Cisco IP Phone 8800 シリーズ ユーザ ガイド
ユーザ設定
ユーザ設定

ユーザ設定

壁紙の変更

壁紙を変更できるかどうかは、システム管理者が制御します。 壁紙を変更できる場合は、電話機に付属の壁紙か、独自のカスタム壁紙を、[電話機(phone)] に設定できます。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

手順
    ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
    ステップ 2   [ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] と [選択(Select)] ボタンを使用して画面をスクロールし、[設定(Settings)] > [壁紙(Wallpaper)] を選択します。
    ステップ 3   任意の [壁紙(Wallpaper)] を選択します。
    ステップ 4   [プレビュー(Preview)] を押して、電話スクリーンの壁紙を確認します。
    ステップ 5   [設定(Set)] を押して、壁紙を電話機に適用します。
    ステップ 6   [終了(Exit)] を押します。

    呼出音の変更

    着信コールを示すために電話機が再生する呼出音に対して、回線ごとに異なる呼出音を選択できます。 電話機へのカスタム呼出音の追加については、システム管理者にお問い合わせください。

    手順
      ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
      ステップ 2   [ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] と [選択(Select)] ボタンを使用して画面をスクロールし、[設定(Settings)] > [着信音(Ringtone)] を選択します。
      ステップ 3   電話機に複数の回線がある場合、回線を選択して [編集(Edit)] または [選択(Select)] を押します。
      ステップ 4   呼出音を強調表示します。
      ステップ 5   [再生(Play)] を押して、サンプルの呼出音を再生します。
      ステップ 6   [設定(Set)]を押して、呼出音を適用します。
      ステップ 7   着信音をすべての回線に適用するには、[すべてに適用(Apply To All)] を押します。
      ステップ 8   [設定(Settings)] 画面に戻るには、 [終了(Exit)]を押します。

      明るさの調整

      電話スクリーンの明るさのレベルを調整できます。
      手順
        ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
        ステップ 2   [ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] と [選択(Select)] ボタンを使用して画面をスクロールし、[設定(Settings)] > [明るさ(Brightness)] を選択します。
        ステップ 3   次のいずれかの操作を行います。
        • 明るくするには、[ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] の上側または右側を押します。

        • 暗くするには、[ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] の下側または左側を押します。

        ステップ 4   [保存(Save)] を押して明るさを設定するか、[キャンセル(Cancel)] を押して終了します。

        コントラストの調整

        Cisco IP Phone 8811 ではコントラストを調整できます。
        手順
          ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
          ステップ 2   [ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] と選択ボタンを使用して画面をスクロールし、 [設定(Settings)]> [コントラスト(Contrast)] を選択します。
          ステップ 3   次のいずれかの操作を行います。
          • コントラストを上げるには、ナビゲーション クラスタの上側または右側を押します。

          • コントラストを下げるには、ナビゲーション クラスタの下側または左側を押します。

          ステップ 4   [保存(Save)] を押してコントラストを設定するか、[キャンセル(Cancel)] を押して終了します。

          フォント サイズの変更

          表示されている文字のフォント サイズを変更することにより、電話機で表示する文字の最大数を増減できます。 表示される文字の最大数を増やすには、フォント サイズを小さくします。 表示される文字の最大数を減らすには、フォント サイズを大きくします。

          フォント サイズは次のラベルに影響します。

          • コール スクリーン(発信者名と機能キー ラベル)

          • 通話履歴の発信者名

          • 電話スクリーンの回線ラベル

          次の表に、設定項目と対応するフォント サイズを示します。

          設定項目 回線ラベル コール セッション:発信者名 コール セッション:発信者番号 通話履歴 KEM

          特大

          第 1 行:26 px

          第 2 行:22 px

          26 px

          22 px

          名前:26 px

          番号:24 px

          第 1 行:26 px

          第 2 行:22 px

          第 1 行:24 px

          第 2 行:20 px

          24 px

          20 px

          名前:24 px

          番号:22 px

          第 1 行:24 px

          第 2 行:20 px

          標準(デフォルト)

          第 1 行:22 px

          第 2 行:18 px

          22 px

          18 px

          名前:22 px

          番号:20 px

          第 1 行:22 px

          第 2 行:18 px

          第 1 行:20 px

          第 2 行:16 px

          20 px

          16 px

          名前:20 px

          番号:18 px

          第 1 行:20 px

          第 2 行:16 px

          極小

          第 1 行:18 px

          第 2 行:14 px

          18 px

          14 px

          名前:18 px

          番号:16 px

          第 1 行:18 px

          第 2 行:14 px

          手順
            ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
            ステップ 2   [ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] と [選択(Select)] ボタンを使用して画面をスクロールし、 [設定(Settings)]> [フォントサイズ(Font Size)]を選択します。
            ステップ 3   [フォントサイズ(Font Size)] を選択します。
            ステップ 4   [極小(Tiny)][小(Small)][標準(Regular)][大(Large)]、または [極大(Huge)] を選択して [設定(Set)] を押します。
            ステップ 5   [設定(Settings)] 画面に戻るには、[終了(Exit)] を押します。

