Cisco BTS 10200 Softswitch コマンドライン インタフェース リファレンス ガイド: オペレーション/メンテナンス コマンド
監査
監査
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

監査

Circuit Identification Code の監査

データベースの監査

テーブル名の監査

監査

June 29, 2007 OL-12434-01-J

この章では、使用可能な監査コマンドのタイプについて説明します。ほとんどの監査コマンドは、処理に時間がかかることに注意してください。完了までの時間は、テーブルまたはデータベースのエントリ数によって決まります。たとえば、50,000 人以上の加入者がいるシステムでは、完全なデータベース監査の所要時間が 7 時間を超えることがあります。

Circuit Identification Code の監査

Circuit Identification Code(CIC)の監査コマンドを使用すると、スケジュールした時刻に General Remote CIC 監査を実行できます。有効となるのは SS7 に限られます。

コマンド タイプ

audit

audit all-ss7-cics

) 手動で入力した場合、このコマンドはシステム全体の General Remote CIC 監査をオンデマンドで開始します。このコマンドでは、トランクごとの結果は提供されません。主に、CLI 機能の
command-scheduled によってスケジュールを自動設定して使用します。このコマンドは、General Remote CIC 監査の完了を待たずに応答します。監査が開始されると、すぐに応答が発生します。この監査の開始時および完了時には、INFO イベントが記録されます。この監査で予期しない結果が生じた場合は、警告(WARN)としてアラーム ログに書き込まれます。


データベースの監査

データベースの監査コマンドを使用すると、プロビジョニング可能なすべてのテーブルのすべてのエントリを監査することや、すべてのテーブルのエントリを行数に基づいて監査することができます。

コマンド タイプ

audit

audit database;
audit database type=row-count;
audit database platform-state=ems;

 
使用上のガイドライン

主キー トークン:なし

 
シンタックスの説明

TYPE

監査のタイプ。

VARCHAR(10):1 ~ 10 の ASCII 文字。許可される値は次のとおりです。

FULL(デフォルト):テーブル全体を監査します。

ROW-COUNT:テーブルを行数に基づいて監査します。

PLATFORM-STATE

共有メモリ データベースの、アクティブまたはスタンバイ システムの状態。共有メモリ データベースの、アクティブまたはスタンバイ システムの監査に使用します。

VARCHAR(7):1 ~ 7 の ASCII 文字。許可される値は次のとおりです。

ACTIVE(デフォルト):システムはアクティブです(稼働中)。

STANDBY:システムはスタンバイ モードです。

EMS:アクティブな EMS からスタンバイ EMS までを監査します。


platform-state=EMS; を指定すると、type=row-count; を指定した場合でも完全な監査が実行されます。


テーブル名の監査

テーブル名の監査コマンドは、特定のテーブルのエントリだけを監査するため、データベースの監査コマンドよりも限定的です(ただし、table-name(機能)がプロビジョニング可能なテーブルであること)。特定のテーブルをアクティブ側またはスタンバイ側から監査できます。特定のテーブルについて、任意の有効なトークンおよびその値を指定して検索対象を絞ると、さらに限定的な監査を実行できます。

コマンド タイプ

audit

audit trunk platform-state=active;
audit trunk platform-state=active; tgn-id=42;
audit subscriber id=jer%;

) 最後の例は、パーセント記号(%)を使用して検索範囲を指定する方法を示しています。この例では、ID フィールドが jer で始まるすべての加入者エントリが返されます。


 
使用上のガイドライン

主キー トークン:なし

トークンは PLATFORM-STATE の 1 つだけです。

 
シンタックスの説明

PLATFORM-STATE

共有メモリ データベースの、アクティブまたはスタンバイ システムの状態。共有メモリ データベースの、アクティブまたはスタンバイ システムの監査に使用します。

VARCHAR(7):1 ~ 7 の ASCII 文字。許可される値は次のとおりです。

ACTIVE(デフォルト):システムはアクティブです(稼働中)。

STANDBY:システムはスタンバイ モードです。