Cisco BTS 10200 Softswitch コマンドライン インタフェース リファレンス ガイド: オペレーション/メンテナンス コマンド
変換
変換
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

変換

変換

June 29, 2007 OL-12434-01-J

この章では、Cisco BTS 10200 ソフトスイッチの変換確認コマンドについて説明します。変換確認コマンドは、ダイヤルされたディジットに基づいて、発信者から特定の宛先へのコールをシミュレートする診断コマンドです。このコマンドでは、コールを発信せずに、システム変換をチェックし、期待どおりにルーティングが実行されるかどうかを確認できます。ただし、コール トレースのクエリーと変換クエリーの両方を使用して、コールのルーティングを確認することが必要な場合があります。変換コマンドの結果が、フリーダイヤル コールまたは Local Number Portability(LNP; 市内番号のポータビリティ)コールの生成を示す場合は、フリーダイヤル クエリーまたは LNP クエリーのコマンドを実行します。フリーダイヤル クエリーまたは LNP クエリーの結果を使用して、別の変換クエリーを生成します。トラブルシューティングで変換コマンドを使用する方法の詳細については、『 Cisco BTS 10200 Softswitch Troubleshooting Guide 』を参照してください。


) 変換確認コマンドは、マニュアルで Translation Verification Tool(TVT; 変換確認ツール)と呼ばれることもあります。



) この章では、トークン名の前にアスタリスクがある場合、トークンが必須であることを意味します。トークンにアスタリスクがない場合は省略可能です。


コマンド タイプ

translate line、translate trunk

translate line calling-dn=2189722345; called-dn=8002550005

注意 translate line は Centrex グループではサポートされていません。

translate trunk tgn-id= 1; called-dn=7034321234;
 

 
使用上のガイドライン

外部キー:tgn-id

 
シンタックスの説明

* CALLED-DN

回線およびトランクの変換に必須です。着番号。

VARCHAR(32):npa-nxx-xxxx 形式の 1 ~ 32 の ASCII 文字。

CALLING-DN

回線の変換には必須です。発信者の電話番号。

VARCHAR(10):npaxxxxxxx 形式の 10 桁のディジット。

TGN-ID

トランクの変換には必須です。外部キー:Trunk Group テーブル。トランク グループ ID。SS7 および ISDN トランクに使用します。

INTEGER:1 ~ 99999999。

GAP

汎用アドレス パラメータ。トランクの変換に使用されます。

NUMERIC(10):10 桁の数値。