Cisco Unity Connection 電話インターフェイス ユーザ ガイド(リリース 10.x)
再生の設定の変更
再生の設定の変更
発行日;2014/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

再生の設定の変更

再生の設定について

再生の設定によって、次の再生音量と再生速度を変更できます。

  • 再生中の個々のメッセージ。
  • Connection がプロンプトを再生している間、現在の電話セッションのカンバセーション。

個々のメッセージの再生の変更は、同じ電話セッション中に再生する他のメッセージの再生には影響しません。 カンバセーションの再生の変更は電話を切るまで有効です。次回 Connection に発信するときには、再生設定がデフォルトの状態にリセットされます。


(注)  


カンバセーションの速度または音量を調整する場合は、ボイス コマンドを使用します。電話のキーパッドは使用できません。


個々のメッセージの再生音量の変更

電話でメッセージを聞く場合には、メッセージの音量を調整できます。 音量を変更しても、同じセッションで別のメッセージを聞く場合には、その再生音量には影響しません。

電話のキーパッドを使用した個々のメッセージの再生音量の変更

手順
再生音量の調整で押すキーは、カンバセーションによって異なります。 再生音量の変更用に割り当てられているキーについては、システム管理者に問い合わせてください。 メッセージが再生されている間、次の音量設定で切り替えができます。
オプション 説明
キーを一度押す

音量が上がります。

キーをもう一度押す

音量が下がります。

キーをもう一度押す

音量が標準に戻ります。


ボイス コマンドを使用した個々のメッセージの再生音量の変更

手順
メッセージが再生されている間に、次のボイス コマンドを使用します。

アクション

コマンド

音量を変更する

「Louder」または「Softer」

再生音量をデフォルト設定にリセットする(一部のシステムでは使用不可)

「Reset volume」


個々のメッセージの再生速度の変更

メッセージを電話で聞く場合には、メッセージの再生速度を調整できます。 速度を変更しても、同じセッションで別のメッセージを聞く場合には、その再生速度には影響しません。

電話のキーパッドを使用した個々のメッセージの再生速度の変更

手順
再生速度を調整するために押下するキーは、カンバセーションによって異なります。 再生速度を変更するためにどのキーが割り当てられているかをシステム管理者に問い合わせてください。 メッセージを再生中に、次の速度設定を使用します。
オプション 説明

減速キーを押す

メッセージを低速で再生します。

高速キーを一度押す

メッセージを高速で再生します。

高速キーをもう一度押す

メッセージをより高速で再生します。


ボイス コマンドを使用した個々のメッセージの再生速度の変更

手順
メッセージが再生されている間に、次のボイス コマンドを使用します。

アクション

コマンド

再生速度を下げる

「Slower」

再生速度を上げる

「Faster」

再生速度をリセットする

「Reset speed」

ヒント   

再生速度は、メッセージが記録された速度、低速(1 つ)、高速(2 つ)の 4 つの速度があります。


Connection カンバセーションの再生音量の変更

Connection がプロンプトを再生している間に、いつでもボイス コマンドを使用して、Cisco Unity Connection カンバセーションの音量を変更できます (電話のキーパッドを使用して、カンバセーションの音量を調整することはできません)。

変更は電話を切るまで有効です。次回 Connection に発信すると、音量はデフォルト設定にリセットされます。

ボイス コマンドを使用したカンバセーション再生音量の変更

手順
プロンプトが再生されている間に、次のボイス コマンドを使用します。

アクション

コマンド

音量を変更する

「Louder」または「Softer」

再生音量をデフォルト設定にリセットする(一部のシステムでは使用不可)

「Reset volume」


Connection カンバセーションの再生速度の変更

Connection がプロンプトを再生している間に、いつでもボイス コマンドを使用して、Cisco Unity Connection カンバセーションの速度を変更できます (電話のキーパッドを使用して、カンバセーションの速度を調整することはできません)。

変更は電話を切るまで有効です。次回 Connection に発信すると、速度はデフォルト設定にリセットされます。

ボイス コマンドを使用したカンバセーション再生速度の変更

手順
プロンプトが再生されている間に、次のボイス コマンドを使用します。

アクション

コマンド

速度を変更する

「Slower」または「Faster」

再生速度をデフォルト設定にリセットする

「Reset speed」