Cisco IP Communicator 管理者ガイド リリース 8.6
Cisco IP Communicator の機能とサービス
Cisco IP Communicator の機能とサービス
発行日;2014/01/22   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

Cisco IP Communicator の機能とサービス

Cisco Unified Communications Manager に Cisco IP Communicator を追加すると、Cisco IP Communicator のユーザの追加、テレフォニー機能の設定、電話テンプレートの変更、サービスの設定ができます。 また、Cisco IP Communicator の製品固有設定の設定ができます。


ヒント


一般に、最初の起動時に適切に設定されていることを保証しその後の一貫性を維持するため、Cisco IP Communicator の導入前に Cisco Unified Communications Manager Administration で設定することを推奨します。


Cisco Unified Communications Manager ユーザの追加

Cisco Unified Communications Manager Administration でユーザを追加すると、そのデバイスに関する情報を表示および管理できます。 追加後、ユーザは次の操作を行うことができます。

  •   スピード ダイヤルとコール転送の番号をセットアップする
  •   Cisco IP Communicator からアクセスできるサービスに登録する
  •   Cisco IP Communicator から社内ディレクトリや他のカスタマイズされたディレクトリにアクセスする
  •   個人ディレクトリを作成する(個人アドレス帳サービス)

次のいずれかの方法を使用して、Cisco Unified Communications Manager にユーザを追加できます。

Cisco IP Communicator で使用可能なテレフォニー機能

Cisco Unified Communications Manager に Cisco IP Communicator デバイスを追加すると、デバイスに機能を追加できます。 次の表は、多くの場合 Cisco Unified Communications Manager Administration で設定可能なサポートされているテレフォニー機能を示します。


(注)  


Cisco Unified Communications Manager のマニュアルは、次の URL から入手可能できます。http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​tsd_​products_​support_​series_​home.html


表 1 Cisco IP Communicator テレフォニー機能
機能 説明 設定の参照先

短縮ダイヤル

ユーザは、事前に割り当てておいたインデックス コード(1 ~ 99)を電話機のキーパッドで入力することで、電話番号をすばやくダイヤルできます。

インデックス コードは、ユーザが、ユーザ オプション Web ページで割り当てます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone」の章。

エージェント グリーティング

エージェントまたは管理者が、エージェントが発信者と話し始める前に、顧客コールなどのコールの開始時に、事前録音したグリーティングを自動的に作成したり再生したりできるようにします。 エージェントは、必要に応じて 1 つまたは複数のグリーティングを事前録音し、グリーティングを作成および更新できます。

顧客が電話をかけると、両方の発信者に事前録音されたグリーティングが再生されます。 エージェントは、グリーティングが終わるまで待つこともできますし、グリーティングの途中で応答することもできます。

エージェント グリーティング コールでは、電話機でサポートされるすべてのコーデックがサポートされます。

詳細については、以下を参照してください。

  • Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Barge and Privacy」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」。

非通知着信拒否

(SIP 電話機のみ)

ユーザが匿名のコールを拒否できます。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「SIP Profile Configuration」の章。

オーディオ メッセージ受信インジケータ

ハンドセット、ヘッドセット、またはスピーカーフォンから聞こえるスタッター音により、ユーザが回線で新しいボイス メッセージを 1 つ以上受信したことが示されます。

(注)     

スタッタ音は回線によって異なります。 この音が聞こえるのは、使用中の回線でメッセージを受信した場合のみです。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Message Waiting Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Voice Mail Connectivity to Cisco Unified Communications Manager」の章。

自動応答

呼出音を 1 ~ 2 回鳴らした後に、着信コールを自動的に接続します。

自動応答は、スピーカーフォンとヘッドセットのどちらでも機能します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Configuring Directory Numbers」の章を参照してください。

自動ダイヤル

電話機のユーザがダイヤルするときに、発信履歴から該当する番号を選択できます。 コールを発信するには、ユーザは自動ダイヤル リストから番号を選択するか、引き続き手動で番号を入力することができます。

 

自動ピックアップ

ユーザは、コール ピックアップ、グループのコール ピックアップ、その他のグループのコール ピックアップにワンタッチ ピックアップ機能を使用できます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「User Group Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Call Pickup and Group Call Pickup」の章。

割り込み(および C 割り込み)

ユーザは、共有電話回線でプライベート コール以外のコールに参加できます。 割り込み機能には、C 割り込みと割り込みがあります。

(注)     

Cisco Unified Communications Manager の両方のデバイスのプライバシー オプションがオフに設定されている場合は、(回線を共有している)ユーザは割り込みおよび C 割り込みソフトキーのみを表示できます。

  • C 割り込みによってユーザがコールに追加され、会議に変換されるので、ユーザやその他の関係者は会議機能にアクセスできるようになります。
  • 割り込みでは、ユーザはコールに追加されますが、コールが会議に切り替えられることはありません。

割り込みでは、次の 2 つの会議モードがサポートされています。

  • ターゲット デバイス(割り込み先の電話機)での組み込みの Conference Bridge。 このモードでは、[割り込み(Barge)] ソフトキーが使用されます。
  • 共有された Conference Bridge。 このモードでは、[C 割り込み(cBarge)] ソフトキーが使用されます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Barge and Privacy」の章。

外線から外線への転送のブロック

外線コールをユーザが別の外線コールに転送することを禁止します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「External Call Transfer Restrictions」の章を参照してください。

ビジー ランプ フィールド(BLF)

ユーザは、電話機のスピードダイヤル ボタン、コール ログまたはディレクトリの一覧に関連付けられている電話番号のコール状態をモニタできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Presence」の章を参照してください。

ビジー ランプ フィールド(BLF)短縮ダイヤル

ユーザは、短縮ダイヤル ボタンに関連付けられている電話番号(DN)のコール状態をモニタできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Presence」の章を参照してください。

コールバック

通話の相手が話し中や通話不能だった場合、その相手が通話可能になったときに、ユーザの電話機に音声による通知と画面表示による通知が送信されます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Back」の章。

コール表示の制限

発信回線および接続回線について表示する情報を、コールに関係する通話相手に応じて決定します。

詳細については、次の箇所を参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」の章。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」の章。

