Cisco BTS 10200 Softswitch プロビジョニング ガイド Release 5.0
プレインストールされたスクリプト
プレインストールされたスクリプト
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

プレインストールされたスクリプト

機能プロビジョニング スクリプト

メディア ゲートウェイ プロファイル スクリプト

Cisco UBR プロファイル

Cisco 2600 プロファイル

Cisco AS5400 プロファイル

Telogy プロファイル

音声インターワーキング サービス モジュール(VISM)プロファイル

音声インターワーキング サービス モジュール(VISM)トランキング ゲートウェイ プロファイル

デフォルトのディジット マップ

7 桁のローカル ダイヤリング

10 桁のローカル ダイヤリング

7 桁または 10 桁のローカル ダイヤリング

プレインストールされたスクリプト

Revised May 30, 2007

この付録では、機能サーバと各種メディア ゲートウェイの事前設定済みのスクリプトについて詳しく説明します。

機能プロビジョニング スクリプト

表D-1 に示す機能は、インストール時に事前にプロビジョニングされます。feature-server-id トークンは、実際の機能サーバ ID に置き換えられます。

 

表D-1 プレインストール済みの機能スクリプト

機能名
プロビジョニング スクリプト

Anonymous Call Rejection(番号非通知呼び出しの拒否)

add feature fname=ACR; tdp1=TERMINATION_ATTEMPT_AUTHORIZED; tid1=TERMINATION_ATTEMPT_AUTHORIZED; ttype1=R; description=Anonymous Call Rejection; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding Busy(話中転送)

add feature fname=CFB; tdp1=T_BUSY; tdp2=COLLECTED_INFORMATION; tid1=T_BUSY; tid2=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; fname1=CFBVA 1 ; fname2=CFBVD; description=Call Forwarding Busy; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding Busy Activation(話中転送の有効化)

add feature fname=CFBVA; vsc=*90; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; type1=INTL; value1=Y; description=Call Forwarding Busy Activation; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding Busy Deactivation(話中転送の無効化)

add feature fname=CFBVD; vsc=*91; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; description=Call Forwarding Busy Deactivation; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding No Answer(無応答時コール転送)

add feature fname=CFNA; tdp1=CALL_ACCEPTED; tdp2=COLLECTED_INFORMATION; tid1=CALL_ACCEPTED; tid2=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; fname1=CFNAVA 2 ; fname2=CFNAVD; type1=TO; value1=30; description=Call Forwarding No Answer TO=Timeout; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding No Answer Activation(無応答時コール転送の有効化)

add feature fname=CFNAVA; vsc=*92; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; type1=INTL; value1=Y; description=CFNA Variable Activation; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding No Answer Deactivation(無応答時コール転送の無効化)

add feature fname=CFNAVD; vsc=*93; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; description=Call Forwarding No Answer Variable Deactivation; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding Unconditional(無条件コール転送)

add feature fname=CFU; tdp1=TERMINATION_ATTEMPT_AUTHORIZED; tdp2=COLLECTED_INFORMATION; tid1=TERMINATION_ATTEMPT_AUTHORIZED; tid2=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; fname1=CFUA; fname2=CFUD; type1=MCF; value1=Y; type2=RR; value2=Y; description=Call Forwarding Unconditional MCF=multiple call forwarding allowed, RR=ring reminder; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding Unconditional Activation(無条件コール転送の有効化)

add feature fname=CFUA; vsc=*72; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; type1=INTL; value1=Y; description=CFU Activation, INTL=CF to international DN allowed; feature_server_id=FSPTC719;

Call Forwarding Unconditional Deactivation(無条件コール転送の無効化)

add feature fname=CFUD; vsc=*73; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; description=Call Forwarding Unconditional Deactivation; feature_server_id=FSPTC719;

Call Hold(コール保留)

add feature fname=CHD; tdp1=O_MID_CALL; tdp2=T_MID_CALL; tid1=O_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; tid2=T_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; ttype1=R; description=Call Hold; feature_server_id=FSPTC719;

Call Transfer(コール転送)

add feature fname=CT; tdp1=O_MID_CALL; tdp2=T_MID_CALL; tid1=O_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; tid2=T_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; ttype1=R; description=Call Transfer; feature_server_id=FSPTC719;

Call Waiting(コール ウェイティング)

add feature fname=CW; tdp1=T_BUSY; tid1=T_BUSY; ttype1=R; description=Call Waiting; feature_server_id=FSPTC719;

