Cisco Unified SIP Phone 3905 ユーザ ガイド for Cisco Unified Communications Manager 10.0(SIP)
通話履歴
通話履歴
発行日;2014/01/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

通話履歴

通話履歴を使用すると、電話機の最近の 50 コールに関する情報を、次のカテゴリに分けて表示できます。

  • 不在:最近 50 件の不在着信コールが表示されます。
  • 着信:最近 50 件の着信コールが表示されます。
  • 発信:最近 50 件の発信コールが表示されます。
  • すべて:不在履歴、着信履歴、発信履歴を含む最近 50 件のコールが表示されます。

コール アイコンが表示され、コールのタイプを示します。 コール アイコンとともに、発信者 ID が表示されます。 発信者 ID の情報がない場合は電話番号が表示され、 電話番号が使用できない場合は「不明」と表示されます。 すべての通話履歴項目は、日時の新しいものから順番に表示されます。

また、通話履歴のリストから直接電話番号をダイヤルできます。

通話履歴の表示

手順
    ステップ 1   アプリケーション を押します。
    ステップ 2   ナビゲーション バーとボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
    電話機の画面に 4 種類のコール カテゴリが表示されます。
    ステップ 3   カテゴリを選択します。 電話機の画面に選択したカテゴリの通話履歴が表示されます。
    ステップ 4   ボタンを押して [通話履歴] 画面に戻るか、アプリケーション を押して通話履歴を終了します。

    通話履歴からのダイヤル

    手順
      ステップ 1   アプリケーション を押します。
      ステップ 2   ナビゲーション バーとボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。 電話機の画面に 4 種類のコール カテゴリが表示されます。
      ステップ 3   カテゴリを選択します。 電話機の画面に選択したカテゴリの通話履歴が表示されます。
      ステップ 4   通話履歴のリストでダイヤルするコールを選択し、次のいずれかを実行します。
      • 選択ボタンを押します(デフォルトでスピーカフォンが使用されます)。
      • ハンドセットを取り上げます。
      • スピーカフォンを押します。