Cisco IP Communicator 管理者ガイド リリース 8.6
Cisco IP Communicator のユーザ情報
Cisco IP Communicator のユーザ情報
発行日;2014/01/22   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco IP Communicator のユーザ情報

ユーザに提供する情報

システム管理者は、ネットワークまたは企業内で Cisco IP Communicator ユーザから情報を求められる立場になります。 社内サポート サイトに Web ページを作成して、Cisco IP Communicator に関する重要な情報をエンド ユーザに提供することを推奨します。 次の表は情報を示したものです。
表 1 ユーザに提供する情報
提供情報 説明

USB オーディオ デバイス用の Microsoft ホットフィックスの場所

次の URL のリリース ノートの活用情報。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps5475/​prod_​release_​notes_​list.html

サポートされるオーディヲ デバイスのリスト(USB ヘッドセットおよびハンドセット)。

次の URL のリリース ノートの活用情報。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps5475/​prod_​release_​notes_​list.html

Cisco IP Communicator のインストール リンク(または実行ファイル)。

導入方式によって異なります。 詳細は、導入方式を参照してください。

アプリケーション設定作業に必要な情報

提供情報

  • ユーザが選択するべきネットワーク アダプタ、または入力デバイス名(右クリック > [設定(Preferences)] > [ネットワーク(Network)] タブ)。詳細は、デバイス名の選択を参照してください。
  • 使用する TFTP サーバ(付属の IP アドレスは、右クリック > [設定(Preferences)] > [ネットワーク(Network)] タブ)。詳細は、TFTP サーバの選択を参照してください。
  • TAPS を利用した自動登録で Cisco Unified Communications Manager にデバイスを追加する場合は、ダイヤルするべき TAPS 電話番号をユーザに提供します。詳細は、CUCM データベース デバイスの追加を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager のユーザ名とパスワード

Cisco Unified Communications Manager Administration の [設定(Settings)] ボタンからのオプションへのアクセスを無効化していなければ、Cisco IP Communicator から自分のユーザ オプション Web ページにアクセスする(右クリック > [Cisco ユーザ オプション(Cisco User Options)])場合にこの情報を入力するようユーザに指示します。 詳細は、TFTP サーバの選択を参照してください。

たとえば、ユーザ オプション Web ページにアクセスすると、電話サービスに加入して短縮ダイヤルを設定できます。

Cisco Unified Communications Manager にデバイス ID でユーザを関連付ける場合には、ユーザ アカウントを作成します。 詳細は、設定と展開のチェックリストを参照してください。

ディレクトリのユーザ名とパスワード(Directory Wizard のユーザ認証プロンプトへの応答方法によって必要に応じて)。

Microsoft Outlook と同期するユーザには、Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer ユーティリティを提供して、これをインストールするように指示します。

Cisco IP Communicator で自分のユーザ名およびパスワード情報を入力するようにユーザに指示します(右クリック > [設定(Preferences)] > [ディレクトリ(Directories)] タブ)。

詳細については、次の情報を参照してください。

個人ディレクトリの設定および使用に関する詳細については、次の URL の『Customizing Your Cisco Unified IP Phone on the Web』をユーザに提供してください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​hw/​phones/​ps379/​products_​user_​guide_​list.html

管理者が Cisco Unified Communications Manager Administration で設定するサポート機能のリスト。

詳細は、Cisco IP Communicator で使用可能なテレフォニー機能を参照してください。

たとえば、次の機能が設定されている場合には情報を提供します。

  • 自動応答:着信コールを受信すると、スピーカ フォンまたはヘッドセットを自動的にオフフックにします。 大量の着信コールを受信したユーザまたは他人に代わってコールを処理するユーザに、この機能が使用可能なことを通知します。
  • コール転送の制限(存在する場合):社内の番号のコール転送機能を制限する場合があります。
  • コール パーク:ユーザがコールを保留し、システムの別の電話機で継続できます。 コールが継続できるようにコール パーク内線番号をユーザに提供します。 パークしたコールを継続できる時間をユーザに通知します。
  • コール ピック アップ グループ:ユーザはユーザ自身のグループ外の着信コールを受信することができます。 コール グループ ピック アップ番号をユーザに提供します。
  • CMC または FAC:CMC では特定のクライアント関連のコールを指定できます。FAC では特定のユーザが受けるコールのタイプを制御できます。 要求またはトラッキング コードを使用してコールを受ける場合にユーザにコードを提供します。
  • ミートミー会議:他の発信者が会議に参加することができます。 ユーザにミートミー電話番号を提供します。
  • MLPP:適切な資格があるユーザに優先コールを提供します。 MLPP アクセス番号をユーザに提供します。 ユーザが発信通話の優先レベルを選択できるように、対応する優先順位番号のリストを提供します。

ビデオ コールのサポートの有無。

ボイス メッセージング システムにアクセスするための手順。

ユーザに次の情報を提供します。

  • ボイス メッセージ システム アカウントへのアクセス方法。Cisco IP Communicator メッセージ ボタンを設定したことを確認します。
  • ボイス メッセージ システムにアクセスするための初期パスワード。すべてのユーザが使用できるボイス メッセージ システムのデフォルト パスワードを設定しておく必要があります。
  • Cisco IP Communicator によるボイス メッセージ受信の通知方法。Cisco Unified Communications Manager Administration を使用して、メッセージ受信インジケータ メソッドを設定しておく必要があります。

詳細については、次の URL の『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』および『Cisco Unified Communications Manager System Guide』を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​maintenance_​guides_​list.html

アプリケーションのインストール、設定、および使用の手順。

Cisco IP Communicator のエンド ユーザ マニュアルを提供します。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps5475/​products_​user_​guide_​list.html

オンライン ヘルプがアプリケーションに組み込まれていることを、ユーザに通知してください。 Cisco IP Communicator インターフェイスのボタン、メニュー ボタンを使用する方法、または右クリック メニューによるボタン。

Cisco IP Communicator の問題の報告方法についての情報。

これらの組み込みツールをユーザに紹介します。