Cisco Unified IP Phone 8961/9951/9971 ユーザ ガイド for Cisco Unified Communications Manager 10.0
はじめに
はじめに
発行日;2014/01/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

はじめに

アクセシビリティ機能

Cisco Unified IP Phone 8961、9951、および 9971 には、視覚障がい、聴覚障がい、運動障がいを持つユーザのためのアクセシビリティ機能があります。

これらの電話のアクセシビリティ機能の詳細については、『Accessibility Features for the Cisco Unified IP Phone 8961, 9951, and 9971』を参照してください。

アクセシビリティの詳細については、シスコの Web サイトを参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​web/​about/​responsibility/​accessibility/​index.html

Cisco Unified IP Phone 8961

ここでは、Cisco Unified IP Phone 8961 の属性について説明します。

Cisco Unified IP Phone 8961 の電話接続

次の図を参照して、企業 IP テレフォニー ネットワークに電話機を接続します。

1

DC アダプタ ポート(DC48V)

5

コンピュータ ポート(10/100/1000 PC)の接続

2

AC-DC 電源装置(オプション)

6

ハンドセット接続

3

AC 電源コンセント(オプション)

7

アナログ ヘッドセットの接続(ヘッドセット オプション)

4

IEEE 802.3af および 802.3at 電源対応のネットワーク ポート(10/100/1000 SW)

8

盗難防止用セキュリティ ロック コネクタ(ロックはオプション)

次の図は、電話機の側面を示します。

1

USB ポート

2

アクセサリ コネクタ。Cisco Unified IP Color Key Expansion Module の接続などに使用します


(注)  


各 USB ポートには、サポート対象およびサポート対象外のデバイスを 5 台まで接続できます。 電話機に接続された各デバイスは、最大デバイス数に含まれます。 たとえば、電話機の USB ポートでは、最大 5 つの USB デバイスをサポートできます(3 つの Cisco Unified IP Color Key Expansion Module、1 つのハブ、および 1 つの他の標準 USB デバイスなど)。 多くのサードパーティ製 USB 製品は、複数の USB デバイスとしてカウントされます。たとえば、USB ハブとヘッドセットを備えたデバイスは、2 台の USB デバイスとしてカウントされることがあります。 詳細は、USB デバイスのマニュアルを参照してください。


ボタンとハードウェア

電話機では、次のボタンを使用して、電話回線、機能、コール セッションにすばやくアクセスできます。
  • プログラマブル機能ボタン(左側):回線のコールの表示や、スピード ダイヤルまたはすべてのコールなどの機能へのアクセスに使用します。 (これらのボタンは機能ボタンともいいます)。
  • セッション ボタン(右側):コールに応答する、保留中のコールを再開する、不在履歴表示のような電話機能を開始する(セッション ボタンがアクティブ コールに使用されていないとき)などの操作に使用します。 電話機の各コールは、1 つのセッション ボタンに割り当てられます。


1

電話機の画面

電話番号、コール情報(発信者 ID、アクティブ コールのアイコン、保留中のコールなど)、使用可能なソフトキーなど、電話機に関する情報が表示されます。

2

セッション ボタン

各ボタンは、アクティブ コールやコール機能に対応しています。 このボタンを押したときのアクションは、電話の状態によって異なります。
  • アクティブ コール:電話機は、アクティブ コールに対するデフォルト アクションを行います。 たとえば、呼び出し中のコールに対してセッション ボタン押した場合はコールに応答することになり、保留中のコールに対してボタンを押した場合は、コールが再開されます。 発信者 ID や通話時間などのセッション情報は、セッション ボタンの横にある電話スクリーンに表示されます。
  • コール機能:セッション ボタンがアクティブ コールに使用されていないときには、横の電話スクリーンのアイコンで示される電話機機能を開始するのに使用できます。 たとえば、不在履歴を表示するとき、電話機をオフフックにするとき、またはボイスメール システムにダイヤルするとき(ボイスメール アイコンの横にある場合)にセッション ボタンを押します。
カラー LED はコールの状態を次のように示します。 LED は、フラッシュ(高速で明滅)、点滅(ライトが交互にオン/オフ)、または点灯(ライトが明るいまま途切れない)します。
  • オレンジ色のフラッシュ :呼び出し中のコール。 コールに応答するには、このボタンを押します。
  • 緑色に点灯 :コールに接続している状態または発信コールがまだ接続していない状態。 コールが接続されている場合、このボタンを押すと、コールの詳細または会議コールの参加者が表示されます。 コールが接続されていない場合、このボタンを押すとコールが終了します。
  • 緑色のパルス :保留中のコール。 保留したコールを再開するには、このボタンを押します。
  • 赤色に点灯 :共有回線がリモートで使用中。 コールに割り込む場合にこのボタンを押します([割込み] が有効な場合)。
  • 赤色のパルス :共有回線コールがリモートで保留中。 保留したコールを再開するには、このボタンを押します。