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Display Restrictions」の章。

コール転送

ユーザが着信コールを別の番号にリダイレクトできるようにします。 コール転送オプションには、すべてのコールの転送、話中転送、無応答時転送、およびカバレッジなし時転送があります。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。

コール転送時の表示内容の設定

コールの転送時に電話機に表示する情報を指定できます。 この情報には、発信者の名前、発信者の電話番号、リダイレクト先の電話番号、および最初にダイヤルされた電話番号を含めることができます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • Cisco Unified Communications Manager Administration Guide
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。

CFA の転送先の無効化

管理者は、すべてのコールの転送(CFA)の接続先が CFA の転送元にコールを発信する場合には CFA を無効にすることができます。 この機能により、CFA の接続先は、重要なコールがある場合に CFA の転送元に到達できるようになります。 この無効化は、CFA の接続先の電話番号が内部か外部かに関係なく動作します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章を参照してください。

不在転送ループのブレークアウト

不在転送ループを検出して防止します。 不在転送ループが検出されると、[すべてのコールの転送(Call Forward All)] の設定が無視されて呼出音が鳴ります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章を参照してください。

不在転送ループの防止

ユーザが、[すべてのコールの転送(Call Forward All)] の接続先を電話機で直接設定する際に、不在転送ループが生じたり、既存の Forward Maximum Hop Count サービス パラメータに定められたホップ数の上限を超える不在転送チェーンが生じたりしないように防止します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章を参照してください。

コール パーク

ユーザがコールをパーク(一時的に保存)し、Cisco Unified Communications Manager システムの別の電話機を使用してそのコールに応答できます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Call Park」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Park」の章。

コール ピックアップ

ユーザは、自分のピックアップ グループに属する別の電話機で呼出音が鳴っている場合に、そのコールを自分の電話機にリダイレクトできます。

電話機のプライマリ回線に、音声による通知と画面表示による通知のいずれか一方または両方を設定できます。 このアラートによって、ピックアップ グループ内でコールの呼び出しがあることが通知されます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」の章を参照してください。

コール録音

スーパーバイザは、アクティブ コールを記録できます。 コールが記録されている間、ユーザには断続的なトーン(ビープ音)が聞こえることがあります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Monitoring and Recording」の章を参照してください。

コール待機

コールの最中に別の着信コールの呼出音が鳴っていることを通知し、ユーザが応答できるようにします。 着信コールの情報を電話スクリーンに表示します。

詳細については、『Cisco Unified Communications System Guide』の「Understanding Directory Numbers」の章を参照してください。

発信者 ID

電話番号、名前、その他の説明テキストなど、発信者の識別情報を電話スクリーンに表示します。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Display Restrictions」の章。

発信者 ID ブロック

発信者 ID が有効になっている電話に電話番号または電子メール アドレスを表示しないようにできます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「SIP Profile Configuration」の章。

発信側の正規化

着信コールの発信者番号をグローバル化またはローカライズして、適切な電話番号を電話機に表示します。 国際エスケープ文字「+」をサポートしています。

詳細については、『Cisco Unified Communications Features and Services Guide』の「Calling Party Normalization」を参照してください。

Cisco コールバック

通話の相手が話し中や通話不能だった場合、その相手が通話可能になったときに、ユーザの電話機に音声による通知と画面表示による通知が送信されます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Call Back」の章。

Cisco エクステンション モビリティ

ユーザが、電話機のエクステンション モビリティ サービスにログインして、一時的に共有 Cisco IP Communicator に電話番号およびユーザ プロファイルの設定を適用できるようにします。 エクステンション モビリティは、ユーザが社内のさまざまな場所から作業する場合や、同僚と作業空間を共有している場合に役に立ちます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Extension Mobility」を参照してください。

Cisco エクステンション モビリティの PIN 変更

ユーザが Cisco IP Communicator から PIN を変更することができます。 PIN は次のようにして変更できます。

  • クレデンシャルの変更サービスを使用します。
  • エクステンション モビリティのログアウト画面の [PIN 変更(ChangePIN)] ソフトキーを使用します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Extension Mobility」を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager Assistant

コール ルーティング サービス、マネージャ用の電話機機能の拡張、主にアシスタントが使用するデスクトップ インターフェイスを提供することで、マネージャおよびそのアシスタントが効率的に協力して作業できるようにします。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified CM Assistant Configuration Wizard」の章。
  • Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified Communications Manager Assistant」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Cisco Unified Communications Manager Assistant With Proxy Line Support」および「Cisco Unified Communications Manager Assistant With Shared Line Support」の章。

クライアント識別コード(CMC)

(SCCP 電話のみ)

コールが特定のクライアントに関連するように指定できます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Client Matter Codes」の章。

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Client Matter Codes and Forced Authorization Codes」の章。

コンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)アプリケーション

Computer Telephony Integration(CTI)ルート ポイントでは、仮想デバイスを指定して、アプリケーションが宛先変更を制御している多重同時コールを受信することができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「CTI Route Point Configuration」を参照してください。

会議
  • ユーザは、各参加者を個別に呼び出して、複数の通話相手と同時に話すことができます。 会議機能には、会議、参加、C 割り込み、およびミートミーがあります。
  • 標準(アドホック)会議では、開催者以外でも参加者を追加または削除できます。また、どの会議参加者でも同じ回線上の 2 つの標準会議を結合できます。
  • 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章を参照してください。
  • これらの機能を有効にするには、Advance Adhoc Conference サービス パラメータ(Cisco Unified CM の管理ではデフォルトで無効になっています)を使用します。
(注)     

ユーザに対し、これらの機能がアクティブであるかどうかを必ず通知してください。

設定可能なコール転送の表示

コールの転送時に電話機に表示する情報を指定できます。 この情報には、発信者の名前、発信者の電話番号、リダイレクト先の電話番号、および最初にダイヤルされた電話番号を含めることができます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。

直接転送

(SCCP 電話のみ)

2 つのコールを相互接続できます。接続完了後は、回線から離脱できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章を参照してください。

ダイレクト コール パーク

ユーザが、使用可能なダイレクト コール パーク番号をダイヤルまたは短縮ダイヤルし、その番号にアクティブなコールを転送できる機能です。

コール パーク BLF ボタンは、ダイレクト コール パーク番号が使用中かどうかを表示するとともに、ダイレクト コール パーク番号への短縮ダイヤル アクセスにも使用できます。

