Cisco Unified IP Phone 8961/9951/9971 ユーザ ガイド for Cisco Unified Communications Manager 10.0
拡張コール機能
拡張コール機能
発行日;2014/01/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

拡張コール機能

会議

会議では、アドホック会議で複数の通話相手と同時に会話できます。

会議コールで会話をする場合は、会議を使用して相手にダイヤルし、通話の相手を会議コールに追加します。

複数の電話回線がある場合は、交互に会議を使用して、2 つの回線をまたいで 2 つのコールを結合できます。 たとえば、回線 1 に 1 つのコールがあり、回線 2 にも 1 つのコールがある場合、それらのコールを 1 つの会議にまとめることができます。

会議ホストとして、会議から個々の参加者を削除できます。 すべての参加者が電話を切ると、会議は終了します。

会議へのサードパーティの追加

手順
    ステップ 1   保留されていない接続済みコールから開始します。
    ステップ 2   会議 を押し、次のいずれかを実行します。
    • 追加する通話相手の電話番号を入力し、[コール] を押します。
    • スピード ダイヤル ボタンを押す。
    • [スピードダイヤル] を押して、スピード ダイヤル番号を入力し、[スピードダイヤル] を再度押します。
    • [アクティブコール] を押して、コールを選択します。
    • 通話履歴からコールを選択します。
    ステップ 3   参加者の応答を待ちます(またはコールが鳴っている間にステップ 4 に進みます)。
    ステップ 4   会議を押します。 会議が開始されます

    会議へのコールの参加

    会議はアクティブ コールのある回線で確立されます。

    手順
      ステップ 1   2 つの接続済みコールから開始します。
      ステップ 2   一方のコールがアクティブである(保留中でない)ことを確認します。 両方のコールが保留中の場合は、一方のコールを再開します。
      ステップ 3   会議 を押します。
      ステップ 4   もう 1 つの(保留中の)コールの回線ボタンを押します。または保留中のコールが別の回線上にある場合、次のようにします。
      1. [アクティブコール] を押します。
      2. リストからコールを選択します。
      3. 会議を押します。

      会議が開始されます 会議はアクティブ コールのある回線で確立されます。


      会議実行前のコール間の切り替え

      別の人を会議に追加する前に、会議およびその人と個別に相談できます。

      手順
        ステップ 1   新しいコール参加者にコールしますが、その参加者を会議には追加しないでください。
        ステップ 2   参加者と会議の間で切り替えるには、[切替] を押します。

        会議参加者の表示

        会議に参加した最新 16 人の参加者の詳細を表示できます。

        手順
        会議中に [詳細の表示] を押して、参加者のリストを表示します。
        (注)     

        別の通話相手に発信し、発信した相手が 3 番目の電話で会議を作成すると、会議を作成した人に対してのみ [詳細の表示] ソフトキーが表示されます。


        会議参加者の削除

        手順
          ステップ 1   会議中に、[詳細の表示] を押します。
          ステップ 2   削除する参加者を強調表示してから、[削除] を押します。

          ミートミー会議

          ミートミーを使用すると、スケジュールした時刻に所定の番号へコールしてミートミー会議を開催したり、ミートミー会議に参加したりできます。

          ミートミー会議は、ホストが接続すると開始されます。 ホストが参加する前に会議にコールすると、参加者にはビジー トーンが聞こえます。その場合は、もう一度ダイヤルする必要があります。

          すべての参加者が切断すると会議は終了します。ホストが切断しても会議は自動的に終了しません。

          ミートミー会議の開催

          手順
            ステップ 1   システム管理者からミートミー電話番号を入手します。
            ステップ 2   参加者にミートミー電話番号を配布します。
            ステップ 3   会議を開始する準備ができたら、ハンドセットを取り上げてダイヤル トーンを受信し、[ミートミー] を押します。
            ステップ 4   ミートミー電話番号をダイヤルします。