ヘブライ語やアラビア語など、右から左に文字を読むロケールを使用する電話機では、セッション ボタンと機能ボタンの位置を逆にすることができます。

3

ソフトキー ボタン

電話スクリーンに表示されたソフトキー オプション(選択されているコールまたはメニュー項目に対応)にアクセスできます。

4

戻るボタン

前の画面またはメニューに戻ります。

5

リリース ボタン

接続コールまたはセッションを終了します。

6

ナビゲーション パッドと選択ボタン

4 方向のナビゲーション パッドを使用すると、メニューのスクロール、項目の強調表示、テキスト入力フィールド内での移動ができます。

選択ボタン(ナビゲーション パッドの中央)を使用すると、強調表示された項目を選択できます。

電話機が省電力モードまたは Power Save Plus モードのときは、選択ボタンが点灯します(白色)。 省電力モードおよび Power Save Plus モードをオーバーライドするには、選択ボタンを押します。

7

会議ボタン

会議コールを開始します。

8

保留ボタン

接続されているコールを保留にし、アクティブ コールと保留中のコールを切り替えます。

9

転送ボタン

コールを転送します。

10

キーパッド

電話番号のダイヤル、文字の入力、項目番号の入力によるメニュー項目の選択が可能です。

11

スピーカフォン ボタン

デフォルトのオーディオ パスとしてスピーカフォンを選択し、新しいコールの開始、着信コールのピックアップ、コールの終了を行います。 コール中、このボタンは緑色に点灯します。

スピーカフォン オーディオ パスは、(ハンドセットを取り上げるなどして)新しいデフォルト オーディオ パスを選択するまで変更されません。

外部スピーカが接続されている場合、スピーカフォン ボタンはその外部スピーカをデフォルト オーディオ パスとして選択します。

12

ミュート ボタン

コール中にマイクロフォンのオン/オフを切り替えます。 マイクロフォンがミュートになっているとき、このボタンは赤色に点灯しています。 ミュートされている場合、コールの通信相手からの音声は聞こえますが、自分からの音声は通信相手に聞こえません。

13

ヘッドセット ボタン

デフォルトのオーディオ パスとしてヘッドセットを選択し、新しいコールの開始、着信コールのピックアップ、コールの終了を行います。 コール中、このボタンは緑色に点灯します。

ヘッドセット アイコン が電話スクリーンのヘッダー行に表示され、ヘッドセットがデフォルトのオーディオ パスであることを示します。 このオーディオ パスは、(ハンドセットを取り上げるなどして)新しいデフォルト オーディオ パスを選択するまで変更されません。

14

音量ボタン

ハンドセット、ヘッドセット、スピーカフォンの音量(オフフック)、および呼出音の音量(オンフック)を制御します。

着信コールが鳴っているときは、電話機の呼出音を消します。

15

メッセージ ボタン

ボイスメール システムに自動ダイヤルします(システムによって異なります)。

16

アプリケーション ボタン

[アプリケーション] メニューを開閉します。 システム管理者による電話機の設定方法によっては、このボタンを使用して、通話履歴、初期設定、電話の情報などのアプリケーションにアクセスできます。

17

連絡先ボタン

[連絡先] メニューを開閉します。 システム管理者による電話機の設定方法によっては、このボタンを使用して、パーソナル ディレクトリ、社内ディレクトリ、または通話履歴にアクセスできます。

18

電話機のディスプレイ

好みの表示角度に配置できます。

19

プログラマブル機能ボタン(機能ボタン)

各ボタンは、電話回線、スピード ダイヤル、コール機能に対応します。

電話回線のアクティブ コールを表示するには、その回線の電話回線ボタンを押します。

複数の回線がある場合は、すべてのコール ボタンを使用して、全回線のすべてのコールをまとめたリストを表示できます(最も古いコールが一番上)。 [すべてのコール] ボタンが表示されない場合、プライマリ回線は、自動ですべてのコールを表示するよう、システム管理者によって設定されている可能性があります。 設定については、システム管理者にお問い合わせください。

カラー LED は、回線の状態を次のように示します。
  • オレンジ色 :この回線のコールを呼出中
  • 緑色 :この回線のコールがアクティブまたは保留中
  • 赤色 :共有回線がリモートで使用中

ヘブライ語やアラビア語など、右から左に文字を読むロケールを使用する電話機では、セッション ボタンと機能ボタンの位置を逆にすることができます。

20

ライト ストリップ付きのハンドセット

ハンドセットのライト ストリップは、呼び出し中のコール(赤色にフラッシュ)または新しいボイス メッセージ(赤色に点灯)を示します。

単一回線の電話機

システム管理者がどのように電話機を設定するかによって、電話スクリーンの表示内容が決定されます。

1

回線ラベル

回線の電話の情報が表示されます。

2

ヘッダー

日時と、選択された回線に関する情報(電話番号など)が表示されます。

コール中に、コールではなくヘッダーを強調表示している場合は、アイドル状態の電話機と同じソフトキーが表示されます。 これは、コール中に [不在転送] または [発信] ソフトキーにアクセスする場合などに便利です。

3

セッション ボタン ラベル(接続済みのコール用)

その回線で接続されているコールに関する情報(電話番号、通話時間など)が表示されます。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

4

セッション ボタン ラベル(保留中のコール用)

