Cisco BTS 10200 Softswitch プロビジョニング ガイド Release 5.0
セッション開始プロトコル(SIP) 原因 コードのマッピング
セッション開始プロトコル(SIP)原因コードのマッピング
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

セッション開始プロトコル(SIP)原因コードのマッピング

セッション開始プロトコル(SIP)原因コードのマッピング

Revised May 30, 2007

原因コードは、コールが切断された理由を示します。Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)コールは、電話側から受信したイベントに対応してではなく、内部障害イベントが原因で失敗することがあります。これは、IP Leg(H.323)Call Clearing セクションに似ています。

SIP インターフェイスによってコールが切断されると、次のエラー コードが生成されます。

127 - 相互作用、詳細不明

送信された SIP の「Invite」または「Re-Invite」に対して、最終応答または信頼できる暫定応答で確認応答が受信されなかった。

Session Description Protocol(SDP; セッション記述プロトコル)で、SIP「Ack」要求の受信が予期されたが、受信されなかった。

初期「Invite」に対する 200 クラス応答が送信または受信され、SDP が前提とされたが使用不可能だった。

41 - 一時的な障害

送信された初期 SIP「Invite」の要求がタイムアウトになった。

受信した SIP-T のプロビジョン可能な応答の ISUP の添付が解釈できなかった。

102 - タイマー期限切れの回復

許容される期間内に初期 SIP「Invite」への最終応答が送信されず、最終応答がタイムアウトになった。

アクティブ コールの間に送信された「Re-Invite」または「Update」要求への応答がなかった。

表H-1 に、標準の原因コードと SIP 応答コードのマッピングを示します。

 

表H-1 標準の原因コードと SIP 応答コードのマッピング

標準の原因コード
説明
SIP 応答コード
説明

1

未割り当ての番号

404

見つからない

2

ネットワークへのルートがない

404

見つからない

3

宛先へのルートがない

404

見つからない

4

空のコード(ANSI)

404

見つからない

5

誤ってダイヤルされたトランク プレフィックス(ANSI)

404

見つからない

8

0 プレフィックスがダイヤルされたが、許可されていない(ANSI)

488

現在、受け入れ不可能

9

1 プレフィックスがダイヤルされたが、許可されていない(ANSI)

488

現在、受け入れ不可能

10

1 プレフィックスが存在しない

488

現在、受け入れ不可能

16

正常、クリアリング

 

 

17

ユーザがビジー

486

現在、混雑中

18

ユーザが応答していない

408

要求がタイムアウト

19

ユーザからの応答がない

480

一時的に使用不可能

20

加入者が存在しない

480

一時的に使用不可能

21

コールは拒否された

403

603

禁止されている

拒否された

22

番号が変更された

410

消失

22

番号が変更された

301

永続的に移動された(接続先は診断結果からの番号となる)

23

新しい宛先へのリダイレクション

410

消失

26

選択されていないユーザ クリアリングまたは誤ってルーティングされたポート番号

404

見つからない

27

宛先の異常

502

不正なゲートウェイ

28

アドレスが不完全

484

アドレスが不完全

29

ファシリティが拒否された

501

未実装

31

正常、詳細不明

480

一時的に使用不可能

34

使用可能な回線がない

503

サービスが使用不可能

38

ネットワークの異常

503

サービスが使用不可能

41

一時的な障害

503

サービスが使用不可能

42

スイッチング装置の輻輳

503

サービスが使用不可能

44

要求された回線が使用不可能

503

サービスが使用不可能

47

リソースが使用不可能

503

サービスが使用不可能

55

CUG で着信コールが禁止されている

403

禁止されている

57

ベアラ機能が許可されていない

403

禁止されている

58

現在、ベアラ機能が使用できない

503

サービスが使用不可能

63

サービス/オプションが使用不可能

503

サービスが使用不可能

65

ベアラ機能が実装されていない

488

現在、受け入れ不可能

69

要求されたファシリティが実装されていない

606

受け入れ不可能

70

限定されたディジットのみ使用可能

488

現在、受け入れ不可能

79

サービスまたはオプションが未実装

501

未実装

87

ユーザが CUG のメンバーでない

403

禁止されている

88

互換性のない宛先

503

サービスが使用不可能

95

無効なメッセージ

503

サービスが使用不可能

102

タイマーの期限切れ時に回復

504

ゲートウェイのタイムアウト

111

プロトコル エラー

500

サーバの内部エラー

127

相互作用、詳細不明

500

サーバの内部エラー

他のすべての原因コード

 

500

サーバの内部エラー

表H-2 に、SIP 応答コードと標準の原因コードのマッピングを示します。

 

表H-2 SIP 応答コードと標準の原因コードのマッピング

SIP 応答コード
説明
標準の原因コード
説明

400

不正な要求

41

一時的な障害

401

許可されていない

21

コールは拒否された

402

支払いが要求された

21

コールは拒否された

403

禁止されている

21

コールは拒否された

404

見つからない

1

未割り当ての番号

405

メソッドが許可されていない

63

サービスまたはオプションが使用不可能

406

受け入れ不可能

79

サービス/オプションが未実装

407

プロキシ認証が要求された

21

コールは拒否された

408

要求がタイムアウト

102

タイマーの期限切れ時に回復

409

競合

 

 

410

消失

22

番号が変更された(診断なし)

411

長さが要求された

 

 

413

要求エントリが長すぎる

127

相互作用、詳細不明

414

要求 URI が長すぎる

127

相互作用、詳細不明

415

未サポートのメディア タイプ

79

サービス/オプションが未実装

416

未サポートの URI スキーマ

127

相互作用、詳細不明

420

不正な内線

127

相互作用、詳細不明

421

内線が要求された

127

相互作用、詳細不明

423

インターバルが短かすぎる

127

相互作用、詳細不明

480

一時的に使用不可能

18

ユーザが応答していない

481

コール トランザクションが存在しない

41

一時的な障害

482

ループが検出された

25

Exchange のルーティング エラー

483

ホップ数が多すぎる

25

Exchange のルーティング エラー

484

アドレスが不完全

28

無効な番号形式

485

不明確

1

未割り当ての番号

486

現在、混雑中

17

現在、混雑中

487

要求が終了された

 

 

488

受け入れ不可能

 

 

500

サーバの内部エラー

41

一時的な障害

501

未実装

79

サービス/オプションが未実装

502

不正なゲートウェイ

38

ネットワークの異常

503

サービスが使用不可能

41

一時的な障害

504

サーバのタイムアウト

102

タイマーの期限切れ時に回復

505

バージョンがサポートされていない

127

相互作用、詳細不明

513

メッセージが長すぎる

127

相互作用、詳細不明

600

すべての場所が混雑中

17

現在、混雑中

603

拒否された

17

現在、混雑中

604

どこにも存在しない

1

未割り当ての番号

606

受け入れ不可能

 

 

その他のステータス コード

 

31

正常、詳細不明