Cisco IP Communicator ユーザガイド
Cisco IP Communicator を使用した コール処理
Cisco IP Communicator を使用したコール処理
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco IP Communicator を使用したコール処理

基本的なコール処理

コールの発信

コールへの応答

コールの終了

保留と復帰の使用方法

ミュートの使用方法

接続コールの転送

コール間の切り替え

標準の会議コールの開設または参加

別の番号へのコール転送

高度なコール処理

パークされているコールの保存と取得

呼出音が鳴っているコールの CiscoIPCommunicator へのリダイレクト

Meet-Me 会議コールの開設または参加

共有回線について

共有回線のコールへの参加

Cisco IP Communicator を使用したコール処理

次の項では、Cisco IP Communicator を使用してコールを処理する方法について説明します。

「基本的なコール処理」

「高度なコール処理」

基本的なコール処理

この項では、コールの発信、応答、転送など、基本的なコール処理作業について説明します。ほとんどの電話システムでは、これらの作業に必要な機能を標準で利用できます。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「コールの発信」

「コールへの応答」

「コールの終了」

「保留と復帰の使用方法」

「ミュートの使用方法」

「接続コールの転送」

「コール間の切り替え」

「標準の会議コールの開設または参加」

「別の番号へのコール転送」


ヒント 受話器、スピーカフォン、またはヘッドセットを使用して、コールを発信、受信、および終了する方法については、「ヘッドセットおよび他のオーディオ デバイスの使用方法」を参照してください。


コールの発信

コールを発信するには、番号のダイヤル前またはダイヤル後に、いくつかのオプションのいずれかを使用してオフフックにします。

 

目的
操作

オンフックで(ダイヤル トーンを鳴らす前に)ダイヤルする

電話番号を入力し、次のいずれかの方法でオフフックにします。

入力した番号をクリックします。

または をクリックします。

Dial をクリックします。

(回線ボタン)をクリックします。

受話器を取り上げます(受話器が利用できる場合)。

または

電話番号を入力します。一致する電話番号がある場合、自動ダイヤル機能がポップアップし、発信履歴ログからその番号が表示されることがあります。一致する番号をクリックすると、その番号がダイヤルされます。

オフフックで(ダイヤル トーンを鳴らした後に)ダイヤルする

NewCall 、または (回線ボタン)をクリックし、番号を入力します。

番号をリダイヤルする

Redial をクリックすると、最後にダイヤルした番号がダイヤルされます。あるいは、オンフックで ナビゲーション ボタンをクリックし(またはコンピュータのキーボード上の ↑または↓ 矢印キーを押し)、発信履歴ログにアクセスします。番号をクリックすると、その番号がダイヤルされます。

番号を短縮でダイヤルする

(短縮ダイヤル ボタン)をクリックします。「短縮ダイヤル ボタンの設定」を参照してください。

発信履歴からダイヤルする

> Missed Calls Received Calls 、または Placed Calls をクリックします。発信履歴だけにアクセスするには、オンフックで ナビゲーション ボタンをクリックします(またはコンピュータのキーボード上の ↑または↓ 矢印キーを押します)。発信履歴内の番号をダイヤルするには、その番号をクリックします。必要に応じて、番号を編集する場合は、先にその番号までスクロールし、 EditDial をクリックします。

社内ディレクトリからダイヤルする

Cisco IP Communicator 上で右クリックし、Quick Search にアクセスします。または、 > Corporate Directory (正確な名前は異なる場合があります)を選択します。詳細については、「ボイス メッセージ、発信履歴、およびディレクトリの使用方法」を参照してください。

Personal Address Book(PAB; 個人アドレス帳)エントリからダイヤルする

> PAB service (正確な名前は異なる場合があります)を選択します(設定によっては、Quick Search も使用できます。「クイック検索機能の使用方法」を参照してください)。

PAB サービスを使用するには、サービスに登録する必要があります。詳細については、「User Options Web ページへのアクセス」を参照してください。

別のコールがアクティブなとき、コールを発信する

Hold をクリックします。次に、 New Call をクリックします。その後、番号をダイヤル、リダイヤル、または短縮ダイヤルします。保留中のコールに戻るには、 resume をクリックします。

話し中または応答がなかった内線が利用可能になったときに通知を受ける

その番号に電話をかけ、ビジー音または呼出音が鳴っている間に CallBack をクリックします。電話を切断します。その内線が利用可能になると、Cisco IP Communicator により音と表示の両方で通知されます(この番号へのコールバックは自動的に行われません。コールを発信する必要があります)。コールバックは特別な機能のため、システム管理者に設定を依頼します。

