Cisco BTS 10200 Softswitch コマンドライン インタフェース リファレンス ガイド: オペレーション/メンテナンス コマンド
Number Resource Utilization and Forecast
Number Resource Utilization and Forecast
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Number Resource Utilization and Forecast

Number Resource Utilization and Forecast

June 29, 2007 OL-12434-01-J

Numbering Resource Utilization and Forecast(NRUF)レポートは、DN2 Subscriber テーブルに基づいて、North American Numbering Plan Administration(NANPA)監査データを提供します。FCC が要求する NANPA 監査準拠のため、レポート入力は 2 桁、12 桁、または NPANXX にすることができます。

 
コマンド モード

report

ndc および ec 内の thousands グループに関するレポート:

report dn-summary ndc=469; ec=255; dn-group=<0-9>;output=<filename>
 

ndc および ec に属するすべての DN に関するレポート:

report dn-summary
report dn-summary ndc=469; ec=255;output=<filename>

 
使用上のガイドライン

ndc トークンまたは ec トークンが必要です。

外部キー:ndc、ec

NRUF レポートのデータは、ec、または ndc と ec に基づいて生成されます。

ndc および ec に属するすべての DN に関するレポート

ndc および ec 内の thousands グループに関するレポート

中継 DN:0

トークン term-digits-ixc2at および term-digits-ixc2eo の場合、数値ブロック レコードに関連付けられている Terminating Digit(TR DIG; 終端ディジット)値は、Not Applicable(NA; 適用不可)と表示されます。これらのトークンでは、必要なディジット数は通常 7 です(NXX + 回線番号)。ただし、non-conforming エンド オフィス(Feature Group B および C アクセス)および cross-boundary オフィスの場合、必要な終端ディジット数は、4(回線番号)から 10(NPA + NXX + 回線番号)で異なります。さらに、Public Mobile Carrier(PMC)COCTYPE は End Office(EO; エンド オフィス)フィールドに「NA」を含むことができ、CDA COCTYPE は EO フィールドに 0 を含むことができます。これは Thousands Block レベルの NPA NXX レコードには適用されません。

term-digits-ixc2at および term-digits-ixc2eo は、どちらも規定どおり入力する必要があります。

 
シンタックスの説明

* EC

外部キー:Exchange Code および National Destination Code テーブル。Exchange Code。COC としても参照されます。

VARCHAR(6):1 ~ 6 の数字。


) NXX は、North American Numbering Plan(NANP; 北米番号計画)で使用される番号スキーマの NPA に続く 3 桁の番号です。


* OUTPUT

取得値のカンマ区切り ASCII データのファイルが /opt/ems/report ディレクトリに作成されるように指定します。このトークンは、必要な場合にメモリに作成され、物理的にこのテーブルには存在しません。

VARCHAR(19):1 ~ 19 の ASCII 文字。

AOCN

add コマンドには必須です。Administrative Operating Company Number は、データベース内の特定レコードの保守を担当する会社を識別するための番号で、Telcordia LERG Routing Guide の基礎となります。

VARCHAR(4):1 ~ 4 の ASCII 文字。

AUTO-REFRESH

キャッシュ データを画面に表示するかどうかを指定します。show コマンドに限り有効です。

CHAR(1):Y/N(デフォルトは Y)。

Y:データベースに最新のデータを問い合せます。

N:キャッシュ データが使用不能な場合にだけ、データベースに最新のデータを問い合せます。

COC-TYPE

3 桁の Central Office Code(COC)。

VARCHAR(3):1 ~ 3 の ASCII 文字。

COUNTY

関連レコードが存在する郡の 2 文字の省略形。この省略形は、州内で同一の識別キーを使用するレコードが 1 つ以上存在する場合に限り必要となります。

VARCHAR(2):1 ~ 2 の ASCII 文字。

CREATION DATE

レコードが作成された日。ステータスが E の場合に限り適用されます。

DATE:YYYY-MM-DD。

DIND

コードがカスタマーまたはオペレータによりダイヤル可能かどうかを指定します。

CHAR(1):Y/N。

Y:コードはダイヤル可能です。

N:コードはダイヤル不能です。

DN-GROUP

電話番号のグループ。dn-group には thousand block レベル(1 桁)を指定します。

NUMERIC(1):1 桁の数値。

LATA

地域別の Local Access and Transport Area(LATA; ローカル アクセスおよびトランスポート エリア)、または LATA に類似するコードを表す 3 桁の数値。レコードが存在する場所を示します。たとえば、メイン州は 120 です。LATA コードの入力用に 5 桁分のスペースがあります。下 2 桁は LATA サブゾーン用です。フロリダ州に限り最大 5 桁の LATA 番号が使用され、Equal Access Exchange Areas(EAEAs)を表します。

