Cisco BTS 10200 Softswitch CORBA アダプタ インターフェイス仕様 プログラマ ガイド
索引
A
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 523KB) | フィードバック

A

Apache XML  2-1

B

Bts10200

API  1-11

login  1-11

logout  1-11

オブジェクト  1-10

セキュリティ API  1-11

プロビジョニング API  1-12

getCommandDoc  1-12

request  1-12

Bts10200_Security オブジェクト  1-10

BTSxsdk

OpenORB の設定  C-3

実行  C-4

前提条件  C-2

ビルド  C-3

C

CadException

オブジェクト  1-10

マクロ  1-10

cadexception

CIS Error  1-18, 5-1

CIS No Data  1-18, 5-1

Class Not Found Exception  1-19, 5-3

Exception In Intializer Error  1-19, 5-2

Illegal Access Exception  1-19, 5-3

Instantiation Exception  1-19, 5-3

Invalid Key Exception  1-20, 5-4

Invalid Noun Exception  1-19, 5-3

Invalid Request Exception  1-19, 5-3

Invalid Value Exception  1-20, 5-4

Invalid Verb Exception  1-20, 5-4

Linkage Error  1-19, 5-2

Missing Parameter Exception  1-20, 5-4

No Error  1-18, 5-1

Permission Error  1-18, 5-2

Security Exception  1-19, 5-3

SQL Exception  1-20, 5-4

User Security Error  1-18, 5-2

cadexception、基本的な  1-18, 5-1

CIS

CIS Error、cadexception  1-18, 5-1

CIS No Data、cadexception  1-18, 5-1

cis-install.sh  3-4

IDL インターフェイスの実装  1-16

SDK

Java クラス  C-2

拡張機能  C-2

デュアル モード動作  C-2

機能  2-1

パッケージ  3-4

Cisco BTS 10200

CIS パッケージ  3-4

ソフトスイッチの IDL コード  2-7

Class Not Found Exception、cadexception  1-19, 5-3

CLI から CORBA XML へのトランザクション  B-5

Col、Reply スキーマの定義  2-6

CORBA

SDK パッケージ BTSxsdk  3-4

Secure Sockets Layer の実装  3-3

アーキテクチャとアプリケーション プログラミング インターフェイス  1-1

アーキテクチャの図  1-2

インターフェイス サーバント アダプタ実装  2-7

インターフェイス サーバントと XML  2-1

~と EPOM のトラブルシューティング手順  5-7

特殊文字に対する~と EPOM の応答  5-9

ネットワーク設定の変更  5-5

CORBA インターフェイス サーバント、「CIS」を参照

CORBA クライアント パッケージ

BTSxsdk の実行  C-4

BTSxsdk のビルド  C-3

OpenORB の設定  C-3

前提条件  C-2

CORBA ネットワーク設定の変更  5-5

D

DataTable、Reply スキーマの定義  2-6

Default、スキーマの定義  2-5

E

ECS  2-1

EM_ACCESS=13  1-19, 5-3

EM_DATABASE=19  1-20, 5-4

EM_ERROR=1  1-18, 5-1

EM_INIT=11  1-19, 5-2

EM_INSTANCE=14  1-19, 5-3

EM_KEY=21  1-20, 5-4

EM_LINKAGE=10  1-19, 5-2

EM_NODATA=2  1-18, 5-1

EM_NONE=0  1-18, 5-1

EM_NOTFOUND=12  1-19, 5-3

EM_NOUN=17  1-19, 5-3

EM_PARAM=22  1-20, 5-4

EM_PERMISSION=6  1-18, 5-2

EM_REQUEST=16  1-19, 5-3

EM_SECURITY=15  1-19, 5-3

EM_USERSEC=5  1-18, 5-2

EM_VALUE=20  1-20, 5-4

EM_VERB=18  1-20, 5-4

Entry 要素  2-6

EPOM

共存性  5-7

トラブルシューティング  5-7

Exception In Intializer Error、cadexception  1-19, 5-2

Extensible Markup Language の処理  2-1

H

HelpText、スキーマの定義  2-5

I

id、スキーマの説明  2-5

IDL

インターフェイス定義  1-16

コンパイルおよび POA 検索に必要な Java コードのスクリプト例  1-4

Illegal Access Exception、cadexception  1-19, 5-3

Instantiation Exception、cadexception  1-19, 5-3

Internet Inter-ORB Protocol(IIOP)over SSL(SSLIOP)  3-1

Invalid Key Exception、cadexception  1-20, 5-4

Invalid Noun Exception、cadexception  1-19, 5-3

Invalid Request Exception、cadexception  1-19, 5-3

Invalid Value Exception、cadexception  1-20, 5-4

Invalid Verb Exception、cadexception  1-20, 5-4

J

Java の SSL 実装  3-3

