Cisco IP Phone 8800 シリーズ ユーザ ガイド
ボイスメール
ボイスメール

ボイスメール

ボイスメールへのアクセス

手順
    ステップ 1   [メッセージ(Messages)] ボタンを押します。
    ステップ 2   音声プロンプトに従います。

    ボイス メッセージの確認

    手順
    次のいずれかの方法でボイス メッセージを確認します。
    • 赤色に点灯している受話器のランプを確認する。

      セルフ ケア ポータルを使用して、ビジュアル メッセージ受信ランプを設定できます。

    • 回線ボタンの横の色付きのボックスを確認する。

      色付きのバックグラウンドは新しいボイス メッセージがあることを示し、不在履歴数とボイスメール メッセージがそのボックスに表示されます。

      (注)     

      Cisco IP Phone 8811 では、ボックスはグレーです。

      [メッセージ(Messages)] アイコンが表示されている回線を選択すると、ログイン画面が電話スクリーンに表示されます。
      (注)     

      最後にログインしたアカウントを記憶する画面で、[はい(Yes)] を選択した場合は、メッセージ リストが表示されます。

      新しいボイス メッセージが 100 通以上ある場合、メッセージ数はプラス(+)記号に置き換えられます。

      新しいボイス メッセージがある回線に [コール転送(Call Forward)] が設定されている場合、回線ラベルにはメッセージ アイコンの代わりに [コール転送(Call Forward)] アイコン が表示されます。

      (注)     

      Cisco IP Phone 8811 では、 [コール転送(Call Forward)] アイコンはグレーです。

    • コールを発信する際、受話器、ヘッドセット、またはスピーカーフォンから断続トーンが聞こえるか確認する(有効な場合)。

      断続トーンは回線によって異なります。 断続トーンは、新しいボイス メッセージがある回線を使用しているときだけ聞こえます。

      [セルフ ケア ポータル(Self Care Portal)] を使用して、オーディオ メッセージ受信トーンを設定できます。


    ボイス メッセージの聞き取り

    新しいボイス メッセージを聞いた後、電話スクリーンのメッセージ インジケータが更新されます。 新しいボイス メッセージがない場合は、回線ラベルからメッセージ アイコンが消去され、電話スクリーンの右側からボイスメール アイコンが消去されます。

    手順
      ステップ 1   ボイス メッセージを聞くには、次の操作のいずれかを実行します。
      • [メッセージ(Messages)] ボタン を押します。 ログイン画面が表示されます。
        (注)     

        最後にログインしたアカウントを記憶する画面で、[はい(Yes)] を選択した場合は、[メッセージ(Messages)] リストが表示されます。

      • そのリストの横に色付きのボックスが付いた回線を選択します。 ボックスには待機中のメッセージ数が表示されます。

        Cisco IP Phone 8881 では、グレーのボックスが表示されます。

      • [回線ボタン( line button)] を押してから、[メッセージ(Voicemail)] を押します。

      ステップ 2   プロンプトに従ってボイス メッセージを聞きます。

      ビジュアル ボイスメール(Visual Voicemail)

      ビジュアル ボイスメールは、オーディオ ボイスメールに代わるものです。 音声指示に応答する代わりに、電話機の画面を使用してメッセージを操作します。 メッセージのリストを表示したり、メッセージを再生したりすることができます。 また、メッセージの作成、応答、転送、および削除を行うことができます。

      詳細については、『Quick Start Guide for Visual Voicemail』(http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​unity-connection/​products-user-guide-list.html)を参照してください。