Cisco Hosted Unified Communications Services プロビジョニング ガイド リリース 7.1(a)
ローカル ゲートウェイのサポート対象の コール シナリオ
ローカル ゲートウェイのサポート対象のコール シナリオ
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/08/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ローカル ゲートウェイのサポート対象のコール シナリオ

発信 PSTN コール

非緊急コール(CgPN および CdPN NOA の設定)

ローカル ゲートウェイのサポート対象のコール シナリオ

このマニュアルでは、Cisco Hosted UCS におけるローカル ゲートウェイのサポート対象のコール シナリオについて説明します。Hosted UCS 7.1.1 lite リリースでは、次のコール フローがサポートされています。

「発信 PSTN コール」

「着信 PSTN コール」

発信 PSTN コール

ここでは、次の内容について説明します。

「非緊急コール(CgPN および CdPN NOA の設定)」

「DDI あり、および DDI なしの非緊急コール」

「非緊急コール(CLIR/CLIP)」

「非緊急コール(ナショナル、インターナショナル、プレミアム、サービス、フリー、ローカル)」

「緊急コール」

非緊急コール(CgPN および CdPN NOA の設定)

すべての非緊急コールでは、NOA を処理するためにトランクがどのように設定されているかによって、CgPN および CdPN の PSTN への送信方法が異なります。このため、次の非緊急発信 PSTN コールがサポートされています。

CgPN NOA が設定されて(Yes)、CdPN が設定される(Yes)

CgPN NOA が設定されて(Yes)、CdPN が設定されない(No)

CgPN NOA が設定されなくて(No)、CdPN が設定される(Yes)

CgPN NOA が設定されなくて(No)、CdPN が設定されない(No)

IP 電話 -> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール、CdPN NOA - Yes、CgPN NOA - Yes)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA は設定されます(Yes)

CgPN NOA は設定されます(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号での例:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-1 IP 電話 -> PSTN(CdPN NOA - Yes、CgPN NOA - Yes)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 00

CdPN:314-5550003(Nat)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話 -> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール、CdPN NOA - Yes、CgPN NOA - No)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA は設定されます(Yes)

CgPN NOA は設定されません(No)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号での例:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-2 IP 電話 -> PSTN(CdPN NOA - Yes、CgPN NOA - No)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)

CgPN:NAC1 + E164N1(Unk)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)

CgPN:1 + 212-5550001(Unk)

IP 電話 -> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール、CdPN NOA - No、CgPN NOA - Yes)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA は設定されません(No)

CgPN NOA は設定されます(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号での例:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-3 IP 電話 -> PSTN(CdPN NOA - No、CgPN NOA - Yes)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:NAC1 + E164N3(Unk)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:1 + 314-5550003(Unk)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話 -> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール、CdPN NOA - No、CgPN NOA - No)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA は設定されません(No)

CgPN NOA は設定されません(No)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号での例:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-4 IP 電話 -> PSTN(CdPN NOA - No、CgPN NOA - No)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:NAC1 + E164N3(Unk)

CgPN:NAC1 + E164N1(Unk)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:1 + 314-5550003(Unk)

CgPN:1 + 212-5550001(Unk)

DDI あり、および DDI なしの非緊急コール

上記のすべてのコールでは、内部番号に関連付けられた E.164 番号が回線に含まれるかどうかによって CgPN の処理が異なります。このため、次の非緊急発信 PSTN コールがサポートされています。

DDI ありで設定されたユーザ回線

DDI なしで設定されたユーザ回線

IP 電話(DDI あり)-> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-5 IP 電話(DDI あり)-> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + 9 + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話(DDI なし)-> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号なし)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-6 IP 電話(DDI なし)-> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)

CgPN:E164N0(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)

CgPN:212-5550000(Nat)

非緊急コール(CLIR/CLIP)

上記のすべてのコールでは、CLIR または CLIP として設定されたロケーションからユーザが電話をかけたかどうか、および CLIR リリース コードまたは CLIP リリース コードを使用してユーザが電話をかけたかどうかによって、表示インジケータのセットアップが異なります。このため、次の非緊急発信 PSTN コールがサポートされています。

