Cisco BTS 10200 Softswitch ISDN プロビジョニング トラブルシューティング ガイド Software Release 5.0
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 598KB) | フィードバック

目次

このマニュアルについて

改訂履歴

業界標準

技術情報の入手方法、サポートおよびセキュリティ ガイドラインの利用

このマニュアルについて

February 14, 2007 OL-12436-01-J

このマニュアルは、Cisco BTS 10200 ソフトスイッチの ISDN プロビジョニングおよびトラブルシューティングについて説明しています。このマニュアルは、Cisco BTS 10200 ソフトスイッチ システムを使用するネットワークの設計、導入、プロビジョニング、および保守を担当するサービス プロバイダー管理者、システム管理者および技術者を対象としています。

改訂履歴

機能の履歴

 

リリース
改訂内容

1.0

ISDN PRI が初めて導入されました。

3.5

ISDN PRI が拡張され、特定の PRI バリアント(PBX アクセス)および厳選された PRI 補足サービスが盛り込まれました。

4.1

-UNSUPP トークンが、 -SUPP に変更されました。
マニュアルの変更(08/25/2003):Figure 1-1 がアップデートされました。

Table 1-1 から「and in the FACILITY message in the network-to-user direction as an optional IE」の行が削除されました。

4.2

変更ありません。

4.4.0

4.4.1

Generic Digit と Info Digit 機能が追加されました。ネットワーク側とユーザ側の図および内容が改訂され、プロビジョニングの内容が再編されました。

NFAS が追加され、D チャネル バックアップのプロビジョニングおよびトラブルシューティングの内容が追加されました。

4.5

変更ありません。

5.0

D チャネルに対して status および control コマンドが追加され、D チャネルからトランク グループが分離されました。単一の D チャネルおよび IUA/SCTP を使用する ISDN バックホールにおいて、複数のトランク グループに関するサポートが追加されました。

業界標準

 

標準
タイトル

RFC 3057

RFC 3057:ISDN Q.921-User Adaptation Layer

RFC 2960

RFC 2960:Stream Control Transmission Protocol

技術情報の入手方法、サポートおよびセキュリティ ガイドラインの利用

技術情報の入手、サポートの利用、技術情報に関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、推奨するエイリアスおよび一般的なシスコのマニュアルに関する情報は、月刊の『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。ここには、新規および改訂版のシスコの技術マニュアルもすべて記載されています。次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html