セカンダリ回線でダイヤルする

番号の入力前または入力後に、 をクリックします。

ファースト ダイヤル コードを使用してダイヤルする

> Fast Dials (正確な名前は異なる場合があります)を選択します。リストからダイヤルするには、その項目をクリックするか、またはその項目までスクロールしてオフフックにします。

ファースト ダイヤル サービスに登録する方法については、「User Options Web ページへのアクセス」を参照してください。

ヘッドセット モードを使用してダイヤルする

次のいずれか 1 つを実行します。

が点灯していない場合は、番号のダイヤル、リダイヤル、または短縮ダイヤル前あるいは後にクリックします。

が点灯している場合は、 New Call Redial 、短縮ダイヤル ボタン、または (回線ボタン)をクリックします。必要に応じて、電話番号を入力します。

詳細については、「ヘッドセットの使用方法」を参照してください。

スピーカフォン モードを使用してダイヤルする

まず、アナログ ヘッドセットのプラグがコンピュータのオーディオ ジャックに差し込まれていないことを確認します。 New Call または をクリックし、電話番号を入力します。あるいは、別の方法でコールを発信し、 をクリックしてスピーカフォン モードに切り替えます。

番号をダイヤルする操作の多くで、スピーカフォン モードが自動的に開始されます。詳細については、「スピーカフォンとしてのコンピュータの使用方法」を参照してください。

受話器モードを使用してダイヤルする

番号のダイヤル、リダイヤル、または短縮ダイヤル前あるいは後に、受話器を取り上げるか有効にします。「USB 受話器の使用方法」を参照してください。

ヒント

いずれかの発信履歴の番号にプレフィックスを追加するには、その番号までスクロールし、 EditDial をクリックします。

ダイヤル トーンを鳴らさずにダイヤルする場合は、電話番号の先頭に * または # を使用できません。これらの記号を使用する必要がある場合は、オフフックにしてダイヤル トーンを鳴らしてからダイヤルします。

関連項目

「コールへの応答」

「コールの終了」

コールへの応答

コールに応答するには、オフフックにします。次の表に詳細を示します。

 

目的
操作

ヘッドセットで応答する

が点灯していない場合は、クリックします。

がすでに点灯している場合は、 Answer または (点滅している回線ボタン)をクリックします。

詳細については、「ヘッドセットの使用方法」を参照してください。

スピーカフォンで応答する

Answer 、または をクリックします。「スピーカフォンとしてのコンピュータの使用方法」を参照してください。

受話器で応答する

受話器を取り上げます(または有効にします)。「USB 受話器の使用方法」を参照してください。

接続コールから切り替えて、呼出音が鳴っているコールに応答する

Answer または をクリックします。新しいコールへの応答と、最初のコールの保留が自動的に行われます。詳細については、「保留と復帰の使用方法」を参照してください。

呼出音が 1 ~ 2 回鳴ると自動的に着信コールが接続されるように Cisco IP Communicator を設定する

1 つまたは複数の回線に自動応答機能を設定するよう、システム管理者に依頼します。スピーカフォン モードまたはヘッドセット モードのいずれかで自動応答を使用できます。詳細については、「ヘッドセットおよび他のオーディオ デバイスの使用方法」を参照してください。

別の電話機(会議室の電話機など)で保留中のコールを取得、または他の人に取得してもらう

コール パークを使用します。「パークされているコールの保存と取得」を参照してください。

別の電話機で呼出音が鳴っているコールに、自分の回線を使用して応答する

コール ピックを使用します。「呼出音が鳴っているコールの Cisco IP Communicator へのリダイレクト」を参照してください。

関連項目

「保留と復帰の使用方法」

「接続コールの転送」

「コール間の切り替え」

コールの終了

コールを終了するには、電話を切断します。次の表に詳細を示します。

 

目的
操作

受話器を使用しているときに電話を切断する

受話器を置くか、または EndCall をクリックします。「USB 受話器の使用方法」を参照してください。

ヘッドセットを使用しているときに電話を切断する

が点灯している場合は、クリックします。

ヘッドセット モードをアクティブにしておく場合は、 EndCall をクリックしてこのボタンを点灯した状態にします。「ヘッドセットの使用方法」を参照してください。