その回線で保留中のコールに関する情報(電話番号、通話時間など)が表示されます。

保留したコールを再開するには、対応するセッション ボタンを押します。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

5

発信アイコン

対応するセッション ボタンを押すと新しいコールを発信できることを示します。

6

ソフトキー

選択(強調表示)されたコールだけに適用されるソフトキー オプションです。

他のコールを選択すると(機能ボタンを押す、ナビゲーション パッドを押す、呼び出し中のコールに応答するなど)、ソフトキー オプションが変更される場合があります。

複数の回線がある電話機

システム管理者がどのように電話機を設定するかによって、電話スクリーンの表示内容が決定されます。

複数の回線がある場合は、[すべてのコール] を使用して、すべての回線上のすべてのコールを表示すると便利な場合があります。 システム管理者は、すべての回線上のすべてのコールを自動で表示するようにプライマリ回線キーを設定することもできます。

一度に多数のコールを処理する場合は、[応答] を使用して一番古い着信コールに応答すると、コール リストを下方向にスクロールしてコールを選択する必要がありません。

詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

1

プライマリ回線ラベル

プライマリ電話回線に関する情報が表示されます。

選択されている回線を確認するには、回線ラベルの青いアイコンを確認します。 この図ではプライマリ回線が選択されており、プライマリ回線に関する情報だけが表示されています。

2

ヘッダー

日時と、選択された回線に関する情報(電話番号など)が表示されます。

コール中に、コールではなくヘッダーを強調表示している場合は、アイドル状態の電話機と同じソフトキーが表示されます。 これは、コール中に [不在転送] または [発信] ソフトキーにアクセスする場合などに便利です)

3

セッション ラベル(接続コール アイコン付き)

選択した回線にかかってきた接続済みのコールに関する情報(コール ステータス、通話時間など)が表示されます。

4

セッション ラベル(保留中のコール アイコン付き)

選択した回線にかかってきた保留中のコールに関する情報(コール ステータス、通話時間など)が表示されます。

コールは、最も古いもの(一番上に表示)から順に、電話スクリーンの右側に表示されます。

そのセッションの保留中のコールを再開するには、保留中のコール アイコンの横にあるセッション ボタンを押します。

5

ソフトキー

選択されたコールだけに適用されるソフトキー オプションです。

他のコールを選択すると(機能ボタンまたはナビゲーション パッドを押す、呼び出し中のコールに応答するなど)、ソフトキー オプションが変更される場合があります。

6

応答ラベル

システム管理者がプログラマブル機能ボタンに応答機能を割り当てた場合に表示されます。

コール リストを下方向にスクロールしてコールを選択する必要なしに、最も古い着信コールに応答するには、このラベルまたは対応するボタンを押します。

7

スピード ダイヤル ラベル

ユーザまたはユーザのシステム管理者がプログラマブル機能ボタンにスピード ダイヤルを割り当てた場合に表示されます。 これは、電話機で 5 つを超えるアクティブ コールを処理することが多い場合に便利です。

8

非プライマリ回線ラベル

コールと、非プライマリ回線に関する情報を表示します。

9

すべてのコール ラベル

すべてのコール機能が有効な場合に表示されます。 すべての回線上のすべてのコールを表示するには、対応するボタンを押します。

コールは、最も古いもの(一番上に表示)から順に、電話スクリーンの右側に表示されます。

通話中の場合は、[すべてのコール] を 1 回押して現在のコールまたはリストの最初のコールを選択するか、[すべてのコール] を 2 回押してヘッダーを選択します。 ヘッダーを選択した場合は、アイドル状態の電話機のときと同じソフトキーが表示されます。 これは、電話機に複数の回線があり、[発信] ソフトキーにアクセスする場合などに便利です。

電話機に複数の回線がある場合は、すべてのコール機能を使用することを推奨します。

システム管理者は、プライマリ回線キーで [すべてのコール] と同じリストを表示するように、電話機を設定することもできます。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

Cisco Unified IP Phone 9951

ここでは、Cisco Unified IP Phone 9951 の属性について説明します。

Cisco Unified IP Phone 9951 の電話接続

次の図を参照して、企業 IP テレフォニー ネットワークに電話機を接続します。

1

DC アダプタ ポート(DC48V)

6

ハンドセット接続

2

AC-DC 電源装置(ネットワーク ポート接続用のオプション、ただし WiFi 接続では必須)

7

アナログ ヘッドセットの接続(ヘッドセット オプション)

3

AC 電源コンセント(オプション)

8

USB ポート

4

IEEE 802.3af および 802.3at 電源対応のネットワーク ポート(10/100/1000 SW)

9

盗難防止用セキュリティ コネクタ(ロック オプション)

5

コンピュータ ポート(10/100/1000 PC)の接続

10

カメラのピン用の穴(Cisco Unified Video Camera 用)

次の図は、電話機の側面を示します。

1

USB ポート

3

スピーカ ポート(オプションの外部スピーカへの出力用)

2

アクセサリ コネクタ。Cisco Unified IP Phone 拡張モジュールの接続などに使用します

4

マイクロフォン ポート(オプションの外部マイクロフォンからの入力用)