INTEGER:100 ~ 99999(デフォルトは 99999)(3 ~ 5 桁の数値)。

LATA-NAME

LATA 名、または LATA と類似のコード名。たとえば、Maine です。

VARCHAR(20):1 ~ 20 の ASCII 文字。

LINE-RANGE-FROM

最初の 4 桁は、この番号ブロックの開始番号を表します。

INTEGER(4):1 ~ 4 の数字。

LINE-RANGE-TO

最後の 4 桁は、この番号ブロックの最後の番号を表します。

INTEGER(4):1 ~ 4 の数字。

LOCALITY

この NXX コードの管轄下にある地域名。

VARCHAR(10):1 ~ 10 の ASCII 文字。

NDC

外部キー:Exchange Code および National Destination Code(NDC)テーブル。NDC は、Number Plan Area(NPA)コード(宛先コードの最初の 3 桁)と COC を組み合せて構成されます。

VARCHAR(6):1 ~ 6 の ASCII 文字。

OCN

Operating Company Number(OCN)。NPA-NXX の Code Holder、スイッチング エンティティ会社、または非機能ベースのサービス プロバイダー(代理店、課金サービス プロバイダーなど)を識別します。

VARCHAR(4):1 ~ 4 の ASCII 文字。

PORTABLE

add コマンドには必須です。NPA NXX 内に回線番号を最低 1 つ設けるかどうかを指定します。

CHAR(1):Y/N。

Y:thousands-block-number のプール化またはサービス プロバイダー LNP のため、NPA NXX 内に回線番号を最低 1 つ設けます。

N:NPA NXX 内に番号を設けません。

RC

Rate Center(RC)。RC とは、一意に定義した Rate Exchange Area(REA)(RC は地域エリアを設定可能)内のおおよその中間点であり、この中間点からマイル数が測定されます。

VARCHAR(10):1 ~ 10 の ASCII 文字。


) Local Calling Area は、RC 内のコール(通常すべて市内電話)および所定の RC からその他の RC へのコール(市内または市外)に定義された基本的なローカル エリアです。この情報は LERG Routing Guide には収録されていません。Local Calling Area および拡張 Local Calling Area の詳細は州の料金表に定義されています。


RC-TYPE

特別な識別が必要な Rate Center を示します。次に、特別な Rate Center を識別するタイプの例を示します。

CHAR(1):U、S、Z。

U:制限なし。RC は通信に関するサービスを提供しますが、サービスは特定の機能に制限されません。

S:郊外ゾーン。大規模な交換エリアを定義します。郊外ゾーンは大都市圏に適用され、都市を囲むエリア(ピッツバーグ郊外ゾーンなど)または都市およびその周辺地域(ホイーリング郊外ゾーンなど)だけを含みます。交換エリアは、2 つ以上の郊外ゾーンに分割できる程度の規模が必要です。郊外ゾーンには、RC の垂直座標および水平座標と同じように座標が割り当てられ、RC 間、郊外ゾーン間、またはゾーン形式の都市間の測定に使用されます。

Z:ゾーン形式の都市。通常は都市(ニューヨークなど)を取り囲む大規模な交換エリアを定義します。ゾーン形式の都市は、それぞれ垂直座標および水平座標(メジャー ゾーンとして認定)が割り当てられます。さらに、ゾーン形式の都市は 2 つ以上の都市ゾーンに分割されます。各都市ゾーンには垂直座標および水平座標が割り当てられ、郊外ゾーンの垂直座標および水平座標と同じように使用されます。

SHA

Switch Homing Arrangement(SHA)インジケータは、NPA/NXX に使用される「ホーミング」な配列を、入力された 11 文字のスイッチと比較して識別します。01 ~ 99 の値が入力された場合、識別された 11 文字のスイッチと 2 桁の SHA インジケータの組み合せは、代替のホーミング配列を示します。この配列は、ルーティング データベース内の SH2 レコードとして事前に確立している必要があります。

INTEGER(2):1 ~ 2 の数字。

SSC

COC トークンに加えて使用される Special Service Code は、Destination Code レコードによって提供される特別なサービスを識別します。

