Cisco BTS 10200 Softswitch プロビジョニング ガイド Release 5.0
USE-DIAL-PLAN トークンのルーティ ングの影響
USE-DIAL-PLAN トークンのルーティングの影響
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

USE-DIAL-PLAN トークンのルーティングの影響

USE-DIAL-PLAN トークンのルーティングの影響

Revised May 30, 2007

加入者が interLATA 番号にコールを発信すると、Cisco BTS 10200 ソフトスイッチはその加入者に割り当てられた interLATA 通信事業者(PIC1)を介してコールをルーティングします。その後、コールは CARRIER テーブルでプロビジョニングされたルート ガイド ID を介してルーティングされます。また、Service Provider(SP; サービス プロバイダー)も長距離サービスを提供している場合、SP は CARRIER テーブル内の USE-DIAL-PLAN トークンを使用できます。CARRIER テーブルで USE-DIAL-PLAN フラグが設定されている場合、Cisco BTS 10200 ソフトスイッチは CARRIER ルーティングを省き、代わりに DESTINATION テーブルに指定されたルートに基づいてコールをルーティングします。

ダイヤルした番号の NPA-NXX-(X) が PORTED-OFFICE-CODE テーブルに定義されており、ダイヤルした番号が BTS 10200 ソフトスイッチにローカルに定義されていない場合、BTS 10200 ソフトスイッチは LNP クエリーを起動します。LNP クエリーが LRN を返すと、コールは LRN に基づいてルーティングされます。それ以外の場合、コールは、元のダイヤルされた番号の DESTINATION テーブルに指定されたルートに基づいてルーティングされます。ポリシー ベース ルーティングが必要な場合は、DESTINATION テーブルに ROUTE-GUIDE-ID がプロビジョニングされます。それ以外の場合は、ROUTE-ID がプロビジョニングされます。

表B-1 に、Carrier テーブルの USE-DIAL-PLAN トークンがルーティングにどのように影響するかを示します。

 

表B-1 USE-DIAL-PLAN トークンのルーティングへの影響

コールのタイプ
USE-DIAL-PLAN=Y
USE-DIAL-PLAN=N

NAT

1+ コール

ダイヤル プランに基づくルーティング。

Carrier テーブルに基づくルーティング。

OPR

101XXXX+0-、00
オペレータ コール

Subscriber Profile テーブルの EA-USE-PIC1 フラグに基づきます。EA-USE-PIC1 フラグが N に設定されている場合、コールは LEC OSS にルーティングされます。それ以外の場合は、PIC1 を使用します。

通信事業者がオペレータ サービスをサポートしている場合は、Carrier テーブルに定義されているルート ガイドを使用します。それ以外の場合は、LECOSS-RG を使用します。

USE-DIAL-PLAN=Y と同じ。

NAT-OPR

(101XXXX) 0+ コール

Subscriber Profile テーブルの EA-USE-PIC1 フラグに基づきます。EA-USE-PIC1 フラグが N に設定されている場合、コールは LEC OSS にルーティングされます。それ以外の場合は、PIC1 を使用します。

通信事業者がオペレータ サービスをサポートしている場合は、Carrier テーブルに定義されているルート ガイドを使用します。それ以外の場合は、LECOSS-RG を使用します。

USE-DIAL-PLAN=Y と同じ。

SAC

SAC コール(500、700、900)

ダイヤル プランに基づくルーティング。

Carrier テーブルに基づくルーティング。

DA

ディレクトリ アシスタンス
(DA、DA-TOLL)

ダイヤル プランに基づくルーティング。

Carrier テーブルに基づくルーティング。

TOLL-FREE

フリーダイヤル コール(8XX)

ダイヤル プランに基づくルーティング。

Carrier テーブルに基づくルーティング。

INTL

(101XXXX) 011+ 国際コール

国際ダイヤル プランに基づくルーティング。

Carrier テーブルに基づくルーティング。

INTL-OPR

(101XXXX) 01+ 国際オペレータ コール

Subscriber Profile テーブルの EA-USE-PIC1 フラグに基づきます。EA-USE-PIC1 フラグが N に設定されている場合、コールは LEC OSS にルーティングされます。それ以外の場合は、PIC1 を使用します。

通信事業者がオペレータ サービスをサポートしている場合は、Carrier テーブルに定義されているルート ガイドを使用します。それ以外の場合は、LECOSS-RG を使用します。

USE-DIAL-PLAN=Y と同じ。

CUT-THRU

101XXXX+#

通信事業者情報を使用します。Carrier テーブルに定義されたルート ガイドを使用します。

USE-DIAL-PLAN=Y と同じ。

COIN/Hotel-Motel

公衆電話回線(OLI = 23、27、70)

ホテル/モーテル回線(OLI = 6)

オペレータ コールとして処理されます。通信事業者がオペレータ サービスをサポートしている場合は、Carrier テーブルに定義されているルート ガイドを使用します。それ以外の場合は、LECOSS-RG を使用します。

USE-DIAL-PLAN=Y と同じ。