Caller ID with Call Waiting(コール ウェイティング時の発信者番号)

add feature fname=CIDCW; tdp1=T_BUSY; tid1=T_BUSY; ttype1=R; description=Caller Id with Call Waiting; feature_server_id=FSPTC719;

Calling Identity Delivery(発信者 ID の配信)

add feature fname=CIDS; vsc=*82; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; description=Calling Identity Delivery; feature_server_id=FSPTC719;

Calling Name Delivery(発信者名の配信)

add feature fname=CNAM; tdp1=FACILITY_SELECTED_AND_AVAILABLE; tid1=TERMINATION_RESOURCE_AVAILABLE; ttype1=R; description=Calling Name; feature_server_id=FSPTC719;

Calling Name Delivery Blocking(発信者名配信のブロック)

add feature fname=CNAB; vsc=*95; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; description=Calling Name Delivery Blocking; feature_server_id=FSPTC719;

Calling Number Delivery(発信番号の配信)

add feature fname=CND; tdp1=FACILITY_SELECTED_AND_AVAILABLE; tid1=TERMINATION_RESOURCE_AVAILABLE; ttype1=R; description=Calling number delivery; feature_server_id=FSPTC719;

Calling Number Delivery Blocking(発信番号配信のブロック)

add feature fname=CNDB; vsc=*67; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; description=Calling Number Delivery Blocking (toggles the privacy indicator)'; feature_server_id=FSPTC719;

Cancel Call Waiting(コール ウェイティングのキャンセル)

add feature fname=CCW; vsc=*70; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=VERTICAL_SERVICE_CODE; ttype1=R; description=Cancel Call Waiting; feature_server_id=FSPTC719;

Class of Service Screening(サービス クラスのスクリーニング)

add feature fname=COS; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=COS_TRIGGER; ttype1=R; description=Class of service screening; feature_server_id=FSPTC719;

Customized Dial Plan(カスタマイズされたダイヤル プラン)

add feature fname=CDP; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=CUSTOMIZE_DIALING_PLAN; ttype1=R; description=Customize Dial Plan; feature_server_id=FSPTC719;

Emergency Service(緊急サービス)

add feature fname=911; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=911_TRIGGER; ttype1=R; description=Emergency Service; feature_server_id=FSPTC719;

Incoming SFG(着信 SFG)

add feature fname=ISFG; tdp1=TERMINATION_ATTEMPT_AUTHORIZED; tid1=TERMINATION_ATTEMPT_AUTHORIZED; ttype1=R; description=Incoming SFG; feature_server_id=FSPTC719;

LIDB query(LIDB クエリー)

add feature fname=LIDB; tdp1=TERMINATION_ATTEMPT; tid1=CNAM; ttype1=R; description= LIDB query for the CNAM feature; feature_server_id=FSAIN205;

Local Number Portability(市内番号のポータビリティ)

add feature fname=LNP; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=LNP_TRIGGER; ttype1=R; description=Local Number Portability; feature_server_id=FSAIN519;

Outgoing SFG(発信 SFG)

add feature fname=OSFG; tdp1=ROUTE_SELECTED; tid1=ROUTE_SELECTED; ttype1=R; description=Outgoing SFG; feature_server_id=FSPTC719;

Three-Way Call(三者同時通話)

add feature fname=TWC; tdp1=O_MID_CALL; tdp2=T_MID_CALL; tid1=O_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; tid2=T_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; ttype1=R; description=Three way call; feature_server_id=FSPTC719;

Toll-Free Service(フリーダイヤル サービス)

add feature fname=8XX; tdp1=COLLECTED_INFORMATION; tid1=SPECIFIC_DIGIT_STRING; ttype1=R; description=Toll Free Number; feature_server_id=FSAIN519;

Usage Sensitive Three-Way Calling(従量制三者同時通話)

add feature fname=USTWC; tdp1=O_MID_CALL; tdp2=T_MID_CALL; tid1=O_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; tid2=T_SWITCH_HOOK_FLASH_IMMEDIATE; ttype1=R; description=Usage Sensitive Three Way Call; feature_server_id=FSPTC719;

