線をまたいだ参加や直接転送を無効化する必要があります。 参加および直接転送ポリシーは、次のように設定できます。

  • システム上のすべての電話機のポリシーを設定するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configurations)] を選択します。
  • 電話機のグループにポリシーを設定するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] を選択します。
  • 個別の電話機にポリシーを設定するには、特定の電話についての [電話の設定(Phone Configuration)] で [参加および直接転送ポリシー(Join and Direct Transfer Policy)] を設定します。

このパラメータは、3 つの異なるウィンドウで設定できますが、設定値の優先順位は次の順序に従います。

  1. [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウの設定値
  2. [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの設定値
  3. [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウの設定値

参加および直接転送ポリシーのパラメータの設定を変更する場合、設定を有効にするには、[共通設定の上書き(Override Common Settings)] ボックスをオンにする必要があります。 デフォルトのポリシーでは、参加と直接転送用に有効にされている同じ回線が使用されます。

このパラメータの正しい設定を判断するには、JTAPI/TAPI アプリケーションのマニュアルを参照してください。

Survivable Remote Site Telephony

Survivable Remote Site Telephony(SRST)は、制御する Cisco Unified Communications Manager との通信が切断されたときに、電話機の基本的な機能へのアクセスを確保します。 このシナリオでは、電話機は進行中のコールをアクティブなまま保持し、ユーザは使用可能な機能のサブセットにアクセスできます。 フェールオーバーが発生すると、ユーザの電話機にアラート メッセージが表示されます。

次の表は、フェールオーバー中の機能の利用可能性について説明します。

表 2 フェールオーバー中の機能のサポート
機能 サポート済み 注記

発信(New Call)

Yes

 

終了

Yes

 

リダイヤル

Yes

 

応答

Yes

 

保留

Yes

 

復帰

Yes

 

会議

Yes

 

会議のアクティブ コール(参加)

No

[アクティブ コール(Active Calls)] ソフトキーが表示されません。

会議リスト

No

 

転送

Yes

 

アクティブ コールへの転送(直接転送)

No

 

自動応答(Auto Answer)

Yes

 

コール待機(Call Waiting)

Yes

 

発信者 ID

Yes

 

オーディオ メッセージ受信インジケータ

Yes

 

すべてのコールのプログラム可能な回線キー

Yes

 

応答のプログラム可能な回線キー

Yes

 

ユニファイド セッション プレゼンテーション

Yes

サポートされる機能は会議のみです。

ボイスメール

Yes

ボイスメールは Cisco Unified Communications Manager クラスタの他のユーザと同期されません。

スピード ダイヤル

Yes

 

サービス IRL のプログラム可能な回線キー

Yes

 

ボイスメールへの転送(即転送)

No

[即転送(iDivert)] ソフトキーが表示されません。

回線のフィルタ

一部

回線はサポートされていますが、共有できません。

パーク モニタリング

No

[パーク(Park)] ソフトキーが表示されません。

割込み

No

「この機能は現在使用できません」というメッセージが表示されます。

拡張されたメッセージ待機インジケータ

No

メッセージのカウント バッジが電話の画面に表示されません。

[メッセージ受信(Message Waiting)] アイコンのみが表示されます。

ダイレクト コール パーク

No

ソフトキーが表示されません。

保留復帰

No

コールは無期限に保留状態のままになります。

リモート回線の保留

No

コールはローカル保留のコールとして表示されます。

ミートミー

No

[ミートミー(Meet Me)]ソフトキーが表示されません。

ピック(PickUp)

No

ソフトキーによるアクションがありません。

グループ ピックアップ

No

ソフトキーによるアクションがありません。

その他のグループ ピックアップ

No

ソフトキーによるアクションがありません。

迷惑呼 ID

No

ソフトキーによるアクションがありません。

QRT

No

ソフトキーによるアクションがありません。

ハント グループ

No

ソフトキーによるアクションがありません。

インターコム

No

ソフトキーによるアクションがありません。

モビリティ(Mobility)

No

ソフトキーによるアクションがありません。

プライバシー

No

ソフトキーによるアクションがありません。

折り返し

No

[折返し(Call Back)] ソフトキーが表示されません。

社内ディレクトリとパーソナル ディレクトリのセットアップ

Cisco Unified IP Phone の連絡先ボタンを使用すると、ユーザはいくつかのディレクトリにアクセスできます。 このディレクトリには次のものがあります。