(注)  


各 USB ポートは、電話機に接続されたサポート対象およびサポート対象外のデバイスを最大 5 台サポートします。 電話機に接続された各デバイスは、最大デバイス数に含まれます。 たとえば、電話機では、3 台の Cisco Unified IP Color Key Expansion Module、1 台のハブ、もう 1 台の標準 USB デバイスなど、5 台の USB デバイスを側面ポートでサポートし、さらに 5 台の標準 USB デバイスを背面ポートでサポートできます。 多くのサードパーティ製 USB 製品は、複数の USB デバイスとしてカウントされます。たとえば、USB ハブとヘッドセットを備えたデバイスは、2 台の USB デバイスとしてカウントされることがあります。 詳細は、USB デバイスのマニュアルを参照してください。


Bluetooth

電話機は、ヘッドセットが Bluetooth をサポートしている場合は、Bluetooth Class 2 テクノロジーをサポートします。 電話機には Bluetooth ヘッドセットを 5 個まで追加およびペアリングできますが、最後に接続された Bluetooth ヘッドセットがデフォルトとして電話機で使用されます。

ボタンとハードウェア

電話機では、次のボタンを使用して、電話回線、機能、コール セッションにすばやくアクセスできます。
  • プログラマブル機能ボタン(左側):回線のコールの表示や、スピード ダイヤルまたはすべてのコールなどの機能へのアクセスに使用します。 これらのボタンは機能ボタンともいいます。
  • セッション ボタン(右側):コールに応答する、保留中のコールを再開する、不在履歴表示のような電話機能を開始する(セッション ボタンがアクティブ コールに使用されていないとき)などの操作に使用します。 電話機の各コールは、1 つのセッション ボタンに割り当てられます。


1

電話機の画面

電話番号、コール情報(発信者 ID、アクティブ コールのアイコン、保留中のコールなど)、使用可能なソフトキーなど、電話機に関する情報が表示されます。

2

セッション ボタン

各ボタンは、アクティブ コールやコール機能に対応しています。 このボタンを押したときのアクションは、電話の状態によって異なります。
  • アクティブ コール:アクティブ コールに対するデフォルト アクションを行う場合に、このボタンを押します。 たとえば、呼び出し中のコールに応答するには、このコールに対するセッション ボタンを押し、保留中のコールを再開するには、このコールに対するセッション ボタンを押します。 発信者 ID や通話時間などのセッション情報は、セッション ボタンの横にある電話スクリーンに表示されます。
  • コール機能:セッション ボタンがアクティブ コールに使用されていないときには、横の電話スクリーンのアイコンで示される電話機機能を開始するのに使用できます。 たとえば、不在履歴を表示するとき、電話機をオフフックにするとき、またはボイスメール システムにダイヤルするとき(ボイスメール アイコンの横にある場合)にセッション ボタンを押します。
カラー LED はコールの状態を次のように示します。 LED は、フラッシュ(高速で明滅)、点滅(ライトが交互にオン/オフ)、または点灯(ライトが明るいまま途切れない)します。
  • オレンジ色のフラッシュ :呼び出し中のコール。 コールに応答するには、このボタンを押します。
  • 緑色に点灯 :コールに接続している状態または発信コールがまだ接続していない状態。 コールが接続されている場合、このボタンを押すと、コールの詳細または会議コールの参加者が表示されます。 コールが接続されていない場合、このボタンを押すとコールが終了します。
  • 緑色のパルス :保留中のコール。 保留したコールを再開するには、このボタンを押します。
  • 赤色に点灯 :共有回線がリモートで使用中。 コールに割り込む場合にこのボタンを押します([割込み] が有効な場合)。
  • 赤色のパルス :共有回線コールがリモートで保留中。 保留したコールを再開するには、このボタンを押します。

ヘブライ語やアラビア語など、右から左に文字を読むロケールを使用する電話機では、セッション ボタンと機能ボタンの位置を逆にすることができます。

3

ソフトキー ボタン

電話スクリーンに表示されたソフトキー オプション(選択されているコールまたはメニュー項目に対応)にアクセスできます。

4

戻るボタン

前の画面またはメニューに戻ります。

5

リリース ボタン

接続コールまたはセッションを終了します。

6

ナビゲーション パッドと選択ボタン

4 方向のナビゲーション パッドを使用すると、メニューのスクロール、項目の強調表示、テキスト入力フィールド内での移動ができます。

選択ボタン(ナビゲーション パッドの中央)を使用すると、強調表示された項目を選択できます。

電話機が省電力モードまたは Power Save Plus モードのときは、選択ボタンが点灯します(白色)。 省電力モードおよび Power Save Plus モードをオーバーライドするには、選択ボタンを押します。

7

会議ボタン

会議コールを開始します。

8

保留ボタン

接続されているコールを保留にし、通話中のコールと保留中のコールを切り替えます。

9

転送ボタン

コールを転送します。

10

キーパッド

電話番号のダイヤル、文字の入力、項目番号の入力によるメニュー項目の選択が可能です。

11

スピーカフォン ボタン

デフォルトのオーディオ パスとしてスピーカフォンを選択し、新しいコールの開始、着信コールのピックアップ、コールの終了を行います。 コール中、このボタンは緑色に点灯します。