CLIR として設定されるロケーションからのユーザ ダイヤル

CLIR として設定されるロケーション、および CLIR リリース コードを使用して設定されるロケーションからのユーザ ダイヤル

CLIP として設定されるロケーションからのユーザ ダイヤル

CLIP として設定されるロケーション、および CLIP リリース コードを使用して設定されるロケーションからのユーザ ダイヤル

IP 電話(CLIR)-> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上の LPS1 として設定されたロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-7 IP 電話(CLIR)-> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1(CLIR)

CdPN:90 + E164N3(PI LPS1)

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)(PI LPS1)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003(PI 制限付き)

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)(PI 制限付き)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話(CLIR リリース)-> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上の LPS1 として設定されたロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3 へのナショナル(長距離)コールおよび CCR1(着信番号:PAP1 + CCRC1 + NAC1 + E164N3)の使用があります。

図 E-8 IP 電話(CLIR リリース)-> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + CCRC1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1(CLIR)

CdPN:90 + E164N3(PI LPS2)

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)(PI LPS2)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + *82 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003(PI 許可)

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)(PI 許可)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話(CLIP)-> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上の LPS2 として設定されたロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)へのナショナル(長距離)コールがあります。

図 E-9 IP 電話(CLIP)-> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1(CLIR)

CdPN:90 + E164N3(PI LPS2)

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)(PI LPS2)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003(PI 許可)

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)(PI 許可)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話(CLIP リリース)-> PSTN(任意の非緊急 PSTN コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上の LPS2 として設定されたロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が非緊急コールを発信しています。この例には、E164N3 へのナショナル(長距離)コールおよび CCR2(着信番号:PAP1 + CCRC2 + NAC1 + E164N3)の使用があります。

図 E-10 IP 電話(CLIP リリース)-> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + CCRC2 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1(CLIR)

CdPN:90 + E164N3(PI LPS1)

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)(PI LPS1)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + *67 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003(PI 制限付き)

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)(PI 制限付き)

CgPN:212-5550001(Nat)

非緊急コール(ナショナル、インターナショナル、プレミアム、サービス、フリー、ローカル)

次の非緊急発信 PSTN コールがサポートされています。

ナショナル

インターナショナル

プレミアム

サービス

フリー電話

ローカル

IP 電話 -> PSTN(ナショナル コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が E164N3(着信番号:PAP1 + NAC1 + E164N3)にナショナル(長距離)コールを発信しています。

図 E-11 IP 電話 -> PSTN(ナショナル コール)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164N3(Nat)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話 -> PSTN(インターナショナル コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が E164I5(着信番号:PAP1 + IAC1 + E164I5)にインターナショナル コールを発信しています。

図 E-12 IP 電話 -> PSTN(インターナショナル コール)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + IAC1 + E164I5

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:900 + E164I5

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:E164I5(Int)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 011 + 44-1632-123456

CgPN:431 + 0001

CdPN:900 + 44-1632-123456

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:44-1632-123456(Int)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話 -> PSTN(プレミアム コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が PREM(着信番号:PAP1 + NAC1 + PREM)にプレミアム コールを発信しています。

図 E-13 IP 電話 -> PSTN(プレミアム コール)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + PREM

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + PREM

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:PREM(Nat)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 900-NXXXXXX

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 900-NXXXXXX

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:900-NXXXXXX(Nat)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話 -> PSTN(サービス コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が N11S(着信番号:PAP1 + N11S)にサービス コールを発信しています。

図 E-14 IP 電話 -> PSTN(サービス コール)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + N11S

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:9090000 + N11S

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:N11S(Unk)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 411

CgPN:431 + 0001

CdPN:9090000 + 411

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:411(Unk)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話 -> PSTN(フリー ダイヤル コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が FREE(着信番号:PAP1 + NAC1 + FREE)にフリー ダイヤル コールを発信しています。

図 E-15 IP 電話 -> PSTN(フリー ダイヤル コール)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + FREE