社内ディレクトリ

ユーザが、同僚の電話番号を調べることができます。 この機能をサポートするには、社内ディレクトリを設定する必要があります。

パーソナル ディレクトリ

ユーザが、一連の個人の番号を保存できます。 この機能をサポートするには、パーソナル ディレクトリを設定するためのソフトウェアをユーザに提供する必要があります。

社内ディレクトリのセットアップ

Cisco Unified Communications Manager では、Cisco Unified Communications Manager と連動する Cisco Unified Communications Manager アプリケーションのユーザの認証情報と認可情報を保存するために、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)ディレクトリを使用しています。 認証とは、システムにアクセスするユーザ権限を設定することです。 認可とは、ユーザが使用を許可されるテレフォニー リソース、たとえば特定の電話内線などを識別することです。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Directory Numbers」を参照してください。

LDAP ディレクトリの設定が完了すると、ユーザは電話機の社内ディレクトリ サービスを使用して、社内ディレクトリでユーザを検索できるようになります。

パーソナル ディレクトリの設定

パーソナル ディレクトリは、次の機能で構成されています。

  • Personal Address Book(PAB; 個人アドレス帳)
  • スピード ダイヤル
  • アドレス帳同期化ツール(TABSynch)

ユーザはこれらの方法を使用してパーソナル ディレクトリの機能を利用できます。

  • Web ブラウザから:セルフケア ポータルから PAB やスピード ダイヤル機能を利用できます。
  • Cisco Unified IP Phone から:連絡先を選択して、社内ディレクトリやユーザのパーソナル ディレクトリを検索できます。
  • Microsoft Windows アプリケーションから:TABSynch ツールを使用して、PAB を Microsoft Windows Address Book(WAB)と同期化することができます。 Microsoft Outlook Address Book(OAB)を使用するユーザは、まず OAB から WAB にデータをインポートする必要があります。 次に TabSync を使用して WAB をパーソナル ディレクトリと同期化します。 TABSync の説明については、Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer の取得およびCisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer の導入を参照してください。

Cisco IP Phone Address Book Synchronizer を使用しているユーザが、エンド ユーザ データのみにアクセスできるようにするには、Cisco Unified サービスアビリティで Cisco UXL Web Service をアクティブ化します。

パーソナル ディレクトリを Web ブラウザから設定するには、ユーザがセルフケア ポータルにアクセスする必要があります。 管理者は、ユーザに対して URL とサイン イン情報を提供する必要があります。

電話ボタン テンプレートの変更

電話ボタン テンプレートを使用すると、プログラム可能な回線ボタンに、スピード ダイヤルやコール処理機能を割り当てることができます。 ボタンに割り当てが可能なコール処理機能には、コール転送、保留、および会議などがあります。

テンプレートの変更は、可能な限り電話機をネットワークに登録する前に行ってください。 この順序に従うと、登録の実行中、カスタマイズした電話ボタン テンプレート オプションに Cisco Unified Communications Manager からアクセスできます。

電話ボタン テンプレートを変更するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)] を選択します。 電話ボタン テンプレートを電話機に割り当てるには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話の設定(Phone Configuration)] ページにある [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)] フィールドを使用します。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』および『Cisco Unified Communications Manager System Guide』を参照してください。

  • Cisco Unified IP Phone 6921 に標準で搭載されているデフォルト テンプレートでは、ボタン 1 と 2 を回線用に使用します。
  • Cisco Unified IP Phone 6941 に標準で搭載されているデフォルト テンプレートでは、ボタン 1 ~ 4 を回線用に使用します。
  • Cisco Unified IP Phone 6945 に標準で搭載されているデフォルト テンプレートでは、ボタン 1 ~ 4 を回線用に使用します。
  • Cisco Unified IP Phone 6961 に標準で搭載されているデフォルト テンプレートでは、ボタン 1 ~ 12 を回線用に使用します。

ユーザの混乱を防ぐため、同じ機能をボタンとソフトキーに同時に割り当てないでください。

IP Phone サービスとしての PAB またはスピード ダイヤルの設定

(まだサービスでない)PAB やスピード ダイヤルを IP Phone サービスとして設定するには、次の手順を実行します。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [IP Phone サービス(Phone Services)] を選択します。

    [IP Phone サービスの検索と一覧表示(Find and List IP Phone Services)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。

