発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Analog Telephone Adaptor の概要

Skinny Client Control Protocol の概要

ハードウェアの概要

ソフトウェアの機能

SCCP バージョン

サポートされる音声コーデック

追加のサポートされるシグナリング プロトコル

その他のサポートされるプロトコル

基本サービス

ファックス サービス

コール前およびコール中のサービス

コール前のサービス

コール中のサービス

設置および設定の概要

Cisco Analog Telephone Adaptor の概要

この章では、Cisco Analog Telephone Adaptor(Cisco ATA)のハードウェアおよびソフトウェアの機能について説明し、Skinny Client Control Protocol(SCCP)の概要を示します。

Cisco ATA アナログ電話機アダプタは、通常のアナログ電話機が IP ベースのテレフォニー ネットワークで動作できるようにする受話器とイーサネット間のアダプタです。Cisco ATA は、それぞれ独立した電話番号を持つ 2 つの音声ポートをサポートします。Cisco ATA 188 はさらに、RJ-45 10/100BASE-T データ ポートも備えています。

この章では、次のトピックについて取り上げます。

「Skinny Client Control Protocol の概要」

「ハードウェアの概要」

「ソフトウェアの機能」

「設置および設定の概要」

図1-1 Cisco ATA アナログ電話機アダプタ

 

Cisco 音声パケット ゲートウェイで動作する Cisco ATA は、デジタル加入者線(DSL)、固定無線、ケーブル モデム、およびその他のイーサネット接続を介して展開されるブロードバンド パイプを使用します。


) 特に明記しない限り、Cisco ATA という用語は、Cisco ATA 186 と Cisco ATA 188 の両方を示します。


図1-2 SCCP ネットワークのエンドポイントとしての Cisco ATA 186

 

図1-3 SCCP ネットワークのエンドポイントとしての Cisco ATA 188

 

Skinny Client Control Protocol の概要

Skinny Client Control Protocol(SCCP)は、インターネット プロトコル(IP)を使用したリアルタイム コールと電話会議用の Cisco の規格です。SCCP を使用することで、Cisco IP Phone は H.323 環境に共存できます。Cisco CallManager が H.323 Gatekeeper または MGCP Call Agent と結合されている場合、SCCP を実行している Cisco ATA は、遠端の H.323 端末と相互運用して、オーディオ コールを確立、制御、およびクリアします。

図1-4 に SCCP ネットワークのアーキテクチャを示します。

図1-4 SCCP アーキテクチャ

 

ハードウェアの概要

Cisco ATA は、コンパクトで設置しやすいデバイスです。図1-5 に Cisco ATA 186 の背面パネルを示します。図1-6 に Cisco ATA 188 の背面パネルを示します。

図1-5 Cisco ATA 186:背面図

 

図1-6 Cisco ATA 188:背面図

 

ユニットは、次のコネクタとインジケータを備えています。

5V 電源コネクタ。

2 つの RJ-11 FXS(Foreign Exchange Station)ポート:Cisco ATA は標準のアナログ電話デバイスに接続できる 2 つの独立した RJ-11 電話ポートをサポートします。各ポートは音声コールまたはファックス セッションをサポートし、2 つのポートを同時に使用できます。


) Cisco ATA186-I1 および Cisco ATA188-I1 の抵抗インピーダンスは 600 Ωです。Cisco ATA186-I2 および Cisco ATA188-I2 の複素インピーダンスは 270 Ω + 750 Ω // 150-nF です。インピーダンス オプションは注文時に要求されますが、これは個々のアプリケーションと適合する必要があります。適切な設定が不明な場合は、国または地域の電話機インピーダンスの要件を確認してください。


イーサネット ポート

Cisco ATA 186 には、Cisco ATA 186 を 10/100BASE-T ハブまたは別のイーサネット デバイスに接続するための RJ-45 10BASE-T アップリンク イーサネット ポートが 1 つあります。

Cisco ATA 188 には、2 つのイーサネット ポートがあります。Cisco ATA 188 を 10/100BASE-T ハブまたは別のイーサネット デバイスに接続するための RJ-45 10/100BASE-T アップリンク ポートと、コンピュータなどのイーサネット対応デバイスをネットワークに接続するための RJ-45 10/100BASE-T データ ポートです。


) Cisco ATA 188 は、二重通信とスピードに対するオートネゴシエーションを実行し、10/100 Mbps の全二重動作が可能です。Cisco ATA 186 は、10 Mbps の半二重動作に固定されています。


Cisco ATA 188 RJ-45 LED は、ネットワーク リンクとアクティビティを表示します。LED は、Cisco ATA に最初に電源投入したときに 2 回点滅し、リンクまたはアクティビティがまったくない場合には消灯します。LED は、ネットワーク アクティビティを示すときは点滅し、リンクがある場合には点灯し続けます。