            ミートミー会議への参加

            手順
              ステップ 1   会議のホストから提供されたミートミー電話番号をダイヤルします。
              ステップ 2   ビジー トーンが聞こえる場合は、ホストがまだ会議に参加していません。 この場合は、コールを終了して、再試行してください。

              スピード ダイヤル

              スピード ダイヤルでは、ボタンを押すかプリセットしたコードを入力するだけでコールを発信できます。 電話機でスピード ダイヤル機能を使用する前に、セルフ ケア ポータルでスピード ダイヤルを設定する必要があります。

              電話機は設定に応じて、次のようなスピード ダイヤル機能をサポートできます。

              • スピード ダイヤル ボタン:スピード ダイヤル用に設定された 1 つ以上の回線ボタンから電話番号をすばやくダイヤルできます。 システム管理者が回線ステータス機能を設定している場合は、回線ステータス インジケータを使用してスピード ダイヤル回線のステータスをモニタリングできます。
              • スピード ダイヤル コード:コードを入力して電話番号をダイヤルできます(「短縮ダイヤル」と呼ぶ場合もあります)。

              スピード ダイヤルを使用して、強制承認コード(FAC)、クライアント識別コード(CMC)、または付加的なディジット(ユーザ内線、会議のアクセス コード、ボイスメールのパスワードなど)を必要とする電話番号をダイヤルすることもできます。 通常、これらの番号では、ディジット文字列の間にポーズ文字を入力する必要があります。

              スピード ダイヤル ボタンを使用したコールの発信

              はじめる前に

              電話機でスピード ダイヤル ボタンを使用する前に、セルフ ケア ポータルでスピード ダイヤルを設定する必要があります。

              手順
              コールを発信するには、電話機の左側にあるスピード ダイヤル ボタン を押します。

              オンフックでのスピード ダイヤル コードの使用

              はじめる前に

              電話機でスピード ダイヤル コードを使用する前に、セルフ ケア ポータルでスピード ダイヤルを設定する必要があります。

              手順
              スピード ダイヤル コードを入力し、[スピードダイヤル] を押します。

              オフフックでのスピード ダイヤル コードの使用

              はじめる前に

              電話機でスピード ダイヤル コードを使用する前に、セルフ ケア ポータルでスピード ダイヤルを設定する必要があります。

              手順
                ステップ 1   ハンドセットを持ち上げて、[スピードダイヤル] を押します。
                ステップ 2   スピード ダイヤル コードを入力し、もう一度 [スピードダイヤル] を押して、コールを完了します。

                ポーズ入りスピード ダイヤル

                スピード ダイヤルを使用すると、強制承認コード(FAC)、クライアント識別コード(CMC)、ダイヤル中のポーズ、または付加的なディジット(ユーザ内線、会議のアクセス コード、ボイスメールのパスワードなど)を必要とする接続先にダイヤルできます。 設定済みのスピード ダイヤルを押すと、電話機は接続先番号とのコールを確立し、ダイヤル中のポーズを入れて、指定された FAC、CMC、および付加的なディジットを送信します。

                ダイヤル中のポーズをスピード ダイヤルに含めるには、スピード ダイヤル文字列の一部としてカンマ(,)を含めます。 このカンマは、2 秒間のポーズを指定します。 このポーズは、スピード ダイヤル文字列の中の他のディジットと、FAC および CMC を区別するためにも使用できます。


                (注)  


                スピード ダイヤル文字列に FAC および CMC を含めるときは、以下の要件に注意してください。

                • スピード ダイヤル文字列では、FAC が常に CMC よりも前に来る必要があります。
                • FAC および DTMF のディジットを含むスピード ダイヤルには、スピード ダイヤル ラベルが必要です。
                • 文字列内の FAC および CMC のディジット間に入力できるカンマは 1 つだけです。

                文字列に含める各カンマは、追加の 2 秒間のポーズを表します。 たとえば、2 個のカンマ(,,)は、4 秒間のポーズを表します。


                (注)  


