Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド for Cisco Unified Communications Manager Business Edition 5000 リリース 8.5(1)
コール ピックアップ
コール ピックアップ
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

コール ピックアップ

コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト

他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト

ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト

BLF コール ピックアップの設定チェックリスト

コール ピックアップの概要

コール ピックアップ

グループ コール ピックアップ

他グループ コール ピックアップ

ダイレクト コール ピックアップ

ダイレクト コール ピックアップの例

BLF コール ピックアップ

BLF コール ピックアップの例

自動コール ピックアップ

応答なし時のコール ピックアップ

ビジー時のコール ピックアップ

帯域幅不足時のコール ピックアップ

ハント リストでのコール ピックアップ機能の使用

パーティションによりアクセスを制限するコール ピックアップ機能の使用

コール ピックアップ通知

コール ピックアップのシステム要件

インタラクションおよび制限事項

インタラクション

ルート プラン レポート

コーリング サーチ スペースとパーティション

Time of Day

コール アカウンティング

依存関係レコード

制限事項

コール ピックアップのインストールとアクティブ化

コール ピックアップ機能の設定

コール ピックアップのサービス パラメータの設定

コール ピックアップ グループの設定

コール ピックアップ グループの検索

コール ピックアップ グループの設定

コール ピックアップ グループの設定項目

コール ピックアップ グループの削除

他グループ コール ピックアップのピックアップ グループの定義

電話番号へのコール ピックアップ グループの割り当て

ハント パイロットへのコール ピックアップ グループの割り当て

関連項目

コール ピックアップ

コール ピックアップ機能を使用すると、自分の電話番号以外の番号に着信したコールに応答できます。これらの機能については、「コール ピックアップの概要」で説明します。

ここでは、次のトピックについて説明します。

「コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト」

「他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト」

「ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト」

「BLF コール ピックアップの設定チェックリスト」

「コール ピックアップの概要」

「コール ピックアップのシステム要件」

「インタラクションおよび制限事項」

「コール ピックアップのインストールとアクティブ化」

「コール ピックアップ機能の設定」

「コール ピックアップ グループの設定」

「関連項目」

コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト

コール ピックアップ機能を使用すると、ユーザは、本人が所属するグループ内の着信コールを受けることができます。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザが Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにしたときに、適切なコール ピックアップ グループ番号を自動的にダイヤルします。このタイプのコール ピックアップには、[ピック] ソフトキーを使用します。


) Cisco Unified IP Phone 6900 は、コール ピックアップ プログラム可能な機能ボタンまたは [コールピックアップ] ソフトキーを使用します。Cisco Unified IP Phone 8900 および 9900 は、コール ピックアップ プログラム可能な機能ボタンのみを使用します。


グループ コール ピックアップを使用すると、ユーザは、別のグループ内の着信コールを受けることができます。ユーザは、Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにするときに、適切なコール ピックアップ グループ番号をダイヤルする必要があります。このタイプのコール ピックアップには、[Gピック] ソフトキーを使用します。


) Cisco Unified IP Phone 6900 は、グループ ピックアップ プログラム可能な機能ボタンまたは [グループピックアップ] ソフトキーを使用します。Cisco Unified IP Phone 8900 および 9900 は、グループ ピックアップ プログラム可能な機能ボタンのみを使用します。


複数のコールがピックアップ グループに着信している場合にグループ コール ピックアップ電話機能を呼び出すと、ユーザは、呼び出し時間の最も長い着信コールに接続されます。


) コール ピックアップ機能とグループ コール ピックアップ機能の設定手順は同じです。グループ コール ピックアップ番号は、回線または電話番号に適用されます。


表 6-1 に、コール ピックアップ機能およびグループ コール ピックアップ機能を設定する際のチェックリストを示します。これらの機能の詳細については、「コール ピックアップの概要」および 「関連項目」を参照してください。

 

表 6-1 コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト

設定手順
関連手順と関連項目

ステップ 1

コール ピックアップ グループでパーティションを使用する場合は、パーティションを設定します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

「パーティションによりアクセスを制限するコール ピックアップ機能の使用」

ステップ 2

コール ピックアップ グループを設定します。名前と番号は一意にしてください。

「コール ピックアップ グループの設定」

ステップ 3

ステップ 2 で作成したコール ピックアップ グループを、コール ピックアップを有効にする電話機に関連付けられた電話番号に割り当てます。

コール ピックアップ機能を使用するには、コール ピックアップ グループに割り当てられた電話番号だけを使用する必要があります。

コール ピックアップ番号でパーティションを使用する場合は、コール ピックアップ グループに割り当てられた電話番号が、適切なパーティションを含むコーリング サーチ スペースを持つようにしてください。

「電話番号へのコール ピックアップ グループの割り当て」

ステップ 4

通知をオーディオまたはビジュアル、あるいはその両方に設定します(オプション)。

Call Pickup Group Audio Alert Setting サービス パラメータを設定します。

[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウで通知タイプ(オーディオ、ビジュアル、両方)を設定します。

[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウで通知タイマーを設定します。

[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウで各電話機のオーディオ アラート設定項目を設定します。

「コール ピックアップ通知」

「コール ピックアップ グループの設定項目」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 5

必要に応じて、電話ボタン テンプレートにコール ピックアップ ボタンまたはグループ ピックアップ ボタンを追加します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 6

Pick Up(PickUp) ソフトキーと Group Pick Up(GPickUp) ソフトキーを使用する電話機に、Standard User または Standard Feature ソフトキー テンプレートを割り当てます。

(注) コールを受ける電話機をユーザが所属するグループ内の電話機に限定するには、ソフトキー テンプレートの Group Pick Up(GPickUp) ソフトキーまたは Other Pickup(OPickup) ソフトキーを [ソフトキーテンプレートの設定(Softkey Template Configuration)] ウィンドウの [選択されていないソフトキー(Unselected Softkeys)] ボックスに移動して無効にします。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 7

コール ピックアップ グループに対して自動コール応答が必要な場合は、Auto Call Pickup Enabled サービス パラメータの値に [True] を選択して有効にします。デフォルトは [False] です。

「自動コール ピックアップ」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 8

Auto Call Pickup Enabled サービス パラメータが [False] の場合は、Call Pickup No Answer Timer サービス パラメータの値を入力します。コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、または他グループ コール ピックアップによってコールがピックアップされたが応答されなかった場合、このパラメータはコールの復元に要する時間を制御します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 9

Pickup Locating Timer サービス パラメータの値を入力します。このパラメータは、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、および他グループ コール ピックアップでのコール選択の時間を制御します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 10

コール ピックアップ機能およびグループ コール ピックアップ機能、またはどちらか一方が使用可能であることをユーザに通知します。

ユーザが Cisco Unified IP Phone でコール ピックアップ機能およびグループ コール ピックアップ機能にアクセスする方法については、電話機のマニュアルを参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト

他グループ コール ピックアップ機能を使用すると、ユーザは、本人が所属するグループに関連付けられたグループ内の、着信コールを受けることができます。Cisco Unified Communications Manager は、ユーザが Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにしたときに、関連付けられたグループ内の着信コールを自動的に検索して、コール接続を確立します。このタイプのコール ピックアップには、[他Grp] ソフトキーを使用します。


) Cisco Unified IP Phone 6900 は、他グループピックアップ プログラム可能な機能ボタンまたは [他グループピックアップ] ソフトキーを使用します。Cisco Unified IP Phone 8900 および 9900 は、他グループピックアップ プログラム可能な機能ボタンのみを使用します。


関連付けられたグループが複数存在する場合、関連付けられたグループへのコールに応答する際の優先順位は、関連付けられた最初のグループから最後のグループまでの順になります。たとえば、グループ A、B、および C がグループ X に関連付けられており、コールに応答する際の優先順位がグループ A、B、および C の順になっているとします。グループ A の着信コールよりも前にグループ C にコールが着信している可能性がありますが、グループ X は最初にグループ A の着信コールを受けます。


) 通常、同じグループ内で複数の着信コールが発生した場合は、呼び出し音が最も長く鳴っている(呼び出し時間が最も長い)コールが最初に応答されます。他グループ コール ピックアップの場合、関連付けられたピックアップ グループが複数設定されているときは、呼び出し時間よりも優先順位が優先されます。


表 6-2 に、他グループ コール ピックアップを設定する際のチェックリストを示します。他グループ コール ピックアップの詳細については、「コール ピックアップの概要」および 「関連項目」を参照してください。

 

表 6-2 他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト

設定手順
関連手順と関連項目

ステップ 1

すべてのピックアップ グループから選択可能な、関連付けられたグループのリストを設定します。リストには最大 10 のグループを含めることができます。

「他グループ コール ピックアップのピックアップ グループの定義」

ステップ 2

ユーザのグループに関連付けられたグループのメンバに関する Calling Search Space パラメータと TOD パラメータを設定します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

Cisco Unified Communications Manager システム ガイド 』の 「Time-of-Day ルーティング」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 3

他グループ コール ピックアップに対して自動コール応答が必要な場合は、Auto Call Pickup Enabled サービス パラメータの値に [True] を入力して有効にします。デフォルトは [False] です。

「自動コール ピックアップ」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 4

Auto Call Pickup Enabled サービス パラメータが [False] の場合は、Call Pickup No Answer Timer サービス パラメータの値を入力します。コールが他グループ コール ピックアップによってピックアップされたが応答されなかった場合、このパラメータはコールの復元に要する時間を制御します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 5

Pickup Locating Timer サービス パラメータの値を入力します。このパラメータは、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、および他グループ コール ピックアップでのコール選択の時間を制御します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 6

電話機に Other Pickup(OPickUp) ソフトキーを設定するには、Standard User または Standard Feature ソフトキー テンプレートを変更して、その電話機に追加します。