            電話機の名前の変更

            電話機の名前をデフォルト名から変更できます。

            手順
              ステップ 1   電話機で [アプリケーション(Applications)] を選択します。
              ステップ 2   画面をスクロールして [設定(Settings)] > [電話機の名前(Phone Name)] を選択します。
              ステップ 3   キーパッドを使用して名前を入力します。
              ステップ 4   [適用(Apply)] を押して変更内容を保存するか、[復元(Revert)] を押して変更内容をキャンセルします。
              ステップ 5   [終了(Exit)] を押します。

              ヘッドセットの側音の調整

              システム管理者によって電話機にヘッドセットの側音の制御機能が設定されている場合は、電話機からヘッドセットの音量を指定できます。

              手順
                ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
                ステップ 2   [ナビゲーション クラスタ(Navigation cluster)] と [選択(Select)] ボタンを使用して [設定(Settings)] > [ヘッドセットの側音(Headset Sidetone)] を選択します。
                ステップ 3   次の側音レベルのいずれかを選択します。
                • 標準

                • オフ

                ステップ 4   [終了(Exit)]を押します。

                電話機サービス

                電話機サービスには、特別な電話機の機能、ネットワーク データ、Web ベースの情報(株式相場、映画情報など)が含まれます。 電話機でサービスにアクセスするには、セルフ ケア ポータルを使用して電話サービスに登録する必要があります。

                詳細については、[システム管理者(System Administrators)] にお問い合わせください。

                設定したサービスが 1 つだけの場合は、デフォルトでそのサービスが開きます。 設定したサービスが複数ある場合は、メニューからオプションを選択します。

                次の機能ボタンのいずれかを使用してサービスを選択します。
                • (システム管理者が設定する機能ボタン)

                • メッセージ

                • アプリケーション

                • 連絡先

                Cisco Unified コミュニケーション セルフ ケア ポータルについては、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​products_​user_​guide_​list.htmlにある『Cisco Unified Communications Self Care Portal User Guide』を参照してください。

                回線の設定

                [回線( Line)] の設定は、電話機の特定の電話回線(電話番号)に影響します。 [回線( Line)] の設定には、コール転送、視覚的および音声メッセージ受信インジケータ、ボイス メッセージ インジケータ、呼出音のパターンや、その他の [回線固有(line-specific)] の設定が含まれます。

                [回線( Line)] の設定を変更するには、Cisco Unified Communications セルフ ケア ポータルを使用します。 詳細については、http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​td/​docs/​voice_ip_comm/​cucm/​useroptions/​10_5_1/​CUCM_​BK_​U437D0F8_​00_​self-care-user-guide-1051.html にある『Cisco Unified Communications Self Care Portal User Guide』を参照してください。

                ビデオ露出の調節

                手順
                  ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン

                  を押します。
                  ステップ 2   ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [設定(Settings)] > [ビデオ(Video)] > [露出(Exposure)] を選択します。
                  ステップ 3   次のようにして、明るさを調節します。
                  • 明るくするには、ナビゲーション パッドの上矢印を押します。
                  • 暗くするには、ナビゲーション パッドの下矢印を押します。
                  ステップ 4   [保存(Save)] を押して明るさを設定するか、[キャンセル(Cancel)] を押して前の画面に戻ります。

                  ビデオ帯域幅の調節

                  ビデオ コール中に、ビデオが突然停止したり、音声より遅延してタイム ラグが発生する場合があります。 この問題を解決するには、ビデオ帯域幅設定を変更します。

                  ビデオの最小帯域幅は 64 kbps です。 デフォルトでは、自動帯域幅設定が選択されています。

                  手順
                    ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン

                    を押します。
                    ステップ 2   ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [設定(Settings)] > [ビデオ(Video)] > [帯域幅(Bandwidth)] を選択します。
                    ステップ 3   2 Mbps から 250 kbps のいずれかの事前定義帯域幅設定値を選択します。
                    ステップ 4   [保存(Save)] を押して帯域幅を設定するか、[キャンセル(Cancel)] を押して前の画面に戻ります。

                    コンピュータで [ビデオ(Video)] を有効にする

                    ビデオ コール中に、Cisco IP Phone で音声を使用したまま、PC で [ビデオ(Video)] の送受信ができます。 電話機の PC ポートに PC を接続し、Cisco Jabber for Windows にログインします。 電話機は、PC で最初のネットワーク インターフェイス カード(NIC1)に接続されている必要があります。


                    (注)  


                    コンピュータ経由の [ビデオ(Video)] 機能を使用するには、Cisco Jabber for Windows 9.7(5) 以降、および Cisco メディア サービス インターフェイス(MSI)の最新バージョンが必要です。 Cisco Jabber for Windows または MSI の最新バージョンを持っていない場合は、管理者にお問い合わせください。 ハードウェアとソフトウェアの要件のリストについては、『Cisco Jabber for Windows 9.7(5) Release Notes』またはそれ以降のバージョンのリリース ノートを参照してください。
                    手順
                      ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン

                      > [設定(Settings)] を選択します。
                      ステップ 2   ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用して、[ビデオ(Video)] を選択します。
                      ステップ 3   機能をオンまたはオフにするには、[コンピュータ経由のビデオ(Video through computer)] を選択します。