                スピード ダイヤルを設定する前に、指定したディジットに少なくとも 1 回手動でダイヤルしてみて、ディジット シーケンスが正しいことを確認してください。


                電話機では、スピード ダイヤルの FAC、CMC、および付加的なディジットを通話履歴に保存しません。 スピード ダイヤルを使用して接続先に接続した後で [リダイヤル] を押すと、FAC、CMC、または DTMF の必要なすべてのディジットを手動で入力するように電話機からプロンプトが出されます。

                例 1

                ボイスメールにアクセスするための次の要件を考えます。

                • ボイスメールにアクセスする着信者番号:8000
                • 暗証番号:123456#(2 秒の案内後)
                • ボイスメール応答:6 秒間のポーズ(自動アナウンスが選択可能なオプションをリストする期間)後にオプション 3 を入力して最新メッセージを参照します

                このボイスメール ボックスにアクセスするスピード ダイヤルを設定するには、次のスピード ダイヤル文字列を指定します。

                8000,123456#,,,3

                例 2

                次のコール要件を考えます。

                • 着信者番号:95556543
                • FAC:1234
                • CMC:9876
                • コールの接続 4 秒に必要な自動化された電話機システムの応答:56789#

                この接続先にアクセスするには、次のスピード ダイヤル文字列を指定します。

                95556543,1234,9876,,56789#

                サイレント

                サイレント(DND)では、次の着信コール インジケータのいずれかをオフにすることができます。
                • 電話の着信音
                • 着信音と着信コールを知らせる通知表示

                サイレントが有効である場合、着信コールはボイスメールなどの別の番号が設定されている場合はその番号に転送され、コールはコール履歴に保存されることも表示されることもありません。

                サイレント機能は電話機の全回線に適用されます。 この機能は、インターコムおよび緊急コールには影響しません。

                セルフ ケア ポータルからサイレント オプションを変更できます。 サイレント オプションのカスタマイズの詳細については、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​products_​user_​guide_​list.html にある『Cisco Unified Communications Self Care Portal User Guide』を参照してください。

                サイレントのオンおよびオフの切り替え

                手順
                  ステップ 1   サイレントをオンにするには、[サイレント] を押します。

                  ビジュアル通知が一瞬表示されます。

                  ステップ 2   サイレントをオフにするには、[サイレント] を再度押します。

                  ビジュアル通知が一瞬表示されます。


                  迷惑呼 ID

                  Malicious Call Identification(MCID; 迷惑呼 ID)では、アクティブ コールを不審なコールとして識別し、一連の自動化されたトラッキングおよび通知メッセージを開始できます。

                  不審なコールのトレース

                  手順
                  システム管理者にサイレント通知メッセージを送信するには、[発信者のレポート] を押します。

                  サイレント通知メッセージが送信されると、電話機ではビジュアル通知とオーディオ通知の両方が出ます。


                  エクステンション モビリティ

                  Cisco エクステンション モビリティ(EM)を使用すると、自分用に Cisco Unified IP Phone を一時的に設定できます。 EM にログインすると、電話機に自分のユーザ プロファイル(電話回線、機能、設定されているサービス、Web ベースの設定など)が適用されます。 EM はシステム管理者が設定します。

                  Cisco エクステンション モビリティの暗証番号の変更機能では、Cisco Unified IP Phone から暗証番号を変更できます。

                  エクステンションモビリティの有効化

                  手順
                    ステップ 1   アプリケーションを押します。
                    ステップ 2   [エクステンションモビリティ] を選択します(EM サービスなど名前が異なる場合があります)。
                    ステップ 3   ユーザ ID と暗証番号(システム管理者から取得)を入力します。
                    ステップ 4   プロンプトが表示された場合は、デバイス プロファイルを選択します。
                    ステップ 5   アプリケーションを押してログアウトします。
                    ステップ 6   [サービス] を選択します。
                    ステップ 7   [エクステンション モビリティ] を選択します。
                    ステップ 8   ログアウトするかどうかを尋ねるプロンプトが表示されたら、[はい] を押します。