Other Pickup(OPickUp) ソフトキーを含めるには、次の手順でテンプレートを変更します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ソフトキーテンプレート(Softkey Template)] の順に選択します。

対象となるソフトキー テンプレートを選択します。

[ソフトキーレイアウトの設定(Softkey Layout Configuration)] リンクを選択します。

オンフックまたはオフフックのコール状態を選択します。

[選択されていないソフトキー(Unselected Softkeys)] ボックスで [Other Pickup(OPickUp)] を選択します。右矢印をクリックし、Other Pickup(OPickUp) ソフトキーを [選択されたソフトキー(Selected Softkeys、位置順)] ボックスに移動します。

(注) コールを受ける電話機をユーザが所属するグループ内の電話機に限定するには、ソフトキー テンプレートで Other Pickup(OPickUp) ソフトキーを無効にします。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 7

必要に応じて、他グループピックアップ ボタンを電話ボタン テンプレートに追加します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 8

他グループ コール ピックアップ機能が使用可能であることをユーザに通知します。

ユーザが Cisco Unified IP Phone で他グループ コール ピックアップ機能にアクセスする方法については、電話機のマニュアルを参照してください。

ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト

ダイレクト コール ピックアップ機能を使用すると、ユーザは、[Gピック] ソフトキーまたは [グループピックアップ] ソフトキーを押して、呼び出し中のデバイスの電話番号を入力することで、DN で呼び出し中のコールを直接受けることができます。 Cisco Unified Communications Manager は、関連付けられたグループ メカニズムを使用して、ダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出して着信コールを受けるユーザの特権を制御します。ユーザに関連付けられたグループによって、ユーザが所属するピックアップ グループに関連付けられている 1 つ以上のコール ピックアップ グループが指定されます。

ユーザが呼び出し中のコールを直接 DN から受けるには、ユーザの関連付けられたグループに、DN が所属するピックアップ グループが含まれている必要があります。2 人のユーザが 2 つの異なるコール ピックアップ グループに所属しており、ユーザの関連付けられたグループに相手のユーザのコール ピックアップ グループが含まれていない場合、これらのユーザはダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出して互いのコールを受けることができません。

ユーザがダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出し、着信コールのピックアップ元の DN を入力すると、ユーザは、DN が所属するコール ピックアップ グループの中で呼び出し時間の最も長いコールであるかどうかに関係なく、指定した電話機への着信コールに接続されます。

複数のコールが特定の DN を呼び出し中で、ユーザがダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出してその DN からコールを受けると、ユーザは指定した DN で呼び出し時間が最も長い着信コールに接続されます。

表 6-3 に、ダイレクト コール ピックアップを設定する際のチェックリストを示します。ダイレクト コール ピックアップの詳細については、「コール ピックアップの概要」および 「関連項目」を参照してください。

 

表 6-3 ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト

設定手順
関連手順と関連項目

ステップ 1

すべてのピックアップ グループから選択可能な、関連付けられたグループのリストを設定します。リストには最大 10 のグループを含めることができます。

「他グループ コール ピックアップのピックアップ グループの定義」

ステップ 2

ユーザのグループに関連付けられたグループのメンバに関する Calling Search Space パラメータと TOD パラメータを設定します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

Cisco Unified Communications Manager システム ガイド 』の 「Time-of-Day ルーティング」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 3

ダイレクト コール ピックアップに対して自動コール応答が必要な場合は、Auto Call Pickup Enabled サービス パラメータの値に [True] を入力して有効にします。デフォルトは [False] です。

「自動コール ピックアップ」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 4

Auto Call Pickup Enabled サービス パラメータが [False] の場合は、Call Pickup No Answer Timer サービス パラメータの値を入力します。コールがダイレクト コール ピックアップによってピックアップされたが応答されなかった場合、このパラメータはコールの復元に要する時間を制御します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 5

Pickup Locating Timer サービス パラメータの値を入力します。このパラメータは、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、および他グループ コール ピックアップでのコール選択の時間を制御します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 6

電話機に Group Call Pickup(GPickUp) ソフトキーを設定するには、Standard User または Standard Feature ソフトキー テンプレートを変更して、その電話機に追加します。

Group Call Pickup(GPickUp) ソフトキーを含めるには、次の手順でテンプレートを変更します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ソフトキーテンプレート(Softkey Template)] の順に選択します。

対象となるソフトキー テンプレートを選択します。

[ソフトキーレイアウトの設定(Softkey Layout Configuration)] リンクを選択します。

オンフックまたはオフフックのコール状態を選択します。

[選択されていないソフトキー(Unselected Softkeys)] ボックスで [Group Call Pickup(GPickUp)] を選択します。右矢印をクリックし、Group Call Pickup(GPickUp) ソフトキーを [選択されたソフトキー(Selected Softkeys、位置順)] ボックスに移動します。

(注) コールを受ける電話機をユーザが所属するグループ内の電話機に限定するには、ソフトキー テンプレートで Group Call Pickup(GPickUp) ソフトキーを無効にします。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 7

必要に応じて、グループ ピックアップ ボタンを電話ボタン テンプレートに追加します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 8

ダイレクト コール ピックアップ機能が使用可能であることをユーザに通知します。

ユーザが Cisco Unified IP Phone でダイレクト コール ピックアップ機能にアクセスする方法については、電話機のマニュアルを参照してください。

BLF コール ピックアップの設定チェックリスト

Cisco Unified IP Phone のビジー ランプ フィールド(BLF; Busy Lamp Field)ボタンを DN に関連付けることができます。この操作により、Cisco Unified Communications Manager は、コールが DN からのピックアップの待機中である場合に、そのことを電話機のユーザに通知できます。DN は BLF DN を表しており、BLF DN へのコールを受ける電話機が BLF コール ピックアップの開始側となります。

次の規則が、BLF DN および BLF コール ピックアップ開始側に適用されます。

BLF コール ピックアップ開始側は、次に使用可能な回線または指定された回線として選択されます。指定された回線を使用するには、BLF SD ボタンを押す前に回線がオフフックになっている必要があります。

BLF コール ピックアップの開始側がハント リスト メンバへの着信コールを受けることができるように、ハント リスト メンバ DN を BLF DN として設定できます。ハント リスト メンバへの着信コールは、ハント リストから発信されたコールの場合もあれば、ダイレクト コールの場合もあります。どちらの場合も、動作は、コール ピックアップのハント リスト メンバ DN、BLF DN、およびハント パイロット番号がどのように設定されているかによって異なります。

サービス パラメータ Auto Call Pickup Enabled が [False] に設定されているときにコール ピックアップを実行する場合、電話機がオフフックになっている必要があります。または、ユーザが [応答] キーを押してコールを受ける必要があります。

電話機の BLF SD ボタンは、次のいずれかの状態になります。

アイドル:BLF DN にコールが存在していないことを示します。

話し中:BLF DN に 1 つ以上のアクティブ コールが存在するが、アラートは発生していないことを示します。

アラート:点滅している場合は、BLF DN に 1 つ以上の着信コールがあることを示します。


) オプションで、ビジュアル アラートに加え警告音を設定することができます。


BLF DN への着信コールに対する対応は、次のとおりです。

1. BLF DN への着信コールがあることを示すため、BLF コール ピックアップの開始側電話機で BLF SD ボタンが点滅します。

2. 自動コール ピックアップが設定されている場合、ユーザはコール ピックアップの開始側電話機で BLF SD ボタンを押すと、着信コールを受けることができます。自動コール ピックアップが設定されていない場合は、電話機がオフフックになっている必要があります。または、ユーザが [応答] キーを押してコールを受ける必要があります。

表 6-4 に、BLF コール ピックアップを設定する際のチェックリストを示します。BLF コール ピックアップの詳細については、「コール ピックアップの概要」および 「関連項目」を参照してください。

 

表 6-4 BLF コール ピックアップの設定チェックリスト

設定手順
関連手順と関連項目

ステップ 1

BLF DN のコール ピックアップ グループを設定します。名前と番号は一意にしてください。

「コール ピックアップ グループの設定」

ステップ 2

別のコール ピックアップ グループを作成し、ステップ 1 で作成したコール ピックアップ グループに関連付けます。1 つのコール ピックアップ グループを複数の BLF DN コール ピックアップ グループに関連付けることができます。

コール ピックアップ グループに割り当てられた電話番号だけが、BLF コール ピックアップ機能を使用できます。

コール ピックアップ番号でパーティションを使用する場合は、コール ピックアップ グループに割り当てられた電話番号が、適切なパーティションを含むコーリング サーチ スペースを持つようにしてください。

(注) 必ずしも別のコール ピックアップ グループを作成する必要があるわけではありません。ピックアップ グループは、それ自身をアソシエーション グループとして保持できます。

「コール ピックアップ グループの設定」

ステップ 3

スピード ダイヤル BLF ボタンを含むカスタマイズ電話ボタン テンプレートを作成し、BLF DN からコールを受けるために使用される電話デバイスにその電話ボタン テンプレートを関連付けます。BLF DN からコールを受ける電話機がコール ピックアップの開始側となります。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 4

BLF コール ピックアップの開始側用として作成した電話機に BLF SD 番号を設定します。そのためには、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで [新規BLF SDを追加(Add a new BLF SD)] リンクをクリックします。[ビジーランプフィールドスピードダイヤルの設定(Busy Lamp Field Speeddial Configuration)] ウィンドウが表示されます。BLF SD ボタンによって監視される BLF DN となる電話番号を選択します。[コールピックアップ(Call Pickup)] チェックボックスで、BLF SD ボタンに関連付けられたピックアップ機能を有効にします。