スピーカフォンを使用しているときに電話を切断する

または EndCall をクリックします。「スピーカフォンとしてのコンピュータの使用方法」を参照してください。

同じ回線上で 1 つのコールを切断し、もう 1 つのコールを保持する

EndCall をクリックします。必要に応じて、先に Resume をクリックし、コールの保留を解除します。


ヒント ヘッドセットで自動応答を使用する場合は、ヘッドセット モードをアクティブにしておく必要があります(まず、自動応答の設定をシステム管理者に依頼する必要があります)。ヘッドセットを使用するが、自動応答を使用しない場合でも、ヘッドセット モードをアクティブにしておく場合があります。詳細については、「ヘッドセットおよび他のオーディオ デバイスの使用方法」を参照してください。


関連項目

「コールの発信」

「コールへの応答」

「接続コールの転送」

保留と復帰の使用方法

アクティブにできるコールは常に 1 つだけです。接続されている他のコールはすべて保留状態となります。保留中のコールに対して続行、終了、転送、およびその他の処理を行うことはできません。

 

状況
操作

コールを保留にする

保留にするコールが選択されていることを確認し、 Hold をクリックします。

コールの保留を解除する

保留を解除するコールが選択されていることを確認し、 Resume または (点滅している回線ボタン)をクリックします。

保留状態の複数のコールが複数の回線上にある

(点滅している回線ボタン)をクリックします。必要に応じて、保留を解除するコールが選択されていることを確認し、 Resume をクリックします。

ヒント

保留機能を使用すると、通常、音楽やビープ音が鳴ります。そのため、会議コールを保留にしないでください。

1 つの回線上に複数のコールが存在する場合は、アクティブなコールが必ず画面の一番上に表示され、保留中のコールはその下に表示されます。

ミュートの使用方法

ミュートを使用すると、ヘッドセット、スピーカフォン、マイクロフォンなどのオーディオ デバイスの音声入力が無効になります。ミュートが有効の場合は、通話相手の声は聞こえますが、通話相手にこちらの声は聞こえません。

 

目的
操作

ミュートをオンにする

をクリックします。

ミュートをオフにする

をクリックします。


オーディオ デバイスまたはコンピュータがミュートの状態で Cisco IP Communicator を起動すると、Check Audio Settings ウィンドウが表示され、オーディオ設定を調整、キャンセル、または元に戻すかどうかを確認するメッセージが表示されます。オーディオ設定が適切に機能していた場合は、Revert を選択します。オーディオ設定を表示または変更する場合は、Tune を選択します。デバイスをミュートにしておく場合は、Cancel を選択します。


接続コールの転送

接続コールは転送によってリダイレクトされます。転送先とは、コールの転送先となる番号です。

 

目的
操作

転送相手と通話せずにコールを転送する

コールの接続中に Transfer をクリックし、転送先の番号を入力します。コールの呼出音が聞こえたら、再び Transfer をクリックします。

コールを転送する前に転送相手と話す(「打診転送」)

コールの接続中に Transfer をクリックし、転送先の番号を入力します。転送相手が応答するまで待ちます。転送相手がコールの転送を許可したら、再び Transfer をクリックします。転送相手がコールを拒否した場合は、 Resume をクリックして元のコールに戻ります。

ヒント

保留中のコールを転送することはできません。 Resume をクリックし、選択したコールの保留を解除してから転送してください。

同様に、同じ回線上に保留中の別のコールがある場合は、保留中ではないコールでも転送できません。1 つのコールを復帰して終了してから、もう 1 つのコールを転送してください。

コール間の切り替え

1 つまたは複数の回線上で接続されているコール間の切り替えを行うことができます。切り替え先のコールが自動的に選択(強調表示)されない場合は、電話スクリーン上のコール表示をクリックします。

 

目的
操作

同じ回線上の接続されているコール間で切り替える

切り替え先のコールを選択し、 Resume をクリックします。

別の回線上の接続されているコール間で切り替える

切り替え先の回線(およびコール)の適切な (点滅している回線ボタン)をクリックします。必要に応じて、コールを選択し、 Resume をクリックします。

接続コールから切り替えて、呼出音が鳴っているコールに応答する

Answer または (点滅している回線ボタン)をクリックします。この操作によって、新しいコールに応答でき、最初のコールが自動的に保留になります。

アクティブなコールの概要を表示する

コールがアクティブである間に をクリックし、メインの背景画面に戻ります。この操作によって、そのアクティブなコールの情報が非表示になり、各回線上のすべてのアクティブなコールの概要が表示されます。元の表示に戻るには、再び をクリックします。