                    モバイル コネクト

                    モバイル コネクトを設定すると、携帯電話を使用してデスクの電話番号にかかってきたコールを処理できます。

                    Cisco Mobile Connect を使用する場合、デスクの電話機と同じ電話番号を使用してコールの発信や受信ができるよう、携帯電話や他の電話機を追加する必要があります。 このような電話機をリモート接続先と呼びます。 また、アクセス リストを定義して、特定の番号からのコールが携帯電話に送信されるのを制限または許可することもできます。

                    モバイル コネクトを有効にした場合の動作は次のとおりです。

                    • デスクの電話機とリモート接続先(携帯電話)が同時にコールを受信します。
                    • デスクの電話機でコールに応答すると、リモート接続先の電話機の呼出音が止まってコールが切断され、不在履歴メッセージが表示されます。
                    • 1 つのリモート接続先でコールに応答すると、それ以外のリモート接続先とデスクの電話機では呼出音が止まってコールが切断され、不在履歴メッセージが表示されます。
                    • 1 つのリモート接続先でコールに応答し、回線を共有している Cisco Unified デバイスにコールを切り替えると、同じ回線を共有している Cisco Unified デバイスに、「リモートで使用中」メッセージが表示されます。

                    モバイルコネクトの有効化

                    手順
                      ステップ 1   [モビリティ] を押して、リモート接続先の現在のステータス(有効または無効)を表示します。
                      ステップ 2   選択を押して、ステータスを変更します。
                      ステップ 3   [終了] を押します。

                      デスクの電話機からすべてのリモート接続先に対するモバイル コネクトの有効化または無効化

                      手順
                        ステップ 1   [モビリティ] または [携帯電話へ] を押して、リモート接続先の現在のステータス(有効または無効)を表示します。
                        ステップ 2   選択を押して、ステータスを変更します。
                        ステップ 3   [終了] を押します。

                        デスクの電話機へのコールから携帯電話への切り替え

                        手順
                          ステップ 1   [モビリティ] を押します。
                          ステップ 2   [携帯電話へ] を選択します。
                          ステップ 3   進行中のコールに携帯電話で応答します。
                          (注)     

                          他のコールには同じ電話回線を使用できません。ただし、デスクの電話機が複数の回線をサポートしている場合は、別の回線を使用してコールを発信および受信できます。


                          モバイル コールからデスクの電話機への切り替え

                          手順
                            ステップ 1   デスクの電話機の回線を選択します。
                            ステップ 2   携帯電話で通話を終了して携帯電話を切断します。ただし、コールは切断しないでおきます。
                            ステップ 3   5 ~ 10 秒以内にデスクの電話機の [復帰] を押して、デスクの電話機で会話を開始します。

                            携帯電話からデスクの電話機へのコールのハンドオフ

                            手順
                              ステップ 1   携帯電話でハンドオフ機能のアクセス コードを入力します。

                              詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

                              ステップ 2   携帯電話で通話を終了して携帯電話を切断します。ただし、コールは切断しないでおきます。
                              ステップ 3   10 秒以内にデスクの電話機の [応答] ソフトキーを押して、デスクの電話機で会話を開始します。

                              詳細については、システム管理者にお問い合わせください。 同じ回線を共有する Cisco Unified デバイスには、「リモートで使用中」メッセージが表示されます。


                              回線ステータス

                              回線ステータス インジケータによって、スピード ダイヤル ボタンに割り当てられた電話回線の状態を確認できます。

                              電話機の回線ステータス インジケータはシステム管理者が設定します。

                              回線ステータス インジケータ

                              回線ステータス インジケータは、回線の状態を示します。

                              アイコン

                              インジケータ

                              回線は使用中です。

                              回線はアイドル状態です。

                              回線は呼び出し中です (コール ピックアップ専用の状態)。

                              回線はサイレント(DND)状態です。

                              システム管理者は、スピード ダイヤル ボタンに回線ステータス インジケータを設定し、次の機能を持たせて使用できます。

                              スピード ダイヤル
                              スピード ダイヤル ボタンに設定された番号のステータスをモニタ(またその番号にダイヤル)できます。 モニタ対象の回線が使用できない場合、回線ステータス ボタンは通常のスピード ダイヤル ボタンに変わります。
                              ダイレクト コール パーク

