Cisco IP Communicator アドミニストレーションガイド Release 2.0 Cisco Unified CallManager 版
Web サイトを使用したユーザ への情報提供
Web サイトを使用したユーザへの情報提供
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Web サイトを使用したユーザへの情報提供

Cisco IP Communicator のサポートを受ける方法

Cisco IP Communicator のインストール方法

サービスへの登録方法と機能の設定方法

ボイス メッセージ システムにアクセスする方法

個人ディレクトリを設定する方法

ユーザにトラブルシューティング情報を提供する方法

Web サイトを使用したユーザへの情報提供

システム管理者は、管理するネットワーク、または会社内の Cisco IP Communicator ユーザから質問を受ける立場にあります。最新の詳細な情報をエンド ユーザに提供することが重要です。

サポートするサイトの内部に Web ページを作成し、Cisco IP Communicator に関する重要な情報を提供することをお勧めします。

次の情報を Web ページに掲載することをお勧めします。

「Cisco IP Communicator のサポートを受ける方法」

「Cisco IP Communicator のインストール方法」

「サービスへの登録方法と機能の設定方法」

「ボイス メッセージ システムにアクセスする方法」

「個人ディレクトリを設定する方法」

「ユーザにトラブルシューティング情報を提供する方法」

Cisco IP Communicator のサポートを受ける方法

ユーザが、Cisco IP Communicator の機能(短縮ダイヤル、各サービス、ボイス メッセージ システムのオプションなど)を正しく使用するためには、システム管理者またはネットワーク チームから情報を入手するか、支援を得るために、システム管理者に問い合せができる体制が必要です。

アプリケーションを起動した際に、設定に必要となる情報をユーザに提供する必要があります。「インストール後の設定作業に関わるユーザへの補助」を参照してください。

さらに、ユーザに次のことを実行するように勧めます。

Cisco IP Communicator インターフェイス上の ? ボタンをクリックしてオンライン ヘルプ システムをアクティブにする。電話スクリーンにヘルプ トピックが表示され、詳細な説明が提供されます。

ウィンドウのメニュー ボタンをクリックするか、またはインターフェイスを右クリックして、『 Cisco IP Communicator ユーザ ガイド 』にアクセスする。または、このドキュメントにオンラインでアクセスする。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/english/

関連項目

インストール後の設定作業に関わるユーザへの補助(P.4-22)

「サービスへの登録方法と機能の設定方法」

「個人ディレクトリを設定する方法」

Cisco IP Communicator のインストール方法

Web サイトを使用して Cisco IP Communicator をインストール、設定する一連の操作内容を提供します。この場合、Cisco Unified CallManager にデバイスを追加する方法、アプリケーションを展開する方法、どのくらいの頻度で各ユーザに代わってアプリケーションを設定するかに特に重点を置きます。

必要に応じて、ネットワークの設定、ユーザ名とパスワード情報の入力、および短縮ダイヤル ボタンとその他の機能の設定について説明します。この章の以降のトピックを読んで、Web サイトの説明に必要な情報を記載したかどうか確認してください。

関連項目

インストール後の設定作業に関わるユーザへの補助(P.4-22)

「サービスへの登録方法と機能の設定方法」

「個人ディレクトリを設定する方法」

サービスへの登録方法と機能の設定方法

ユーザは、ユーザ オプション Web ページを使用して、機能、設定値、および各サービスを設定できます。実行できる設定操作は、個人アドレス帳サービスへの登録、短縮ダイヤル番号の設定、コール転送の設定、呼出音の設定などです。

ユーザに次の情報を提供します。

アプリケーションの右クリック メニューから ユーザ オプション Web ページにアクセスする方法。

[設定]>[ユーザ] および [設定]>[ディレクトリ] に入力する必要があるユーザ名とパスワード。この情報はタブごとに異なる場合があります(ユーザに提供する認証設定情報の詳細については、「Cisco Unified CallManager へのユーザの追加」および 「パスワード情報の提供」を参照してください)。

関連項目

インストール後の設定作業に関わるユーザへの補助(P.4-22)

「ボイス メッセージ システムにアクセスする方法」

「個人ディレクトリを設定する方法」

ボイス メッセージ システムにアクセスする方法

Cisco Unified CallManager では、Cisco Unity システムなど、さまざまなボイスメール メッセージ システムを統合できます。数多くのシステムを統合できるため、システム管理者は統合された固有のシステムの使用方法をユーザに知らせる必要があります。

各ユーザに次の情報を提供する必要があります。

ボイス メッセージ システム アカウントへのアクセス方法

(アプリケーションに メッセージ ボタンを設定したことを確認します)

ボイス メッセージ システムにアクセスするための初期パスワード

(すべてのユーザにボイス メッセージ システムのデフォルト パスワードを設定したことを確認します)

電話がボイス メッセージの待機を知らせる方法

(Cisco Unified CallManager Administration を使用してメッセージ ウェイティング インジケータを設定したことを確認します)

関連項目

インストール後の設定作業に関わるユーザへの補助(P.4-22)

「サービスへの登録方法と機能の設定方法」

「個人ディレクトリを設定する方法」

個人ディレクトリを設定する方法

ユーザは、Cisco IP Communicator から個人ディレクトリのエントリを設定できます。ユーザが個人ディレクトリを設定するには、次の機能にアクセスできることが条件となります。

ユーザ オプション ページ:Cisco IP Communicator の右クリック メニューから ユーザ オプション ページにアクセスする方法を、ユーザが知っていることを確認します。

Cisco Unified IP Phone Address Book Synchronizer:このアプリケーションのインストーラをユーザに提供します。このインストーラを入手するには、Cisco Unified CallManager から Application > Install Plugins を選択し、 Cisco IP Phone Address Book Synchronizer をクリックします。

Personal Directory Configuration Guide 』:ユーザに次の URL を知らせます。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/serv_fea/config/index.htm

関連項目

インストール後の設定作業に関わるユーザへの補助(P.4-22)

「Cisco IP Communicator のインストール方法」

「サービスへの登録方法と機能の設定方法」

ユーザにトラブルシューティング情報を提供する方法

ロギングを有効にするには、ユーザは Cisco IP Communicator インターフェイス上で右クリックし、 [設定]>[ユーザ]>[トラブルシューティング] を選択してから[ロギングを有効にする]チェックボックスをオンにします。

関連項目

インストール後の設定作業に関わるユーザへの補助(P.4-22)

「Cisco IP Communicator のインストール方法」