(注) このチェックボックスをオンにすると、BLF コール ピックアップと BLF スピード ダイヤルに BLF SD ボタンを使用できます。このチェックボックスがオフになっている場合は、BLF スピード ダイヤルにだけ BLF SD ボタンを使用できます。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 5

[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウで、ステップ 2 で作成されたコール ピックアップ グループに対する BLF コール ピックアップの開始側として使用される DN を追加します。

(注) BLF DN のピックアップ グループは、開始側のアソシエーション グループに所属している必要があります。ステップ 2 で作成されたピックアップ グループには、一連のアソシエーション グループ内で、ステップ 1 で作成されたピックアップ グループが含まれている必要があります。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 6

[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウで、ステップ 1 で作成したコール ピックアップ グループに BLF DN を追加します。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 7

(オプション)[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウで、クラスタに関する BLF コール ピックアップ オーディオ アラートをアクティブにするため、次の Cisco CallManager サービス パラメータを有効にします。

[BLF Pickup Audio Alert Setting of Idle Station]

[BLF Pickup Audio Alert Setting of Busy Station]

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 8

(オプション)BLF コール ピックアップの開始側が BLF-SD を押すことによって発信者に接続できるようにするには、Cisco CallManager サービス パラメータ Auto Call Pickup Enabled を [True] に設定します。

このサービス パラメータを [False] に設定すると、コール ピックアップの開始側は、BLF-SD ボタンを押すだけでなく、オフフックにしたり、応答ボタンを押してコールに応答したりする必要があります。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

ステップ 9

(オプション)[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、BLF コール ピックアップの開始側に関する BLF コール ピックアップ オーディオ アラートをアクティブにするため、次のフィールドを有効にします。

[BLFオーディオアラート設定(BLF Audible Alert Setting、電話がアイドルのとき)]

[BLFオーディオアラート設定(BLF Audible Alert Setting、電話がビジーのとき)]

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の

ステップ 10

(オプション)[エンタープライズパラメータ設定(Enterprise Parameters Configuration)] ウィンドウで、エンタープライズ パラメータの Cisco Support Use 1 を使用して、ハント パイロット番号のコール ピックアップ グループへの追加を許可または禁止します。フィールドに CSCsb42763 と入力すると、ハント パイロット番号のコール ピックアップ グループへの追加が許可されます。このように入力しない場合は、ハント パイロット番号をコール ピックアップ グループに追加できません。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「エンタープライズ パラメータの設定」

ステップ 11

コール ピックアップ機能が使用可能であることをユーザに通知します。

ユーザが Cisco Unified IP Phone でコール ピックアップ機能にアクセスする方法については、電話機のマニュアルを参照してください。

コール ピックアップの概要

Cisco Unified IP Phone では、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、他グループ コール ピックアップ、ダイレクト コール ピックアップ、BLF コール ピックアップ、および自動コール ピックアップといった各タイプのコール ピックアップをサポートしています。

次の情報は、すべてのタイプのコール ピックアップに適用されます。

アイドルおよびオフフックのコール状態では、[ピック]、[Gピック]、および [他Grp] の 3 つのソフトキーが使用可能になります。管理者は、ユーザがコール ピックアップ機能を呼び出せるよう、これらのソフトキーを標準ソフトキー テンプレートに追加する必要があります。「コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト」「他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト」、および 「ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト」を参照してください。

ユーザは、コールが着信していない電話機からコールを受けるためにコール ピックアップ機能を呼び出すと、「ピックアップできるコールがありません」というメッセージを受け取ります。ユーザがコール ピックアップ機能を呼び出し、コールを受けるように設定されていない DN から呼び出し中のコールを受けると、リオーダー音が聞こえます。

コール ピックアップは打診転送コールで動作します。次のシナリオは、1 つの例を示しています。ユーザ A がユーザ C にコールを発信し、ユーザ C が応答します。ユーザ C は [転送] キーを押して、電話機 D にダイヤルします。ユーザ E は、電話機 D の呼び出し音を聞き、コール ピックアップ機能を使用して、電話機 D で呼び出し中のコールを受けます。ユーザ C が再び [転送] キーを押すと、ユーザ A とユーザ E が接続されます。また、コール ピックアップは、電話機 D がコールを受けるか、またはユーザ E がコール ピックアップ機能を呼び出す前に、ユーザ C が [転送] キーを押した場合にも動作します。

コール ピックアップ機能は、アドホック会議コールで動作します。次のシナリオは、1 つの例を示しています。ユーザ A がユーザ C にコールを発信し、ユーザ C が応答します。ユーザ C は、[会議] キーを押し、電話機 D に打診コールを発信します。ユーザ E は、電話機 D の呼び出し音を聞き、コール ピックアップ機能を使用して、電話機 D で呼び出し中のコールを受けます。その後、ユーザ C が再び [会議] キーを押すと、ユーザ A、ユーザ C、およびユーザ E がアドホック会議に接続されます。また、コール ピックアップ機能は、電話機 D で呼び出し中のコールをユーザ E が受ける前に、ユーザ C が 2 回目の [会議] キーを押した場合にも動作します。

サービス パラメータ Auto Call Pickup Enabled が [False] に設定されている状態で、DN C で呼び出し中のユーザ A からのコールを受けるためにユーザ E が正常にコール ピックアップ機能を呼び出したとします。ユーザ E は、Call Pickup No Answer Timer に指定された期限が切れる前にコールを受けませんでした。この場合、ユーザ A からのコールは復元され、DN C での呼び出しが続行されます。

ユーザは、コールを受けるための空き回線がある場合にだけ、コール ピックアップ機能を呼び出すことができます。ユーザの回線が保留中のコールでビジーである場合は、「ピックアップできる回線がありません」というメッセージがディスプレイに表示され、元のコールは送信先番号の呼び出しを続行します。

コール ピックアップの各タイプの詳細については、次のトピックを参照してください。

「コール ピックアップ」

「グループ コール ピックアップ」

「他グループ コール ピックアップ」

「ダイレクト コール ピックアップ」

「BLF コール ピックアップ」

「自動コール ピックアップ」

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップ

コール ピックアップ機能を使用すると、ユーザは、本人が所属するグループ内の着信コールを受けることができます。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザが Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにしたときに、適切なコール ピックアップ グループ番号を自動的にダイヤルします。このタイプのコール ピックアップには、[ピック] ソフトキーまたはピック機能ボタンを使用します。

コール ピックアップ機能は、自動コール ピックアップが有効か無効かに関係なく動作します。詳細については、「自動コール ピックアップ」を参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

グループ コール ピックアップ

グループ コール ピックアップを使用すると、ユーザは、別のグループ内の着信コールを受けることができます。ユーザは、Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにするときに、適切なコール ピックアップ グループ番号をダイヤルする必要があります。このタイプのコール ピックアップには、[Gピック] ソフトキーまたはグループ ピックアップ機能ボタンを使用します。

複数のコールがピックアップ グループに着信している場合にグループ コール ピックアップ電話機能を呼び出すと、ユーザは、呼び出し時間の最も長い着信コールに接続されます。


) コール ピックアップ機能とグループ コール ピックアップ機能の設定手順は同じです。グループ コール ピックアップ番号は、回線または電話番号に適用されます。


グループ コール ピックアップ機能は、自動コール ピックアップが有効か無効かに関係なく動作します。詳細については、「自動コール ピックアップ」を参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

他グループ コール ピックアップ

他グループ コール ピックアップ機能を使用すると、ユーザは、本人が所属するグループに関連付けられたグループ内の、着信コールを受けることができます。Cisco Unified Communications Manager は、ユーザが Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにしたときに、関連付けられたグループ内の着信コールを自動的に検索して、コール接続を確立します。このタイプのコール ピックアップには、[他Grp] ソフトキーまたは他Grp 機能ボタンを使用します。

関連付けられたグループが複数存在する場合、関連付けられたグループへのコールに応答する際の優先順位は、関連付けられた最初のグループから最後のグループまでの順になります。たとえば、グループ A、B、および C がグループ X に関連付けられており、コールに応答する際の優先順位がグループ A、B、および C の順になっているとします。グループ A の着信コールよりも前にグループ C にコールが着信している可能性がありますが、グループ X は最初にグループ A の着信コールを受けます。


) 通常、同じグループ内で複数の着信コールが発生した場合は、呼び出し音が最も長く鳴っている(呼び出し時間が最も長い)コールが最初に応答されます。他グループ コール ピックアップの場合、関連付けられたピックアップ グループが複数設定されているときは、呼び出し時間よりも優先順位が優先されます。


他グループ コール ピックアップ機能は、自動コール ピックアップが有効か無効かに関係なく動作します。詳細については、「自動コール ピックアップ」を参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ダイレクト コール ピックアップ

ダイレクト コール ピックアップ機能を使用すると、ユーザは、[Gピック] ソフトキーまたはグループ ピックアップ機能ボタンを押して、呼び出し中のデバイスの電話番号を入力することで、DN で呼び出し中のコールを直接受けることができます。 Cisco Unified Communications Manager は、関連付けられたグループ メカニズムを使用して、ダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出して着信コールを受けるユーザの特権を制御します。ユーザに関連付けられたグループによって、ユーザが所属するピックアップ グループに関連付けられている 1 つ以上のコール ピックアップ グループが指定されます。

ユーザが呼び出し中のコールを直接 DN から受けるには、ユーザの関連付けられたグループに、DN が所属するピックアップ グループが含まれている必要があります。2 人のユーザが 2 つの異なるコール ピックアップ グループに所属しており、ユーザの関連付けられたグループに相手のユーザのコール ピックアップ グループが含まれていない場合、これらのユーザはダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出して互いのコールを受けることができません。

ユーザがダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出し、着信コールのピックアップ元の DN を入力すると、ユーザは、DN が所属するコール ピックアップ グループの中で呼び出し時間の最も長いコールであるかどうかに関係なく、指定した電話機への着信コールに接続されます。

複数のコールが特定の DN を呼び出し中で、ユーザがダイレクト コール ピックアップ機能を呼び出してその DN からコールを受けると、ユーザは指定した DN で呼び出し時間が最も長い着信コールに接続されます。

ダイレクト コール ピックアップ機能は、自動コール ピックアップが有効か無効かに関係なく動作します。詳細については、「自動コール ピックアップ」を参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ダイレクト コール ピックアップの例

次の例では、ダイレクト コール ピックアップのさまざまなシナリオを示します。

基本的なダイレクト コール ピックアップ

このシナリオは、ダイレクト コール ピックアップを示しています。図 6-1 に示すとおり、次のように設定されます。

1. 作成される 3 つのピックアップ グループは、グループ番号 111、222、および 333 から構成されます。

2. ピックアップ グループ 222 には、その他のピックアップ グループとして 111 および 333 を指定するアソシエーション グループが含まれます。

3. 電話機 C の DN は、ピックアップ グループ 111 内の 1000 に指定されます。

4. 電話機 E の DN は、ピックアップ グループ 222 内の 2000 に指定されます。

図 6-1 基本的なダイレクト コール ピックアップの設定

 

5. ユーザ A が電話機 C にコールを発信し、電話機 C で呼び出し音が鳴り始めます。

6. ユーザ E が [Gピック] ソフトキーを押し、電話機 C の DN、つまり 1000 を入力します。

7. 電話機 A と電話機 E が接続され、電話機 C の呼び出しが停止します。

図 6-2 は、ダイレクト コール ピックアップが完了した後の電話機 A と電話機 E の接続状態を示しています。

図 6-2 基本的なダイレクト コール ピックアップの完了

 

ダイレクト コール ピックアップ制御メカニズム:拒否の例 1

このシナリオは、ダイレクト コール ピックアップの試行が拒否される場合の制御メカニズムを示しています。図 6-3 に示すとおり、次のように設定されます。

1. 作成される 3 つのピックアップ グループは、グループ番号 111、222、および 333 から構成されます。

2. ピックアップ グループ 222 には、アソシエーション グループ 333 が含まれます。

3. 電話機 C の DN は、ピックアップ グループ 111 内の 1000 に指定されます。

4. 電話機 E の DN は、ピックアップ グループ 222 内の 2000 に指定されます。

図 6-3 拒否が発生するダイレクト コール ピックアップの設定 1

 

5. ユーザ A が電話機 C にコールを発信し、電話機 C で呼び出し音が鳴り始めます。

6. ユーザ E が [Gピック] ソフトキーを押し、電話機 C の DN、つまり 1000 を入力します。

7. 電話機 E に対して試みられたダイレクト コール ピックアップは、電話機 E のピックアップ グループ(222)のアソシエーション リストにグループ 111 が含まれていないため、拒否されます。

図 6-4 は、ダイレクト コール ピックアップが失敗した後の電話機 A と電話機 E の接続状態を示しています。

図 6-4 拒否されたダイレクト コール ピックアップ、例 1

 

ダイレクト コール ピックアップ制御メカニズム:拒否の例 2

このシナリオは、ダイレクト コール ピックアップの試行が拒否される場合の制御メカニズムを示しています。図 6-5 に示すとおり、次のように設定されます。

1. 作成される 3 つのピックアップ グループは、グループ番号 111、222、および 333 から構成されます。

2. ピックアップ グループ 222 には、アソシエーション グループ 111 および 333 が含まれます。

3. 電話機 C の DN は、ピックアップ グループ 111 の PT_C/1000 に指定されます。PT_C は電話機 C のパーティションを示しています。

4. 電話機 E の DN は、ピックアップ グループ 222 の PT_E/2000 に指定されます。PT_E は電話機 E のパーティションを示し、電話機 E のコーリング サーチ スペース(CSS)は PT_E に指定されます。

図 6-5 拒否が発生するダイレクト コール ピックアップの設定 2

 

5. ユーザ A が電話機 C にコールを発信し、電話機 C で呼び出し音が鳴り始めます。

6. ユーザ E が [Gピック] ソフトキーを押し、電話機 C の DN、つまり 1000 を入力します。

7. 電話機 E に対して試みられたダイレクト コール ピックアップは、電話機 E の CSS に電話機 C のパーティションが含まれていないため拒否されます。

図 6-6 は、ダイレクト コール ピックアップが失敗した後の電話機 A と電話機 E の接続状態を示しています。

図 6-6 拒否されたダイレクト コール ピックアップ、例 2

 

ダイレクト コール ピックアップ制御メカニズム:複数のコール

このシナリオは、複数のコールがピックアップ可能な場合のダイレクト コール ピックアップを示しています。図 6-7 に示すとおり、次のように設定されます。

1. 作成される 3 つのピックアップ グループは、グループ番号 111、222、および 333 から構成されます。

2. ピックアップ グループ 222 には、アソシエーション グループ 111 および 333 が含まれます。

3. 電話機 C の DN は 1000、電話機 D の DN は 3000 に指定され、どちらの電話機もピックアップ グループ 111 に属しています。

4. 電話機 E の DN は、ピックアップ グループ 222 内の 2000 に指定されます。

図 6-7 複数のコールがある場合のダイレクト コール ピックアップの設定

 

5. ユーザ A が電話機 C にコールを発信し、ユーザ B が電話機 D にコールを発信します。電話機 C と電話機 D の呼び出し音が鳴り始めます。

6. ユーザ E が [Gピック] ソフトキーを押し、電話機 D の DN、つまり 3000 を入力します。

7. 電話機 B と電話機 E が接続され、電話機 D の呼び出しが停止します。

図 6-8 は、ダイレクト コール ピックアップが完了した後の電話機 B と電話機 E の接続状態を示しています。

図 6-8 複数のコールがあるダイレクト コール ピックアップの完了

 

BLF コール ピックアップ

Cisco Unified IP Phone のビジー ランプ フィールド(BLF)ボタンを DN に関連付けることができます。この操作により、Cisco Unified Communications Manager は、コールが DN からのピックアップの待機中である場合に、そのことを電話機のユーザに通知できます。DN は BLF DN を表しており、BLF DN へのコールを受ける電話機が BLF コール ピックアップの開始側となります。

次の規則が、BLF DN および BLF コール ピックアップ開始側に適用されます。

BLF コール ピックアップ開始側は、次に使用可能な回線または指定された回線として選択されます。指定された回線を使用するには、BLF SD ボタンを押す前に回線がオフフックになっている必要があります。

BLF コール ピックアップの開始側がハント リスト メンバへの着信コールを受けることができるように、ハント リスト メンバ DN を BLF DN として設定できます。ハント リスト メンバへの着信コールは、ハント リストから発信されたコールの場合もあれば、ダイレクト コールの場合もあります。どちらの場合も、動作は、コール ピックアップのハント リスト メンバ DN、BLF DN、およびハント パイロット番号がどのように設定されているかによって異なります。

サービス パラメータ Auto Call Pickup Enabled が [False] に設定されているときにコール ピックアップを実行する場合、電話機がオフフックになっている必要があります。または、ユーザが [応答] キーを押してコールを受ける必要があります。

電話機の BLF SD ボタンは、次のいずれかの状態になります。

アイドル:BLF DN にコールが存在していないことを示します。

話し中:BLF DN に 1 つ以上のアクティブ コールが存在するが、アラートは発生していないことを示します。

アラート:点滅している場合は、BLF DN に 1 つ以上の着信コールがあることを示します。


) オプションで、ビジュアル アラートに加え警告音を設定することができます。


BLF DN への着信コールに対する対応は、次のとおりです。

1. BLF DN への着信コールがあることを示すため、BLF コール ピックアップの開始側電話機で BLF SD ボタンが点滅します。

2. 自動コール ピックアップが設定されている場合、ユーザはコール ピックアップの開始側電話機で BLF SD ボタンを押すと、着信コールを受けることができます。自動コール ピックアップが設定されていない場合は、電話機がオフフックになっている必要があります。または、ユーザが [応答] キーを押してコールを受ける必要があります。

BLF コール ピックアップの例

このシナリオは、BLF コール ピックアップを示しています。次の構成要素が設定されます。

グループ 111 は、BLF DN(電話機 B)、外部電話機(電話機 A)、および他の電話機を含むコール ピックアップ グループを表しています。

グループ 222 は、グループ 111 に関連付けられたコール ピックアップ グループを表しています。グループ 222 には電話機 C が含まれます。

電話機 A は、外部電話機を表しています。

電話機 B は、グループ 111 内の BLF DN 電話機を表しています。

電話機 C は、BLF SD ボタンが電話機 B の BLF DN を監視するように設定されており、コール ピックアップが有効な、グループ 222 内のユーザ電話機を表しています。これが、BLF コール ピックアップの開始側電話機となります。

電話機 A からのコールが電話機 B に着信すると、電話機 C の BLF SD ボタンが点灯します。電話機 C のユーザがボタンを押し、電話機 A の発信者に接続します。

ハント リスト パイロット番号がグループ 111 の一部として設定されている場合、電話機 A からハント グループへコールが発信されると、電話機 C の BLF SD ボタンが点灯します。電話機 C のユーザは、ボタンを押すと、電話機 A の発信者に接続できます。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

自動コール ピックアップ

Auto Call Pickup Enabled サービス パラメータを有効にすると、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、他グループ コール ピックアップ、ダイレクト コール ピックアップ、および BLF コール ピックアップを自動化できます。

