Cisco Desktop Collaboration Experience DX650 アドミニストレーション ガイド、リリース 10.1(2)
Cisco Desktop Collaboration Experience の基本的な管理手順
Cisco Desktop Collaboration Experience の基本的な管理手順

Cisco Desktop Collaboration Experience の基本的な管理手順

これらの手順のためのサンプル ユーザ情報

次の各手順では、可能な場合に、例を使って手順を示します。 これらの手順では、サンプルとして次のユーザ情報と Cisco Desktop Collaboration Experience 情報を使用します。

  • ユーザの名前:John Doe
  • ユーザ ID:johndoe
  • 電話機モデル Cisco Desktop Collaboration Experience
  • プロトコル:SIP
  • Cisco Desktop Collaboration Experience 上でリストされるイーサネット MAC アドレス:00127F576611
  • 5 桁の社内電話番号:26640

この手順では、これらの作業を実行する 1 つの方法を示しますが、それがこれらの作業を実行する唯一の方法というわけではありません。 ここで紹介するのは、新規ユーザを追加し、システム上で機能するCisco Desktop Collaboration Experienceをそのユーザに関連付ける簡略な方法です。

これらの手順は、コーリング サーチ スペース、パーティション、およびその他の複雑な設定がすでに行われ、既存のユーザ用に整備されている安定した Cisco Unified Communications Manager システムでの使用を想定しています。

Cisco Unified Communications Manager へのユーザの追加

ここでは、Cisco Unified Communications Manager にユーザを追加する手順を説明します。 使用しているオペレーティング システムと、ユーザの追加方法に応じて、この項の手順のいずれかに従ってください。

外部 LDAP ディレクトリからのユーザの追加

ユーザを LDAP ディレクトリ(Cisco Unified Communications Server 以外のディレクトリ)に追加した場合は、次の手順に従うことにより、そのディレクトリを、この同じユーザと Cisco Desktop Collaboration Experience を追加している Cisco Unified Communications Manager にただちに同期化できます。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager Administration にログインします。
    ステップ 2   [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] の順に選択します。
    ステップ 3   [検索(Find)] ボタンを使用して、対象の LDAP ディレクトリを見つけます。
    ステップ 4   LDAP ディレクトリ名をクリックします。
    ステップ 5   [完全同期を今すぐ実施(Perform Full Sync Now)] をクリックします。
    (注)     

    LDAP ディレクトリを Cisco Unified Communications Manager に即座に同期化する必要がない場合は、[LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] ウィンドウの [LDAP ディレクトリ同期スケジュール(LDAP Directory Synchronization Schedule)] で、次の自動同期化のスケジュールを決定します。 ただし、新規ユーザをデバイスに関連付けるには、その前に同期を完了する必要があります。

    ステップ 6   Cisco Desktop Collaboration Experience モデルの指定に進みます。

    Cisco Unified Communications Manager へのユーザ ディレクトリの追加

    LDAP ディレクトリを使用していない場合、次の手順に従って、ユーザを Cisco Unified Communications Manager Administration に直接追加できます。


    (注)  


    LDAP が同期している場合、ユーザを Cisco Unified Communications Manager Administration に追加できません。


    手順
      ステップ 1   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択して、[新規追加(Add New)] をクリックします。 [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。
      ステップ 2   このウィンドウの [ユーザ情報(User Information)] ペインで、次の情報を入力します。
      • [ユーザ ID(User ID)]:エンド ユーザの識別名を入力します。 Cisco Unified Communications Manager では、ユーザ ID の作成後、ユーザ ID を修正することはできません。 使用できる特殊文字は、=+<>#;\""、および空白です。 例:johndoe
      • [パスワード(Password)] および [パスワードの確認(Confirm Password)]:エンド ユーザのパスワードとして、5 文字以上の英数字または特殊文字を入力します。 使用できる特殊文字は、=+<>#;\""、および空白です。
      • [姓(Last Name)]:エンド ユーザの姓を入力します。 使用できる特殊文字は、=+<>#;\""、および空白です。 例:doe
      • [電話番号(Telephone Number)]:エンド ユーザのプライマリ電話番号を入力します。 エンド ユーザは、Cisco Desktop Collaboration Experience デバイスに複数の回線を設定できます。 例:26640(John Doe の社内電話番号)
      ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。
      ステップ 4   Cisco Desktop Collaboration Experience モデルの指定の項に進みます。

      Cisco Desktop Collaboration Experience モデルの指定

      ユーザの Cisco Desktop Collaboration Experience モデルとプロトコルを指定するには、次の手順を実行します。 

      手順
        ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager Administration から、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)]の順に選択します。
        ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。
        ステップ 3   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストから、[Cisco Desktop Collaboration Experience] を選択し、[次へ(Next)] をクリックします。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

        Cisco Desktop Collaboration Experience の必須フィールドの設定

        [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウでは、ほとんどのフィールドにデフォルト値を使用できます。

