Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Communications Manager Business Edition 5000 リリース 8.5(1)
サーバの設定
サーバの設定
発行日;2012/05/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

サーバの設定

サーバの設定値

関連項目

サーバの設定

ここでは、次の内容について説明します。

「サーバの設定値」

「関連項目」

サーバの設定値

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、[システム(System)] > [サーバ(Server)] メニュー パスを使用して、サーバを設定します。

[サーバの設定(Server Configuration)] ウィンドウでは、Cisco Unified Communications Manager がインストールされているサーバのアドレスを指定します。

サーバの設定のヒント

サーバを設定する前に、次の点を確認してください。

DNS サーバを適切な Cisco Unified Communications Manager の名前およびアドレス情報で更新した後に、その情報を使用して Cisco Unified Communications Manager サーバを設定する必要があります。

DNS については、サーバの IP アドレスを DNS サーバでホスト名にマッピングしたことを確認してください。この作業を行わないと、Cisco Unified Communications Manager により、License Manager サービスがダウンしていることを示すアラームが生成されます。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、どのような状況でも [ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)] フィールドを更新できなくなることはありません。

[サーバの設定(Server Configuration)] ウィンドウで IP アドレスを変更する場合、設定の保存を実行すると、「サーバの名前/IPアドレスの変更は、Cisco Unified CallManagerに問題が発生する原因となる場合があります。続行しますか?(Changing the name/IP Address of the server may cause problems with Cisco Unified CallManager. Are you sure that you want to continue?)」というメッセージが表示されます。[OK] をクリックする前に、[ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)] フィールドの更新が及ぼす影響について必ず理解しておいてください。たとえば、この設定を誤って更新した場合、Cisco Unified Communications Manager が動作不能になることがあります。つまり、データベースが動作しない、Cisco Unified Communications Manager の管理ページにアクセスできない、などの問題が発生することがあります。また、このフィールドを更新する場合、他の関連作業を実行しないと、Cisco Unified Communications Manager に問題が発生することがあります。

サーバ設定の変更を有効にするには、Cisco Unified Communications Manager を再起動します。Cisco CallManager サービスの再起動については、『 Cisco Unified Serviceability Administration Guide 』を参照してください。

IP アドレスまたはホスト名の変更の詳細については、『 Changing the IP Address and Host Name for Cisco Unified Communications Manager Release 8.5(1) 』を参照してください。

サーバの削除のヒント

Cisco Unified Communications Manager Business Edition 5000 をインストールしたサーバは削除できません。

GUI の使用方法

Cisco Unified Communications Manager の管理の Graphical User Interface(GUI; グラフィカル ユーザ インターフェイス)を使用してレコードを検索、削除、設定、またはコピーする方法については、「Cisco Unified Communications Manager の管理アプリケーションでの操作」およびそのサブセクションを参照してください。GUI の使用方法とボタンおよびアイコンの機能の詳細が説明されています。

設定値表

表 2-1 では、サーバの設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。

 

表 2-1 サーバの設定値

フィールド
説明
[サーバ情報(Server Information)]

[ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)]

ネットワークで IPv4 アドレスにマップできる DNS を使用している場合、Cisco Unified Communications Manager サーバのホスト名を入力します。使用していない場合は、サーバの完全な IPv4 アドレスを入力する必要があります。

(注) 適切な Cisco Unified Communications Manager 名とアドレス情報で、まず DNS サーバを更新した後、その情報をこのフィールドに入力する必要があります。

[IPv6名(IPv6 Name)]

Cisco Unified Communications Manager Business Edition 5000 は IPv6 をサポートしないため、この設定は Cisco Unified Communications Manager Business Edition 5000 には適用されません。

[MACアドレス(MAC Address)]

このフィールドはオプションです。サーバの MAC アドレスをメモする場所にのみ使用します。システムにはまったく影響しません。

Cisco Unified Communications Manager サーバにあるネットワーク インターフェイス カード(NIC)のメディア アクセス制御(MAC)アドレスを入力します。MAC アドレスは、NIC のパーマネント ハードウェア アドレスを示します。

ヒント サーバをネットワーク上の別の場所に移動させることが多い場合は、MAC アドレスを入力して、そのサーバをネットワーク上の他のデバイスが常に識別できるようにする必要があります。サーバを移動する予定がない場合は、MAC アドレスは入力してもしなくてもかまいません。

[説明(Description)]

このエントリはオプションです。

サーバの説明を入力します。説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(¥)、または山カッコ(<>)は使用できません。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

関連項目

「サーバの設定」

「サーバの設定値」

「Cisco Unified Communications Manager の設定」

Changing the IP Address and Host Name for Cisco Unified Communications Manager Release 8.5(1)