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + FREE

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:FREE(Nat)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:9 + 1 + 800-NXXXXXX

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 800-NXXXXXX

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:800-NXXXXXX(Nat)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話 -> PSTN(7 桁ローカル コール、NDC 送信)

このコール シナリオでは、次のようになります。

ローカル コールに NDC を設定するように、LGW が設定されます。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID2)上のロケーション 2 の IP 電話(内部番号:SLC2 + EXT1、DDI 番号:NDC3 + SN3)が SN4(着信番号:PAP1 + SN4)に 7 桁ローカル コールを発信しています。

図 E-16 IP 電話 -> PSTN(7 桁ローカル コール、NDC 送信)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + SN4

CgPN:SLC2 + EXT1

CdPN:90 + NDC3 + SN4

CgPN:CPID1 + RID2 + CT + SLC2 + EXT1

CdPN:NDC3 + SN4(サブ)

CgPN:NDC3 + SN3(サブ)

CdPN:9 + 5550004

CgPN:432 + 0001

CdPN:90 + 314 + 5550004

CgPN:220 + 0100 + 9 + 432 + 0001

CdPN:314 + 5550004(サブ)

CgPN:314 + 5550003(サブ)

IP 電話 -> PSTN(7 桁ローカル コール、NDC 送信なし)

このコール シナリオでは、次のようになります。

ローカル コールに NDC を設定しないように、LGW が設定されます。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID2)上のロケーション 2 の IP 電話(内部番号:SLC2 + EXT1、DDI 番号:NDC3 + SN3)が SN4(着信番号:PAP1 + SN4)に 7 桁ローカル コールを発信しています。

図 E-17 IP 電話 -> PSTN(7 桁ローカル コール、NDC 送信なし)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + SN4

CgPN:SLC2 + EXT1

CdPN:90 + NDC3 + SN4

CgPN:CPID1 + RID2 + CT + SLC2 + EXT1

CdPN:SN4(サブ)

CgPN:SN3(サブ)

CdPN:9 + 5550004

CgPN:432 + 0001

CdPN:90 + 314 + 5550004

CgPN:220 + 0100 + 5 + 432 + 0001

CdPN:5550004(サブ)

CgPN:5550003(サブ)

IP 電話 -> PSTN(10 桁ローカル コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:NDC1 + SN1)が NDC1 + SN2(着信番号:PAP1 + NDC1 + SN2)に 10 桁ローカル コールを発信しています。

図 E-18 IP 電話 -> PSTN(10 桁ローカル コール)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NDC1 + SN2

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + NDC1 + SN2

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:NDC1 + SN2(サブ)

CgPN:NDC1 + SN1(サブ)

CdPN:9 + 212 + 5550002

CgPN:431 + 0001

CCdPN:90 + 212+ 5550002

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:212 + 5550002(サブ)

CgPN:212 + 5550001(サブ)

IP 電話 -> PSTN(11 桁ローカル コール)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:NDC1 + SN1)が NDC1 + SN2(着信番号:PAP1 + NDC1 + SN2)に 11 桁ローカル コールを発信しています。

図 E-19 IP 電話 -> PSTN(11 桁ローカル コール)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + NDC1 + SN2

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + NDC1 + SN2

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:NDC1 + SN2(サブ)

CgPN:NDC1 + SN1(サブ)

CdPN:9 + 1 + 212 + 5550002

CgPN:431 + 0001

CdPN:90 + 212+ 5550002

CgPN:220 + 0010 + 9 + 431 + 0001

CdPN:212 + 5550002(サブ)

CgPN:212 + 5550001(サブ)

IP 電話 -> IntraSite -> IP 電話 -> 自動転送 -> PSTN

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

IP 電話 1(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話 2(内部番号:SLC1 + EXT2、DDI 番号:E164N2)の両方にサイト内コールを発信しています。IP 電話 2 は、CFA を E164N3 に設定します。