(注)     

ダイレクト コール パーク機能を実装する場合は、[パーク(Park)] ソフトキーを設定しないでください。 これは、ユーザが 2 つのコール パーク機能を混同するのを防ぐためです。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Park and Directed Call Park」の章を参照してください。

ダイレクト コール ピックアップ

ユーザが、特定の電話番号で呼び出し音が鳴っているコールに応答することができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」を参照してください。

固有呼び出し音

ユーザは、着信コールや新しいボイス メッセージを電話機で示す方法をカスタマイズできます。 最大 6 種類の固有呼び出し音をカスタマイズできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Custom Phone Rings」を参照してください。

サイレント(DND)

DND がオンの場合、コールが呼び出し状態の間は音声呼び出しは発生しません。

これには、電話機の設定でソフトキー テンプレートに [サイレント(DND)] ソフトキーを含めるか、電話ボタン テンプレートの機能の 1 つとして DND を選択します。

Cisco Unified CM の管理では、次の DND 関連のパラメータを設定できます。

  • サイレント(Do not Disturb):[デバイスの選択(Choose Device)] > [電話機(Phone)] > [電話機の設定(Phone Configuration)]
  • DND 着信呼警告(DND Incoming Call Alert):電話機で DND がアクティブのときに着信コールに対して発生させるアラートのタイプを選択します。 このパラメータは、[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウおよび [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの両方にあります([電話の設定(Phone Configuration)] が優先されます)。
  • BLF ステートにサイレントを含める(Included DND In BLF Status):使用中またはアイドル状態を上書きする DND ステータスを有効にします。

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Do Not Disturb」の章。

ファスト ダイヤル サービス

ユーザは、ファスト ダイヤル コードを入力してコールを発信できます。 ファスト ダイヤル コードは、電話番号または [個人アドレス帳(Personal Address Book)] エントリに割り当てることができます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services Configuration」の章。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services」の章。

強制承認コード(FAC)

(SCCP 電話のみ)

特定のユーザが発信できるコールのタイプを制御します。

詳細については、次の箇所を参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Forced Authorization Codes(FAC)」の章。

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Client Matter Codes and Forced Authorization Codes」の章。

グループ コール ピックアップ

別のグループの電話機で呼出音が鳴っていても、グループ ピックアップ コードを使用してそのコールに応答できます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「User Group Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Call Pickup」の章。

保留/復帰

ユーザは、接続されたコールをアクティブな状態から保留状態に移行できます。

  • 設定は必要ありません。ただし、保留音を使用する場合には必要です。 この表の「保留音」を参照してください。
  • この表の「保留復帰」も参照してください。

保留復帰

コールの保留時間を制限します。制限時間が経過すると、コールは保留にした側の電話機に復帰し、ユーザにアラートが通知されます。

復帰コールの通知は、着信コールの場合とは異なり、1 回の呼出音(回線の新規コール インジケータの設定によってはビープ音)によって行われます。 この通知は、コールが再開されるまで、一定の間隔で繰り返されます。

また、コールが保留復帰した場合は、コール バブルにアニメーションのアイコン、ステータス行に短いメッセージが表示されます。

コールのフォーカス優先度を着信コールまたは復帰コールのどちらかに設定できます。

この機能の設定方法の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Hold Reversion」の章を参照してください。

保留状態

共有回線を持つ電話機では、ローカル回線とリモート回線のいずれがコールを保留したのかを区別できます。

設定は必要ありません。

ハント グループの表示

主要な電話番号へのコールに対して、ロード シェアリングを行います。 ハント グループには、着信コールに応答できる一連の電話番号が含まれています。 ハント グループ内の最初の電話番号が話し中の場合、システムは、グループ内で次に使用可能な電話番号を所定の順序で検索して特定し、その電話機にコールを転送します。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Hunt Group Configuration」の章
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Route Plans」の章。

即時転送

ユーザが、呼び出し音が鳴っているコール、接続されているコール、または保留中のコールをボイス メッセージ システムに直接転送できるようにします。コールが転送されると、その回線で新しいコールを発信または受信できるようになります。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Immediate Divert」の章。

即時転送の拡張

ユーザが、自分のボイス メッセージング システムまたは元の着信側のボイス メッセージング システムに着信コールを直接転送できます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Park and Directed Call Park」の章。

インターコム

ユーザが、プログラム可能な電話のボタンを使用して、インターコムコールを発信したり受信したりできます。 インターコム回線のボタンを設定すると、次を実行できます。

  • 特定のインターコム内線番号への直接的なダイヤル。
  • インターコムコールを開始してから、有効なインターコム番号の入力をユーザに要求。
(注)     

ユーザが毎日同じ電話機にログインする場合は、それらのユーザの Cisco Extension Mobility のプロファイルを使用し、インターコム情報を含む電話ボタン テンプレートをユーザのプロファイルに割り当て、その電話機をインターコム回線のデフォルトのインターコム デバイスとして指定します。

  • 『Cisco Unified Communications Feature and Services Guide』リリース 6.1 の「Intercom」の章
  • 『Cisco Unified Communications Feature and Services Guide』リリース 6.1 の「Cisco Extension Mobility」の章

参加/選択

(SCCP 電話のみ)

単一の回線上の複数の既存のコールを結合して、会議を作成します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章を参照してください。

回線をまたいで参加

(SCCP 電話のみ)

ユーザが、複数の電話回線上のコールに参加機能を適用できるようにします。

詳細については、次を参照してください。

  • ソフトキー テンプレートを参照してください。
  • Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章を参照してください。

ハント グループからのログアウト

ユーザは、コールを受けることができない場合に、ハント グループからログアウトし、一時的にユーザの電話機で呼出音が鳴らないようにすることができます。 ハント グループからログアウトしても、ハント グループ以外のコールでは、引き続き電話機で呼出音が鳴ります。

詳細情報

迷惑呼の識別(MCID)

(SCCP 電話のみ)

ユーザが、不審なコールを受信したことをシステム管理者に通知できる機能です。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Malicious Call Identification」の章。