ヒント

アクティブにできるコールは常に 1 つだけです。接続されている他のコールは自動的に保留になります。

1 つの回線上に複数のコールが存在する場合は、アクティブなコールが必ず画面の一番上に表示されます。保留中のコールはその下に表示されます。

標準の会議コールの開設または参加

標準の会議では、1 つのコールに 3 名以上の人々が参加できます。次の表に詳細を示します。

 

目的
操作

会議コールを開設する

コールの接続中に Confrn をクリックし、通話相手を会議に追加します(必要に応じて、 more ソフトキーを先にクリックします)。会議の参加者の電話番号を入力します。コールが接続され、会議の参加者と話した後、再び Confrn をクリックし、この通話者を会議に追加します。

会議コールに通話者を追加する

上記の手順を実行し、各参加者を追加します。

会議コールに参加する

呼出音が鳴ったら、コールに応答します。標準の会議コールに参加するために実行する特別な操作はありません。

会議コールに追加した最後の通話者を削除する

RmLstC をクリックします。

会議コールを終了する

電話を切断します。


) この項で説明している機能は、ほとんどの電話システムで利用できる標準の会議コール機能です。Meet-Me 会議コールにもアクセスできる場合があります。Meet-Me 会議コールの設定は、システム管理者に依頼する必要があります。この機能の使用方法については、「Meet-Me 会議コールの開設または参加」を参照してください。


関連項目

「コールの発信」

「別の番号へのコール転送」

「高度なコール処理」

別の番号へのコール転送

不在転送を使用すると、着信コールを Cisco IP Communicator から別の番号にリダイレクトできます。


) 不在転送の転送先の番号は、自席の電話機からダイヤルする場合と同じように入力します。たとえば、必要に応じて 9 などの外線番号やエリア コードを入力します。


 

目的
操作

プライマリ回線上のコール転送を設定する

CFwdALL をクリックし、転送先の電話番号を入力します。

プライマリ回線上のコール転送をキャンセルする

CFwdALL をクリックします。

プライマリ回線上でコール転送が有効であることを確認する

回線のコール状態のアイコンを見ます。コール転送が有効な場合は、電話機のアイコン上に動く矢印が表示され、ステータス行にコールの転送先の番号を示すメッセージが表示されています。

任意の回線のコール転送を設定またはキャンセルする

User Options Web ページにログインし、デバイスを選択して、Main メニューから Forward all calls... を選択します。コールの転送 Web ページからコール転送を設定またはキャンセルできます(「User Options Web ページへのアクセス」を参照してください)。

ヒント

従来のアナログ電話機または別の IP Phone にコールを転送できます。ただし、システム管理者が、コール転送機能を社内の番号だけに制限している場合があります。

この機能は、回線ごとに設定する必要があります。コール転送が有効ではない回線にコールが着信すると、通常通り呼出音が鳴ります。

関連項目

「コールへの応答」

「接続コールの転送」

「高度なコール処理」

高度なコール処理

高度なコール処理作業には、特別な(非標準)機能が必要です。コール処理のニーズや作業環境に応じてシステム管理者が設定することによって、Cisco IP Communicator でこのような機能を使用できるようになります。デフォルトでは、このような機能にアクセスできません。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「パークされているコールの保存と取得」

「呼出音が鳴っているコールの Cisco IP Communicator へのリダイレクト」

「Meet-Me 会議コールの開設または参加」

「共有回線について」

「共有回線のコールへの参加」

パークされているコールの保存と取得

コールをパークすると、コールを保存して、そのコールを自分または他のユーザが Cisco CallManager システム内の別の電話機(たとえば、同僚のデスクや会議室の電話機)で取得できます。コール パークは特別な機能のため、システム管理者に設定を依頼します。

 

目的
操作

コール パークを使用してアクティブなコールを保存する

コール中に、 Park をクリックします(必要に応じて、 more ソフトキーを先にクリックします)。Cisco IP Communicator にコールが保存されます。電話スクリーンに表示されるコール パーク番号をメモし、電話を切断します。

パークされたコールを取得する

ネットワーク上の任意の Cisco IP Communicator または Cisco IP Phone からコール パーク番号を入力し、コールに接続します。


) パークされたコールを取得できる時間は制限されています。制限時間を超えると、コールは元の宛先に戻されます。制限時間については、システム管理者に問い合せてください。