1. CFB 変数の有効化/無効化が許可されていない場合は、fname1 と fname2 はプロビジョニングしないでください。

2. CFNA 変数の有効化/無効化が許可されていない場合は、fname1 と fname2 はプロビジョニングしないでください。

メディア ゲートウェイ プロファイル スクリプト

ここでは、メディア ゲートウェイ ハードウェアの事前設定済みのプロファイルについて詳しく説明します。

Cisco UBR プロファイル

Cisco UBR はレジデンシャル ゲートウェイとして使用されます。UBR には 2 つの終端があります。

add mgw-profile ID=Ubr1;
VENDOR=Cisco;
SILENT-SUPPRESS-SUPP=Y;
MGCP-VARIANT=MGCP_0_1;
RBK-ON-CONN-SUPP=N;
PACKET-TYPE=IP;
AAL1=N;
AAL2=N;
AAL5=N;
PVC=N;
SVC=N;
SPVC=N;
EC=N;
MPARTY-CONFERENCE=N; #not used
MPARTY-3WAY=N; #not used
NUM-PER-MPARTY=1; #not used
NUM-OF-MPARTY=1; #not used
LPTIME=10;
HPTIME=20;
ISDN=N;
DTMF=N;
MF=N;
FXO=N;
FXS=N;
FGD=N;
BACKHAUL-TYPE=RUDP;
SDP-ORIGFIELD-UNSUPP=Y;
SDP-SESSNAME-UNSUPP=Y;
SDP-EMAIL-UNSUPP=Y;
SDP-PHONE-UNSUPP=Y;
SDP-URI-UNSUPP=Y;
SDP-BANDWIDTH-UNSUPP=Y;
SDP-INFO-UNSUPP=Y;
SDP-TIME-UNSUPP=Y;
SDP-ATTRIB-UNSUPP=Y;
MGCP-ERQNT-UNSUPP=Y;
MGCP-HAIRPIN-UNSUPP=Y;
MGCP-QLOOP-UNSUPP=Y;
MGCP-3WAY-HSHAKE-UNSUPP=N;
MGCP-CONN-ID-AT-GW-UNSUPP=Y;
MGCP-CMD-SEQ-UNSUPP=Y;
TERMINATION-PREFIX=aaln/;
PORT-START=0;
DESCRIPTION=Cisco UBR;

Cisco 2600 プロファイル

Cisco 2600 ルータはレジデンシャル ゲートウェイとして使用されます。

add mgw-profile id=Cisco2600;
vendor=Cisco;
packet-type=IP;
mgcp-variant=MGCP_0_1;
aal1=n;
aal2=n;
aal5=n;
pvc=n;
svc=n;
spvc=n;
ec=n;
mparty-3way=n; #not used
mparty-conference=n; #not used
lptime=10;
hptime=20;
silent-suppress-supp=n;
rbk-on-conn-supp=n;
isdn=n;
dtmf=n;
mf=n;
fxo=n;
fgd=n;
mgcp-erqnt-unsupp=y;
mgcp-hairpin-unsupp=y;
mgcp-cmd-seq-unsupp=y;
description=cisco 2600 residential gateways
 
 
# Cisco MC 3810 profile
# The Cisco Multiservice Access Concentrator MC 3810 is used as a residential gateway.
add mgw-profile id=cisco_3810;
vendor=cisco;
packet-type=ip;
mgcp-variant=MGCP_0_1;
aal1=no;
aal2=no;
aal5=no;
pvc=no;
svc=no;
spvc=no;
ec=n;
mparty-3way=n; #not used
mparty-conference=n; #not used
lptime=10;
hptime=20;
silent-suppress-supp=n;
rbk-on-conn-supp=n;
isdn=n;
dtmf=y;
mf=n;
fxo=n;
fgd=n;
mgcp-erqnt-unsupp=y;
mgcp-hairpin-unsupp=y;
mgcp-cmd-seq-unsupp=y;
description=cisco multiservice access concentrator - mc3810

Cisco AS5400 プロファイル

Cisco AS5400 メディア ゲートウェイは、トランキング ゲートウェイおよび通知サーバとして使用されます。デフォルト プロファイルは、両方のタイプのゲートウェイに適用されます。

add mgw-profile id=as5400;
vendor=Cisco;
packet-type=IP;
mgcp-variant=MGCP_0_1;
aal1=n;
aal2=n;
aal5=n;
pvc=n;
svc=n;
spvc=n;
ec=n;
mparty-3way=n; #not used
mparty-conference=n; #NOT USED
lptime=10;
hptime=20;
silent-suppress-supp=n;
rbk-on-conn-supp=n;
isdn=n;
dtmf=n;
mf=n;
fxo=n;
fgd=n;
mgcp-erqnt-unsupp=y;
mgcp-hairpin-unsupp=y;
mgcp-cmd-seq-unsupp=y;
mgcp-rsipstar-supp=y
description=cisco access server as5400 tgw profile