ミートミー会議

ユーザが、ミートミー会議を開始し、参加ユーザは予定の時刻に、あらかじめ決められた番号にコールをかけます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Meet-Me Number/Pattern Configuration」の章を参照してください。

メッセージ受信

メッセージ受信オン インジケータおよびオフ インジケータ用の電話番号を定義します。 直接接続型のボイス メッセージ システムでは、指定された電話番号を使用して、特定の Cisco Unified IP Phone のメッセージ受信インジケータを設定したりクリアしたりします。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Message Waiting Configuration」。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Voice Mail Connectivity to Cisco Unified Communications Manager」。

メッセージ受信インジケータ

ハンドセットのランプの 1 つで、ユーザに対する 1 つまたは複数の新着ボイス メッセージが届いていることを示します。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Message Waiting Configuration」の章。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Voice Mail Connectivity to Cisco Unified Communications Manager」の章。

不在履歴のログ

ユーザが、特定のライン アピアランスで不在履歴を不在履歴ディレクトリに記録するかどうかを指定できるようにします。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」を参照してください。

モバイル コネクト

ユーザは、1 つの電話番号を使用してビジネス コールを管理したり、デスクトップ電話機および携帯電話などのリモート デバイスで、進行中のコールをピックアップしたりすることができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Mobile Connect and Mobile Voice Access」の章を参照してください。

Multilevel Precedence and Preemption(MLPP)

(SCCP 電話のみ)

電話システムでコールの優先順位を付けることができます。 この機能は、ユーザが緊急コールや重要なコールを発信または受信する必要がある環境で作業している場合に使用します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Multilevel Precedence and Preemption」の章を参照してください。

ライン アピアランスごとの複数コール

各回線は複数のコールに対応できます。 ある時点では 1 コールだけがアクティブになることができ、他のコールは自動的に保留になります。

Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」を参照してください。

保留音

発信者が保留状態になっている間、音楽を再生します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Music On Hold」を参照してください。

ミュート

ハンドセットやヘッドセットからのマイク音声をミュートします。

設定は必要ありません。

オンフック プレダイヤル

ユーザは、オフ フックにすることなく、番号をダイヤルできます。 番号をダイヤルした後は、ハンドセットを持ち上げるか、[ダイヤル(Dial)] ソフトキーを押します。

詳細については、『Cisco Unified IP Phone Guide』の「Basic Call Handling」の章を参照してください。

他のグループのピックアップ

ユーザは、ユーザのグループに関連付けられている別のグループの電話機で呼出音が鳴っている場合に、そのコールに応答できます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Call Pickup」を参照してください。

プラス ダイヤル

ユーザは、先頭に「+」記号を付けて E.164 番号をダイヤルできます。

+ 記号をダイヤルするには、「*」キーを 1 秒以上押し続ける必要があります。 これは、オンフックかオフフックのコールに対してのみ、先頭桁をダイヤルするときに当てはまります。 キーボードの + キーも使用できます。

 

プライバシー

回線を共有しているユーザが、コールに自分を追加すること、および他のユーザのコールに関する情報を電話スクリーンに表示することを禁止します。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」。
  • Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Barge and Privacy」。

Private Line Automated Ringdown(PLAR)

ハンドセットをオフ フックにすると、Cisco Unified Communications Manager の管理者はただちに Cisco Unified IP Phone がダイヤルする電話番号を設定できます。 これは、緊急番号やホットライン番号のコール用に指定された電話機に役立つことがあります。

SIP の場合は、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「SIP Dial Rules Configuration」の章を参照してください。

SCCP の場合は、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」の章の「Configuring PLAR」の項を参照してください。

プログラム可能な回線キー

管理者は、回線ボタンに機能を割り当てることができます。 通常、ソフトキーは発信、コールバック、終了、不在転送などの機能を制御します。 管理者がこれらの機能を回線ボタンに設定すると、これらの機能は常に表示され、ユーザは [発信(New Call)] などの「ハード」キーとして使用できます。

詳細については、次の箇所を参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Phone Button Template Configuration」。

保護コール

2 台の電話機の間にセキュアな(暗号化された)接続を提供します。 コールの開始時にはセキュリティ トーンが再生され、両方の電話機が保護されていることを通知します。 保護コールを設定すると、一部の機能(会議コール、共有回線、エクステンション モビリティ、回線をまたいで参加)は使用できません。 保護されたコールは認証されません。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』を参照してください。

品質レポート ツール(QRT)

ユーザは、電話機の [品質(QRT)] ソフトキーを使用して、問題のあるコールの情報を送信できます。 QRT は、QRT に必要なユーザ インタラクションの量に応じて、2 つのユーザ モードのどちらかに設定できます。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Quality Report Tool」。

録音トーン

録音トーン(ビープ音と呼ばれることもある)が電話機で有効になっているか無効になっているかを示します。 [録音トーン(Recording Tone)] オプションが有効の場合、電話機は、コールが実際に録音されるかどうかに関係なく、すべてのコールのビープ音を双方向で再生します。 ビープ音が最初に鳴るのは、コールの応答時です。

このオプションを有効にした場合、ユーザに通知する必要があります。 デフォルト:無効

このオプションは Cisco Unified Communications Manager の [サービス パラメータの設定(Service Parameter Configuration)] ページから全体を有効にできます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Monitoring and Recording」の章を参照してください。

リダイヤル

ソフトキーを押すと、最後にダイヤルした電話番号にコールできるようにします。

設定は必要ありません。

呼び出し音の設定

電話機に別のアクティブ コールが着信したときに、回線で使用される呼出音タイプを指定します。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Directory Number Configuration」。

サービス

Cisco Unified Communication Manager Administration の [Cisco Unified IP Phone サービスの設定(Cisco Unified IP Phone Services Configuration)] メニューにより、ユーザが登録できる IP Phone サービスのリストを定義して管理することができます。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services」。

サービス URL ボタン

ユーザは、電話機の [サービス(Services)] メニューの代わりにプログラム可能なボタンを使用して、サービスにアクセスすることができます。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phone Services」。

サイレント モニタリング

スーパーバイザは、アクティブ コールのサイレント モニタリングを実行できます。 スーパーバイザの音声はコールのどちらの側にも聞こえません。 コールがモニタされている場合、コール中にモニタリング音声アラート トーンがユーザに聞こえることがあります。