スピーカフォン オーディオ パスは、(ハンドセットを取り上げるなどして)新しいデフォルト オーディオ パスを選択するまで変更されません。

外部スピーカが接続されている場合、スピーカフォン ボタンはその外部スピーカをデフォルト オーディオ パスとして選択します。

12

ミュート ボタン

コール中にマイクロフォンのオン/オフを切り替えます。 マイクロフォンがミュートになっているとき、このボタンは赤色に点灯しています。

ミュートされている場合、コールの通信相手からの音声は聞こえますが、自分からの音声は通信相手に聞こえません。

13

ヘッドセット ボタン

デフォルトのオーディオ パスとしてヘッドセットを選択し、新しいコールの開始、着信コールのピックアップ、コールの終了を行います。 コール中、このボタンは緑色に点灯します。

電話スクリーンのヘッダー行にヘッドセット アイコン が表示されている場合は、ヘッドセットがデフォルトのオーディオ パスであることを示しています。 このオーディオ パスは、(ハンドセットを取り上げるなどして)新しいデフォルト オーディオ パスを選択するまで変更されません。

14

音量ボタン

ハンドセット、ヘッドセット、スピーカフォンの音量(オフフック)、および呼出音の音量(オンフック)を制御します。

着信コールが鳴っているときは、電話機の呼出音を消します。

15

メッセージ ボタン

ボイスメール システムに自動ダイヤルします(システムによって異なります)。

16

アプリケーション ボタン

[アプリケーション] メニューを開閉します。 システム管理者による電話機の設定方法によっては、このボタンを使用して、通話履歴、初期設定、電話の情報などのアプリケーションにアクセスできます。

17

連絡先ボタン

[連絡先] メニューを開閉します。 システム管理者による電話機の設定方法によっては、このボタンを使用して、パーソナル ディレクトリ、社内ディレクトリ、または通話履歴にアクセスできます。

18

電話機のディスプレイ

好みの表示角度に配置できます。

19

プログラマブル機能ボタン(機能ボタン)

各ボタンは、電話回線、スピード ダイヤル、コール機能に対応しています。

電話回線のアクティブ コールを表示するには、その回線のボタンを押します。

複数の回線がある場合は、すべてのコール ボタンを使用して、全回線のすべてのコールをまとめたリストを表示できます(最も古いコールが一番上)。 [すべてのコール] ボタンが表示されない場合、プライマリ回線は、自動ですべてのコールを表示するよう、システム管理者によって設定されている可能性があります。 設定については、システム管理者にお問い合わせください。

カラー LED は、回線の状態を次のように示します。
  • オレンジ色 :この回線のコールを呼出中
  • 緑色 :この回線のコールがアクティブまたは保留中
  • 赤色 :共有回線がリモートで使用中

プログラマブル機能ボタンの位置は、ヘブライ語やアラビア語など、右から左に読むロケールを使用する電話機の場合は、セッション ボタンの位置と入れ替えることができます。

20

ライト ストリップ付きのハンドセット

ハンドセットのライト ストリップは、呼び出し中のコール(赤色にフラッシュ)または新しいボイス メッセージ(赤色に点灯)を示します。

単一回線の電話機 9951

システム管理者がどのように電話機を設定するかによって、電話スクリーンの表示内容が決定されます。

1

回線ラベル

回線の電話の情報が表示されます。

2

ヘッダー

日時と、選択された回線に関する情報(電話番号など)が表示されます。

3

セッション ボタン ラベル(接続済みのコール用)

その回線で接続されているコールに関する情報(電話番号、通話時間など)が表示されます。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

4

セッション ラベル(保留中のコール用)

その回線で保留中のコールに関する情報(電話番号、通話時間など)が表示されます。

保留したコールを再開するには、対応するセッション ボタンを押します。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

5

発信アイコン

対応するセッション ボタンを押すと新しいコールを発信できることを示します。

6

ソフトキー

選択(強調表示)されたコールだけに適用されるソフトキー オプションです。

他のコールを選択すると(機能ボタンを押す、ナビゲーション パッドを押す、呼び出し中のコールに応答するなど)、ソフトキー オプションが変更される場合があります。

複数の回線がある電話機 9951

システム管理者がどのように電話機を設定するかによって、電話スクリーンの表示内容が決定されます。

複数の回線がある場合は、[すべてのコール] を使用して、すべての回線上のすべてのコールを表示できます。 システム管理者は、すべての回線上のすべてのコールを自動で表示するようにプライマリ回線キーを設定することもできます。

一度に多数のコールを処理する場合は、[応答] を使用して一番古い着信コールに応答すると、コール リストを下方向にスクロールしてコールを選択する必要がありません。

詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

1

プライマリ回線ラベル

プライマリ電話回線に関する情報が表示されます。

選択されている回線を確認するには、回線ラベルの青いアイコンを確認します。 この図ではプライマリ回線が選択されており、プライマリ回線に関する情報だけが表示されています。