                              スピード ダイヤル ボタンのダイレクト コール パーク番号の回線ステータスをモニタ(またその番号にダイヤル)できます。

                              コール ピックアップ

                              スピード ダイヤル ボタンの呼び出し中のコールの回線ステータスをモニタ(また呼び出し中のコールをピックアップ)できます。

                              システム管理者は、モニタしている回線でコールが鳴ったら、電話機がオーディオ アラートを鳴らすようにも設定できます。

                              カスタム回線フィルタ

                              カスタム回線フィルタでは、アラート フィルタが適用される回線のサブセットにアラート コール通知のプライオリティを設定できるので、プライオリティの高い回線に絞ることにより、アラート アクティビティを軽減できます。 カスタム フィルタは、選択した回線の着信コールに対して、従来のポップアップ アラートか、アクション可能なアラートを生成します。 それぞれのフィルタで、適用範囲内の回線のサブセットだけがアラートを生成します。 フィルタがオフになっていると、その適用範囲内の回線はアラート通知を表示しません。

                              この機能が設定されている場合、次の選択可能な 3 つのフィルタ タイプを使用できます。

                              • すべてのコール(すべての回線上)
                              • 毎日のスケジュール
                              • カスタム ユーザ

                              管理者は、デフォルトの回線フィルタを設定し、このフィルタは、毎日のスケジュール フィルタとして表示されます。 管理者がデフォルトのフィルタを設定していない場合でも、すべてのコール フィルタおよびカスタム フィルタ オプションを使用できます。 カスタム フィルタを作成していない場合、デフォルトの回線フィルタが存在しているときには、プロビジョニングされているすべての回線にこのフィルタが適用され、存在しない場合はすべてのコールに適用されます。

                              すべてのコール フィルタも毎日のスケジュール フィルタも編集できませんが、毎日のスケジュール フィルタをコピーし、コピーしたフィルタを編集することによって、新しいカスタム フィルタのテンプレートとして使用することができます。

                              適用範囲を簡単に選択および変更できるようにするため、カスタム フィルタは電話機に直接保存します。 最大 20 のカスタム フィルタを定義できますが、一度にアクティブにできるフィルタは 1 つだけです。


                              (注)  


                              カスタム回線フィルタとアクション可能な着信コール アラートの両方の機能が有効な場合、アクション可能なコール アラートは、フィルタの適用範囲の回線だけに適用されます。


                              回線フィルタの追加

                              手順
                                ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] に移動します。
                                ステップ 2   [コール通知] を強調表示して、選択を押します。

                                現在のフィルタはオプションの隣に表示されます。

                                ステップ 3   [フィルタの新規追加] を強調表示して、選択を押します。

                                カスタム フィルタの最大数は 20 です。 すでに最大数のカスタム フィルタを作成している場合は、この手順を進める前に、フィルタを削除してください。

                                ステップ 4   もう一度選択を押して、テキストを編集可能にします。

                                [選択された回線のコール通知の表示] 画面に、利用可能な電話回線が表示されます。

                                ステップ 5   新しいフィルタにデフォルト名を受け入れるか、新しい名前を入力します。
                                ステップ 6   新しいフィルタに追加する回線を選択します。

                                使用可能なすべての回線がリストに表示されます。 リストにない回線が必要な場合は、管理者にお問い合わせください。

                                ステップ 7   [適用] をクリックします。
                                ステップ 8   フィルタを表示するには、[戻る] を押します。

                                アクティブな回線フィルタの選択

                                手順
                                  ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] を選択します。
                                  ステップ 2   [コール通知] を強調表示して、選択を押します。

                                  現在利用できるフィルタオプションが表示されます。

                                  ステップ 3   適用するフィルタを強調表示して、選択を押します。
                                  ステップ 4   フィルタを作成および管理します。 電話機で、[アプリケーション] > [設定] > [コール通知] を選択します。