このパラメータが有効になっている場合、ユーザが電話機の該当するソフトキーを押すと、Cisco Unified Communications Manager は、ユーザが所属するピックアップ グループ、別のピックアップ グループ、またはユーザが所属するグループに関連付けられたピックアップ グループ内の着信コールにユーザを自動的に接続します。このアクションに必要なキーストロークは 1 回だけです。

自動コール ピックアップは、ユーザを本人が所属するグループの着信コールに接続します。ユーザが電話機の [ピック] ソフトキーを押すと、Cisco Unified Communications Manager はグループ内の着信コールを特定し、コール接続を行います。自動化が有効でない場合、ユーザはコール接続の際に [ピック] ソフトキーと [応答] ソフトキーを押す必要があります。

自動グループ コール ピックアップは、ユーザを別のピックアップ グループの着信コールに接続します。ユーザは電話機の [Gピック] ソフトキーを押し、別のピックアップ グループのグループ番号をダイヤルします。ピックアップ グループ番号を受信すると、Cisco Unified Communications Manager はコール接続を行います。自動グループ コール ピックアップが有効でない場合、ユーザは [Gピック] ソフトキーを押して別のピックアップ グループのグループ番号にダイヤルし、コールに応答して接続を確立する必要があります。

自動他グループ コール ピックアップでは、ユーザを本人が所属するグループに関連付けられたグループの着信コールに接続します。ユーザは電話機の [他Grp] ソフトキーを押します。 Cisco Unified Communications Manager は、[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウに管理者が入力した順序で、関連付けられたグループ内の着信コールを自動的に検索し、コールが見つかったらコール接続を行います。自動化が有効でない場合、ユーザはコール接続の際に [他Grp] ソフトキーと [応答] ソフトキーを押す必要があります。

自動ダイレクト コール ピックアップでは、ユーザを本人が所属するグループに関連付けられたグループの着信コールに接続します。ユーザは電話機の [Gピック] ソフトキーを押し、呼び出し中の電話機の DN をダイヤルします。DN を受信すると、Cisco Unified Communications Manager はコール接続を行います。自動ダイレクト コール ピックアップが有効でない場合、ユーザは [Gピック] ソフトキーを押して、呼び出し中の電話機の DN にダイヤルし、この時点で自分の電話機を呼び出しているコールに応答して接続を確立します。


) CTI アプリケーションでは、コールに応答している通話者を監視できます。しかし、ピックアップの要求者または応答されたコールの接続先を監視することはできません。したがって、Cisco Unified Communications Manager Assistant では自動コール ピックアップ(ワンタッチ コール ピックアップ)は使用できません。



) 自動コール ピックアップは、限定された範囲で Cisco Unified Mobility 機能と通信します。詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』の「自動コール ピックアップ」を参照してください。


応答なし時のコール ピックアップ

サービス パラメータ Auto Call Pickup Enabled が [False] に設定されているときにコール ピックアップが発生した場合、その電話機で設定されたコール転送は、いずれかのピックアップ ソフトキーが押されると無視されます。コール ピックアップの要求者がコールに応答しない場合、ピックアップ応答なしタイマーが時間切れになった後に元のコールが復元されます。

ビジー時のコール ピックアップ

サービス パラメータ Auto Call Pickup Enabled が [False] に設定されているときにコール ピックアップが発生した場合、コール ピックアップの要求者の電話機がビジーのときに、元のコールが復元されます。

帯域幅不足時のコール ピックアップ

サービス パラメータ Auto Call Pickup Enabled が [False] に設定されているときにコール ピックアップが発生した場合、コール発信者と要求者の電話機の間の帯域幅が不足していると、元のコールが復元されます。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ハント リストでのコール ピックアップ機能の使用

コール ピックアップ グループをハント パイロット DN に割り当てることができます。この操作を行うと、コール ピックアップの動作に影響を与えます。ユーザは、回線グループ メンバで呼び出し音が鳴っているコールをピックアップできます。コール ピックアップ グループ通知が有効になっている場合、回線グループ メンバ内のコールのアラートは同じコール ピックアップ グループに関連付けられている各デバイスに通知されます。

Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータがこの動作を制御します。このサービス パラメータが [False](デフォルト)に設定されているときに、回線グループ メンバがコール ピックアップ グループに含まれている場合、その回線グループ メンバ内のコールのアラートは、他のコール ピックアップ グループのメンバからピックアップできません。これは、このサービス パラメータが追加される以前の Cisco Unified Communications Manager リリースと同じ動作です。

Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータが [True] に設定されている場合、ハント パイロットでのコール ピックアップ グループ設定はすべて無視されます。ハント リストでのコールのアラートは、ピックアップのためにハント パイロットのコール ピックアップ グループに通知されることもなく、また、これらのコールがピックアップされることもありません。Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータが [False] に設定されている場合、回線グループ メンバでのコール ピックアップ グループ設定は無視されます。

図 6-9 および図 6-10 に、この設定の使用例を示します。

図 6-9 ハント リストでのコール ピックアップ機能の使用例 1

 

図 6-9 では、Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータが [True] に設定されている場合、電話機 3002 または電話機 3003 でのコールのアラートは、ハント パイロット(2000)がピックアップ グループ 1 に存在していてもピックアップできません。サービス パラメータが [False] に設定されている場合、3001、3002、3003、または 3004 でのコールのアラートはピックアップ グループ 1 に関連付けられたメンバからピックアップできます。

Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータが [True] に設定され、ハント パイロットと回線グループ メンバの両方がコール ピックアップ グループに含まれている場合、回線グループ メンバのコール ピックアップ グループにだけ、ピックアップ可能なコールが通知されます。また、回線グループ メンバでのコールのアラートは、回線グループ メンバと同じコール ピックアップ グループに関連付けられた回線でピックアップできます。

図 6-10 ハント リストでのコール ピックアップ機能の使用例 2

 

図 6-10 では、Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータが [True] に設定されている場合、電話機 3001 または電話機 3002 でのコールのアラートはピックアップ グループ 1 に関連付けられたすべてのメンバ:3001、3002、および 4001 に通知されます。サービス パラメータが [False] に設定されている場合、3001、3002、3003、または 3004 でのコールのアラートは 3003、3004、および 4002 に通知されます。

Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータが [True] に設定されている場合、回線グループ メンバでのコールのアラートが通知され、そのコールをピックアップできます。ただし、メンバ間でコールが移動するたびに、ピックアップ通知タイマーがリセットされます。この結果、回線グループ メンバ間でコールが移動すると、同じコールのピックアップ通知が(対応するピックアップ グループ メンバに対して)複数発生します。この通知は、「新旧の」アラート回線グループ メンバが同じコール ピックアップ グループに属しているかどうかにかかわらず発生します。コール ピックアップ通知には、発信者と回線グループ メンバの情報が含まれています。

Allow Calls to be picked up from Line Group Members サービス パラメータが [True] に設定されている場合、ある特定のコール ピックアップ グループでコールの呼び出し音が鳴っていた時間によって、最長コール呼び出し音が決まります。コールが別のコール ピックアップ グループに属する別の回線グループ メンバに移動した場合、最長コール呼び出し音タイマーはリセットされます。また、コールがどのコール ピックアップ グループにも属さない別の回線グループ メンバに移動した場合にも、最長コール呼び出し音タイマーはリセットされます。

Allow Calls to be picked up from Line Group Members が有効になっている場合、回線グループ メンバからピックアップされるコールでは、ブロードキャスト コール分配アルゴリズムがサポートされません。

パーティションによりアクセスを制限するコール ピックアップ機能の使用

コール ピックアップ グループ番号にパーティションを割り当てると、コール ピックアップ グループへのアクセスを制限できます。この設定を使用すると、コール ピックアップ グループ番号のあるパーティションをコーリング サーチ スペースに含んでいる電話機だけが、そのコール ピックアップ グループに加入できます。パーティションとグループ番号の組み合わせは、システム全体で一意になるようにしてください。

コール ピックアップ グループ番号がパーティションに割り当てられていると、そのパーティション内の番号をダイヤルできる電話機だけが、そのコール ピックアップ グループを使用できる。

パーティションがマルチテナント構成のテナントに相当する場合は、各テナントに該当するパーティションに対してピックアップ グループを割り当てる必要がある。

マルチテナント構成は、コール ピックアップ グループでパーティションを使用する例になります。ピックアップ グループをテナントごとに適切なパーティションに割り当てると、グループ番号が他のテナントに表示されなくなります。

ダイレクト コール ピックアップ機能では、ダイレクト コール ピックアップ機能を要求するユーザのコーリング サーチ スペースにコールのピックアップ元となる DN のパーティションが含まれている必要があります。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップ通知

コール ピックアップ通知機能は、ピックアップ グループの他のメンバがコールを受信したときに、Cisco Unified IP Phone にオーディオまたはビジュアル、あるいはその両方の通知を提供します。コール ピックアップ通知は、システム、コール ピックアップ グループ、および DN/電話機という 3 つの設定タイプの設定ウィンドウで設定します。

[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]:[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウでは、電話機がアイドル状態またはビジー状態になった場合に聞こえるオーディオ通知(ビープ音または呼び出し音)のタイプを設定します。この設定は、システムのデフォルトになります。

[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)]:Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウでは、各コール ピックアップ グループの通知タイプを設定します。通知のタイプの設定のほか、コールがそのグループに着信してからオーディオ アラートおよびビジュアル アラートを送信するまでの遅延時間を秒単位で設定できます。この設定により、そのピックアップ グループにオーディオ アラートおよびビジュアル アラート、またはそのいずれかが送信される前に、元の着信側がコールに応答することができます。 「コール ピックアップ グループの設定項目」 を参照してください。

通知のタイプをオーディオまたはビジュアル、あるいはその両方に設定するには、[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウの [コールピックアップグループの通知設定(Call Pickup Group Notification Settings)] の設定項目を使用します。通知は、デバイスのプライマリ回線だけに送信されます。