    [IP Phone サービスの設定(IP Phone Services Configuration)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 3   次の設定値を入力します。
    • [サービス名(Service Name)] および [ASCII サービス名(ASCII Service Name)]:Personal Address Book と入力します。
    • [サービスの説明(Service Description)]:サービスの説明(任意)を入力します。
    • サービス URL PAB の場合は、次の URL を入力します。 http://<Unified CM-server-name>:8080/ccmpd/login.do?name=#DEVICENAME#&service=pab ファスト ダイヤルの場合は、次の URL を入力します。 http://<Unified-CM-server-name>:8080/ccmpd/login.do?name=#DEVICENAME#&service=fd
    • セキュア サービス URL PAB の場合は、次の URL を入力します。 https://<Unified CM-server-name>:8443/ccmpd/login.do?name=#DEVICENAME#&service=pab ファスト ダイヤルの場合は、次の URL を入力します。 https://<Unified-CM-server-name>:8443/ccmpd/login.do?name=#DEVICENAME#&service=fd
    • [サービス カテゴリ(Service Category)]:[XML サービス(XML Service)] を選択します。
    • [サービス タイプ(Service Type)]:[ディレクトリ(Directories)] を選択します。
    • [有効(Enable)]:チェックボックスをオンにします。 http://<IP_address> または https://<IP_address>(Cisco Unified IP Phone がサポートするプロトコルによって異なります)。
    ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

    『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services Configuration」の章の説明に従い、サービス パラメータを追加、変更、または削除することができます。

    (注)     

    サービス URL を変更した場合、IP Phone サービス パラメータを削除した場合、またはユーザの登録先の IP Phone サービス名を変更した場合は、[登録の更新(Update Subscriptions)] をクリックして、現在のすべての登録ユーザを更新し、変更を適用する必要があります。このボタンをクリックしなかった場合は、ユーザがそのサービスに登録して、正しい URL を再作成する必要があります。


    PAB またはファスト ダイヤル用の電話ボタン テンプレートの変更

    IP Phone サービスの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services Configuration」の章を参照してください。 回線ボタンの設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章および「Configuring Speed-Dial Buttons」の項を参照してください。

    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページから、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)] を選択します。
      ステップ 2   [検索(Find)] をクリックします。
      ステップ 3   電話機のモデルを示します。
      ステップ 4   [コピー(Copy)] を選択し、新しいテンプレートの名前を入力して、[保存(Save)] を選択します。

      [電話ボタン テンプレートの設定(Phone Button Template Configuration)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 5   割り当てるボタンを確認して、[機能(Features)] ドロップダウン リストから、その回線に関連付ける [サービス URL(Service URL)] を選択します。
      ステップ 6   [保存(Save)] を選択して、サービス URL を使用する新しい電話ボタン テンプレートを作成します。
      ステップ 7   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択して、電話機の [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを開きます。
      ステップ 8   [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)] ドロップダウン リストから、新しい電話ボタン テンプレートを選択します。
      ステップ 9   [保存(Save)] を選択して変更を保存し、次に [リセット(Reset)] を選択して変更を実装します。

      これで電話機のユーザが、セルフケア ポータルにアクセスできるようになり、電話機のボタンにサービスが関連付けられました。


      ソフトキー テンプレートの設定

      Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、Cisco Unified IP Phone 6921、6941、6945、および 6961 がサポートするアプリケーションに最大 18 のソフトキーを関連付けることができます。 Cisco Unified Communications Manager では、Standard User および Standard Feature というソフトキー テンプレートがサポートされています。

      ソフトキーをサポートするアプリケーションには、標準ソフトキー テンプレートを 1 つ以上関連付けることができます。 標準ソフトキー テンプレートを修正するには、テンプレートのコピーを作成し、新しい名前を付けて、そのコピーしたソフトキー テンプレートをアップデートします。 非標準のソフトキー テンプレートも修正できます。

      ソフトキー テンプレートを設定するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ソフトキー テンプレート(Softkey Template)] を選択します。 ソフトキー テンプレートを電話機に割り当てるには、Cisco Unified CM の管理の [電話の設定(Phone Configuration)] ページにある [ソフトキー テンプレート(Softkey Template)] フィールドを使用します。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Softkey Template Configuration」、および『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Softkey Template」を参照してください。

      Cisco Unified IP Phone 6921、6941、6945、および 6961 は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [ソフトキー テンプレートの設定(Softkey Template Configuration)] で設定可能なすべてのソフトキーをサポートしているわけではありません。 次の表に、機能、ソフトキー テンプレートで設定可能なソフトキー、および Cisco Unified IP Phone 6921、6941、6945、および 6961 でのサポートの有無を示します。