                                  回線フィルタの削除

                                  手順
                                    ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] に移動します。
                                    ステップ 2   [コール通知] を強調表示して、選択を押します。
                                    ステップ 3   削除するフィルタを強調表示して、[削除] を押します。

                                    フィルタは削除され、フィルタのリストに表示されなくなります。


                                    回線フィルタのコピー

                                    手順
                                      ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] に移動します。
                                      ステップ 2   [コール通知] を強調表示して、選択を押します。
                                      ステップ 3   コピーするフィルタを強調表示して、[コピー] を押します。
                                      ステップ 4   コピーしたフィルタを強調表示して、[編集] を押します。
                                      ステップ 5   (任意)フィルタの新しい名前を入力します。
                                      ステップ 6   使用できる回線をフィルタに追加またはフィルタから削除します。
                                      ステップ 7   [適用] をクリックします。
                                      ステップ 8   フィルタを表示するには、[戻る] を押します。

                                      回線フィルタの編集

                                      手順
                                        ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] に移動します。
                                        ステップ 2   [コール通知] を強調表示して、選択を押します。
                                        ステップ 3   編集するフィルタを強調表示して、[編集] を押します。
                                        (注)     

                                        毎日のスケジュール フィルタは編集できません。 詳細については、管理者に連絡してください。

                                        ステップ 4   (任意) フィルタの新しい名前を入力します。
                                        ステップ 5   使用できる回線をフィルタに追加またはフィルタから削除します。
                                        ステップ 6   [適用] をクリックします。
                                        ステップ 7   フィルタを表示するには、[戻る] を押します。

                                        回線フィルタの名前変更

                                        手順
                                          ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] に移動します。
                                          ステップ 2   [コール通知] を強調表示して、選択を押します。
                                          ステップ 3   名前を変更するフィルタを強調表示して、[編集] を押します。
                                          ステップ 4   フィルタの新しい名前を入力します。
                                          ステップ 5   [適用] をクリックします。
                                          ステップ 6   フィルタを表示するには、[戻る] を押します。

                                          ハント グループ

                                          ハント グループは、大量の着信コールがある組織のコールの負荷を共有するために使用します。

                                          システム管理者はハント グループに一連の電話番号を設定します。 ハント グループ内の最初の電話番号が使用中の場合は、次に使用可能な番号がグループ内で検索され、その電話機にコールが転送されます。

                                          ハント グループのメンバーは、コールを受信する場合にハント グループにログインし、コールで電話機の呼出音を鳴らさなくする場合にグループからログアウトします。

                                          管理者は、ハント グループのキューに関する統計をユーザが表示できるように、[キューのステータス] ボタンを設定します。

                                          グループのいずれの電話機からリストにアクセスする場合でも、グループ コール キュー内のコールには、同じコール識別番号が表示されます。

                                          ハント グループへのログインおよびログアウト

                                          ハント グループからログアウトしても、ダイレクト コールは引き続き電話機に着信します。

                                          手順
                                            ステップ 1   [ハント グループ] を押してログインします。

                                            ビジュアル通知が一瞬表示されます。

                                            ステップ 2   [ハント グループ] をもう一度押してログアウトします。

                                            キューの統計情報の表示

                                            ハント グループ キューのステータスを確認するには、キューの統計情報を使用します。

                                            手順
                                              ステップ 1   [キューのステータス] を押します。

                                              [キューのステータス] ウィンドウが表示されます。

                                              ステップ 2   統計情報を更新するには、[更新] を押します。
                                              ステップ 3   終了するには、[終了] を押します。

                                              割り込み

                                              割り込みを使用すると、共有回線のプライベート以外のコールに参加できます。 つまり、コールを会議に切り替えたり、新しい参加者を加えたりできます。

                                              プライバシー

                                              プライバシーを使用すると、回線を共有する他のユーザから自分のコール情報を隠すように設定できます。

                                              プライバシーは、使用している電話機のすべての共有回線に適用されます。 複数の共有回線を使用していて、プライバシーが有効になっている場合は、他の通話者は該当する共有回線を一切確認できません。