[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウでビジュアル通知を設定するには、[コールピックアップグループ通知のコール情報表示(Call Information Display For Call Pickup Group Notification)] セクションの設定項目を使用します。この設定により、管理者は、通知メッセージに発信側および着信側、またはいずれかの詳細情報を加えることができます。発信側/着信側の名前が設定されている場合には、それらの名前が表示されます。設定されていない場合は、番号が表示されます。ビジュアル通知は、電話機のステータス行のメッセージを構成します。

[電話番号の設定(Directory Number Configuration)]:このウィンドウは、各電話機のオーディオ アラート設定項目を設定するためのフィールドを提供します。コール ピックアップ グループ オーディオ アラートの設定を使用して、電話機のオーディオ アラートのタイプを設定します。この設定により、ユーザは電話機がアイドル状態になったとき、またはアクティブなコールを受けているときに提供されるオーディオ アラートのタイプを設定できます。 Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』のを参照してください。

コール ピックアップ通知は、ピックアップ グループのメンバが着信コールを受信したときにだけ、ピックアップ グループの他のメンバに送信される点に注意してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップのシステム要件

コール ピックアップが動作するには、次のソフトウェア コンポーネントおよびハードウェア コンポーネントが必要です。

Cisco Unified Communications Manager

表 6-5 に、サポートされている Cisco Unified IP Phone を示します。

表 6-5 コール ピックアップをサポートする Cisco Unified IP Phone

Cisco Unified IP Phone モデル
コール ピックアップ機能
ソフトキー
ボタン

Cisco Unified IP Phone 6900 シリーズ(6901 を除く)

Cisco Unified IP Phone 6911 は、ソフトキーをサポートしません。システム管理者が、コール ピックアップ用の機能番号を設定し、ユーザが機能キーを押してコール ピックアップ機能番号をダイヤルします。

コール ピックアップ

グループ ピックアップ

他グループ ピックアップ

ダイレクト コール ピックアップ

X

X

Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ

コール ピックアップ

グループ ピックアップ

他グループ ピックアップ

ダイレクト コール ピックアップ

X

Cisco Unified IP Phone 8900 シリーズ

コール ピックアップ

グループ ピックアップ

他グループ ピックアップ

ダイレクト コール ピックアップ

X

Cisco Unified IP Phone 9900 シリーズ

コール ピックアップ

グループ ピックアップ

他グループ ピックアップ

ダイレクト コール ピックアップ

X

Cisco Unified IP Phone およびコール ピックアップの詳細については、次の URL で電話機のユーザ ガイドを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/products/ps10326/products_user_guide_list.html

http://www.cisco.com/en/US/partner/products/hw/phones/ps379/products_user_guide_list.html

http://www.cisco.com/en/US/partner/products/ps10451/products_user_guide_list.html

http://www.cisco.com/en/US/partner/products/ps10453/products_user_guide_list.html


) 管理者は、ソフトキー テンプレートに Other Pickup(OPickUp) ソフトキーを追加する必要があります。プログラミング可能な回線キー機能を使用して、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、他グループ コール ピックアップ、およびダイレクト コール ピックアップを電話ボタン テンプレートに設定できます(Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のを参照)。


追加情報

「関連項目」を参照してください。

インタラクションおよび制限事項

次の項では、コール ピックアップにおけるインタラクションおよび制限事項について説明します。

「インタラクション」

「制限事項」

追加情報

「関連項目」を参照してください。

インタラクション

次の各項では、コール ピックアップが Cisco Unified Communications Manager アプリケーションおよびコール処理と通信する方法について説明します。

「ルート プラン レポート」

「コーリング サーチ スペースとパーティション」

「Time of Day」

「コール アカウンティング」

「依存関係レコード」

ルート プラン レポート

ルート プラン レポートには、Cisco Unified Communications Manager で設定されているパターンと DN が示されます。コール ピックアップ グループに DN を割り当てる前に、ルート プラン レポートを使用して、パターンと DN の重複を検索します。 Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「ルート プラン レポート」 の章を参照してください。

コーリング サーチ スペースとパーティション

デバイスのコーリング サーチ スペースに基づいてユーザによるコール ピックアップへのアクセスを制限するには、コール ピックアップ グループ番号をパーティションに割り当てます。 Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「コーリング サーチ スペースの設定」 および 「パーティションの設定」 を参照してください。

Time of Day

ユーザは、本人が所属するグループに関連付けられたグループのコールに応答するには、関連付けられたグループのメンバに関するコーリング サーチ スペース、パーティション、および Time of Day(TOD)パラメータを設定することにより、本人が所属するグループと同じ時間帯にアクティブになってコールを受け入れることができる必要があります。TOD は、タイム スタンプをコーリング サーチ スペースとパーティションに関連付けます。

たとえば、ABC というパーティションが午前 9 時~午後 5 時までアクティブになっているとします。コーリング サーチ スペース cssABC は、パーティション ABC を含んでいます。pickABC というピックアップ グループには、電話機 1 と電話機 2 が含まれています。電話機 1 と電話機 2 は、同じコーリング サーチ スペース cssABC に存在します。電話機 1 の呼び出し音が午後 5 時 30 分に鳴り、電話機 2 がコールへの応答を試行する場合、午後 5 時以降はパーティションがアクティブになっていないため、この試行は失敗します。電話機 1 の呼び出し音が午前 9 時 30 分に鳴ると、電話機 2 はそのコールに応答できます。

コール アカウンティング

コール ピックアップ機能は、コール アカウンティングと通信します。

自動コール ピックアップによってコール ピックアップが発生すると、システムは 2 つの Call Detail Record(CDR; 呼詳細レコード)を生成します。一方の CDR はクリアされた元のコールに適用され、もう一方の CDR は接続された要求コールに適用されます。

自動でないコール ピックアップによってコール ピックアップが発生すると、システムは 1 つの呼詳細レコードを生成し、接続された要求コールにそれが適用されます。

CDR 検索では、指定された特定の期間およびその他の検索条件に一致する CDR がすべて返されます。特定の CDR に関連付けられたコールのタイプがわかるよう、検索結果のコール タイプ フィールドには、コールがピックアップ コールかどうかが表示されます。

依存関係レコード

特定のコール ピックアップ番号が割り当てられているデバイスを検索する必要がある場合は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウにある [依存関係レコード(Dpendency Records)] リンクをクリックします。[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウには、そのコール ピックアップ番号を使用しているデバイスに関する情報が表示されます。

ピックアップ グループが他のピックアップ グループに関連付けられている場合、そのピックアップ グループの依存関係レコードには、関連付け情報が表示されます。たとえば、ピックアップ グループ A がピックアップ グループ B およびピックアップ グループ C に関連付けられている場合、ピックアップ グループ A の依存関係レコードには、ピックアップ グループ B およびピックアップ グループ C に対するピックアップ グループ A の関連付けに関する情報が表示されます。

デバイスに関する詳細な情報を調べるには、デバイスをクリックします。[依存関係レコード詳細(Dependency Records Detail)] ウィンドウが表示されます。依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。

依存関係レコードの詳細については、 Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』のを参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

制限事項

コール ピックアップ グループには、次の制限事項があります。

ある特定の電話機に割り当て済みの異なる回線を異なるコール ピックアップ グループに割り当てることは可能ですが、ユーザの混乱を招く原因になるため、この設定はお勧めしません。

回線または DN に割り当てられているコール ピックアップ グループ番号を削除することはできません。コール ピックアップ グループ番号を使用している回線を調べるには、依存関係レコードを使用します。コール ピックアップ グループ番号を削除するには、各回線または各 DN に新しいコール ピックアップ グループ番号を割り当て直す必要があります。

コール ピックアップ グループ番号を更新すると、そのコール ピックアップ グループに割り当てられているすべての電話番号が Cisco Unified Communications Manager により自動的に更新されます。

SIP を実行する Cisco Unified IP Phone 7940 および 7960 では、コール ピックアップ通知、オーディオ アラート、およびビジュアル アラートはサポートされません。

コール ピックアップ通知、オーディオ アラート、およびビジュアル アラートがサポートしているのは、ライセンスが発行されているサードパーティの SIP を実行する電話機だけです。

ユーザは、ダイレクト コール ピックアップ機能を使用して、回線グループに属する DN へのコールを受けることはできません。

デバイスがハント リストに所属し、ハント パイロット番号へ発信されたコールによって、そのデバイスの呼び出し音が鳴っている場合、ユーザはダイレクト コール ピックアップ機能を使用してこのようなコールを受けることはできません。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップのインストールとアクティブ化

システム機能のコール ピックアップは、Cisco Unified Communications Manager ソフトウェアに標準で備わっています。この機能は、特にインストールする必要はありません。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップ機能の設定

この項の内容は次のとおりです。

「コール ピックアップのサービス パラメータの設定」


ヒント コール ピックアップを設定する前に、「コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト」「他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト」「ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト」、および 「BLF コール ピックアップの設定チェックリスト」を参照してください。

コール ピックアップのサービス パラメータの設定

Cisco Unified Communications Manager には、コール ピックアップ機能向けに次のクラスタ全体のサービス パラメータが用意されています。各サービス パラメータではデフォルトが設定されているので、特別な設定は必要ありません。

Auto Call Pickup Enabled:デフォルトは [False] です。このパラメータは、自動コール ピックアップ機能が有効かどうかを決定します。有効にするには、このフィールドを [True] に設定します。

Call Pickup Locating Timer:デフォルトは 1 秒です。このサービス パラメータは、ピックアップ グループのすべてのアラート コールを取得するのをピックアップが待つ最大時間を秒単位で指定します。