      (注)  


      Cisco Unified Communications Manager では、ソフトキー テンプレートに任意のソフトキーを設定できますが、サポートされていないソフトキーは、電話機に表示されません。


      表 3 設定可能なソフトキー

      機能

      [ソフトキー テンプレートの設定(Softkey Template Configuration)] で設定可能なソフトキー

      Cisco Unified IP Phone 6921、6941、6945、および 6961 でのソフトキーとしてのサポート

      メモ

      応答

      応答(Answer)

      Yes

      割込み

      割り込み(Barge)

      No

      折り返し

      折返し(CallBack)

      Yes

      Call Forward All(不在転送)

      不在転送(cfwdAll)

      Yes

      電話機には、[不在(Fwd ALL)] または [不在オフ(Fwd Off)] と表示されます。

      コール パーク

      パーク(Park)

      Yes

      コール ピックアップ

      ピック(Pickup)

      Yes

      プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      cBarge

      C 割込(cBarge)

      Yes

      プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      会議

      会議(Confrn)

      No

      会議は専用ボタンです。

      会議リスト

      参加者(ConfList)

      No

      電話機には、[詳細(Detail)] と表示されます。

      即転送

      即転送(iDivert)

      Yes

      電話機には、[転送(Divert)] と表示されます。

      サイレント

      サイレント(DND)

      Yes

      サイレントは、プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      終了

      終了(EndCall)

      Yes

      コールに応答がない場合、電話機に [キャンセル(Cancel)] と表示されます。

      グループ ピックアップ

      G ピック(GPickUp)

      Yes

      プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      保留

      保留(Hold)

      No

      保留は専用ボタンです。

      ハント グループ

      ハント(HLog)

      Yes

      ハント グループは、プログラム可能な回線ボタンとして設定します。

      参加

      参加(Join)

      No

      迷惑呼 ID

      迷惑呼 ID(MCID)

      Yes

      迷惑呼 ID は、プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      ミートミー

      ミートミー(MeetMe)

      Yes

      プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      モバイル コネクト

      モビリティ(Mobility)

      Yes

      モバイル コネクトは、プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      発信

      発信(NewCall)

      Yes

      電話機には、[発信(New Call)] と表示されます。

      その他のピックアップ

      他 Grp(oPickup)

      Yes

      プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      Queue Statistics 用の PLK のサポート

      キュー ステータス(Queue Status)

      Yes

      品質レポート ツール

      品質(QRT)

      Yes

      品質レポート ツールは、プログラム可能な回線ボタンまたはソフトキーとして設定します。

      リダイヤル

      リダイヤル(Redial)

      Yes

      会議の最後の参加者の削除

      会議の最後の参加者の削除(Remove)

      Yes

      電話機には、参加者を選択したときに [削除(Remove)] と表示されます。

      復帰

      復帰(Resume)

      Yes

      スピード ダイヤル

      短縮(AbbrDial)

      Yes

      電話機には、[スピード ダイヤル(SpeedDial)] と表示されます。

      転送

      D 転送(DirTrfr)

      No

      転送は専用ボタンです。

      転送([直接転送(Direct Transfer)] ポリシー)は、[電話の設定(Phone Configuration)] の [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションで設定します。

      ビデオ モード コマンド

      ビデオ(VidMode)

      No

      デバイスが起動した録音の有効化

      [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] から、[デバイスから呼び出された録音(Device Invoked Recording)] 機能を設定します。 詳細な情報と手順については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Monitoring and Recording」の章を参照してください。

      手順
        ステップ 1   IP Phone の [ビルトイン ブリッジ(Built In Bridge)] を [オン(On)] に設定します。
        ステップ 2   [録音オプション(Recording Option)] を [選択的コール録音を有効(Selective Call Recording Enabled)] に設定します。
        ステップ 3   適切な録音プロファイルを選択します。

        共有回線のコール履歴の有効化

        詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

        手順
          ステップ 1   Cisco Unified CM の管理ページに進み、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。
          ステップ 2   Cisco Unified CM に関連付けられた電話機のリストからユーザの電話機を探します。
          ステップ 3   電話機の [デバイス名(Device Name)] をクリックします。

          [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

          ステップ 4   [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] レイアウト エリアに移動し、[共有回線からコール履歴を記録(Record Call Log from Shared Line)] ドロップダウン リストボックスから適切なプロファイルを選択します。