) IP 電話> IntraSite > IP 電話コールの処理は、ローカル PSTN アクセスが使用されている場合は同じであるため示されません。


図 E-20 IP 電話 -> IntraSite -> IP 電話 -> 自動転送 -> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:EXT1

RdN:SLC1 + EXT2

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

RdN:SLC1 + EXT2

CdPN:E164N3(Nat)

CgPN:E164N0(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:0001

RdN:431 + 0002

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 5 + 431 + 0001

RdN:431 + 0002

CdPN:314-5550003(Nat)

CgPN:212-5550000(Nat)

IP 電話 -> InterSite -> IP 電話 -> 自動転送 -> PSTN

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話 1(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N07、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID2)上のロケーション 2 の IP 電話 2(内部番号:SLC2 + EXT1、DDI 番号:E164N3)にサイト間コールを発信しています。IP 電話 2 は、CFA を E164N2 に設定します。


) IP 電話> InterSite > IP 電話コールの処理は、ローカル PSTN アクセスが使用されている場合と同じであるため、ここでは示されません。


図 E-21 IP 電話 -> InterSite -> IP 電話 -> 自動転送 -> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N2

CgPN:ISP + SLC1 + EXT1

RdN:SLC2 + EXT1

CdPN:90 + E164N2

CgPN:CPID1 + RID2 + CT + SLC1 + EXT1

RdN:SLC2 + EXT1

CdPN:E164N2(Nat)

CgPN:E164N07(Nat)

CdPN:9 + 1 + 646-5550002

CgPN:8 + SLC1 + 0001

RdN:432 + 0001

CdPN:90 + 646-5550002

CgPN:220 + 0100 + 5 + 431 + 0001

RdN:432 + 0001

CdPN:646-5550002(Nat)

CgPN:314-5550000(Nat)

PSTN -> IP 電話 -> 自動転送 -> PSTN

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

PSTN ユーザ(E.164 番号:PSTN)が、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)にコールを発信しています。IP 電話は、CFA を E164N3 に設定します。


) PSTN > IP 電話のコール処理は、次のセクションで説明されるため、ここでは示されません。


図 E-22 IPSNT -> IP 電話 -> 自動転送 -> PSTN

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:PAP1 + NAC1 + E164N3

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSTN

RdN:SLC1 + EXT1

CdPN:90 + E164N3

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + PAP1 + NAC1 + PSTN

RdN:SLC1 + EXT2

CdPN:E164N3(Nat)

CgPN:E164N0(Nat)

CdPN:9 + 1 + 314-5550003

CgPN:9 + 1 + 214-5551234

RdN:431 + 0001

CdPN:90 + 314-5550003

CgPN:220 + 0010 + 5 + 9 + 1 + 214-5551234

RdN:431 + 0001

CdPN:314-5550003(Nat)

CgPN:212-5550000(Nat)

緊急コール

発信緊急コールの場合:

「Cisco Emergency Responder」機能または「DDI for Emergency」機能を使用するようにロケーションが設定されていない場合、CgPN は常にロケーションの緊急用公開番号に置き換えられます。

「Cisco Emergency Responder」機能を使用するようにロケーションが設定されている場合、CgPN 番号は Emergency Location Identification Number(ELIN; 緊急ロケーション識別番号)に置き換えられます。

「DDI for Emergency」機能を使用するようにロケーションが設定されている場合、CgPN は、コールを発信した回線の E.164 番号(行が E.164 番号に関連付けられている場合)、またはロケーションの緊急用公開番号(行が E.164 番号に関連付けられていない場合)に置き換えられます。

このため、次の緊急発信 PSTN コールがサポートされています。

IP 電話 -> PSTN(緊急コール、デフォルト処理)

IP 電話 -> PSTN(緊急コール、Cisco ER 設定済み)

IP 電話(DDI あり)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

IP 電話(DDI なし)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

上記のすべてのコールでは、CLIR または CLIP として設定されたロケーションからユーザが電話をかけたかどうか、および CLIR リリース コードまたは CLIP リリース コードを使用してユーザが電話をかけたかどうかにかかわらず、表示インジケータのセットアップが同じになります。