Call Pickup No Answer Timer:デフォルトは 12 秒です。この必須パラメータは、ピックアップ要求を開始したユーザがコールを受けないことにした場合に、元のコールを復元するまでに待機する最大時間を秒単位で指定します。


) タイマーを設定するには、[システム(System)] > [サービスパラメータ(Service Parameters)] を選択し、[詳細設定(Advanced)] アイコンを選択するか、[詳細設定(Advanced)] ボタンをクリックして、[Clusterwide Parameters (Feature - Call Pickup)] ペインのフィールドを更新します。


Allow Calls to be picked up from Line Group Members:デフォルトは [False] です。このパラメータを [True] に設定すると、ハント パイロットでのコール ピックアップ グループ設定は無視されます。ハント リストでのコールのアラートは、ピックアップのためにハント パイロットのコール ピックアップ グループに通知されることもなく、また、これらのコールがピックアップされることもありません。このパラメータを [False] に設定すると、回線グループ メンバでのコール ピックアップ グループ設定は無視されます。このサービス パラメータが与えるの影響の詳細については、「ハント リストでのコール ピックアップ機能の使用」を参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップ グループの設定

この項の内容は次のとおりです。

「コール ピックアップ グループの設定」

「コール ピックアップ グループの設定」

「コール ピックアップ グループの設定項目」

「コール ピックアップ グループの削除」

「他グループ コール ピックアップのピックアップ グループの定義」

「電話番号へのコール ピックアップ グループの割り当て」


ヒント コール ピックアップを設定する前に、「コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト」「他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト」「ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト」、および 「BLF コール ピックアップの設定チェックリスト」を参照してください。

コール ピックアップ グループの検索

コール ピックアップ グループの検索と一覧表示のウィンドウでは、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定したコール ピックアップ グループを検索できます。

ネットワーク上には複数のピックアップ グループが存在する場合があります。Cisco Unified Communications Manager では、特定の条件に基づいて、コール ピックアップ グループを検索できます。コール ピックアップ グループを検索するには、次の手順を実行します。


) ブラウザ セッションでの作業中は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページでコール ピックアップ グループの検索プリファレンスが保持されます。他のメニュー項目に移動してこのメニュー項目に戻った場合でも、検索を変更するかブラウザを閉じない限り、コール ピックアップ グループの検索プリファレンスは Cisco Unified Communications Manager の管理ページで保持されています。


手順


ステップ 1 [コールルーティング(Call Routing)] > [コールピックアップグループ(Call Pickup Group)] を選択します。

[コールピックアップグループの検索と一覧表示(Find and List Call Pickup Groups)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 データベース内のすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空になっていることを確認し、ステップ 3 に進みます。

特定のレコードをフィルタリングまたは検索するには、次の操作を実行します。

最初のドロップダウン リスト ボックスで、検索パラメータを選択します。

2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、検索パターンを選択します。

必要に応じて、適切な検索文字を入力します。


) 別の検索条件を追加するには、[+] ボタンをクリックします。条件を追加した場合は、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。条件を削除するには、[-] ボタンをクリックして、最後に追加された条件を削除するか、または [フィルタのクリア(Clear Filter)] ボタンをクリックして、追加されたすべての検索条件を削除します。


ステップ 3 [検索(Find)] をクリックします。

すべてのレコードまたは条件に一致するレコードが表示されます。[ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスで別の値を選択すると、各ページに表示される項目数を変更できます。


) 適切なレコードの横にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックすると、データベースから複数のレコードを削除できます。[すべてを選択(Select All)] をクリックして [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックすると、この選択対象として設定可能なすべてのレコードを削除できます。


ステップ 4 表示されたレコード リストから、目的のレコードのリンクをクリックします。


) ソート順を逆にするには、リストのヘッダーにある上矢印または下矢印をクリックします(使用可能な場合)。


選択した項目がウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップ グループの設定

ここでは、1 つのコール ピックアップ グループを追加、コピー、および更新する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [コールルーティング(Call Routing)] > [コールピックアップグループ(Call Pickup Group)] を選択します。

ステップ 2 次のいずれかの手順を実行します。

新しいコール ピックアップ グループを追加するには、[新規追加(Add New)] をクリックします。

コール ピックアップ グループをコピーするには、「コール ピックアップ グループの設定」の手順を使用して、コール ピックアップ グループを検索します。[コピー(Copy)] アイコンをクリックします。

コール ピックアップ グループを更新するには、「コール ピックアップ グループの設定」の手順を使用して、コール ピックアップ グループを検索します。

[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 適切な設定値を入力するか更新します( 表 6-6 を参照)。

ステップ 4 新規コール ピックアップ グループまたは変更されたコール ピックアップ グループをデータベースに保存するには、[保存(Save)] をクリックします。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップ グループの設定項目

コール ピックアップ機能を使用すると、ユーザは、本人が所属するグループ内の着信コールを受けることができます。 Cisco Unified Communications Manager は、ユーザが Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにしたときに、適切なコール ピックアップ グループ番号を自動的にダイヤルします。このタイプのコール ピックアップには、[ピック] ソフトキーを使用します。

グループ コール ピックアップを使用すると、ユーザは、別のグループ内の着信コールを受けることができます。ユーザは、Cisco Unified IP Phone からこの機能をアクティブにするときに、適切なコール ピックアップ グループ番号をダイヤルする必要があります。このタイプのコール ピックアップには、[Gピック] ソフトキーを使用します。


) コール ピックアップ機能とグループ コール ピックアップ機能の設定手順は同じです。グループ コール ピックアップ番号は、回線または電話番号に適用されます。


表 6-1 に、コール ピックアップ機能およびグループ コール ピックアップ機能を設定する際のチェックリストを示します。これらの機能の詳細については、「コール ピックアップの概要」および 「関連項目」を参照してください。

表 6-6 に、コール ピックアップ グループの設定項目を示します。

 

表 6-6 コール ピックアップ グループの設定項目

フィールド
説明
[コールピックアップグループ情報(Call Pickup Group Information)]

[コールピックアップグループ名(Call Pickup Group Name)]

最大で 100 文字の英数字を入力できます。たとえば、Operations のように入力します。ピックアップ グループ名は、ピックアップ グループ番号と関連付けられます。ピックアップ グループはピックアップ グループ名で選択できます。

[コールピックアップグループ番号(Call Pickup Group Number)]

追加するコール ピックアップ グループ用の一意の電話番号(整数)を入力します。

24 桁まで入力できます。使用できる文字は、数字(0 ~ 9)、A ~ D、プラス記号(+)、シャープ記号(#)、およびアスタリスク(*)です。数字を国際エスケープ文字(+)で始める場合は、+ の前にバックスラッシュ(¥)を置く必要があります。

[説明(Description)]

コール ピックアップ グループの説明を入力します(たとえば、Operations Department Group Pickup)。

[パーティション(Partition)]

パーティションを使用してコール ピックアップ グループへのアクセスを制限する場合は、ドロップダウン リスト ボックスから希望のパーティションを選択します。コール ピックアップ グループへのアクセスを制限しない場合は、パーティションに [<なし>(<None>)] を選択します。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用すると、このドロップダウン リスト ボックスに表示されるパーティションの数を設定できます。Max List Box Items エンタープライズ パラメータの指定よりも多くのパーティションが存在する場合は、このドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。[検索(Find)] ボタンをクリックして、[パーティションの検索と一覧表示(Find and List Partitions)] ウィンドウを表示します。 Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』のを参照してください。

を選択します。

(注) コール ピックアップ グループ番号とパーティションの組み合せが、Cisco Unified Communications Manager 内で固有であることを確認してください。

[コールピックアップグループの通知設定(Call Pickup Group Notification Settings)]

[コールピックアップグループ通知ポリシー(Call Pickup Group Notification Policy)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかの通知タイプを選択します。

[アラートなし(No Alert)]

[オーディオアラート(Audio Alert)]

[ビジュアルアラート(Visual Alert)]

[オーディオおよびビジュアルアラート(Audio and Visual Alert)]

[コールピックアップグループ通知タイマー(Call Pickup Group Notification Timer、秒)]

元の着信側にコールが最初に着信してから、それ以外のコール ピックアップ グループに通知を送信するまでの遅延時間を秒単位(1 ~ 300 の範囲の整数)で入力します。

[コールピックアップグループ通知のコール情報表示(Call Information Display For Call Pickup Group Notification)]

[発呼側情報(Calling Party Information)]

コール ピックアップ グループへのビジュアル通知メッセージに発信側の ID を加えるには、このチェックボックスをオンにします。[コールピックアップグループ通知ポリシー(Call Pickup Group Notification Policy)] が [ビジュアルアラート(Visual Alert)] または [オーディオおよびビジュアルアラート(Audio and Visual Alert)] に設定されている場合にだけ、この設定を使用できます。

[発呼側情報(Calling Party Information)] と [着信側情報(Called Party Information)] の両方を表示する場合、最初の 11 文字だけが各ディスプレイに表示されます。どちらか一方だけを表示する場合は、最初の 23 文字が表示されます。ただし、表示名に関連番号がない機能タグ([Conference] -> [Alice] など)が含まれる場合は、このような文字数の制限はありません。

(注) アクティブな通知アラートが複数ある場合、最新のビジュアル アラートによってその前のアラートが無効になります。ユーザがコール ピックアップをアクティブにすると、電話機に現在ビジュアル アラートが表示されている場合でも、ピックアップ可能な最も古いコールにユーザが接続されます。発信側または着信側の情報を表示しないビジュアル通知を使用することで、この矛盾を回避することができます。この設定を使用する場合、「コールがピックアップ可能」という汎用メッセージが表示されます。自動コール ピックアップ(AutoCallPickupEnabled サービス パラメータ)が無効の場合は発信者の ID を取得できます。「自動コール ピックアップ」を参照してください。