コールがセキュアな場合、そのコールのセキュリティ ステータスが Cisco Unified IP Phone に鍵のアイコンとして表示されます。 コールがセキュアであり、モニタリングされていることを示す音声アラート トーンは、接続先の通話者にも聞こえることがあります。

(注)     

アクティブ コールがモニタまたは記録されている場合、インターコム コールの受信または発信は可能ですが、インターコム コールを発信するとアクティブ コールが保留になります。これにより、録音セッションは終了し、モニタリング セッションは一時停止されます。 モニタリング セッションを再開するには、コールをモニタされている通話者がコールを再開する必要があります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Monitoring and Recording」を参照してください。

ワンボタン割り込み

ユーザが、回線キーを 1 回押すだけで共有回線上のリモートで使用中のコールに割り込みまたは C 割り込みできるようにします。

詳細については、次の箇所を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Device Pool Configuration」。

『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」。

Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』の「Barge and Privacy」。

短縮ダイヤル

記憶されている指定番号をダイヤルします。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Unified IP Phone Configuration」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco Unified IP Phones」。

タイム ゾーンのアップデート

タイム ゾーンの変更に伴い、Cisco IP Communicator を更新します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Date/Time Group Configuration」を参照してください。

ビデオ モード

(SCCP 電話のみ)

ユーザが、ビデオ会議を表示するためのビデオ ディスプレイ モードを選択できます。これは、システムに設定されているモードによって異なります。

詳細については、次の箇所を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Conference Bridge Configuration」。

Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Video Telephony」。

ビデオ サポート

(SCCP 電話のみ)

電話機でビデオをサポートできるようにします。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Conference Bridge Configuration」。

Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Understanding Video Telephony」。

Cisco VT Advantage Administration Guide』の「Overview of Cisco VT Advantage」。

ボイス メッセージ システム

コールに応答がない場合に、発信者がメッセージを残せるようにします。

詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Cisco Voice-Mail Port Configuration」。
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Voice Mail Connectivity to Cisco Unified Communications Manager」。

VPN クライアント

電話機が信頼できるネットワーク外に配置されている場合や電話機と Cisco Unified Communications Manager の間のネットワーク トラフィックが信頼できないネットワークを通過しなければならない場合に、Cisco Unified IP Phone 7975G、7965G、および 7945G 上で Secure Sockets Layer(SSL)を使用した VPN 接続を提供します。

(Cisco Unified IP Phone 7942G、7945G、7962G、7965G、および 7975G に限りサポート)

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』の「Virtual Private Network Configuration」を参照してください。

ウィスパー アナウンスメント

ウィスパー アナウンスメントにより、各発信者と接続される直前に、エージェントは事前録音された簡易メッセージを聞くことができます。 アナウンスメントはエージェントにのみ再生されます。アナウンスメントの再生中、発信者には(既存のリング トーン パターンに基づく)呼び出し音が聞こえます。

アナウンスメントの内容は任意ですが、通常はエージェントのコール処理に役立つ発信者についての情報などが有効です。

 

電話ボタン テンプレートの変更

電話ボタン テンプレートにより、回線ボタンおよび短縮ダイヤル ボタンに機能を割り当てることができます。 ネットワークにデバイスを登録する前にテンプレートを変更する必要があります。 この順序に従うと、登録の実行中、カスタマイズしたテンプレート オプションに Cisco Unified Communications Manager からアクセスできます。

テンプレートの変更は、[デバイス(Device)] > [デバイス設定(Device Settings)] > [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)] で行います。 [電話機設定(Phone Configuration)] ウィンドウでデバイスにテンプレートを割り当てます([電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)] フィールド)。 詳細については、次の URL の『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』および『Cisco Unified Communications Manager System Guide』を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​maintenance_​guides_​list.html

デフォルトの Cisco IP Communicator テンプレートは、ボタン 1 と 2 を回線に、ボタン 3~8 を短縮ダイヤル番号に割り当てます。 Cisco IP Communicator ソフトキーを使用してその他のテレフォニー機能(コール パーク、コール転送、リダイヤル、保留、保留解除、音声メッセージング システム、会議など)にアクセスします。

ソフトキー テンプレート

Cisco Unified Communications Manager リリースを使用して、Cisco IP Communicator でサポートされているアプリケーションに関連付けられたソフトキーを管理できます。 Cisco Unified Communications Manager では、2 種類のソフトキー テンプレート(標準と非標準)をサポートしています。 ソフトキーをサポートするアプリケーションには、標準ソフトキー テンプレートを 1 つ以上関連付けることができます。 標準ソフトキー テンプレートは変更できません。非標準テンプレートだけが変更できます。

デバイスの > [デバイス設定(Device Settings) > ] ソフトキー テンプレートからのソフトキー テンプレートを設定します。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウ([ソフトキー テンプレート(Softkey Template)] フィールド)のデバイスにソフトキー テンプレートを割り当てます。 詳細については、次の URL の『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』および『Cisco Unified Communications Manager System Guide』を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​maintenance_​guides_​list.html

サービスの設定

Cisco IP Communicator の [サービス(Services)] ボタンをクリックして、インタラクティブ コンテンツをテキストまたはグラフィックで Cisco IP Communicator 電話画面に表示する XML アプリケーションにアクセスすることができます。 サービスの例としては、映画の上映時刻、株式相場、天気予報などがあります。 ユーザがこれらのサービスにアクセスする前に、次の手順を実行します。

手順
    ステップ 1   セットアップするサイトの URL をあらかじめ収集し、それらのサイトにユーザが社内の IP テレフォニー ネットワークからアクセスできることを確認しておきます。
    ステップ 2   使用可能なサービスの設定:
    •   リリース 4.x 以外の場合:[デバイス(Device)] > [デバイス設定(Device Settings)] > [電話機の設定(Phone Services)]
    •   リリース 4.x の場合:[機能(Features)] > [Cisco Unified IP Phone サービス(Cisco Unified IP Phone Services)]

    詳細については、次の URL の『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』および『Cisco Unified Communications Manager System Guide』を参照してください。

    http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​maintenance_​guides_​list.html