VARCHAR(5):1 ~ 5 の ASCII 文字。

STATE

2 文字の省略形で、州、地域、地方を示します。

VARCHAR(2):1 ~ 2 の ASCII 文字。

SWITCH-CLLI-CODE

ルーティング コールを目的として、所有する Local Exchange Company から提供されるスイッチの 11 文字の記述子。通常、これはスイッチの Common Language Location Identifier(CLLI)です。カリブやバミューダの NPA における NXX の場合、この SW IDENT トークンは
SWCHxxUNKNO で入力されます。ここで xx は、カリブまたはバミューダの地方または地域の 1 つを示します。

VARCHAR(11):1 ~ 11 の ASCII 文字。

TERM-DIGITS-IXC2AT

指定したエンド オフィスに LERG7SHA および LERG9(セクション 7)ごとに関連付けられたプライマリ アクセス タンデム(AT)を使用して、コールをルーティングするのに必要な終端ディジット数を指定します。このトークンには 7 または 10 が入力されます。終端 NPA-NXX が AT のホーム NPA と同じ場合(AT が単一の NPA を管理している)、7 桁の終端ディジット(NXX + 回線番号)が必要です。

終端 NPA が AT のホーム NPA と異なる場合(AT が複数の NPA を管理している)、10 桁の終端ディジット(NPA + NXX + 回線番号)が必要です。3 桁の終端 NPA は、単一のアクセス タンデムによって管理されている複数の NPA に割り当てられた、NXX 間の多義性を解決します。

VARCHAR(2):1 ~ 2 の ASCII 文字。許可される値は、NA、0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10 です。

TERM-DIGITS-IXC2EO

NPA NXX が存在する EO に、直接コールをルーティングするのに必要な終端ディジット数を指定します。EO トークンおよび AT トークンのどちらもプロビジョニングしておく必要があります。空白のエントリは許可されません。「NA」は、EO フィールドまたは AT フィールドのどちらの場合でも、LSP が LATA のスイッチング エンティティまたは終端ポイント(POT)に対して直接トランクを提供しないことを意味します。

VARCHAR(2):1 ~ 2 の ASCII 文字。許可される値は、NA、0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10 です。

TEST-LINE-NUM

NPA NXX(NPA-NXX = テスト回線番号)の回線番号コンポーネントを示すテスト回線を指定します。

INTEGER(4):1 ~ 4 の数字。

THOUSAND-BLOCK

add、change、および delete コマンドには必須です。NPA NXX 割り当ておよびブロック ID を指定します。LERG6 ファイルでは、コード ホルダーに割り当てられた NPA NXX レコードには「A」が含まれます。Thousands Block Pooling Administrative Guideline のとおり、NPA NXX は、「A」レコードに加えて 1 つ以上の識別されている数値ブロック ID(0 ~ 9)を持つことができます。数値ブロック ID の場合、これは 1000 の回線番号と関連付けられ、回線番号はブロック ID「1000」で始まります(たとえば、ブロック ID 3 は 3000 ~ 3999 の範囲)。

VARCHAR(3):1_1。

1:1000 ~ 1999 のブロック ID

2:2000 ~ 2999 のブロック ID

3:3000 ~ 3999 のブロック ID

4:4000 ~ 4999 のブロック ID

5:5000 ~ 5999 のブロック ID

6:6000 ~ 6999 のブロック ID

7:7000 ~ 7999 のブロック ID

8:8000 ~ 8999 のブロック ID

9:9000 ~ 9999 のブロック ID

THOUSAND-BLOCK-
POOLING

Thousand (1000) Block Pooling インジケータ。

CHAR(1):Y、N、S、I。

Y:NPA NXX は、所定の NPA 内の NXX プールの一部です。これは、Pool Administrator(現在は米国に限り適用可能)によって、一度に 1000 の回線が、潜在的に異なる会社に割り当てられます。

N:NXX は公的にはプール化されておらず、NXX レベルより下位の情報はありません。

S:NXX は公的にはプール化されていませんが、完全に割り当てられた NXX を thousands block レベルで「split」と表示するために 7 桁のルーティングが適用されます(Intra Service Provider(SP)Pooling あるいはその他の理由のため)。これは NANP のどの NPA にも適用できます。

I:「S」と同じですが、NXX の「split」を thousands block へ取り入れることに関して BIRRDS システム制御を付加しています。Code Holder は、Pool Administrator からこれを要求します。これは、FCC で規定された領域(US および US の地域)の Pool Administrator のインベントリにある NPA に限り適用されます。