                                              回線を共有している電話でプライバシーが有効になっている場合は、通常どおり、共有回線を使用して通話を発信および受信できます。

                                              割り込みアラートの設定

                                              [割り込みアラート] オプションはデフォルトで [オフ] に設定されており、プロンプトが表示されずに適格な共有回線に割り込むことができます。 [割り込みアラート] を [オン] に設定した場合、アラート プロンプトが表示されます。

                                              手順
                                                ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] に移動します。
                                                ステップ 2   [割り込みアラート] メニュー項目で、[オン] をクリックしてアラートを有効にするか、[オフ] をクリックして割り込みを有効にします。

                                                デフォルトでは、割り込みアラート プロンプトは [オフ] に切り替えられています。


                                                共有回線のコールへの参加

                                                割り込みを使用すると、共有回線のプライベート以外のコールに参加できます。 つまり、コールを会議に切り替えたり、新しい参加者を加えたりできます。

                                                手順
                                                共有回線の赤い回線ボタンを押します。

                                                コールに追加されます。


                                                共有回線でのプライバシーの有効化

                                                手順
                                                  ステップ 1   この機能を有効にするには、[プライバシ] を押します。 この機能が有効な場合は、電話スクリーンにビジュアル通知が表示されます。
                                                  ステップ 2   この機能をオフにするには、[プライバシ] をもう一度押します。

                                                  割り込みのプロンプトの切り替え

                                                  [割り込みアラート] オプションはデフォルトで [オフ] に設定されており、プロンプトが表示されずに適格な共有回線に割り込むことができます。 [割り込みアラート] を [オン] に設定した場合、アラート プロンプトが表示されます。 コールに割り込むには [はい] を選択し、割り込みを取り消すには [いいえ] を選択します。

                                                  詳細については、管理者に連絡してください。

                                                  手順
                                                    ステップ 1   電話機で、[アプリケーション] > [設定] に移動します。
                                                    ステップ 2   [割り込みアラート] メニュー項目で、[オン] をクリックしてアラートを有効にするか、[オフ] をクリックして割り込みを有効にします。

                                                    デフォルトでは、割り込みアラート プロンプトは [オフ] に切り替えられています。


                                                    [割り込みアラート] プロンプト ウィンドウの終了

                                                    割り込みのプロンプト機能が電話機で有効になっている場合、コールへの割り込みを開始するときにポップアップ メニューが表示されます。

                                                    手順
                                                    [いいえ] を押して割り込みを取り消すか、いずれかの回線またはセッション キーを押します。

                                                    [割り込みアラート] プロンプト ウィンドウが閉じます。

                                                    (注)     

                                                    電話機で新しいウィンドウが開くか、新しいアラート ウィンドウが開くか、現在のセッションが割り込みに使用できなくなった場合に、アラートは自動的に閉じます。


                                                    コール監察

                                                    コール監察では、権限を与えられたコール監察ユーザ(監察者)がコールを監察および録音できます。 監察対象のコールには、発信者、監察者、着信者の最低 3 人が関わります。 自分自身が認可された監察者であるかどうかは、システム管理者に問い合わせてください。

                                                    監察者はコールに応答し、会議コールを開始し、その会議コールに留まってコールを監察および録音します。 コール監察機能が設定されている Cisco Unified IP Phone には、録音ボタンもあります。

                                                    監察者がコールを終了すると、会議自体が終了します。

                                                    監察者は、コールの監察中に次のことのみ実行できます。

                                                    • コールを録音する。
                                                    • 1 人の参加者を会議に参加させる。 監察者は、最初の参加者のみ会議に参加させることができます。2 番目以降の参加者は、監察者以外の参加者だけが追加できます。
                                                    • コールを終了する。

                                                    監察コールの録音

                                                    手順
                                                      ステップ 1   着信コールに応答します。

                                                      コールの監視および録音が必要であるとシステムが判断した場合、録音ボタン が表示されます。

                                                      ステップ 2   会議 を押して、会議コールを開始します。
                                                      ステップ 3   追加する通話相手の電話番号を入力し、[コール] を押します。
                                                      ステップ 4   通話相手が応答したら、会議を押します。