2

ヘッダー

日時と、選択された回線に関する情報(電話番号など)が表示されます。

3

セッション ラベル(接続コール アイコン付き)

選択した回線にかかってきた接続済みのコールに関する情報(コール ステータス、通話時間など)が表示されます。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

4

セッション ラベル(保留中のコール アイコン付き)

選択した回線にかかってきた保留中のコールに関する情報(コール ステータス、通話時間など)が表示されます。

コールは、最も古いもの(一番上に表示)から順に、電話スクリーンの右側に表示されます。

そのセッションの保留中のコールを再開するには、保留中のコール アイコンの横にあるセッション ボタンを押します。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

5

ソフトキー

選択されたコールだけに適用されるソフトキー オプションです。

他のコールを選択すると(機能ボタンを押す、ナビゲーション パッドを押す、呼び出し中のコールに応答するなど)、ソフトキー オプションが変更される場合があります。

6

応答ラベル

システム管理者がプログラマブル機能ボタンに応答機能を割り当てた場合に表示されます。

コール リストを下方向にスクロールしてコールを選択する必要なしに、最も古い着信コールに応答するには、このラベルまたは対応するボタンを押します。

7

スピード ダイヤル ラベル

ユーザまたはユーザのシステム管理者がプログラマブル機能ボタンにスピード ダイヤルを割り当てた場合に表示されます。

8

非プライマリ回線ラベル

非プライマリ電話回線に関する情報が表示されます。

9

すべてのコール ラベル

すべてのコール機能が有効な場合に表示されます。 すべての回線上のすべてのコールを表示するには、対応するボタンを押します。

コールは、最も古いもの(一番上に表示)から順に、電話スクリーンの右側に表示されます。

現在のコールまたはリストの最初のコールを選択するには、ボタンを 1 回押します。 ヘッダー行を選択するには、ボタンを 2 回押します。これにより新しいコールを発信できます。

複数の回線がある場合は、[すべてのコール] ビューのほうが適切なことがあります。

システム管理者は、プライマリ回線キーで [すべてのコール] ボタンと同じリストを表示するように、電話機を設定することもできます。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

Cisco Unified IP Phone 9971

ここでは、Cisco Unified IP Phone 9971 の属性について説明します。

Cisco Unified IP Phone 9971 の電話接続

次の図を参照して、企業 IP テレフォニー ネットワークに電話機を接続します。

1

DC アダプタ ポート(DC48V)

7

アナログ ヘッドセットの接続(オプション)

2

AC-DC 電源装置(ネットワーク ポート接続用のオプション、ただし Wi-Fi 接続では必須)

8

USB ポート

3

AC 電源コンセント(オプション)

9

盗難防止用セキュリティ ロック コネクタ(ロックはオプション)

4

IEEE 802.3af および 802.3at 電源対応のネットワーク ポート(10/100/1000 SW)

10

カメラのピン用の穴(Cisco Unified Video Camera 用)

5

コンピュータ ポート(10/100/1000 PC)の接続

11

Secure Digital I/O(SDIO)スロット(このリリースでは不使用)

6

ハンドセット接続

 

次の図は、電話機の側面を示します。

1

USB ポート

3

スピーカ ポート(オプションの外部スピーカへの出力用)

2

アクセサリ コネクタ。Cisco Unified IP Phone 拡張モジュールの接続などに使用します

4

マイクロフォン ポート(オプションの外部マイクロフォンからの入力用)


(注)  


各 USB ポートには、サポート対象およびサポート対象外のデバイスを 5 台まで接続できます。 電話機に接続された各デバイスは、最大デバイス数に含まれます。 たとえば、電話機では 5 台の USB デバイス(たとえば 3 台の Cisco Unified IP Color Key Expansion Module、1 台のハブ、もう 1 台の標準 USB デバイス)を側面ポートでサポートし、さらに 5 台の標準 USB デバイスを背面ポートでサポートできます 多くのサードパーティ製 USB 製品は、複数の USB デバイスとしてカウントされます。たとえば、USB ハブとヘッドセットを備えたデバイスは、2 台の USB デバイスとしてカウントされることがあります。 詳細は、USB デバイスのマニュアルを参照してください。


無線接続および Bluetooth

802.11a または 802.11b/g を使用すると、電話機を無線ネットワークに接続できますが、接続の設定はシステム管理者が行います。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

電話機は、ヘッドセットが Bluetooth をサポートしている場合は、Bluetooth Class 2 テクノロジーをサポートします。 電話機には Bluetooth ヘッドセットを 5 個までペアリングでき、接続できますが、最後に接続された Bluetooth ヘッドセットがデフォルトとして電話機で使用されます。

ボタンとハードウェア

電話機では、次のボタンを使用して、電話回線、機能、コール セッションにすばやくアクセスできます。
  • 機能ボタン(左側)を使用して、回線のコールの表示、またはスピード ダイヤルやすべてのコールなどの機能にアクセスします。
  • コール セッション ボタン(右側)を使用して、コールの発信、コールの応答、保留中のコールの再開などのタスクを実行します。 電話機の各コールは、1 つのセッション ボタンに割り当てられます。