[着信側情報(Called Party Information)]

コール ピックアップ グループへのビジュアル通知メッセージに元の着信側の ID を加えるには、このチェックボックスをオンにします。[コールピックアップグループ通知ポリシー(Call Pickup Group Notification Policy)] が [ビジュアルアラート(Visual Alert)] または [オーディオおよびビジュアルアラート(Audio and Visual Alert)] に設定されている場合に、この設定を使用できます。

[発呼側情報(Calling Party Information)] と [着信側情報(Called Party Information)] の両方を表示する場合、最初の 11 文字だけが各ディスプレイに表示されます。どちらか一方だけを表示する場合は、最初の 23 文字が表示されます。ただし、表示名に関連番号がない機能タグ([Conference] -> [Alice] など)が含まれる場合は、このような文字数の制限はありません。

(注) アクティブな通知アラートが複数ある場合、最新のビジュアル アラートによってその前のアラートが無効になります。ただし、ユーザがコール ピックアップをアクティブにすると、電話機に現在ビジュアル アラートが表示されていない場合でも、ピックアップ可能な最も古いコールにユーザが接続されます。発信側または着信側の情報を表示しないビジュアル通知を使用することで、この矛盾を回避することができます。この設定を使用する場合、「コールがピックアップ可能」という汎用メッセージが表示されます。自動コール ピックアップ(AutoCallPickupEnabled サービス パラメータ)が無効の場合は発信者の ID を取得できます。「自動コール ピックアップ」を参照してください。

[関連付け先コールピックアップグループ情報 (Associated Call Pickup Group Information)]:[番号/パーティションでピックアップ番号を検索 (Find Pickup Numbers by Numbers/Partition)]

[パーティション(Partition)]

この表の [コールピックアップグループ情報(Call Pickup Group Information)] の [パーティション(Partition)] を参照してください。

[コールピックアップグループ番号に含まれる(Call Pickup Group Numbers Contain)]

検索するコール ピックアップ グループの DN またはその一部を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

[使用可能コールピックアップグループ(Available Call Pickup Groups)]

[現在の関連付け先コールピックアップグループ(Current Associated Call Pickup Groups)] 領域にある関連付け先コール ピックアップ グループ リストにメンバを追加するには、このリストから DN/パーティションを選択し、[関連付け先コールピックアップグループに追加(Add to Associated Pickup Groups)] をクリックします。

設定されたグループが自動的に [現在の関連付け先コールピックアップグループ(Current Associated Call Pickup Groups)] のリストに追加されます。これによって、[他Grp] ソフトキーを使用して、ユーザがいるグループ内のコールを受けることができるようになります。

[関連付け先コールピックアップグループ情報(Associated Call Pickup Group Information)]:[現在の関連付け先コールピックアップグループ(Current Associated Call Pickup Groups)]

[選択されたコールピックアップグループ(Selected Call Pickup Groups)]

コール ピックアップ グループ リスト項目の順序を変更するには、このボックスの右側の上矢印と下矢印を使用して、リスト項目を移動します。リスト項目の順序を逆にするには、[選択された番号の順番を逆にする(Reverse Order of Selected Numbers)] をクリックします。このボックスから [削除されたコールピックアップグループ(Removed Call Pickup Groups)] ボックスにコール ピックアップ グループを移動するには、このボックスの下にある上矢印と下矢印を使用します。

[削除されたコールピックアップグループ(Removed Call Pickup Groups)]

このボックスから [選択されたコールピックアップグループ(Selected Call Pickup Groups)] ボックスにコール ピックアップ グループを移動するには、このボックスの上にある上矢印と下矢印を使用します。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

コール ピックアップ グループの削除

この項では、Cisco Unified Communications Manager データベースからコール ピックアップ グループを削除する方法について説明します。

始める前に

回線または電話番号に割り当てられているコール ピックアップ グループ番号を削除することはできません。このコール ピックアップ グループを使用している電話番号のリストを表示するには、[依存関係レコード(Dependency Records)] リンクをクリックします。依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。依存関係レコードの詳細については、 Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』のを参照してください。これらの電話番号のコール ピックアップを再び有効にするには、各電話番号を新しいコール ピックアップ グループに割り当て直す必要があります。詳細については、「電話番号へのコール ピックアップ グループの割り当て」を参照してください。

手順


ステップ 1 「コール ピックアップ グループの設定」の手順を使用して、コール ピックアップ グループを検索します。

ステップ 2 削除するコール ピックアップ グループをクリックします。

ステップ 3 [削除(Delete)] をクリックします。

そのコール ピックアップ グループが [コールピックアップグループの検索と一覧表示(Find and List Call Pickup Groups)] ウィンドウに表示されなくなります。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

他グループ コール ピックアップのピックアップ グループの定義

この項では、関連付けられたグループに対する着信コールに応答するために、ユーザのグループにコール ピックアップ グループを関連付ける方法について説明します。グループには、最大 10 のコール ピックアップ グループを関連付けることができます。関連付けられたグループのコールに応答する優先順位は、関連付けられたグループ リストで最初に関連付けられたグループから最後に関連付けられたグループの順になります。 表 6-1 の説明のように、[コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウのリストを編成できます。

手順


ステップ 1 「コール ピックアップ グループの設定」の手順を使用して、グループを検索します。

ステップ 2 [コールピックアップグループの設定(Call Pickup Group Configuration)] ウィンドウで、[関連付け先コールピックアップグループ情報(Associated Call Pickup Group Information)] 領域までスクロールします。

ステップ 3 表 6-6 の説明に従って、フィールドに情報を入力します。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

電話番号へのコール ピックアップ グループの割り当て

この項では、電話番号にコール ピックアップ グループを割り当てる方法について説明します。コール ピックアップ グループに割り当てられた電話番号だけが、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、BLF コール ピックアップ、他グループ コール ピックアップ、およびダイレクト コール ピックアップを使用できます。

始める前に

電話番号にコール ピックアップ グループを割り当てる前に、「コール ピックアップ グループの設定」の説明に従ってコール ピックアップ グループを作成する必要があります。

手順


ステップ 1 [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] または [コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号(Directory Number)] を選択します。

ステップ 2 コール ピックアップ グループに割り当てる電話機または電話番号を検索するための検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

検索条件に一致した電話機または電話番号のリストが表示されます。

ステップ 3 コール ピックアップ グループに割り当てる電話機または電話番号を選択します。

ステップ 4 [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウを使用している場合は、ステップ 6 に進んでください。

ステップ 5 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] リストから、コール ピックアップ グループを割り当てる電話番号を選択します。

ステップ 6 [コール転送とコールピックアップの設定(Call Forward and Call Pickup Settings)] 領域に表示される [コールピックアップグループ(Call Pickup Group)] ドロップダウン リスト ボックスから、割り当て先のコール ピックアップ グループを選択します。

ステップ 7 変更をデータベースに保存するには、[保存(Save)] をクリックします。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ハント パイロットへのコール ピックアップ グループの割り当て

この項では、ハント パイロットにコール ピックアップ グループを割り当てる方法について説明します。コール ピックアップ グループに割り当てられたハント リストだけが、コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、BLF コール ピックアップ、他グループ コール ピックアップ、およびダイレクト コール ピックアップを使用できます。

始める前に

ハント リストにコール ピックアップ グループを割り当てる前に、「コール ピックアップ グループの設定」の説明に従ってコール ピックアップ グループを作成する必要があります。

手順


ステップ 1 [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] > [ハントパイロット(Hunt Pilot)] の順に選択します。

ステップ 2 コール ピックアップ グループに割り当てるハント パイロットを検索するための検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。検索条件と一致するハント パイロットのリストが表示されます。

ステップ 3 コール ピックアップ グループに割り当てるハント パイロットを選択します。

ステップ 4 [ハント転送の設定(Hunt Forward Settings)] 領域に表示される [コールピックアップグループ(Call Pickup Group)] ドロップダウン リスト ボックスから、割り当て先のコール ピックアップ グループを選択します。

ステップ 5 変更をデータベースに保存するには、[保存(Save)] をクリックします。


 

追加情報

「ハント リストでのコール ピックアップ機能の使用」

「関連項目」

関連項目

「コール ピックアップおよびグループ コール ピックアップの設定チェックリスト」

「他グループ コール ピックアップの設定チェックリスト」

「ダイレクト コール ピックアップの設定チェックリスト」

「BLF コール ピックアップの設定チェックリスト」

「コール ピックアップの概要」

「コール ピックアップ」

「グループ コール ピックアップ」

「他グループ コール ピックアップ」

「ダイレクト コール ピックアップ」

「BLF コール ピックアップ」

「自動コール ピックアップ」

「パーティションによりアクセスを制限するコール ピックアップ機能の使用」

「コール ピックアップ通知」

「コール ピックアップのシステム要件」

「インタラクションおよび制限事項」

「コール ピックアップのインストールとアクティブ化」

「コール ピックアップ機能の設定」

「コール ピックアップのサービス パラメータの設定」

「コール ピックアップ グループの設定」

「コール ピックアップ グループの検索」

「コール ピックアップ グループの設定」

「コール ピックアップ グループの設定項目」

「コール ピックアップ グループの削除」

「他グループ コール ピックアップのピックアップ グループの定義」

「電話番号へのコール ピックアップ グループの割り当て」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「電話番号の設定」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco Unified IP Phone の設定」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「パーティションの設定」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「ルート プラン レポート」

Cisco Unified Communications Manager システム ガイド 』の 「Time-of-Day ルーティング」

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド 』の 「ソフトキー テンプレートの設定」

Cisco Unified IP Phone Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager 』(すべてのモデル)

Cisco Unified IP Phone のユーザ資料とリリース ノート(すべてのモデル)