Telogy プロファイル

Telogy はレジデンシャル ゲートウェイとして使用されます。Telogy ボックスは 2 つの終端をサポートします。

add mgw-profile id=Telogy1;
VENDOR=Telogy;
SILENT-SUPPRESS-SUPP=Y;
MGCP-VARIANT=NCS_1_0;
RBK-ON-CONN-SUPP=N;
PACKET-TYPE=IP;
AAL1=N;
AAL2=N;
AAL5=N;
PVC=N;
SVC=N;
SPVC=N;
EC=N;
MPARTY-CONFERENCE=N;
MPARTY-3WAY=N;
NUM-PER-MPARTY=1;
NUM-OF-MPARTY=1;
LPTIME=10;
HPTIME=20;
ISDN=N;
DTMF=N;
MF=N;
FXO=N;
FXS=N;
FGD=N;
BACKHAUL-TYPE=RUDP;
SDP-ORIGFIELD-UNSUPP=Y;
SDP-SESSNAME-UNSUPP=Y;
SDP-EMAIL-UNSUPP=Y;
SDP-PHONE-UNSUPP=Y;
SDP-URI-UNSUPP=Y;
SDP-BANDWIDTH-UNSUPP=Y;
SDP-INFO-UNSUPP=Y;
SDP-TIME-UNSUPP=Y;
SDP-ATTRIB-UNSUPP=Y;
MGCP-ERQNT-UNSUPP=Y;
MGCP-HAIRPIN-UNSUPP=Y;
MGCP-QLOOP-UNSUPP=Y;
MGCP-3WAY-HSHAKE-UNSUPP=N;
MGCP-CONN-ID-AT-GW-UNSUPP=N;
MGCP-CMD-SEQ-UNSUPP=N;
TERMINATION-PREFIX=aaln/;
PORT-START=1;
DESCRIPTION=Telogy;

音声インターワーキング サービス モジュール(VISM)プロファイル

次のメディア ゲートウェイ プロファイルは、Voice Interworking Service Module(VISM; 音声インターワーキング サービス モジュール)を装備したゲートウェイの場合の例を示しています。

 
ID=C0401-VISM21
VENDOR=Cisco
SILENT-SUPPRESS_SUPP=N
MGCP-VARIANT=NONE
RBK-ON-CONN_SUPP=Y
PACKET-TYPE=IP
AAL1=N
AAL2=N
AAL5=N
PVC=N
SVC=N
SPVC=N
EC=Y
MPARTY-CONFERENCE=Y
MPARTY-3WAY=Y
NUM-PER-MPARTY=3
NUM-OF-MPARTY=3
LPTIME=20
HPTIME=20
ISDN=N
DTMF=N
MF=Y
FXO=N
FXS=N
FGD=N
BACKHAUL-TYPE=RUDP
SDP-ORIGFIELD-UNSUPP=N
SDP-SESSNAME-UNSUPP=N
SDP-EMAIL-UNSUPP=N
SDP-PHONE-UNSUPP=N
SDP-URI-UNSUPP=N
SDP-BANDWIDTH-UNSUPP=N
SDP-INFO-UNSUPP=N
SDP-TIME-UNSUPP=N
SDP-ATTRIB-UNSUPP=N
MGCP-ERQNT-UNSUPP=N
MGCP-HAIRPIN-UNSUPP=Y
MGCP-QLOOP-UNSUPP=N
MGCP-3WAY-HSHAKE-UNSUPP=N
MGCP-CONN-ID-AT-GW-UNSUPP=N
MGCP-CMD-SEQ-UNSUPP=Y
MGCP-VMWI-UNSUPP=Y
PORT-START=0
MGCP-VERSION=MGCP-1-0
MGCP-RSVP-UNSUPP=Y
MGCP-RSIPSTAR-UNSUPP=N
MGCP-TERM-INIT-LEVEL=0
IPTOS-RTP-LOWDELAY=Y
IPTOS-RTP-THROUGHPUT=N
IPTOS-RTP-RELIABILITY=N
IPTOS-RTP-PRECEDENCE=CRITICAL
MGCP-HAIRPIN-Z2-UNSUPP=Y
DTMF-CISCO-RTP=Y
DTMF-CISCO-NSE=Y
DTMF-NTE=Y
DTMF-GW-NTE=Y
DTMF-OOB=N
R-G=Y
R-BE=Y
R-CL=Y
MGW-TYPE=MGX8850
OSI-UNSUPP=Y
MGCP-PSTTONE-UNSUPP=Y
MGCP-DIALTONE-TO-UNSUPP=Y
MGCP-MWI-UNSUPP=N
SPARE1-UNSUPP=Y
SPARE2-UNSUPP=Y
IPTOS-RTP-UNSUPP=N
MGCP-NAS-UNSUPP=Y
MGCP-FAX-UNSUPP=Y
MGCP-ES-UNSUPP=Y
FAX-T38-GWMODE-SUPP=Y
FAX-T38-CAMODE-SUPP=N
FAX-INBAND-SUPP=Y
FAX-PREF-MODE=FAX-T38-GWMODE
USE-STATIC-PROFILE=N
REFRESH-DIGIT-MAP=N
MGCP-XDLCX-UNSUPP=Y
MGCP-CAS-BLOCK-UNSUPP=Y
CODEC-NEG-UNSUPP=Y
MGCP-DQOS-UNSUPP=Y
MGCP-PC-SEC-UNSUPP=Y
DOMAIN-NAME-CACHING-UNSUPP=N

