Cisco Unity Connection Messaging Inbox Web ツール ユーザ ガイド(リリース 10.x)
メッセージの管理
メッセージの管理

メッセージの管理

Messaging Inbox の連絡先リストを使用したボイス メッセージの宛先指定

Messaging Inbox の連絡先リストには、ボイス メッセージの宛先として指定できる Cisco Unity Connection ユーザ、プライベート同報リスト、およびシステム同報リストがすべて登録されています。

Connection の設定によっては、ボイス メッセージの宛先として指定できるリモート連絡先が連絡先リストに登録されている場合もあります (リモート連絡先とは、ディレクトリに登録されていないリモート ボイス メッセージング システム上のユーザのことです)。

手順
    ステップ 1   [新しいメッセージ] ダイアログボックスで、メニューバーの下にある [連絡先を開く] アイコンをクリックします。
    ステップ 2   [名前検索] ダイアログボックスで適切なタブを選択し、検索範囲を指定します。
    ステップ 3   [検索条件] セクションで、メッセージの宛先として指定するユーザ、プライベート同報リスト、システム同報リスト、またはリモート連絡先に関する適切な情報を選択および入力します。
    ステップ 4   [検索] を選択します。
    ステップ 5   [検索結果] リストで、メッセージの宛先に指定する受信者を選択してから、必要に応じて [宛先]、[Cc]、または [Bcc] を選択します ([名前] カラムのスピーカーのアイコンをクリックすると、ユーザまたはリストの録音名を聞くことができます)。
    ステップ 6   [閉じる] を選択します。

    ボイス メッセージの送信

    ボイス メッセージは、Cisco Unity Connection ユーザ、電子メール アドレス、プライベート同報リスト、およびシステム同報リストに対して送信できます。

    メッセージの宛先に Connection ユーザを指定するには、ユーザの名前を入力します (ユーザの内線番号を入力してメッセージの宛先を指定することはできません)。リストを宛先に指定するには、リストの名前を入力します。

    電子メール アドレス宛のメッセージは、電子メール メッセージに添付されたサウンド(WAV)ファイルとして送信されます。

    送信したメッセージのコピーは Connection によって保存されないことに注意してください。


    ヒント


    メールボックスのサイズが割り当て分を超えると、メッセージを送信できない場合があります。


    手順
      ステップ 1   Messaging Inbox Web ツールで、メニューバーの下にある [新しいメッセージ] アイコンをクリックします。
      ステップ 2   次のどちらかの方法で、メッセージの宛先を指定します。
      • [宛先]、[Cc]、および [Bcc] フィールドに、ユーザ(または同報リスト)の名前または電子メール アドレス、あるいはその両方を入力します。 複数の名前および電子メール アドレスは、セミコロン(;)で区切ります。 電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。
      • [宛先]、[Cc]、または [Bcc] を選択して、Messaging Inbox の連絡先リストから受信者を追加します。
      ステップ 3   必要に応じて、メニューバーの下にある [名前確認] アイコンをクリックして受信者を検索し、名前の矛盾を解決します (名前が解決されると、[To]、[Cc]、または [Bcc] フィールドの上にリンクとして表示されます)。
      ヒント   

      リンクをクリックして不要な受信者を削除します。

      ステップ 4   [件名] フィールドにメッセージの件名を入力します。
      ステップ 5   必要に応じて、最低 1 つの特別な送信オプションを選択します。
      オプション 説明
      [緊急にする]

      メッセージは、通常のメッセージより先に送信されます。

      [プライベートにする]

      メッセージを機密扱いにするよう受信者に警告します。 Connection ユーザは、プライベート メッセージを電話または Messaging Inbox を使用して転送できません。

      [「メッセージ開封」確認を要求する]

      受信者がメッセージを開くと、通知が届きます。

      Messaging Inbox で開封確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの開封確認を受け取れるとは限りません。 Connection の管理者に、Connection がユーザに対して開封確認を送信できるように設定されているかどうかを問い合わせてください。

