Cisco Desktop Collaboration Experience DX600 シリーズ管理者ガイド、リリース 10.0(1)
外部カメラの設定
外部カメラの設定

外部カメラの設定

Cisco Desktop Collaboration Experience 電話機は、外部カメラとしてアドオンの Logitech C920-C Webcam アクセサリをサポートしています。

Logitech C920-C Webcam を、Cisco Desktop Collaboration Experience 電話機に接続し、Cisco Unified IP Phone または他の Cisco Desktop Collaboration Experience シリーズ電話機とポイントツーポイントのビデオ コールを実行できます。 

この章の構成は、次のとおりです。

外部カメラのセットアップ

外部カメラを設定するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで次の設定手順を実行します。

次のいずれかのウィンドウで、次の手順で示すパラメータを有効にすることができます。

  • [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウ([デバイス(Device)] > [電話(Phone)]
  • [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウ([システム(System)] > [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)]
  • [共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)]([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]

設定ウィンドウ内の対応する [共通設定の上書き(Override Common Settings)] パラメータも必ずチェックしてください。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを使用して、手順を説明します。

手順
    ステップ 1   外部カメラを追加する電話機の[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウ([デバイス(Device)] > [電話(Phone)])で、Cisco Camera のパラメータを有効にします。 このフィールドは、ウィンドウの [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] レイアウト部分にあります。
    ステップ 2   同じウィンドウ上で、ビデオ コール パラメータを有効にします。
    ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。

    外部カメラの設定

    電話機に外部カメラを取り付けると、外部カメラの機能を制御することができます。

    自動転送設定の調整

    自動転送設定は発着信時のビデオのストリーミングを制御します。 自動転送機能がオン(デフォルト設定)に設定されている場合、通話中にカメラからビデオが自動的に転送されます。 自動転送機能がオフの場合、各通話のビデオは自動的に転送停止されます(ただし、ビデオの受信は行われます)。 ビデオの転送を再開するには、[動画の停止(Stop Video)] を押します。 自動転送機能の設定をオンまたはオフするには、次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   Cisco Desktop Collaboration Experience 電話機で、電話アプリケーションを開始します。
      ステップ 2   をタップします。
      ステップ 3   [常に動画を送信(Always Send Video)] をオンまたはオフに切り替えます。

      外部カメラの設置後の確認作業

      外部カメラを設置した後に、次の確認を実行してください。

      1. [外部カメラが接続されました(External Camera Connected)] とメッセージが表示されるまで待ちます。
      2. をタップします。
      3. [セルフビュー(Self View)] をタップします。
      4. 視野に明るい光が入らない場所に電話機および外部カメラを置いてください。
      5. ユーザが前面からの光に照らされる場所に電話機および外部カメラを置いてください。