音声インターワーキング サービス モジュール(VISM)トランキング ゲートウェイ プロファイル

次のトランキング ゲートウェイ プロファイルは、音声インターワーキング サービス モジュール(VISM)を装備したゲートウェイの場合の例を示しています。

[
ID=RALEIGHDS1-505B
TYPE=A7
HOP-COUNTER=20
CFN-SUPP=N
COT-ORIG=N
COT-FREQ=0
COT-TONE=4W-TO-4W
COT-DURATION=1
ECHO-SUPP-REQUIRED=N
SATELLITE-CIRCUIT=N
INBAND-INFO=N
SEND-CIP=N
SEND-CPN=Y
SEND-OCN=Y
SEND-REDIR-NUM=Y
SEND-ATP=Y
SEND-GAP=Y
SEND-GN=N
SEND-JIP=Y
T-IAM=20
T-REL=6
T-RSC=15
T-GRS=15
T-CGB=15
T-BLO=6
T-8=15
T-CCR-R=12
T-COT-R=20
T-COT-L=300
FAST-ANSWER-SUPP=N
SEND-HOPCOUNTER=Y
SEND-CIP-NONGEO=N
SEND-CPN-PRES=N
SEND-REDIRINFO=Y
REDIR-MAX=5
T-9=255
ALARM-CARRIER=UNKNOWN
ALLOW-EXM=Y
ALLOW-CRMCRA=Y
CCT-GRP-CARRIER=DIGITAL
DEFAULT-CHGNOA=NOTUSED
DEFAULT-CHGNPI=NOTUSED
DEFAULT-OLI=NOTUSED
SEND-CHNOLIP=N
SEND-CHN-NONGEO=N
SEND-NOTIFICATION=N
SEND-SERVICECODE=N
SEND-TRANSREQ=N

デフォルトのディジット マップ

ここでは、7 桁および 10 桁のダイヤリングのプロビジョニング例を示します。

7 桁のローカル ダイヤリング

次のデフォルトのディジット マップは、7 桁のローカル ダイヤリングがサポートされている場合に、Call Agent でプロビジョニングされます。

add digit-map id=default; digit-pattern =0T|00|[2-9]11|1[2-9]11|[2-9]xxxxxx|1[2-9]xx[2-9]xxxxxx|0[2-9]xx[2-9]xxxxxx|011xxxxxx.T|01xxxxxx.T|101xxxx|#|*xx|xxxxxxxxxxxxxxxxxxx; description=default digit map for 7 digit local dialing;
 

文字列は次のように解釈されます。

 

文字列
説明

0T

ローカル オペレータ(0 の後 4 秒のタイミング)(注 1 および 2 を参照)

00

PIC(または、着信通信事業者アクセス コード)に基づく interLATA オペレータ

[2-9]11

N11 コール(411、911 など)

1[2-9]11

N11 市外コール(例:1+411)

[2-9]xxxxxx

7D ローカル オール(7 桁の後タイミングなし)

1[2-9]xx[2-9]xxxxxx

1+10D interLATA コール/intraLATA コール

0[2-9]xx[2-9]xxxxxx

0+10D ローカル コール/市外コール

011xxxxxx.T

国際コール(011 に続く 6 桁の後 4 秒のタイミング)