      ステップ 6   Media Master で、[録音] をクリックしてメッセージを録音します。
      ステップ 7   録音の終了後、[停止] を選択します。

      送信する前にメッセージを確認するには、Media Master の [再生] をクリックします。メッセージを再録音するには、[録音] をクリックします。

      ステップ 8   [送信] を選択します。

      メッセージのチェック

      Messaging Inbox Web ツールで新規メッセージを確認するには、[メッセージの更新] アイコンを定期的にクリックします。 新しいメッセージを聞いた後または開いた後に再び更新すると、[新しいメッセージ] アイコンが消えていることが確認できます。

      メッセージの [送信元] フィールドには、Cisco Unity Connection ユーザの名前または、「Cisco Unity Connection Messaging System」が表示されます。[送信元]が「Cisco Unity Connection Messaging System」であるメッセージは、発信者が Connection ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Connection ユーザとしてサインインしていなかったことを意味します (このような発信者からのメッセージには返信できません)。

      [件名] フィールドには、発信者の電話番号(使用可能な場合)が表示されます。

      手順
        ステップ 1   Messaging Inbox で、メッセージの横にあるスピーカーのアイコンをクリックして、再生します (再生を停止するには、もう一度このアイコンをクリックします)。

        または

        [送信元] カラムのリンクをクリックして新しいウィンドウでメッセージを開き、Media Master の [再生] をクリックします。

        (注)     

        Messaging Inbox では、送信者がメッセージに添付したファイル(ドキュメント、スプレッドシート、テキスト、ファクスなど)およびテキストを表示できません。 添付ファイルやテキストを表示するには、適切なアプリケーションを使用する必要があります。

        ステップ 2   ボイス メッセージを管理するには、次のアイコンとメッセージ メニューのオプションを使用します。
        オプション 説明
        [前のメッセージ]

        前のメッセージを開きます。

        [次のメッセージ]

        次のメッセージを開きます。

        [返信]

        ボイス メッセージを使用して送信者に応答します (他の Connection ユーザからのメッセージに対してのみ使用可能)。

        [全員に返信]

        メッセージを受信したすべての Connection ユーザにボイス メッセージで返信します。

        [転送]

        別の Connection ユーザまたは同報リスト(あるいはその両方)にメッセージを送信します (プライベートとマークされたメッセージは転送できません)。

        [削除]

        メッセージを削除します。

        ヒント   

        削除する前にメッセージをアーカイブするには、WAV ファイルとしてハード ディスクに保存します。 メッセージを開いた状態で、Media Master のオプション メニューから [名前を付けて保存] オプションを選択します。

        [保存]

        メッセージと、すべての変更(メッセージに新規のマークを付けた、件名を変更したなど)を保存し、Messaging Inbox に戻ります。

        [未開封マークを付ける]

        メッセージを新規メッセージとしてマークする場合は、Media Master の上にあるこのチェックボックスをオンにします (この結果、電話のメッセージ インジケータが点灯する場合があります)。

        [再送信]

        不達受信確認で、元のメッセージを再送信します。

        [閉じる]

        変更を保存せずにメッセージを閉じ、Messaging Inbox に戻ります。


        ボイス メッセージへの返信

        他の Cisco Unity Connection ユーザからのボイス メッセージに返信できます。 送信者だけに返信することも、ユーザ、電子メール アドレス、プライベート同報リスト、システム同報リストなど、受信者を追加することもできます。 元のメッセージを再送信することによって、不達確認(NDR)メッセージに返信することもできます。

        「Cisco Unity Connection Messaging System」からのメッセージは、発信者が Connection ユーザでないか、またはメッセージを残したときに Connection ユーザとしてサインインしていなかったことを意味します。 そのような発信者からのメッセージには返信できません。