          デフォルトでは [無効(Disabled)] オプションが選択されています。

          [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] エリアで設定したパラメータは、さまざまなデバイスの [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウと [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウにも表示されることがあります。

          これらの他のウィンドウでも同じパラメータを設定した場合、優先される設定は、次の順序で決定されます。

          1. [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウの設定値
          2. [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの設定値
          3. [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウの設定値

          サービスのセットアップ

          Cisco Unified IP Phone 6921、6941、6945、および 6961 の Cisco Unified IP Phone サービスにユーザがアクセスするようにできます。 また、IP Phone サービスごとに、ボタンやソフトキーを割り当てることも可能です。 これらのサービスは、テキストと画像によるインタラクティブ コンテンツを電話機に表示するための XML アプリケーションを構成しています。 サービスの例としては、映画の上映時刻、株式相場、天気予報などがあります。

          ユーザがサービスにアクセスできるようにするには、次の作業が必要です。

          • 管理者が [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] を使用して、使用可能なサービスを設定する必要があります。
          • ユーザは、Cisco Unified Communications Manager の [セルフケア ポータル(Self Care Portal)] を使用して、サービスに登録する必要があります。 この Web ベース アプリケーションは、IP Phone のアプリケーションをユーザが設定するための限定的なグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を提供します。

          サービスをセットアップする前に、セットアップするサイトの URL をあらかじめ収集し、それらのサイトにユーザが社内の IP テレフォニー ネットワークからアクセスできることを確認しておきます。

          これらのサービスをセットアップするには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [電話サービス(Phone Services)] を選択します。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services Configuration」、および『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services」を参照してください。

          これらのサービスを設定した後、Cisco Unified Communications Manager セルフケア ポータルにユーザがアクセスできることを確認します。ユーザは、設定済みのサービスをこのアプリケーションで選択し、サービスに登録することができます。


          (注)  


          ユーザのために Cisco Extension Mobility を設定するには、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Unified Mobility」の章を参照してください。


          Cisco Unified Communications Manager ユーザの追加

          ユーザを Cisco Unified Communications Manager に追加すると、ユーザに関する情報を表示および管理できるようになります。またユーザは、次のタスクを実行できるようになります。

          • Cisco Unified IP Phone から、社内ディレクトリや他のカスタマイズ済みディレクトリにアクセスする。
          • パーソナル ディレクトリを作成する。
          • スピード ダイヤルとコール転送の番号をセットアップする。
          • Cisco Unified IP Phone からアクセスできるサービスに登録する。

          ユーザを Cisco Unified Communications Manager に追加するには、次のいずれかの方法を使用します。

          • ユーザを 1 名ずつ追加するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「End User Configuration」を参照してください。
          • ユーザを一括して追加するには、一括管理ツールを使用します。 この方法では、すべてのユーザに対して同一のデフォルト パスワードを設定することもできます。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Bulk Administration」を参照してください。
          • 社内 LDAP ディレクトリからユーザを追加するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP システム(LDAP System)] を選択します。

            (注)  


            [LDAP サーバからの同期を有効にする(Enable Synchronization from the LDAP Server)] を有効にした後は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページから別のユーザを追加できなくなります。

            LDAP の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding the Directory」を参照してください。


          • ユーザと電話機を同時に追加するには、Cisco Unified Communications Manager で [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] を選択します。

          電話機のコール待機の設定

          Cisco Unified IP Phone 6921、6951、6945、6961 は、1 回線につき複数のコールをサポートします。 回線ごとに複数のコールがサポートされるため、コール待機の設定を Cisco Unified Communications Manager で簡単に行えます。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Directory Numbers」の章を参照してください。

          UCR 2008 のセットアップ

          UCR 2008 をサポートするパラメータは Cisco Unified Communications Manager の管理ページにあります。 次の表に、パラメータの説明と設定の変更手順を示します。

          表 4 UCR 2008 パラメータの場所

          パラメータ

          管理パス

          手順

          FIPS モード(FIPS Mode)

          [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]

          共通の電話プロファイルでの UCR 2008 のセットアップ

          [システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)]

          エンタープライズ電話の設定での UCR 2008 のセットアップ

          SSH アクセス(SSH Access)

          [デバイス(Device)] > [電話(Phone)]

          電話機での UCR 2008 のセットアップ

          [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]

          共通の電話プロファイルでの UCR 2008 のセットアップ

          Web アクセス(Web Access)

          [デバイス(Device)] > [電話(Phone)]