JavaScript、スキーマの定義  2-5

K

Key

Request スキーマの定義  2-6

マクロ コマンド  1-16

L

Linkage Error、cadexception  1-19, 5-2

login  1-11

logout  1-11

M

ManagedObject  2-5

Missing Parameter Exception、cadexception  1-20, 5-4

MOAttribute、スキーマの定義  2-5

N

NameService  1-9

No Error、cadexception  1-18, 5-1

Noun、Request スキーマの定義  2-6

O

ORB の仕様  1-2

ORB の展開

クライアントのビルドとバインド セマンティック  1-3

図  1-3

P

Parser、スキーマの定義  2-5

Permission Error、cadexception  1-18, 5-2

Permitted、スキーマの定義  2-5

R

Reason、Reply スキーマの定義  2-6

Reply  1-16, 2-6

Request  1-16, 2-6

Required、スキーマの定義  2-5

Row、Reply スキーマの定義  2-6

S

SAS プロトコル  3-1

SDK パッケージ BTSxsdk  3-4

Secure Sockets Layer のサポート  3-1

Security Attribute Service(SAS)  3-1

Security Exception、cadexception  1-19, 5-3

show コマンド、CLI、データの一括取得(ページング)のための  viii

SQL Exception、cadexception  1-20, 5-4

SSLIOP  3-4

Status、Reply スキーマの定義  2-6

subscriber noun と add verb、XML 記述ドキュメント  A-1

T

Type、スキーマの定義  2-5

U

User Security Error、cadexception  1-18, 5-2

V

Value、Request スキーマの定義  2-6

Verb

Request スキーマの定義  2-6

スキーマの定義  2-5

W

Width、スキーマの定義  2-5

X

Xerces  2-1

XML

CLI から CORBA XML へのトランザクション  B-5

CORBA インターフェイス サーバント  2-1

CORBA インターフェイス サーバント アダプタ実装  2-7

CORBA/XML インターフェイス  1-15

IDL コード  2-7

Request ドキュメント  1-16

subscriber noun と add verb  A-1

インターフェイス  viii

外部キー リレーション  A-8

記述ドキュメント  A-1

基本概念およびコンポーネント  2-1

テスト ドライバ  B-1

依存関係、セキュリティ拡張機能  3-3

一括取得、データの(ページング)  viii

インターフェイス  viii

外部キー リレーション  A-8

キー

パスワード  3-4

キー ストア

ディレクトリ構造  3-4

~とトラスト ストアの命名  3-4

共存性、CORBA と EPOM  5-7

クライアント実装のスクリプト例  1-6

このマニュアルについて  vii

コンパイラ ツール  1-3

システム セキュリティ拡張のシステム コンテキスト  3-3

縮小 Solaris イメージ  3-3

証明書

公開鍵を使用した自己署名~  3-4

ディレクトリ構造  3-4

場所  3-4

証明書およびキー パスワード  3-4

スキーマ

ManagedObject  2-5

ManagedObject の~  2-2

Reply  2-6

Reply の~  2-4

Request  2-6

Request の~  2-3

定義

Col  2-6

DataTable  2-6

Default  2-5

HelpText  2-5

id  2-5

Key  2-6

MOAttribute  2-5

Noun  2-6

Parser  2-5

JavaScript  2-5

RegExp  2-5

Permitted  2-5

Reason  2-6

Required  2-5

Row  2-6

Status  2-6

Type  2-5

Value  2-6

Verb  2-5, 2-6

Width  2-5

セキュリティ拡張機能

依存関係  3-3

セッション、接続とトランザクション  ix

接続

XML インターフェイス  viii

許容される数  ix

セッション  ix

同時トランザクション  ix

~とトランザクション  ix

操作、マクロ コマンド  1-17

対象読者  viii

ディレクトリ構造  3-4

データ、一括取得(ページング)  viii

特殊文字

CORBA と EPOM の応答  5-9

トラスト ストア

ディレクトリ構造  3-4

~とキー ストアの命名  3-4

トラブルシューティング  5-1

cadexception  5-1

Cisco BTS 10200 ソフトスイッチの CORBA サービスの設定  5-7

CORBA が Cisco BTS 10200 ソフトスイッチに接続できない  5-6

CORBA と EPOM

基本的な手順  5-7

CORBA ネットワーク設定の変更  5-5

トランザクション  ix

トランザクション、接続とトランザクション  ix

プロキシ  4-1

ページング、データの一括取得  viii

マクロ コマンド  1-13

CAD インターフェイス  1-16

Reply の形式  1-17

Request の形式  1-16

CORBA/XML インターフェイス  1-15

外部インターフェイス  1-16

操作  1-17

動作とアトリビュート  1-13

パラメータ リスト  1-15

マクロ ID  1-14

マクロ コマンドの管理  1-13

マクロの定義  1-14

ルール  1-15

マクロ コマンド、ユーザ定義  1-17

マクロ コマンド定義  1-15

戻り値

login  1-11

logout  1-11

ユーザ定義のマクロ コマンド  1-17

例外

login  1-11

logout  1-11

ログイン、接続とトランザクション  ix