        必須フィールドとその他の重要なフィールドを設定するには、次の手順を実行します。

        手順
          ステップ 1   必須フィールドでは、値(一部は、上で示す johndoe の例に基づいた値です)は、次のように設定できます。
          1. このウィンドウの [デバイス情報(Device Information)] ペイン:
            • MAC アドレス:Cisco Desktop Collaboration Experienceデバイスの MAC アドレスを入力します。 値が 12 桁の 16 進文字列で構成されていることを確認します。 例: 00127F576611(John Doe のデバイスの MAC アドレス)
              (注)     

              Cisco Desktop Collaboration Experience には Wi-Fi およびイーサネット用に 2 つの MAC アドレスがあります。 イーサネット MAC アドレスを使用する必要があります。 これは Cisco Desktop Collaboration Experience で、[設定(Settings)] > [デバイスについて(About device)] > [ステータス(Status)] を選択して確認できます。

            • [説明(Description)]:たとえば john doe の Cisco Desktop Collaboration Experience のような説明を入力するためのオプションのフィールドです。 この説明は、このユーザに関する情報検索が必要な場合に役立ちます。
            • [デバイス プール(Device Pool)]:この Cisco Desktop Collaboration Experience を割り当てるデバイス プールを選択します。 デバイス プールは、複数のデバイスに共通の特性(リージョン、日時グループ、MLPP 情報など)のセットを定義します。
              (注)     

              デバイス プールは、Cisco Unified Communications Manager Administration の [デバイス プール設定(Device Pool Configuration)] ウィンドウで定義されます([システム(System)] > [デバイスプール(Device Pool)])。

            • [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)]:ドロップダウン リストから標準 Cisco Desktop Collaboration Experience SIP テンプレートを選択します。 テンプレートでは、Cisco Desktop Collaboration Experience 上のボタンを設定し、各ボタンにどの機能(回線、スピード ダイヤルなど)を使用するかを特定します。
              (注)     

              電話ボタン テンプレートは、Cisco Unified Communications Manager Administration の [Phone Button Template Configuration)] ウィンドウで定義します([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)])。 検索フィールドと [検索(Find)] ボタンを併用して、設定されているすべての電話ボタン テンプレートとその現在の設定を検索できます。

            • [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]:ドロップダウン リスト ボックスを使用して、利用可能な共通の電話プロファイルのリストから共通の電話プロファイルを選択します。
              (注)     

              共通の電話プロファイルは、Cisco Unified Communications Manager Administration[共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)] ウィンドウで定義されます([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)])。 検索フィールドと [検索(Find)] ボタンを併用して、設定済みのすべての共通の電話プロファイルとその現在の設定を検索できます。

            • [コーリング サーチ スペース(Calling Search Space)]:ドロップダウン リスト ボックスを使用して、適切なコーリング サーチ スペース(CSS)を選択します。 コーリング サーチ スペースは、ダイヤルされた番号がどのようにルーティングされるかを検索できるパーティション(利用可能な一連の電話帳のようなもの)のリストから構成されています。 デバイス用のコーリング サーチ スペースと電話番号用のコーリング サーチ スペースは併用することができます。 電話番号の CSS は、デバイスの CSS に優先します。
              (注)     

              コーリング サーチ スペースは、Cisco Unified Communications Manager Administration の [コーリング サーチ スペースの設定(Calling Search Space Configuration)] ウィンドウで定義されます([コール ルーティング(Calling routing)] > [コントロールのクラス(Class of Control)] > [コーリング サーチ スペース(Calling Search Space)])。 検索フィールドと [検索(Find)] ボタンを併用して、設定されているすべてのコーリング サーチ スペースとその現在の設定を検索できます。

            • [ロケーション(Location)]:この Cisco Desktop Collaboration Experience に該当するロケーションを選択します。
            • [オーナーのユーザ ID(Owner User ID)]:ドロップダウン リスト ボックスから、割り当てられた Cisco Desktop Collaboration Experience ユーザのユーザ ID を選択します。
          2. このウィンドウの [プロトコル固有情報(Protocol Specific Information)] ペインで、ドロップダウン リストから [デバイス セキュリティ プロファイル(Device Security Profile)] を選択します。 Cisco Desktop Collaboration Experience のセキュリティ機能を有効にするには、デバイス タイプとプロトコルに応じた新しいセキュリティ プロファイルを設定し、Cisco Desktop Collaboration Experience に適用する必要があります。

            プロファイルに含まれている設定を確認するには、[システム(System)] > [セキュリティ プロファイル(Security Profile)] > [電話セキュリティ プロファイル(Phone Security Profile)] の順に選択します。

            (注)     

            企業全体のセキュリティ戦略に基づいてセキュリティ プロファイルを使用します。

          3. [保存(Save)] をクリックします。
          ステップ 2   回線を設定します。
          1. [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、ウィンドウの左ペインにある [回線 1(Line 1)] をクリックします。 [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが表示されます。
          2. [電話番号(Directory Number)] フィールドで、ダイヤル可能な有効な番号を入力します。
            (注)     

            [ユーザの設定(User Configuration)] ウィンドウの [電話番号(Telephone Number)] フィールドに表示されるのと同じ番号を入力します。