          電話機での UCR 2008 のセットアップ

          80 ビット SRTCP(80-bit SRTCP)

          [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]

          共通の電話プロファイルでの UCR 2008 のセットアップ

          [システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)]

          エンタープライズ電話の設定での UCR 2008 のセットアップ

          IP アドレッシング モード(IP Addressing Mode)

          [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通デバイス設定(Common Device Configuration)]

          共通デバイス設定での UCR 2008 のセットアップ

          シグナリング用の IP アドレッシングモード設定(IP Addressing Mode Preference for Signaling)

          [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通デバイス設定(Common Device Configuration)]

          共通デバイス設定での UCR 2008 のセットアップ

          電話機での UCR 2008 のセットアップ

          次の UCR 2008 のパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

          • SSH アクセス(SSH Access)
          • Web アクセス(Web Access)
          手順
            ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。
            ステップ 2   [SSH アクセス(SSH Access)] パラメータを [無効(Disabled)] に設定します。
            ステップ 3   [Web アクセス(Web Access)] パラメータを [無効(Disabled)] に設定します。
            ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

            共通の電話プロファイルでの UCR 2008 のセットアップ

            次の UCR 2008 のパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

            • FIPS モード(FIPS Mode)
            • SSH アクセス(SSH Access)
            • 80 ビット SRTCP(80-bit SRTCP)
            手順
              ステップ 1   [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] の順に選択します。
              ステップ 2   [FIPS モード(FIPS Mode)] パラメータを [有効(Enabled)] に設定します。
              ステップ 3   [SSH アクセス(SSH Access)] パラメータを [無効(Disabled)] に設定します。
              ステップ 4   [80 ビット SRTCP(80-bit SRTCP)] パラメータを [有効(Enabled)] に設定します。
              ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

              エンタープライズ電話の設定での UCR 2008 のセットアップ

              次の UCR 2008 のパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

              • FIPS モード(FIPS Mode)
              • 80 ビット SRTCP(80-bit SRTCP)
              手順
                ステップ 1   [システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] を選択します。
                ステップ 2   [FIPS モード(FIPS Mode)] パラメータを [有効(Enabled)] に設定します。
                ステップ 3   [80 ビット SRTCP(80-bit SRTCP)] パラメータを [有効(Enabled)] に設定します。
                ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

                共通デバイス設定での UCR 2008 のセットアップ

                次の UCR 2008 のパラメータを設定するには、次の手順を実行します。

                • IP アドレッシング モード(IP Addressing Mode)
                • シグナリング用の IP アドレッシング モード設定(IP Addressing Mode Preference for Signaling)
                手順
                  ステップ 1   [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通デバイス設定(Common Device Configuration)] の順に選択します。
                  ステップ 2   [IP アドレッシング モード(IP Addressing Mode)] パラメータを設定します。
                  ステップ 3   [シグナリング用の IP アドレッシングモード設定(IP Addressing Mode Preference for Signaling)] パラメータを設定します。
                  ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

                  コール転送通知の設定

                  Cisco Unified Communications Manager の管理ページで [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウ([デバイス(Device)] > [電話(Phone)])に表示される情報を設定します。 次の表では、[コールの転送通知(Call Forward Notification)] フィールドについて説明します。

                  表 5 [コールの転送通知(Call Forward Notification)] フィールド

                  フィールド

                  説明

                  発信者名(Caller Name)

                  このチェックボックスをオンにした場合、発信者名が通知ウィンドウに表示されます。

                  デフォルトでは、このチェックボックスはオンになっています。

                  発信者番号(Caller Number)

                  このチェックボックスをオンにした場合、発信者番号が通知ウィンドウに表示されます。

                  デフォルトでは、このチェックボックスはオフになっています。

                  転送元番号(Redirected Number)

                  このチェックボックスをオンにした場合、コールを最後に転送した発信者に関する情報が通知ウィンドウに表示されます。

                  例:発信者 A が B にコールを発信したが、B はすべてのコールを C に転送し、C はすべてのコールを D に転送した場合、D に対して表示される通知ボックスには、発信者 C の電話機情報が表示されます。

                  デフォルトでは、このチェックボックスはオフになっています

                  ダイヤル番号

                  このチェックボックスをオンにした場合、コールの最初の受信者に関する情報が通知ウィンドウに表示されます。

                  例:発信者 A が B にコールを発信したが、B はすべてのコールを C に転送し、C はすべてのコールを D に転送した場合、D に対して表示される通知ボックスには、発信者 B の電話機情報が表示されます。