1

電話機の画面

電話番号、コール情報(発信者 ID、アクティブ コールのアイコン、保留中のコールなど)、使用可能なソフトキーなど、電話機に関する情報が表示されます。

メニュー オプションやソフトキーなど電話スクリーンの項目は、指で触れると選択できます。

2

セッション ボタン

各ボタンは、アクティブ コールやコール機能に対応しています。 このボタンを押したときのアクションは、電話の状態によって異なります。
  • アクティブ コール:アクティブ コールに対するデフォルト アクションを行う場合に、このボタンを押します。 たとえば、呼び出し中のコールに応答するには、このコールに対するセッション ボタンを押し、保留中のコールを再開するには、このコールに対するセッション ボタンを押します。 発信者 ID や通話時間などのセッション情報は、セッション ボタンの横にある電話スクリーンに表示されます。
  • コール機能:セッション ボタンがアクティブ コールに使用されていないときには、横の電話スクリーンのアイコンで示される電話機機能を開始するのに使用できます。 たとえば、不在履歴を表示するとき、電話機をオフフックにするとき、またはボイスメール システムにダイヤルするとき(ボイスメール アイコンの横にある場合)にセッション ボタンを押します。
カラー LED はコールの状態を次のように示します。 LED は、フラッシュ(高速で明滅)、点滅(ライトが交互にオン/オフ)、または点灯(ライトが明るいまま途切れない)します。
  • オレンジ色のフラッシュ :呼び出し中のコール。 コールに応答するには、このボタンを押します。
  • 緑色に点灯 :コールに接続している状態または発信コールがまだ接続していない状態。 コールが接続されている場合、このボタンを押すと、コールの詳細または会議コールの参加者が表示されます。 コールが接続されていない場合、このボタンを押すとコールが終了します。
  • 緑色のパルス :保留中のコール。 保留したコールを再開するには、このボタンを押します。
  • 赤色に点灯 :共有回線がリモートで使用中。 コールに割り込む場合にこのボタンを押します([割込み] が有効な場合)。
  • 赤色のパルス :共有回線コールがリモートで保留中。 保留したコールを再開するには、このボタンを押します。

ヘブライ語やアラビア語など、右から左に文字を読むロケールを使用する電話機では、セッション ボタンと機能ボタンの位置を逆にすることができます。

3

戻るボタン

前の画面またはメニューに戻ります。

4

リリース ボタン

接続コールまたはセッションを終了します。

5

ナビゲーション パッドと選択ボタン

4 方向のナビゲーション パッドを使用すると、メニューのスクロール、項目の強調表示、テキスト入力フィールド内での移動ができます。

選択ボタン(ナビゲーション パッドの中央)を使用すると、強調表示された項目の選択、クリーニングのための電話スクリーンの無効化、電話スクリーンが省電力モードの場合はその有効化を行えます。

電話機が省電力モードまたは Power Save Plus モードのときは、選択ボタンが点灯します(白色)。 省電力モードおよび Power Save Plus モードをオーバーライドするには、選択ボタンを押します。

6

会議ボタン

会議コールを開始します。

7

保留ボタン

接続されているコールを保留にし、アクティブ コールと保留中のコールを切り替えます。

8

転送ボタン

コールを転送します。

9

キーパッド

電話番号のダイヤル、文字の入力、項目番号の入力によるメニュー項目の選択が可能です。

10

スピーカフォン ボタン

デフォルトのオーディオ パスとしてスピーカフォンを選択し、新しいコールの開始、着信コールのピックアップ、コールの終了を行います。 コール中、このボタンは緑色に点灯します。

スピーカフォン オーディオ パスは、(ハンドセットを取り上げるなどして)新しいデフォルト オーディオ パスを選択するまで変更されません。

外部スピーカが接続されている場合、スピーカフォン ボタンはその外部スピーカをデフォルト オーディオ パスとして選択します。

11

ミュート ボタン

コール中にマイクロフォンのオン/オフを切り替えます。 マイクロフォンがミュートになっているとき、このボタンは赤色に点灯しています。

ミュートされている場合、コールの通信相手からの音声は聞こえますが、自分からの音声は通信相手に聞こえません。

12

ヘッドセット ボタン

デフォルトのオーディオ パスとして有線または無線ヘッドセットを選択し、新しいコールの開始、着信コールのピックアップ、コールの終了を行います。 コール中、このボタンは緑色に点灯します。

電話スクリーンのヘッダー行にヘッドセット アイコン が表示されている場合は、ヘッドセットがデフォルトのオーディオ パスであることを示しています。 新しいデフォルトのオーディオ パスが選択されるまで(ハンドセットを取り上げるなど)、オーディオ パスは変更されません。

13

音量ボタン

ハンドセット、ヘッドセット、スピーカフォンの音量(オフフック)、および呼出音の音量(オンフック)を制御します。

着信コールが鳴っているときは、電話機の呼出音を消します。

14

メッセージ ボタン

ボイスメール システムに自動ダイヤルします(システムによって異なります)。

15

アプリケーション ボタン

[アプリケーション] メニューを開閉します。 システム管理者による電話機の設定方法によっては、このボタンを使用して、通話履歴、初期設定、電話の情報などのアプリケーションにアクセスできます。