01xxxxxx.T

オペレータ経由の国際コール(01 に続く 6 桁の後 4 秒のタイミング)

101xxxx

カジュアル ダイヤリング

#

101xxxx の後にダイヤルされた場合は、カットスルー コール

*xx

バーティカル サービス コード

xxxxxxxxxxxxxxxx

最大 16 桁を収集するために使用される


) (1)ディジット間のタイムアウト時間は 16 秒間です。
(2)文字「T」が指定された場合、ディジット間のタイムアウト時間はメディア ゲートウェイで 4 秒に変更されます。


10 桁のローカル ダイヤリング

次のデフォルトのディジット マップは、10 桁のローカル ダイヤリングがサポートされている場合に、Call Agent でプロビジョニングされます。

add digit-map id=default; digit-pattern=0T|00|[2-9]11|1[2-9]11|[2-9]xx[2-9]xxxxxx|1[2-9]xx[2-9]xxxxxx|0[2-9]xx[2-9]xxxxxx|011xxxxxx.T|01xxxxxx.T|101xxxx|#|*xx|xxxxxxxxxxxxxxxxxxx; description=default digit map for 10 digit local dialing;
 

文字列は次のように解釈されます。

 

文字列
定義

0T

ローカル オペレータ(0 の後 4 秒のタイミング)(注 1 および 2 を参照)

00

PIC(または、着信通信事業者アクセス コード)に基づく interLATA オペレータ

[2-9]11

N11 コール(411、911 など)

1[2-9]11

N11 市外コール(例:1+411)

[2-9]xx[2-9]xxxxxx

10D ローカル コール

1[2-9]xx[2-9]xxxxxx

1+10D interLATA コール/intraLATA コール

0[2-9]xx[2-9]xxxxxx

0+10D ローカル コール/市外コール

011xxxxxx.T

国際コール(011 に続く 6 桁の後 4 秒のタイミング)

01xxxxxx.T

オペレータ経由の国際コール(01 に続く 6 桁の後 4 秒のタイミング)

101xxxx

カジュアル ダイヤリング

#

101xxxx の後にダイヤルされた場合は、カットスルー コール

*xx

バーティカル サービス コード

xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

最大 16 桁を収集するために使用される


) (1)ディジット間のタイムアウト時間は 16 秒間です。
(2)文字「T」が指定された場合、ディジット間のタイムアウト時間はメディア ゲートウェイで 4 秒に変更されます。


7 桁または 10 桁のローカル ダイヤリング

次のデフォルトのディジット マップは、7 桁または 10 桁のローカル ダイヤリングがサポートされている場合に、Call Agent でプロビジョニングされます。

add digit-map id=default; digit-pattern=0T|00|[2-9]11|1[2-9]11|[2-9]xxxxxxT|[2-9]xx[2-9]xxxxxx|1[2-9]xx[2-9]xxxxxx|0[2-9]xx[2-9]xxxxxx|011xxxxxx.T|01xxxxxx.T|101xxxx|#|*xx|xxxxxxxxxxxxxxxxxxx; description=default digit map for 10 digit local dialing;
 

文字列は次のように解釈されます。

 

文字列
説明

0T

ローカル オペレータ(0 の後 4 秒のタイミング)(注を参照)

00

PIC(または、着信通信事業者アクセス コード)に基づく interLATA オペレータ

[2-9]11

N11 コール(411、911 など)

1[2-9]11

N11 市外コール(例:1+411)

[2-9]xxxxxxT

7 桁のローカル コール、7 桁の後 4 秒のタイミング

[2-9]xx[2-9]xxxxxx

10 桁のローカル コール

1[2-9]xx[2-9]xxxxxx

1+10D interLATA コール/intraLATA コール

0[2-9]xx[2-9]xxxxxx

0+10D ローカル コール/市外コール

011xxxxxx.T

国際コール(011 に続く 6 桁の後 4 秒のタイミング)

01xxxxxx.T

オペレータ経由の国際コール(01 に続く 6 桁の後 4 秒のタイミング)

101xxxx

カジュアル ダイヤリング

#

101xxxx の後にダイヤルされた場合は、カットスルー コール

*xx

バーティカル サービス コード

xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

最大 16 桁を収集するために使用される


) (1)ディジット間のタイムアウト時間は 16 秒間です。
(2)文字「T」が指定された場合、ディジット間のタイムアウト時間はメディア ゲートウェイで 4 秒に変更されます。