                  デフォルトでは、このチェックボックスはオンになっています。

                  SSH アクセスの設定

                  SSH アクセスはデフォルトでは無効になっています。

                  同じパラメータを [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウ([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)])で設定した場合、優先される設定は、次の順序で決定されます。
                  1. [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの設定値
                  2. [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの設定値
                  手順
                    ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。
                    ステップ 2   適切な電話機を選択します。
                    ステップ 3   [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] ペインまでスクロールし、[SSH アクセス(SSH Access)] ドロップダウン リスト ボックスから [有効(Enable)] を選択します。

                    発信側の正規化

                    E.164 標準に従い、発信側の正規化は、一部の電話機のダイヤル機能を拡張し、コールが複数の地理的位置にルーティングされたときの折り返し機能を改善します。 つまり、この機能によって、着信側は電話機のコール ログ ディレクトリの電話番号を変更する必要なくコールを返すことができます。 加えて、発信側の正規化では、ユーザは電話番号のグローバル化およびローカル化が可能であるため、適切な発信者番号表示が電話機に表示されます。

                    SCCP および SIP 電話機は次の機能をサポートします。

                    • ユーザへの発信者番号の最終表示では、国際、国内、またはローカルの加入者番号に基づいて電話スクリーンに発信者番号が表示されます。
                      • コールが市内コールの場合、電話機に表示される発信者番号は加入者番号形式(エリア コードまたはシティ コードなし)で表示されます。
                      • 市外コールの場合、発信者番号は国内番号形式で表示されます。
                      • コールが国際コールの場合、発信者番号は E.164 形式のプラス(+)プレフィックス番号付きで表示されます。
                    • コール ログ ディレクトリは、発信者番号を着信履歴および不在履歴のログに適切なエスケープ コード(9/0、0/1、+)付きで記録します。 ユーザはディレクトリに移動し、これらのエントリの 1 つをエスケープ コード付きで選択してダイヤルすることができ、その際に番号の編集は不要です。

                    発信側の正規化を設定すると、コールが IP WAN 経由で複数の位置にルーティングされるトール バイパスの問題が緩和されます。 また、Cisco Unified Communications Manager は、コールの発信元を区別し、電話機ユーザの発信者番号をグローバル化またはローカル化できます。

                    電話機自体は発信者番号をローカル化できます。 電話機で発信者番号をローカル化するには、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで [発呼側トランスフォーメーション CSS(Calling Party Transformation CSS)] または [デバイス プールの発呼側トランスフォーメーション CSS を使用(Use Device Pool Calling Party Transformation CSS)] の設定を行わなければなりません。

                    この機能を電話機に設定する方法については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Calling Party Normalization」を参照してください。

                    発信者番号のローカル化またはグローバル化の設定に応じて、電話機のユーザには、ローカル化された番号、アクセス コードまたはプレフィックス付きのグローバル化された番号、あるいは国際エスケープ文字 + が発信者番号に表示されます。 電話機で発信側の正規化がサポートされている場合、電話機はローカル化された発信者番号を電話スクリーンに表示し、グローバル化された番号を電話機の通話履歴ディレクトリに表示することができます。

                    さらに、このような電話機では、グローバル化された発信者番号とローカル化された発信者番号の両方が [コールの詳細(Call Details)] に表示されます。 電話機で発信側の正規化がサポートされていない場合、電話機はローカル化された発信者番号を電話スクリーンと電話機の通話履歴ディレクトリに表示します。

                    着信コール Toast タイマーの設定

                    着信コール Toast(着信コール通知ウィンドウ)がユーザの電話機に表示される時間を設定できます。 次のいずれかの Cisco Unified Communications Manager ウィンドウでこの機能を設定します。

                    • [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)]([システム(System)] > [エンタープライズ電話(Enterprise Phone)]
                    • [共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)]([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]
                    • [電話の設定(Phone Configuration)]([デバイス(Device)] > [電話(Phone)]

                    次の表では、着信コール Toast タイマーについて説明します。

                    表 6 [着信コール Toast タイマー(Incoming Call Toast Timer)] フィールド

                    フィールド

                    説明

                    着信コール Toast タイマー

                    Toast が表示される時間を秒単位で指定します。 この時間には、ウィンドウのフェードインとフェードアウトの時間も含まれます。

                    指定できる値は、3、4、5、6、7、8、9、10、15、30、および 60 です。

                    デフォルトは 5 です。

                    コール リストの回線ステータスの有効化

                    コール リストの回線ステータスを有効にするには、次の手順を実行します。
                    手順
                      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] に移動し、[システム(System)] > [エンタープライズ パラメータ(Enterprise parameters)] を選択します。