Cisco ATA 186 RJ-45 LED は、Cisco ATA に電源が投入されると点灯し、ネットワーク アクティビティを示すときは点滅します。

ファンクション ボタン:ファンクション ボタンはユニットの上面パネルにあります(図1-7 を参照してください)。

図1-7 ファンクション ボタン

 

ファンクション ボタンは、Cisco ATA に接続されている電話機の受話器をはずすと点灯します。ボタンは、Cisco ATA が設定をアップグレードしている間、細かく点滅します。


) ファンクション ボタンがゆっくりと点滅する場合、Cisco ATA で DHCP サーバが見つからないことを示します。イーサネット接続をチェックして、DHCP サーバが利用可能であることを確認してください。


ファンクション ボタンを押すと、音声設定メニューにアクセスできます。音声設定メニューの詳細については、「音声設定メニュー」を参照してください。


注意 アップグレード プロセス中には、ファンクション ボタンを押さないでください。プロセス中にボタンを押すと、プロセスを妨げる可能性があり、Cisco ATA に回復不能な障害をもたらすおそれがあります。

ソフトウェアの機能

この項では、Cisco ATA がサポートするプロトコルとサービスに関する次のトピックを取り上げます。

「SCCP バージョン」

「サポートされる音声コーデック」

「追加のサポートされるシグナリング プロトコル」

「その他のサポートされるプロトコル」

「基本サービス」

「ファックス サービス」

「コール前およびコール中のサービス」

SCCP バージョン

Cisco ATA は、Skinny Client Control Protocol(SCCP)Rev. 3.0 および 3.1 をサポートします。

サポートされる音声コーデック

Cisco ATA は、次の音声コーデックをサポートします(他のネットワーク デバイスがサポートするコーデックについては、それぞれのデバイスで確認してください)。

G.711µ-law

G.711A-law

G.723.1

G.729

G.729A

G.729B

G.729AB

低ビットレートのコーデックで動作している場合、Cisco ATA は 2 つの G.723.1 接続または 1 つの G.729 接続をサポートできます。G.723.1 または G.729 の選択は、スタティックに設定する必要があります。G.723.1 が低ビットレートのコーデックである場合、FXS ポートごとに 1 つの G.723.1 接続が割り当てられます。G.729 が使用される場合、1 つの FXS ポートだけが G.729 を使用できます。詳細については、「LBRCodec」および「ConnectMode」を参照してください。

追加のサポートされるシグナリング プロトコル

SCCP に加えて、Cisco ATA は次のシグナリング プロトコルをサポートします。

メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP)

H.323

セッション開始プロトコル(SIP)

SCCP と MGCP は、同じソフトウェア イメージを共有します。SIP と H.323 も、SCCP/MGCP イメージとは別のソフトウェア イメージを共有します。SCCP から別のシグナリング イメージへと異なるプロトコルにわたるアップグレードを行う場合は、 付録E「異なるプロトコル間でのアップグレードの実行」 を参照してください。

その他のサポートされるプロトコル

Cisco ATA がサポートするその他のプロトコルは、次のとおりです。

802.1Q VLAN タギング

Cisco 検出プロトコル(CDP)

ドメイン ネーム システム(DNS)

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)

インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)

インターネット プロトコル(IP)

リアルタイム転送プロトコル(RTP)

伝送制御プロトコル(TCP)

トリビアル ファイル転送プロトコル(TFTP)

ユーザ データグラム プロトコル(UDP)

基本サービス

Cisco ATA 基本サービスのリストと各サービスを設定するパラメータについては、表3-5を参照してください。

これらのサービスには次の機能が含まれます。

設定可能なトーン(ダイヤル トーン、ビジー トーン、確認トーン、リオーダー トーン、コール待機トーン)

IP アドレス割り当て:DHCP 提供またはスタティックに設定

Cisco CallManager TFTP サーバ、Web ブラウザ、または音声設定メニューによる Cisco ATA の設定

VLAN の設定

発信者 ID の形式

呼び出し音のリズムの形式

無音圧縮

低ビットレート コーデックの選択

RTP メディア ポートの設定

フックフラッシュ検出タイミングの設定

Cisco 検出プロトコル(CDP)

ユーザ インターフェイスのパスワード

UDP サービス タイプ(ToS)の設定

802.1P サービス クラス(Cos)ビットの設定

デバッグと診断ツール

ファックス サービス

Cisco ATA は、次の 2 つのモードのファックス サービスをサポートします。ファックス信号は G.711 コーデックを使用して送信されます。

ファックス パススルー モード:自動 G.711A-law または G.711µ-law 切り替えによる Receiver-side Called Station Identification(CED)トーン検出。