    ステップ 3   設定済みのサービスを選択し登録できる [ユーザ オプション(User Options)] Web ページに、ユーザがアクセスできることを確認します。 管理者がユーザに提供する必要のある詳細については、Cisco IP Communicator のユーザ情報を参照してください。
    ステップ 4   Cisco IP Communicator を使用して [ユーザ オプション(User Options)] Web ページにアクセスし(右グリック > [Cisco ユーザ オプション(Cisco User Options)])、サービスに登録するようにユーザに指示します。

    社内ディレクトリおよびパーソナル ディレクトリの設定

    ディレクトリ サーバに Cisco Unified Communications Manager を統合し、クイック検索機能を設定すると、ユーザは Cisco IP Communicator を使用して社内ディレクトリとパーソナル ディレクトリを検索できます。

    ディレクトリ検索機能

    次の表は、Cisco IP Communicator でサポートされるディレクトリ検索機能を示したものです。

    表 2 Cisco IP Communicator でサポートされるディレクトリ検索機能
    検索機能 起動方法 設定作業
    [ディレクトリ(Directories)] ボタンでの社内ディレクトリ検索

    Cisco IP Communicator で、[ディレクトリ(Directories)] ボタンをクリックするかまたはショートカット(Ctrl + D)を入力して、電話画面のメニューからディレクトリを選択します。

    必要に応じて、ディレクトリ サーバに Cisco Unified Communications Manager を統合します。追加設定は必要ありません。
    クイック検索機能での社内および個人ディレクトリ検索 Cisco IP Communicator(右クリック > [クイック検索(Quick Search)])、またはショートカット(Alt + K)を入力します。

    この機能は Cisco IP Communicator 固有です。

    Cisco IP Communicator Directory Wizard を使用して、クイック検索機能を設定します(ダイヤル ルール機能も)。

    ユーザは、ユーザ オプション Web ページからの個人アドレス帳サービスを利用すれば、個人ディレクトリを作成できます。

    サービス ボタンでの個人ディレクトリ検索 Cisco IP Communicator で、[サービス(Services)] ボタンをクリックするかまたはショートカット(Ctrl + R)を入力して、電話の画面メニューで個人アドレス帳サービスを選択します。
    (注)     

    リリース 2.0 より前のすべてのリリースでは、キーボード ショートカットは Ctrl + V です。

    ユーザは、ユーザ オプション Web ページからの個人アドレス帳サービスを利用して、個人ディレクトリを作成します。

    ディレクトリ サーバへの Cisco Unified Communications Manager の統合

    [Cisco IP Communicator ディレクトリ(Cisco IP Communicator Directories)] ボタンを使用した企業および個人ディレクトリの検索を許可するには、ディレクトリ サーバに Cisco Unified Communications Manager を統合します(必要に応じて)。 他の電話デバイスをネットワークでサポートするために、すでに次の作業を完了している可能性もあります。

    詳細については、次の URL の『Installing the Cisco Unified Communications Manager Customer Directory Configuration Plugin』を参照してください。

    http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​installation_​guides_​list.html

    このマニュアルでは、Microsoft Active Directory と Netscape Directory Server を Cisco Unified Communications Manager に統合するプロセスを説明します。

    クイック検索の設定

    クイック検索では、単一の検索コマンドで 1 つ以上のディレクトリ(企業および個人用アドレス帳)を検索できます。


    (注)  


    Active Directory で匿名バインドが無効になっている場合、Cisco IP Communicator はユーザ情報を読み取れません。 匿名バインドはデフォルトでは無効になっています。 Cisco IP Communicator でクイック検索のユーザ情報をダウンロードするには、Active Directory で匿名バインドを有効にする必要があります。


    クイック検索を機能させるには次の設定を行います。

    •   Cisco Unified Communications Manager のすべてのデバイスに適用する、または Cisco Unified Communications Manager に存在するディレクトリにアクセスためには クイック検索の設定には Cisco IP Communicator Directory Wizard を使用します。 Directory Wizard は XML 設定ファイル(LdapDirectories.xml)を作成し、これによって Cisco IP Communicator に Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)ディレクトリを検索するように伝えます。
    •   特定の Cisco IP Communicator デバイスに適用するため、または Cisco Unified Communications Manager 外部にあるディレクトリにアクセスするため カスタム クイック検索設定ファイルを手動で作成して、LDAP ディレクトリを検索するように Cisco IP Communicator に伝えます。

    Cisco IP Communicator は、起動時に LdapDirectories.xml ファイルをダウンロードし、指定した LDAP ディレクトリのリストを保持します。 ユーザがクイック検索機能を呼び出すと、Cisco IP Communicator は LDAP ディレクトリを検索し、1 つ以上の一致が見つかった場合は最初のディレクトリで停止します。 したがって、2 つのディレクトリを指定して、検索文字列が最初のディレクトリで一致した場合、2 つ目のディレクトリは一致するエントリの有無にかかわらず検索されません。


    ヒント


    Cisco Unified Communications Manager Administration の [ユーザ設定(User Configuration)] ウィンドウの [電話番号(Telephone Number)] フィールドにユーザの電話番号が表示されていることを確認します。 クイック検索機能は、検索結果に電話番号を表示します。


    Directory Wizard へのクイック検索の設定

    Cisco Unified Communications Manager サーバに存在する社内または個人ディレクトリに Cisco IP Communicator でアクセスするために、クイック検索を設定する場合に限り、次の手順を実行します。 それ以外の場合は、Windows ベースの Cisco Unified Communications Manager のクイック検索を手動で設定する手順を実行します。

    はじめる前に

    •  Cisco IP Communicator Administration Tool は、ビルドの zip フォルダ内にあります。
      zip ファイルから:
      •   Windows ベースの Cisco Unified Communications Managers の場合は、Directory Wizard を含んでいる Cisco IP Communicator Administration Tool を取得します。
      •   Linux ベースの Cisco Unified Communications Managers の場合は、Directory Wizard ツール(directorywizard. cop.sgn)を取得します。
    •   Linux ベースの Cisco Unified Communications Managers の場合は、Cisco Options Package (COP) インストーラを実行する前に、LDAPDirectories.xml および LdapDialingRules.xml ファイルが正しく作成されるように LDAP ディレクトリを同期させてください。
    • Cisco Unified Communications Manager パブリッシャの Cisco IP Communicator Administration Tool を実行して、Directory Wizard をインストールします。 Windows ベースの Cisco Unified Communications Managers の場合は、TFTPPath \ Communicator フォルダに DirectoryWizard.exe および LdapDirectories.README.txt がインストールされます。