IP 電話 -> PSTN(緊急コール、デフォルト処理)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1、デフォルトで緊急コール処理)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号の例:E164N1)が EMER(着信番号:EMER)に緊急コールを発信しています。

図 E-23 IP 電話 -> PSTN(緊急コール、デフォルト処理)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:9 + EMER

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:EMER(Unk)

CgPN:E164N0(Nat)

CdPN:911

CgPN:431 + 0001

CdPN:9 + 911

CgPN:220 + 0010 + 4 + 431 + 0001

CdPN:911(Unk)

CgPN:212-5550000(Nat)

IP 電話 -> PSTN(緊急コール、Cisco ER 設定済み)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1、Cisco ER 設定)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号の例:E164N1)が EMER(着信番号:EMER)に緊急コールを発信しています。IP 電話は、たとえば ERL1(ELIN1 で設定)にあります。

図 E-24 IP 電話 -> PSTN(緊急コール、Cisco ER 設定済み)

Unified CM IN
Unified CM OUT - CER IN
CER OUT - Unified CM IN

CdPN:EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:CERID + ELIN1 + EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:911

CgPN:431 + 0001

CdPN:9 + 911

CgPN:431 + 0001

CdPN:1 + 212-9110000 + 911

CgPN:431 + 0001

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT

CdPN:CERID + ELIN1 + EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:9 + EMER

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + ELIN1

CdPN:EMER(Unk)

CgPN:ELIN1(Nat)

CdPN:1 + 212-9110000 + 911

CgPN:431 + 0001

CdPN:9 + 911

CgPN:220 + 0010 + 4 + 212-9110000

CdPN:911(Unk)

CgPN:212-9110000(Nat)

IP 電話(DDI あり)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1、「DDI for Emergency」有効)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が EMER(着信番号:EMER)に緊急コールを発信しています。

図 E-25 IP 電話(DDI あり)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:9 + EMER

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:EMER(Unk)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:911

CgPN:431 + 0001

CdPN:9 + 911

CgPN:220 + 0010 + 4 + 431 + 0001

CdPN:911(Unk)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話(DDI あり)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1、「DDI for Emergency」有効)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)が EMER(着信番号:EMER)に緊急コールを発信しています。

図 E-26 IP 電話(DDI あり)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:9 + EMER

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:EMER(Unk)

CgPN:E164N1(Nat)

CdPN:911

CgPN:431 + 0001

CdPN:9 + 911

CgPN:220 + 0010 + 4 + 431 + 0001

CdPN:911(Unk)

CgPN:212-5550001(Nat)

IP 電話(DDI なし)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1、「DDI for Emergency」有効)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号なし)が EMER(着信番号:EMER)に緊急コールを発信しています。

図 E-27 IP 電話(DDI なし)-> PSTN(緊急コール、「DDI for Emergency」有効)

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT'

CdPN:EMER

CgPN:SLC1 + EXT1

CdPN:9 + EMER

CgPN:CPID1 + RID1 + CT + SLC1 + EXT1

CdPN:EMER(Unk)

CgPN:E164N0(Nat)

CdPN:911

CgPN:431 + 0001

CdPN:9 + 911

CgPN:220 + 0010 + 4 + 431 + 0001

CdPN:911(Unk)

CgPN:212-5550000(Nat)

着信 PSTN コール

サポートされている着信 PSTN コールを次に示します。

「PSTN(ナショナル コール)-> IP 電話」

「PSTN(インターナショナル コール)-> IP 電話」

「PSTN(緊急、CER PSAP コールバック)-> IP 電話」

「PSTN(7 桁ローカル コール、NDC 受信)-> IP 電話」

「PSTN(7 桁ローカル コール、NDC なし)-> IP 電話」

「PSTN(10 桁ローカル コール)-> IP 電話」

「PSTN -> ボイスメール」

「PSTN -> IP 電話 -> CF IntraSite -> IP 電話」

「PSTN -> IP 電話 -> CF InterSite -> IP 電話」

PSTN(ナショナル コール)-> IP 電話

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

PSTN ユーザ(E.164 番号:PSTN)が、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)にコールを発信しています。