ファックス モード:Cisco ATA は G.711 専用のデバイスとして設定されます。

Cisco ATA ファックス パラメータを設定する方法は、どのネットワーク ゲートウェイが使用されているかによって異なります。デフォルトのファックス パラメータ値を変更することが必要になる場合もあります(「FAX サービスの設定とデバッグ」を参照してください)。


) ファックス送信が成功するかどうかは、ネットワーク状態と、その状態に対するファックス モデムの応答によって決まります。ネットワークは、適度に低いネットワーク ジッタ、ネットワーク遅延、およびパケット損失率を備える必要があります。


コール前およびコール中のサービス

この項では、コール前またはコール中に Cisco ATA で実行できる電話サービスの概要について説明します。これらのサービスをエンドユーザが使用するための手順については、 付録A「通話前サービスおよび通話中サービスの使用方法」 を参照してください。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「コール前のサービス」

「コール中のサービス」


) この項に掲載されているサービスは、Cisco CallManager にサポートされています。Cisco IOS Telephony Service(ITS)がサポートするサービスについては、ITS のマニュアルを参照してください。


コール前のサービス

表1-1 に、SCCP プロトコルに対して Cisco ATA がサポートするコール前サービスを示します。また、 表1-1 では、各サービスをユーザが使用するための手順が説明されている参照先も示しています。

 

表1-1 コール前のサービスとエンドユーザ手順の参照先

サービス
手順の参照先

ボイスメールにアクセスする。

「ボイスメール アクセス」

すべてのコールを別の番号に転送する。

「不在転送の設定」

すべてのコールの転送をキャンセルする。

「不在転送の解除」

最後にダイヤルされた番号にリダイヤルする。

「リダイヤル」

短縮ダイヤルを使用する。

「短縮ダイヤル」

コール ピックアップ グループのコールに応答する。

「コール ピックアップ」

コール ピックアップ グループ外部のコールに応答する。

「グループ コール ピックアップ」

会議を設定する。

「Meet-Me 会議」

コール中のサービス

SCCP プロトコルのコール中サービスを開始および使用する方法は、モードによって異なります。コール中サービスを起動するには、次の 3 つのモードを使用できます。

ベルコア形式(デフォルト)

Cisco VG248 形式

Cisco ATA 形式

モードは、ConnectMode パラメータのビット 28 および 29 を使用して設定できます(「ConnectMode」を参照してください)。

表1-2 に、3 つの各モードに対して Cisco ATA がサポートするコール中サービスを示します。また、 表1-2 では、各サービスをエンドユーザが使用するための手順が説明されている参照先も示しています。

 

表1-2 コール中のサービスとエンドユーザ手順の参照先

形式および関連サービス
手順の参照先

ベルコア形式(デフォルト)のサービス

コール転送

電話会議

「ベルコア形式」

Cisco VG248 形式のサービス

3 者間コール

コール転送

電話会議

「Cisco VG248 形式」

Cisco ATA 形式のサービス

コール保留と復帰

コール転送

電話会議

「Cisco ATA 形式」

設置および設定の概要

表1-3 に、一般的な Cisco CallManager 環境に Cisco ATA を設置して、操作できるように設定するために必要な基本手順を示します。

 

表1-3 Cisco ATA を設置および設定して操作可能にするために必要な手順の概要

操作
参照先

1. ネットワークと Cisco ATA の設定を計画する。

2. イーサネット接続を導入する。

3. 他のネットワーク デバイスを設置して設定する。

4. Cisco ATA を設置するが、まだ Cisco ATA の電源は投入しない。


) Cisco ATA を Cisco CallManager に追加する前にCisco ATA の電源を投入すると、Cisco ATA を Cisco CallManager に追加した時点でリセットを行う必要があります。


「Cisco ATA パッケージの内容」

「Cisco CallManager を使用した Cisco ATA のリセット」

5. 必要な Cisco ATA リリース ソフトウェアの Zip ファイルを Cisco Web サイトからダウンロードして、Cisco ATA を設定する。

「SCCP 用の Cisco ATA の設定」

6. Cisco ATA を Cisco CallManager に追加する。

「Cisco CallManager への Cisco ATA の追加」

7. Cisco ATA に電源投入する。

8. 定期的に、Cisco CallManager の管理ページを使用して、個々の Cisco ATA またはすべての Cisco ATA を新しいシグナリング イメージにアップグレードできます。

「Cisco ATA シグナリング イメージのアップグレード」