    制約事項

    •   Cisco IP Communicator が Windows ベースの Cisco Unified Communications Manager リリース 4.x と統合されている場合に、クイック検索がサポートされます。

    Linux ベースの CUCM へのクイック検索の設定

    手順
      ステップ 1   Linux ベースの Cisco Unified Communications Manager に COP ファイルをインストールします。
      ステップ 2   Cisco Unified Communications Manager Administration で Cisco Unified OS Administration に移動し、[実行(Go)] をクリックします。
      ステップ 3   管理者ユーザ名とパスワードを入力します。
      ステップ 4   [ソフトウェア アップグレード(Software Upgrades)] > [インストール/アップグレード(Install/Upgrade)] を選択して、COP ファイルをインストールします。
      ステップ 5   オンライン ヘルプの指示に従います。

      Windows ベース CUCM へのクイック検索の設定

      手順
        ステップ 1   プログラム グループまたは Cisco IP Communicator Administration Tool から Cisco IP Communicator Directory Wizard(directorywizard.exe)を起動します。
        ステップ 2   必要な情報を入力します。 (必要に応じて、隣のヒント セクションを参照してください)
        ステップ 3   [Cisco Unified Communications Manager Serviceability] ウィンドウに移動して [ツール(Tools)] > [コントロール センター(Control Center)] を選択し、TFTP サービスを再起動します。
        (注)     

        新しい設定および更新のための Directory Wizard の完了後に TFTP サービスを再起動する必要があります。

        入力情報に基づいて Directory Wizard がディレクトリおよび Dialing Rules 設定ファイルを作成し、Cisco Unified Communications Manager からアクセスできるようにサーバ上の適切な場所にこのファイルを保存します。


        次の作業

        Windows ベースの Cisco Unified Communications Manager での Directory Wizard 設定のヒント

        • Directory Wizard がユーザ認証に関する決定を行うことを要求します。 決定に必要な情報については、クイック検索のユーザ認証情報(Windows ベース CUCM)を参照してください。
        •   Directory Wizard による Dialing Rules 機能の設定は、クイック検索の設定時に同時に行うことも、別の機会に別作業として行うこともできます。 クイック検索ダイヤルのダイヤリング規則を参照してください。
        •   Directory Wizard の自動検出機能は、Cisco Unified Communications Manager パブリッシャに Directory Wizard がインストールされて実行されている場合にだけ動作します。
        • 通常 Cisco Unified Communications Manager パブリッシャは、電話機ロードをインストールする TFTP サーバです。 そうでない場合は、TFTP サーバに LdapDirectories.xml および LdapDialingRules.xml ファイルをコピーします(Cisco Unified Communications Manager パブリッシャでの Directory Wizard 実行後)。
        •   [Cisco Unified Communications Manager Administration Phone Configuration] ウィンドウで [LDAP サーバ情報ファイル(LDAP Server Information File)]のフィールドをブランクのままにした場合、Cisco IP Communicator ユーザは自動的に Directory Wizard で生成された設定を使用します(設定ファイルが正しい場所にあることを確認)。
        •   Directory Wizard は入力された既存情報を一切使用せず、新しいファイルを作成します。 そのため、再度アクセスする場合は、以前の設定をバック アップしてください。
        •   クイック検索機能にアクセスする前に Cisco IP Communicator を再起動する必要があります。

        Windows ベース CUCM へのクイック検索の手動設定

        次のいずれかが当てはまる場合、クイック検索の設定ファイルを手動で作成する必要があります。

        •   特定の Cisco IP Communicator デバイスに特別なクイック検索設定パラメータを適用する場合(すべてのデバイスにではなく)。
        •   クイック検索を Cisco Unified Communications Manager サーバの外部にある個人または社内ディレクトリにアクセスさせる場合。

        はじめる前に

        •   Cisco IP Communicator Administration Tool は、ビルドの zip フォルダ内にあります。
        • Cisco Unified Communications Manager パブリッシャの Cisco IP Communicator Administration Tool を実行して、Directory Wizard をインストールします。 ツールは、TFTPPath \ Communicator フォルダに DirectoryWizard.exe および LdapDirectories.README.txt をインストールします。

        制約事項

        •   Windows ベースの Cisco Unified Communications Manager リリース 4.x に対してだけは、手動でクイック検索を設定します。
        手順
          ステップ 1   Cisco IP Communicator プログラム グループから LdapDirectories.README.TXT ファイルを開きます。
          ステップ 2   このサンプル ファイルの指示に従って、カスタム LdapDirectories.xml ファイルを作成します。
          ステップ 3   TFTPpath に関連するロケーションにファイルを保存します。
          ステップ 4   Cisco Unified Communications Manager Administration の [電話機の設定(Phone Configuration)] ウィンドウ([LDAP サーバ情報ファイル(LDAP Server Information File)] フィールド)にファイル名とパスを指定します。
          ステップ 5   [Cisco Unified Communications Manager Serviceability] ウィンドウに移動し、[ツール(Tools)] > [コントロール センター(Control Center)] を選択して、TFTP サービスを再起動します。

          クイック検索のユーザ認証情報(Windows ベース CUCM)

          Cisco Unified Communications Manager は、認証および認可情報の保存に LDAP ディレクトリを使用します。 認証は、システムにアクセスするためのユーザ権限を確立し、特定内線番号などユーザが使用可能なテレフォニー リソースを識別します。

          クイック検索を設定するには、ユーザ認証の動作方法を決定する必要があります。 (Directory ウィザードまたは手動でクイック検索を設定した場合該当します)