図 E-28 PSTN(ナショナル コール)-> IP 電話

LGW IN
LGW OUT - Unified CM IN
Unified CM OUT

CdPN:E164N1(Nat)

CgPN:PSTN(Nat)

CdPN:CPID1 + RID1 + SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSTN

CdPN:SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSTN

CdPN:212-5550001(Nat)

CgPN:214-5551234(Nat)

CdPN:220 + 0010 + 431 + 0001

CgPN:9 + 1 + 214-5551234

CdPN:431 + 0001

CgPN:9 + 1 + 214-5551234

PSTN(インターナショナル コール)-> IP 電話

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

英国(E.164 番号:E164I5)の PSTN ユーザが、米国(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)の Unified CM クラスタ 1 上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:E164N1)にコールを発信しています。

図 E-29 PSTN(インターナショナル コール)-> IP 電話

LGW IN
LGW OUT - Unified CM IN
Unified CM OUT

CdPN:E164N1(Nat)

CgPN:E164I5 (Int)

CdPN:CPID1 + RID1 + SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + IAC1 + E164I5

CdPN:SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + IAC1 + E164I5

CdPN:212-5550001(Nat)

CgPN:44-1632-123456 (Int)

CdPN:220 + 0010 + 431 + 0001

CgPN:9 + 011 + 44-1632-123456

CdPN:431 + 0001

CgPN:9 + 011 + 44-1632-123456

PSTN(緊急、CER PSAP コールバック)-> IP 電話

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

PSAP オペレータが緊急発信者にコールバックしています(PSAP オペレータに送信される CgPN は ELIN1 です)。緊急コールは、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1、Cisco ER 設定済み)のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号の例:E164N1)から EMER に発信されて、IP 電話は(CPID1 + RID1 + SLCE + EXTE に関連付けられている ELIN1 で設定された)ERL1 にあります。

図 E-30 PSTN(緊急、CER PSAP コールバック)-> IP 電話

LGW IN
LGW OUT - Unified CM IN
Unified CM OUT

CdPN:ELIN1(Nat)

CgPN:PSAP

CdPN:CPID1 + # + RID1 + SLCE + EXTE

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSAP

CdPN:913 + ELIN1

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSAP

CdPN:212-9110000

CgPN:PSAP

CdPN:220 + # + 0010 + 431 + 0911

CgPN:9 + 1 + PSAP

CdPN:913 + 212-9110000

CgPN:9 + 1 + PSAP

CER IN
CER OUT - Unified CM IN
Unified CM OUT

CdPN:913 + ELIN1

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSAP

CdPN:SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSAP

CdPN:SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSAP

CdPN:913 + 212-9110000

CgPN:9 + 1 + PSAP

CdPN:431 + 0001

CgPN:9 + 1 + PSAP

CdPN:431 + 0001

CgPN:9 + 1 + PSAP

PSTN(7 桁ローカル コール、NDC 受信)-> IP 電話

このコール シナリオでは、次のようになります。

CgPN および CdPN は NDC で受信されます。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

PSTN ユーザ(E.164 番号 NDC3 + SN4)が、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID2)上のロケーション 2 の IP 電話(内部番号:SLC2 + EXT1、DDI 番号:NDC3 + SN3)にコールを発信しています。

図 E-31 PSTN(7 桁ローカル コール、NDC 受信)-> IP 電話

LGW IN
LGW OUT - Unified CM IN
Unified CM OUT

CdPN:NDC3 + SN3(サブ)

CgPN:NDC3 + SN4(サブ)

CdPN:CPID1 + RID2 + SLC2 + EXT1

CgPN:PAP1 + NDC3 + SN4

CdPN:SLC2 + EXT1

CgPN:PAP1 + NDC3 + SN4

CdPN:314 + 5550003(サブ)

CgPN:314 + 5550004(サブ)