                                                      会議が開始されます

                                                      ステップ 5   [録音] を押して、会議コールの録音を開始します。

                                                      会議コールが確立される前にコールの録音を開始することもできます。 この場合、着信コールに応答後に会議を押します。 コールは自動的に保留になり、会議コールを設定している間、録音は停止します。 会議コールが確立されると、録音は自動的に再開されます。

                                                      ステップ 6   監察中のコールを終了するには、[終了] を押します。すべての通話者が切断されます。

                                                      Uniform Resource Identifier ダイヤリング

                                                      Uniform Resource Identifier(URI)ダイヤリングにより、bob@cisco.com など、英数字の URI アドレスを電話番号として使用してコールを発信できます。 接続先を選択するには、URI アドレスを入力する必要があります。

                                                      電話スクリーンに、URI コールのコール情報が表示されます。 URI コール情報は、電話機の通話履歴および [詳細] ページに保存されます。 URI アドレスを伴うコールを受信した場合、URI アドレスは通話履歴に保存されます。 最後にダイヤルした URI アドレスに発信するには、[リダイヤル] を押します。

                                                      管理者による電話機の設定に応じて、着信コール アラート、コール セッション、および通話履歴に対して、URI か電話番号(DN)のどちらが表示されるかが決まります。 DN を表示するように電話機が設定されていても、URI しか利用できない場合は、URI が表示されます。 URI を表示するように電話機が設定されていても、DN しか利用できない場合は、DN が表示されます。


                                                      (注)  


                                                      URI コールは、ソフトキー パッドを使用して発信できません。


                                                      URI アドレスを使用してオンフック コールを発信するには、[ABC] ソフトキーを押して、キーパッド モードを切り替える必要があります。

                                                      URI アドレスを使用してオフフック コールを発信するには、URI アドレスが [通話履歴] または [スピードダイヤル] リストに保存されている必要があります。


                                                      (注)  


                                                      URI アドレスを入力してコールを発信する場合、キーを押してから次のキーを押すまで 10 秒以上の間隔を空けないでください。 入力のない状態が 10 秒続くと、電話機は完全なアドレスが入力されたと見なし、コールを発信しようとします。


                                                      URI ダイヤリングでコールをダイヤルまたは受信するときに、コール ウィンドウと着信コール アラートに完全な URI アドレスが表示されます。

                                                      URI アドレスを入力する場合、最大長は 254 文字です。 完全なドメイン名を入力して、デフォルト ドメインを上書きできます。

                                                      URI ダイヤリングは、次のように電話機の他の機能と連動します。

                                                      • コールを発信するためのスピード ダイヤル エントリとして URI アドレスを設定できます。
                                                      • スピード ダイヤルまたは通話履歴のエントリを使用して、すべてのコールの転送に対する接続先を設定できます。
                                                      • URI アドレスが [スピードダイヤル] リストまたは [通話履歴] に保存されている場合は、URI ダイヤルを使用して、会議コールを開始し、複数の参加者を追加できます。
                                                      • ミートミー会議中、またはグループ コール ピックアップには URI アドレスを使用できません。
                                                      • URI アドレスが [スピードダイヤル] リストまたは [通話履歴] に保存されている場合は、URI ダイヤルを使用したコールの転送を開始できます。
                                                      • スピード ダイヤルまたは通話履歴と関連付けられた URI ダイヤルを使用して、コールの状態(使用中またはアイドル)をモニタできます。
                                                      • 話中または応対不可能な通話相手が応対可能になったときに、URI ダイヤルを開始できます。
                                                      • 表示される URI アドレス情報を非表示にできます。
                                                      • 電話機が Cisco Unified Communications Manager Express and Survivable Remote Site Telephony(CME/SRST)に接続されている場合、URI ダイヤル機能は無効です。 [ABC] ソフトキーは電話スクリーンに表示されません。