          以下はオプションです。

          • グローバル ユーザ ID とパスワードを指定する(推奨)。 このアプローチでは、ユーザが Cisco IP Communicator でクレデンシャルを指定していなくても、クイック検索は社内および個人ディレクトリを検索できます。
          • ユーザ ID またはパスワードを指定しない。 このアプローチでは、ユーザ ID とパスワードをユーザに提供し、Cisco IP Communicator でこの情報を入力するように通知する必要があります(右クリック > [設定(Preferences)] > [ディレクトリ(Directories)] タブ)。 ユーザ認証情報が、クイック検索設定ファイルにも、[ディレクトリ(Directories)] タブにも指定されていない場合は、この機能は正しく動作しません。

          実装情報

          •   ディレクトリ ユーザ ID に一致しない Cisco Unified Communications Manager のユーザ ID がある場合は、グローバル クレデンシャルを使用しないでください。 [ユーザ設定(User Configuration)] ウィンドウの Cisco Unified Communications Manager Administration でユーザ ID を指定します。 これは Cisco Unified Communications Manager を Microsoft Active Directory または Netscape とともに使用した場合に該当する可能性があります。
          •   ユーザは検索対象のディレクトリのディレクトリ アカウントのクレデンシャルを入力する必要があります。 複数のディレクトリを検索する場合は、すべてのクレデンシャル情報が同じである必要があります。

          クイック検索ダイヤルのダイヤリング規則

          Cisco IP Communicator の機能に、Unified Communications Manager に保存されている事前に確立されたダイヤル ルールのクイック検索電話番号への適用があります。 Cisco IP Communicator ダイヤル ルール機能を使用するには、ダイヤル ルールを Cisco Unified Communications Manager クラスタに設定してあることを確認します。 次のオプションがあります。

          • すべてのコール方法に適用するためにルート パターンを設定します。 ルート パターンは、数字列(アドレス)とルート リストへのコールまたはゲートウェイへのコールを指定する関連番号操作セットから構成されます。 ルート パターンにより、柔軟なネットワーク設計が可能になります。 また、特定デバイスへの直接コールや特定数字パターンの組み込み、削除、変更のためのルート フィルタとルート リストを使用します。 ルート パターンは次のように設定します。
            •   リリース 4.x 以外の場合:[コール ルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] > [ルート パターン(Route Pattern)]
            •   リリース 4.x の場合:[ルート プラン(Route Plan)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] > [ルート パターン(Route Pattern)]
          • Cisco IP Communicator などのアプリケーションによるコールに適用するアプリケーション ダイヤル ルールを設定します。 アプリケーション ダイヤリング ルールは、ユーザがダイヤルした電話番号に対して、そこから自動的に番号を除去するか、そこに番号を追加します。 たとえば、外線発信する場合にはアプリケーションのダイヤル ルールにより、7 桁の電話番号の先頭に番号 9 が自動で付加されます。 アプリケーション ダイヤル ルールは次のように設定します。
            •   リリース 4.x 以外の場合:[コール ルーティング(Call Routing)] > [ダイヤル ルール(Dial Riles)] > [アプリケーション ダイヤル ルール(Application Dial Rules)]
            •   リリース 4.x の場合:[ルート プラン(Route Plan)] > [アプリケーション ダイヤル ルール(Application Dial Rules)]

          ルート パターンの代わりにアプリケーション ダイヤル ルールを使用する場合、Cisco Unified Communications Manager でのダイヤル ルールの保存場所を Cisco IP Communicator に知らせるための設定ファイルを設定する必要があります。 ダイヤル ルール ファイルを設定するには、Directory Wizard Cisco IP Communicator を起動して関連手順を実行します。 クイック検索機能とダイヤル ルールの設定には、ウィザードが有効です。


          (注)  


          ダイヤル ルールをクイック検索に適用するには、Cisco IP Communicator を再起動する必要があります。

          アプリケーション ダイヤル規則は、Cisco IP Communicator のクイック検索機能にのみ適用されます。


          ルート プラン オプションの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』および『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

          http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​maintenance_​guides_​list.html

          PAB にアクセスするためのクイック検索の設定(Windows ベース CUCM)

          パーソナル ディレクトリは Cisco Unified Communications Manager の LDAP ディレクトリに保存されている個人アドレス帳です。 パーソナル ディレクトリには次の機能もあります。

          •   Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer:Microsoft Outlook および Outlook Express アドレス帳エントリを Cisco Unified Communications Manager のディレクトリと同期化します。
          •   2 つの Cisco Unified IP Phone サービス:個人アドレス帳サービスと個人ファスト ダイヤル サービス。 Cisco IP Communicator から、個人アドレス帳サービスを使用して検索し電話をかけることができます。

          正しく設定されている場合は、クイック検索はまずユーザの個人アドレス帳を検索し、次に社内ディレクトリを検索します。 クイック検索は一致する最初のディレクトリで停止します。

          手順
            ステップ 1   パーソナル ディレクトリと統合するためにクイック検索を設定します。
            ステップ 2   [IP フォン サービスの設定(IP Phone Services Configuration)] ウィンドウで、サービスを作成します。

            詳細については、次の URL の『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

            http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​maintenance_​guides_​list.html

            ステップ 3   Cisco IP Communicator の個人アドレス帳サービスに登録するようユーザに指示します(右クリック > [Cisco ユーザ オプション(Cisco User Options)])。
            ステップ 4   Cisco IP Communicator に入力するディレクトリのユーザ名とパスワードをユーザに提供します(右クリック > [設定(Preferences)] > [ディレクトリ(Directories)]タブ)。 ユーザは検索対象のディレクトリのディレクトリ アカウントのクレデンシャルを入力する必要があります。 複数のディレクトリを検索する場合は、すべてのクレデンシャル情報が同じである必要があります。
            ステップ 5   Microsoft Outlook と同期するユーザには、Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer ユーティリティを提供して、これをインストールするように指示します。 ソフトウェアの取得方法は次のとおりです。
            •   リリース 4.x 以外の場合:[アプリケーション(Application)] > [プラグイン(Plugins)] > [Cisco Unified IP フォン アドレス帳シンクロナイザ(Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer)]
            •   リリース 4.x の場合:[アプリケーション(Application)] > [プラグインのインストール(Install Pligins)] > [Cisco Unified Communications Manager アドレス帳シンクロナイザ(Cisco Unified Communications Manager Address Book Synchronizer)]
            ステップ 6   ソフトウェアをダウンロードするには、この URL を使用します。