CdPN:220 + 0100 + 432 + 0001

CgPN:9 + 314 + 5550004

CdPN:432 + 0001

CgPN:9 + 314 + 5550004

PSTN(7 桁ローカル コール、NDC なし)-> IP 電話

このコール シナリオでは、次のようになります。

CgPN および CdPN は NDC なしで受信されます。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

PSTN ユーザ(E.164 番号 NDC3 + SN4)が、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID2)上のロケーション 2 の IP 電話(内部番号:SLC2 + EXT1、DDI 番号:NDC3 + SN3)にコールを発信しています。

図 E-32 PSTN(7 桁ローカル コール、NDC なし)-> IP 電話

LGW IN
LGW OUT - Unified CM IN
Unified CM OUT

CdPN:SN3(サブ)

CgPN:SN4(サブ)

CdPN:CPID1 + RID2 + SLC2 + EXT1

CgPN:PAP1 + SN4

CdPN:SLC2 + EXT1

CgPN:PAP1 + SN4

CdPN:5550003(サブ)

CgPN:5550004(サブ)

CdPN:220 + 0100 + 432 + 0001

CgPN:9 + 5550004

CdPN:432 + 0001

CgPN:9 + 5550004

PSTN(10 桁ローカル コール)-> IP 電話

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

PSTN ユーザ(E.164 番号 NDC1 + SN2)が、Unified CM クラスタ 1(PSTN 公開番号:E164N0、Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 の IP 電話(内部番号:SLC1 + EXT1、DDI 番号:NDC1 + SN1)にコールを発信しています。

図 E-33 PSTN(10 桁ローカル コール)-> IP 電話

Unified CM IN
Unified CM OUT - LGW IN
LGW OUT

CdPN:NDC1 + SN1(サブ)

CgPN:NDC1 + SN2(サブ)

CdPN:CPID1 + RID1 + SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + NDC1 + SN2

CdPN:SLC1 + EXT1

CgPN:PAP1 + NDC1 + SN2

CdPN:212 + 5550001(サブ)

CgPN:212 + 5550002(サブ)

CdPN:220 + 0010 + 431 + 0001

CgPN:9 + 212 + 5550002

CdPN:431 + 0001

CgPN:9 + 212 + 5550002

PSTN -> ボイスメール

このコール シナリオでは、次のようになります。

CdPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

CgPN NOA を、たとえば設定します(Yes)

PSTN ユーザ(E.164 番号:PSTN)が、自分の Voicemail(Voicemail ID:VMCPID、VoiceMail RID:VMRID、Voicemail Pilot SLC:VMSLC、VoiceMail Pilot Ext:VMEXT、Voicemail DDI 番号:E164NVM)の確認を求めます。LGW は、Unified CM クラスタ 1(Unified CM ID:CPID1、ロケーション RID:RID1)上のロケーション 1 で設定されます。

図 E-34 PSTN -> ボイスメール

LGW IN
LGW OUT - Unified CM IN

CdPN:E164NVM(Nat)

CgPN:PSTN(Nat)

CdPN:VMCPID + VMRID + VMSLC + VMEXT

CgPN:VMCPID + #1# + PAP1 + NAC1 + PSTN

CdPN:212-5558888(Nat)

CgPN:212-5551234(Nat)

Unified CM OUT' PGW IN

CdPN:VMCPID + VMRID + VMSLC + VMEXT

CgPN:VMCPID + #1# + PAP1 + NAC1 + PSTN

CdPN:300 + 0100 + 200 + 0000

CgPN:300 + #1# + 9 + 1 + 214-5551234

CdPN:300 + 0100 + 200 + 0000

CgPN:300 + #1# + 9 + 1 + 214-5551234

PGW OUT ' Movius IN

CdPN:VMCPID + VMRID + VMSLC + VMEXT

CgPN:PAP1 + NAC1 + PSTN

CdPN:300 + 0100 + 200 + 0000

CgPN:9 + 1 + 214-5551234

PSTN -> IP 電話 -> CF IntraSite -> IP 電話

このコール シナリオの最初のコール レッグ PSTN > IP 電話は、上記セクションで説明済みです。2 番目のコール レッグ(IP 電話 -> CF IntraSite -> IP 電話)では、CgPN が同じになるため、コールがローカルまたは中央の PSTN アクセス経由で到達したかどうかによる違いはありません。したがって、このマニュアルでは説明しません。