            例:上の例で、26640 はユーザ John Doe の電話番号です。

          3. [ルート パーティション(Route Partition)] ドロップダウン リストから、電話番号が属するパーティションを選択します。 電話番号へのアクセスを制限しない場合、パーティションに対して [<なし>(<None>)] を選択します。
          4. [コーリング サーチ スペース(Calling Search Space)] ドロップダウン リスト([電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの [電話番号の設定(Directory Number Settings)] ペイン)から、適切なコーリング サーチ スペースを選択します。 コーリング サーチ スペースは、この電話番号からコールを発信できる番号を検索するための、パーティションのリストで構成されます。 選択した値は、この電話番号を使用するすべてのデバイスに適用されます。
          5. [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの [コール転送の設定(Call Forward Settings)] で、項目([不在転送(Forward All)]、[話中転送(内部)(Forward Busy Internal)] など)と、それに対応するコールの送信先を選択します。

            例:内線コールと外線コールがビジー信号を受信した場合に、この回線のボイス メールに転送するには、[コール転送の設定(Call Forward Settings)] ペインの左側の列で、[話中転送(内部)(Forward Busy Internal)] と [話中転送(外部)(Forward Busy External)] の横の [ボイス メール(Voice Mail)] ボックスをオンにします。

          6. [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの [デバイス...の回線 1(Line 1 on Device...)] ペインで、次の項目を設定します。
            • [表示(内線発信者 ID フィールド)(Display (Internal Caller ID field))]:このデバイスのユーザの姓と名を入力します。入力した名前は、すべての内線コールに表示されるようになります。 このフィールドを空白にして、電話機の内線番号をシステムに表示させることもできます。
            • [外線電話番号マスク(External Phone Number Mask)]:この回線からコールを発信したときに、発信者 ID 情報の送出に使用される電話番号(マスク)を指定します。 最大 24 個の番号と文字「X」が入力することができます。 X は電話番号を表し、パターンの最後に使用する必要があります。 例:上に示す john doe の内線番号の例で、マスクを 408902XXXX と指定すると、内線 6640 からの外線コールには、発信者の ID 番号 4089026640 が表示されます。
              (注)     

              この設定は、右側の [共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)] チェックボックスをオンにし、[選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスにしか適用されません。 (右側のチェックボックスは、この電話番号を他のデバイスと共有している場合のみ表示されます)。

          7. [保存(Save)] をクリックします。
          8. このウィンドウの下部にある [エンド ユーザの関連付け(Associate End Users)] をクリックして、設定している回線にユーザを関連付けます。

            [検索(Find)] ボタンと各種検索フィールドを使用してユーザを見つけた後、ユーザ名の横のボックスをオンにし、[選択項目の追加(Add Selected)] をクリックします。 [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの [回線に関連付けられているユーザ(Users Associated With Line)] ペインに、ユーザ名とユーザ ID が表示されます。

          9. [保存(Save)] をクリックします。

            これでユーザが、Cisco Desktop Collaboration Experience の回線 1 に関連付けられています。

          10. Cisco Desktop Collaboration Experience に 2 番目の回線がある場合は、回線 2 を設定します。
          11. ユーザをデバイスに関連付けます。
            • [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択します。
            • 各種検索ボックスと [検索(Find)] ボタンを使用して、追加したユーザを探します(例:doe という姓で検索)。
            • ユーザ ID(例:johndoe)をクリックします。 [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。
            • [デバイスの割り当て(Device Associations)] をクリックします。
            • [検索(Search)] フィールドと [検索(Find)] ボタンを使用して、ユーザに関連付けるデバイスを見つけます。 デバイスを選択し、[選択/変更の保存(Save Selected/Changes)] をクリックします。 これでユーザがデバイスに関連付けられます。
            • 画面の右上にある [ユーザの設定に戻る(Back to User)] 関連リンクの横の [移動(Go)] ボタンをクリックします。
          ステップ 3   エンド ユーザの最終設定手順の実行に進みます。

          エンド ユーザの最終設定手順の実行

          [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ページが表示されていない場合は、[ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択して、設定の最後の作業を行います。 [検索(Search)] フィールドと [検索(Find)] ボタンを使用してユーザ(例:John Doe)を見つけた後、ユーザ ID をクリックして、そのユーザの [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウを開きます。

          [エンド ユーザの設定(End User configuration)] ウィンドウで、次の手順を実行します。

          手順
            ステップ 1   画面の [電話番号の割り当て(Directory Number Associations)] ペインで、ドロップダウン リストからプライマリ内線を設定します。
            ステップ 2   [権限情報(Permissions Information)] ペインで、[ユーザ グループ(User Group)] ボタンを使用して、このユーザを任意のユーザ グループに追加します。 たとえば、[標準 CCM エンド ユーザ(Standard CCM End Users)] グループとして定義されたグループにユーザを追加することもできます。 設定されているすべてのユーザ グループを表示するには、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ グループ(User Groups)] の順に選択します。
            ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。