        送信した返信のコピーは Connection によって保存されないことに注意してください。

        手順
          ステップ 1   Messaging Inbox で、[送信元] カラムのリンクをクリックして新しいウィンドウでメッセージを開きます。
          ステップ 2   開いたメッセージで、必要に応じて [返信]、[全員に返信]、[再送信] を選択します。
          ステップ 3   次のどちらかの方法で、メッセージの宛先にその他の受信者を指定します。
          • [宛先]、[Cc]、および [Bcc] フィールドに、ユーザ(または同報リスト)の名前または電子メール アドレス、あるいはその両方を入力します。 複数の名前および電子メール アドレスは、セミコロン(;)で区切ります。 電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。
          • [宛先]、[Cc]、または [Bcc] を選択して、Messaging Inbox の連絡先リストから受信者を追加します。
          ステップ 4   必要に応じて、メニューバーの下にある [名前確認] アイコンをクリックして受信者を検索し、名前の矛盾を解決します (名前が解決されると、[To]、[Cc]、または [Bcc] フィールドの上にリンクとして表示されます)。
          ヒント   

          リンクをクリックして不要な受信者を削除します。

          ステップ 5   必要に応じて、[件名] フィールドを編集します。
          ステップ 6   必要に応じて、最低 1 つの特別な送信オプションを選択します。
          オプション 説明
          [緊急にする]

          メッセージは、通常のメッセージより先に送信されます。

          [プライベートにする]

          メッセージを機密扱いにするよう受信者に警告します。 Connection ユーザは、プライベート メッセージを電話または Messaging Inbox を使用して転送できません。

          [「メッセージ開封」確認を要求する]

          受信者がメッセージを開くと、通知が届きます。

          Messaging Inbox で開封確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの開封確認を受け取れるとは限りません。 Connection の管理者に、システムがユーザに対して開封確認を送信できるように設定されているかどうかを問い合わせてください。

          ステップ 7   Media Master で、[録音] をクリックしてメッセージを録音します。
          ステップ 8   録音の終了後、[停止] を選択します。

          送信する前にメッセージを確認するには、Media Master の [再生] をクリックします。メッセージを再録音するには、[録音] をクリックします。

          ステップ 9   [送信] を選択します。

          ボイス メッセージの転送

          ボイス メッセージは、他の Cisco Unity Connection ユーザ、電子メール アドレス、プライベート同報リスト、およびシステム同報リストに対して転送できます。 ユーザまたは別の Connection ユーザによってプライベートのマークが付けられたメッセージを Messaging Inbox Web ツールから転送することはできません。

          ボイス メッセージをそのまま転送するか、または転送メッセージの前に再生される音声コメントを録音することができます。

          転送したメッセージのコピーは Connection によって保存されないことに注意してください。

          手順
            ステップ 1   Messaging Inbox で、[送信元] カラムのリンクをクリックして新しいウィンドウでメッセージを開きます。
            ステップ 2   開いたメッセージで、[転送] を選択します。
            ステップ 3   次のどちらかの方法で、メッセージの宛先を指定します。
            • [宛先]、[Cc]、および [Bcc] フィールドに、ユーザ(または同報リスト)の名前または電子メール アドレス、あるいはその両方を入力します。 複数の名前および電子メール アドレスは、セミコロン(;)で区切ります。 電子メール アドレスの場合、受信者の完全な電子メール アドレスを入力します(たとえば、<名前>@<ドメイン>.com)。
            • [宛先]、[Cc]、または [Bcc] を選択して、Messaging Inbox の連絡先リストから受信者を追加します。
            ステップ 4   必要に応じて、メニューバーの下にある [名前確認] アイコンをクリックして受信者を検索し、名前の矛盾を解決します (名前が解決されると、[To]、[Cc]、または [Bcc] フィールドの上にリンクとして表示されます)。
            ヒント   

            リンクをクリックして不要な受信者を削除します。

            ステップ 5   必要に応じて、最低 1 つの特別な送信オプションを選択します。
            オプション 説明
            [緊急にする]

            メッセージは、通常のメッセージより先に送信されます。

            [プライベートにする]

            メッセージを機密扱いにするよう受信者に警告します。 Connection ユーザは、プライベート メッセージを電話または Messaging Inbox を使用して転送できません。