PSTN -> IP 電話 -> CF InterSite -> IP 電話

このコール シナリオの最初のコール レッグ(PSTN > IP 電話)は、上記セクションで説明済みです。2 番目のコール レッグ(IP 電話 > CF IntraSite > IP 電話)では、CgPN が同じになるため、コールがローカルまたは中央の PSTN アクセス経由で到達したかどうかによる違いはありません。したがって、このマニュアルでは説明しません。

この章では、次の短縮形が使用されます。

短縮形
フルスペル

CC

Country Code(国コード)。例では、米国の CC1(1)、英国の CC2(44)が使用されています。

CPID

各ホステッド UCS コンポーネント(Unified CM、PGW、Movius Server など)の固有の Call Processing IDentifier。例では、Unified CM クラスタ 1 の CPID1(220)が使用されています。

CT

Call Type(コール タイプ)。

CT=4

緊急コール。

CT = 5

PSTN への自動転送。

CT = 6

(同じカスタマー内の別のロケーションへの)転送 IntraSite コールまたは InterSite コール。

CT = 8

(同じカスタマー内の別のロケーションへの)InterSite コール。

CT = 9

PSTN コール。

E164N

E.164 ナショナル番号。NDC + SN と同じ。例では、E164N0(212-5550000)、E164N07(314-5550000)、E164N1(212-5550001)、E164N2(646-5550002)、E164N3(314-5550003)and E164N4(314-5550004)- for the US and E164N5(1632-123456)が使用されています。

E164I

地理的エリアの E164IE.164 インターナショナル番号。CC + NDC + SN と同じ。例では、米国の E164I0(1-212-5550000)または(1-314-5550000)、E164I1(1-212-5550001)、E164I2(1-646-5550002)、E164I3(1-314-5550003)、および E164I4(1-314-5550004)、ならびに E164I5(44-1632-123456)が使用されています。

ELIN

Emergency Line Identification Number。例では、ELIN1(212-555911000)が使用されています。

EMER

緊急番号。例では、EMER(911)が使用されています。

FREE

フリー ダイヤルの電話番号。例では、FREE(800-NXXXXXX)が使用されています。

IAC

International Access Code。例では、米国の IAC1(011)が使用されています。

ISP

カスタマーの InterSite Prefix(サイト間プレフィクス)。例では、Unified CM クラスタ 1 上のカスタマー 1 の ISP1(8)が使用されています。

LPS

Location CLIR/CLIP Presentation Setting。例では、LPS1(制限付き)および LPS2(許可)が使用されています。

N11

N11 コードは、より正式にはサービス コードとして知られていますが、特別なサービスに 3 桁ダイヤル アクセスを提供するために使用されます。例では、N11S(411)が使用されています。

NAC

National Access Code。例では、米国の NAC1(1)が使用されています。

NDC

National Access Code。例では、米国の NAC1(1)が使用されています。

PAP

ロケーションの PSTN Access Prefix(PSTN アクセス プレフィクス)。例では、Unified CM クラスタ 1 上のロケーション 1 の PAP1(9)が使用されています。

PREM

Premium Phone Number。例では、PREM(900-NXXXXXX)が使用されています。

RID

「Unified CM クラスタ」ロケーションごとの固有の Route IDentifier。例では、Unified CM クラスタ 1 上のロケーション 1 に RID1(0010)、ロケーション 2 に RID2(0100)が使用されています。

SLC

Slate Location Code。例では、SLC1(431)および SLC2(432)が使用されています。

SN

Subscriber Number(加入者番号)は、E.164 地理的エリアのナショナル(最上位)番号の一部です。例では、米国の SN0(5550000)、SN1(5550001)、SN2(5550002)、SN3(5550003)and SN4(5550004)、および英国の SN5(123456)が使用されています。