                      [エンタープライズ パラメータ設定(Enterprise Parameters Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                      ステップ 2   コール リストの回線ステータスのドロップダウン リスト ボックスから、適切なプロファイルを選択します。

                      デフォルトでは [無効(Disabled)] オプションが選択されています。

                      [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] エリアで設定したパラメータは、さまざまなデバイスの [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウと [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウにも表示されることがあります。 これらの他のウィンドウでも同じパラメータを設定した場合、優先される設定は、次の順序で決定されます。

                      1. [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウの設定値
                      2. [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの設定値
                      3. [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウの設定値

                      最小呼出音量の設定

                      各電話機の最小の呼出音の音量はデフォルトで 0(無音)に設定されています。

                      手順
                        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。
                        ステップ 2   電話機のリストからの電話を検索します。
                        ステップ 3   [最小呼出音量(Minimum Ring Volume)] を選択します。
                        ステップ 4   0 ~ 14 の値を選択します。
                        ステップ 5   [保存(Save)] をクリックします。

                        音量の自動保存の設定

                        この機能を有効にすると、他のコールに同じ音量レベルを使用するように、すべての音量調整の設定が電話に自動的に保存されます。

                        この機能を無効にした場合、ユーザはソフトキーを使用してすべてのコールに対して特定の音量レベルを選択できます。

                        手順
                          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。
                          ステップ 2   リストから電話を選択します。
                          ステップ 3   [音量の自動保存(Auto Save Volume)] を選択します。
                          ステップ 4   機能を有効にする場合は [はい(TRUE)] 、機能を無効にする場合は [いいえ(FALSE)] を選択します。
                          ステップ 5   [保存(Save)] をクリックします。

                          ピア ファームウェア共有の設定

                          この機能を有効にすると、電話機は、ファームウェア イメージを構成するファイルを要求しているサブネット上の同じ電話機を検出し、転送階層をファイル単位で自動的に構築できます。 ファームウェア イメージを構成する個々のファイルは、階層内のルートの電話機だけを使用して TFTP から取得され、これらのファイルは TCP 接続によって転送階層に沿ってサブネット上の他の電話機に迅速に転送されます。

                          この機能は、高速キャンパス LAN 設定で次のメリットを提供します。

                          • 中央集中型リモート TFTP サーバへの TFTP 転送における輻輳が制限されます。
                          • ファームウェアのアップグレードを手動で制御する必要がなくなります。
                          • アップグレード時に多数の電話機が同時にリセットされた場合の電話機のダウンタイムが削減されます。

                          帯域幅が制限された WAN リンクを経由するブランチまたは遠隔オフィス導入シナリオでは、ピア ファームウェア共有がファームウェアのアップグレードに役立つ場合もあります。

                          このメニュー オプションは、電話機がピア ファームウェア共有をサポートしているかどうかを示します。 次の設定があります。

                          • 有効(デフォルト値)
                          • 無効

                          (注)  


                          電話機のファームウェア リリース 9.1(1) 以降では、HTTP と TFTP のファームウェア ダウンロード方法をサポートしています。


                          手順
                            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。
                            ステップ 2   Cisco Unified Communications Manager に関連付けられた電話のリストからお使いの電話を検索します。
                            ステップ 3   電話機の [デバイス名(Device Name)] をクリックします。
                            ステップ 4   [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] レイアウト エリアに移動し、[ピア ファームウェア共有(Peer Firmware Sharing)] ドロップダウン リストから [有効(Enable)] を選択します。

                            ピア ファームウェア共有は、デフォルトで有効になっています。

                            ステップ 5   更新する [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] エリアで、任意の設定に対して [共通設定の上書き(Override Common Settings)] チェックボックスをオンにします。
                            • このチェックボックスをオンにしないと、対応するパラメータ設定が有効になりません。
                            • [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] エリアで設定したパラメータは、さまざまなデバイスの [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウと [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウにも表示されることがあります。

                            これらの他のウィンドウでも同じパラメータを設定した場合、優先される設定は、次の順序で決定されます。

                            1. [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウの設定値(最も高い優先順位)
                            2. [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの設定値
                            3. [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウの設定値(最も低い優先順位)
                            ステップ 6   [保存(Save)] を選択します。