            [「メッセージ開封」確認を要求する]

            受信者がメッセージを開くと、通知が届きます。

            Messaging Inbox で開封確認を要求できる場合でも、すべてのタイプの開封確認を受け取れるとは限りません。 Connection の管理者に、Connection がユーザに対して開封確認を送信できるように設定されているかどうかを問い合わせてください。

            ステップ 6   必要に応じて、Media Master で [録音] をクリックして音声コメントを録音します。
            ステップ 7   録音の終了後、[停止] を選択します。

            メッセージを転送する前に音声コメントを確認するには、Media Master の [再生] をクリックします。音声コメントを再録音するには、[録音] をクリックします。

            ステップ 8   [送信] を選択します。

            メッセージの削除

            1 つまたは複数のメッセージを Messaging Inbox Web ツールから直接削除できます。また、開いた後でメッセージを削除することもできます。

            手順
              ステップ 1   Messaging Inbox で、削除するメッセージの左側にあるチェックボックスをオンにします。 複数のチェックボックスをオンにすると、複数のメッセージを一度に削除できます。

              または

              メニューバーの下にある [すべて選択] アイコンをクリックして、ページ上のすべてのメッセージに削除のマークを付けます。

              ステップ 2   メニューバーの下にある [選択項目の削除] アイコンをクリックします。
              ステップ 3   プロンプトで [OK] を選択します。
              ステップ 4   また、メッセージの削除は、メッセージを開いてから [削除] を選択し、[OK] を選択することによっても可能です。

              開封確認の管理

              Cisco Unity Connection を使用するときは、以下のタイプの開封確認を管理できます。

              開封 Messaging Inbox からメッセージを送信するときに要求する開封確認。
              開封済み 受信者がメッセージを開封または再生すると、通知される開封確認メッセージ。
              不達(NDR) メッセージを目的の受信者に配信できなかった場合に、通知される受信確認メッセージ。

              どの開封確認を使用するよう設定されているかは、Connection の管理者に問い合わせてください。

              Messaging Inbox では、Connection はボイス メッセージと共に開封確認を表示します。 Messaging Inbox で開封確認を開く方法は、ボイス メッセージの場合と同じです。 開封確認は保存と削除のみ可能です。返信と転送はできません。

              開封確認では、送信されたメッセージを受信した受信者や、メッセージを再生した受信者を表示できます。 NDR では、Messaging Inbox によって、メールボックスでメッセージを受け入れなかった受信者が示されます。

              NDR を表示する際、Media Master を使用して元のメッセージを再生したり、それを受信しなかった受信者に再送したりすることができます。 メッセージを再送するときに、コメントを録音したり、受信者リストを変更したり、配信オプションを変更したりすることができます。 電話機でメッセージを再送した場合と違い、メッセージを再送しても NDR は自動的に削除されません。 ユーザが削除するまで、NDR は Messaging Inbox に残ります。

              手順
                ステップ 1   Messaging Inbox で、[送信元] カラムのリンクをクリックして開封確認を開きます。
                ステップ 2   開封確認を管理するには、次のアイコンとメッセージ メニューのオプションを使用します。
                オプション 説明
                [前のメッセージ]

                前のメッセージを開きます。

                [次のメッセージ]

                次のメッセージを開きます。

                [オリジナル メッセージの再送信](NDR のみ)

                オリジナル メッセージを受信できなかった受信者に再送します。 音声コメントの録音、受信者リストの修正、配信オプションの変更を実行できます。

                [削除]

                開封確認を削除します。

                [保存]

                開封確認と、すべての変更(開封確認に新規のマークを付けた、件名を変更したなど)を保存し、Messaging Inbox に戻ります。

                [未開封マークを付ける]

                受信確認を新規として保存する場合は、このチェックボックスをオンにします。

                [閉じる]

                変更を保存せずに受信確認を閉じ、Messaging Inbox に戻ります。 開封確認に開封済みのマークが付けられます。