関連項目

「基本的なコール処理」

「保留と復帰の使用方法」

「接続コールの転送」

呼出音が鳴っているコールの Cisco IP Communicator へのリダイレクト

コール ピックを使用して、同僚の電話機で呼出音が鳴っているコールを Cisco IP Communicator にリダイレクトし、そのコールに応答できます。コール ピックは特別な機能のため、コール処理のニーズや作業環境に応じてシステム管理者に設定を依頼します。たとえば、コール処理の責任を同僚と共有している場合に、この機能を使用できます。

 

目的
操作

グループ内の別の内線で呼出音が鳴っているコールに応答する

(利用可能な回線ボタン)をクリックし、 PickUp をクリックします。自分の回線で呼出音が鳴ります。

グループ外の別の内線で呼出音が鳴っているコールに応答する

(利用可能な回線ボタン)をクリックし、 GPickUp をクリックします。システム管理者から通知されたコール グループ ピックのコード番号を入力します。自分の回線で呼出音が鳴ります。

関連項目

「接続コールの転送」

Meet-Me 会議コールの開設または参加

会議コールでは、複数の通話者が同時に話すことができます。標準の会議コールでは、会議の開設者が参加者に電話する必要がありますが、Meet-Me 会議コールでは、あらかじめ決められた時間に参加者が Meet-Me 会議番号をダイヤルして、会議コールに参加できます。Meet-Me 会議コール オプションは特別な機能のため、システム管理者に設定を依頼します。

 

目的
操作

Meet-Me 会議を開設する

利用可能な場合、 Meet-Me をクリックします(必要に応じて、 more ソフトキーを先にクリックします)。システム管理者または電話ヘルプ デスクから通知された Meet-Me 会議番号をダイヤルし、音声ガイドに従います。

Meet-Me 会議に参加する

会議の開設者から通知された Meet-Me 番号をダイヤルします。開設者が会議を開設すると、会議に参加できます。会議に参加するために Meet-Me ソフトキーを使用する必要はありません。

Meet-Me 会議を終了する

電話を切断します。

ヒント

標準の会議コール オプションを使用する方法については、「標準の会議コールの開設または参加」を参照してください。標準の会議コールは、ほとんどの電話システムで利用できます。

Meet-Me 会議コールは、通常、100 人を超える参加者をサポートできます。最大人数は、システム管理者によって決定されます。

共有回線について

システム管理者によって「共有」回線が割り当てられていることがあります。通常、共有回線には次の 2 種類の用途があります。

共有回線を 1 人で複数の電話機に割り当てる場合:たとえば、内線番号 23456 の共有回線が Cisco IP Communicator と自席の電話機に適用されるとします。この場合、内線番号 23456 への着信コールにより、Cisco IP Communicator と自席の電話機の呼出音が鳴り、どちらの電話機でもコールに応答できます。

複数のユーザが 1 つの回線を共有する場合:たとえば、マネージャがアシスタントと回線および内線番号を共有しているとします。その内線への着信コールにより、マネージャとアシスタントの両方の電話機の呼出音が鳴ります。アシスタントがコールに応答した場合、割り込みと呼ばれる共有回線機能を使用して、接続されているコールに参加できます(割り込みの詳細については、「共有回線のコールへの参加」を参照してください)。

共有回線を使用できるかどうかは、システム管理者から通知されます。割り込みなどの共有回線機能は、標準の非共有回線には適用されません。

共有回線のコールへの参加

共有回線を使用する場合、割り込みを使用して、開始済みの会話に参加できます。割り込みを使用すると、他の通話者にビープ音が聞こえ、自分が参加することが通知されます。電話を切断すると、残りの通話者には切断音が聞こえ、元のコールが続行します。割り込みは、共有回線だけに適用されます。

 

目的
操作

共有回線上で進行中のコールに参加する

電話スクリーンでコールを選択し、 Barge をクリックします(必要に応じて、 more ソフトキーを先にクリックします)。

会議への割り込みを終了する

電話を切断します。

ヒント

割り込んだコールが保留、転送、または会議コールに変わると、そのコールから切断されます。

割り込みをかけたコールで通話しているときに、2 つ目の回線に応答することはできません。

メインの背景画面に戻るには、コールがアクティブである間に をクリックします。すべてのアクティブなコールの概要が表示されます。

関連項目

「基本的なコール処理」

「共有回線について」