16

連絡先ボタン

[連絡先] メニューを開閉します。 システム管理者による電話機の設定方法によっては、このボタンを使用して、パーソナル ディレクトリ、社内ディレクトリ、または通話履歴にアクセスできます。

17

電話機のディスプレイ

好みの表示角度に配置できます。

18

プログラマブル機能ボタン(機能ボタン)

電話回線、スピード ダイヤル、コール機能に対応しています。

電話回線のアクティブ コールを表示するには、その回線のボタンを押します。

複数の回線がある場合は、すべてのコール ボタンを使用して、全回線のすべてのコールをまとめたリストを表示できます(最も古いコールが一番上)。 [すべてのコール] ボタンが表示されない場合、プライマリ回線は、自動ですべてのコールを表示するよう、システム管理者によって設定されている可能性があります。 設定については、システム管理者にお問い合わせください。

カラー LED は、回線の状態を次のように示します。
  • オレンジ色 :この回線のコールを呼出中
  • 緑色 :この回線のコールがアクティブまたは保留中
  • 赤色 :共有回線がリモートで使用中

ヘブライ語やアラビア語など、右から左に文字を読むロケールを使用する電話機では、セッション ボタンと機能ボタンの位置を逆にすることができます。

19

ライト ストリップ付きのハンドセット

ハンドセットのライト ストリップは、呼び出し中のコール(赤色にフラッシュ)または新しいボイス メッセージ(赤色に点灯)を示します。

単一回線の電話機

システム管理者がどのように電話機を設定するかによって、電話スクリーンの表示内容が決定されます。

1

ヘッダー

日付、時刻、および選択された回線に関する情報(電話番号など)が表示されます。

2

プライマリ回線ラベル

プライマリ回線の情報が表示されます。

3

セッション ラベル

選択した回線にかかってきたアクティブ コールに関する情報(コール ステータス、通話時間など)が表示されます。 コールは最も古いもの(一番上に表示)から順に表示されます。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

4

発信アイコン

指で触れると選択できるアイコンで、新しいコールを発信するときに押します。

5

ソフトキー

指で触れると選択できるソフトキー オプションで、選択(強調表示)されたコールだけに適用されます。

他のコールを選択すると(機能ボタンを押す、ナビゲーション パッドを押す、呼び出し中のコールに応答するなど)、ソフトキー オプションが変更される場合があります。

複数の回線がある電話機

システム管理者がどのように電話機を設定するかによって、電話スクリーンの表示内容が決定されます。

複数の回線がある場合は、[すべてのコール] を使用して、すべての回線上のすべてのコールを表示できます。 システム管理者は、すべての回線上のすべてのコールを自動で表示するようにプライマリ回線キーを設定することもできます。

一度に多数のコールを処理する場合は、[応答] を使用して一番古い着信コールに応答すると、コール リストを下方向にスクロールしてコールを選択する必要がありません。

詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

1

ヘッダー

日時と、選択された回線に関する情報(電話番号など)が表示されます。

(コール中に、コールではなくヘッダーを強調表示している場合は、電話機がアイドル状態のときと同じソフトキーが表示されます。 これは、コール中に [不在転送] または [発信] ソフトキーにアクセスする場合などに便利です)

2

セッション ラベル(接続済みのコール用)

選択した回線で接続されているコールに関する情報(コール ステータス、通話時間など)が表示されます。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

3

セッション ラベル(保留中のコール用)

選択した回線にかかってきた保留中のコールに関する情報(コール ステータス、通話時間など)が表示されます。

コールは、最も古いもの(一番上に表示)から順に、電話スクリーンの右側に表示されます。

そのセッションの保留中のコールを再開するには、保留中のコール アイコンの横にあるセッション ボタンを押します。

タイマーでは、コールが 60 分を超えるまで、通話時間を分と秒(MM:SS)でカウントします。 その後、タイマーは、時間と分(HH:MM)でカウントします。

4

ソフトキー

指で触れると選択できるソフトキー オプションです。

5

応答ラベル

システム管理者がプログラマブル機能ボタンに応答機能を割り当てた場合に表示されます。

コール リストを下方向にスクロールしてコールを選択する必要なしに、最も古い着信コールに応答するには、このラベルまたは対応するボタンを押します。

6

スピード ダイヤル ラベル

ユーザまたはユーザのシステム管理者がプログラマブル機能ボタンにスピード ダイヤルを割り当てた場合に表示されます。

7

非プライマリ回線ラベル

非プライマリ電話回線に関する情報が表示されます。

8

すべてのコール ラベル

すべてのコール機能が有効な場合に表示されます。 すべての回線上のすべてのコールを表示するには、対応するボタンを押します。

コールは、最も古いもの(一番上に表示)から順に、電話スクリーンの右側に表示されます。

通話中の場合は、[すべてのコール] を 1 回押して現在のコールまたはリストの最初のコールを選択するか、[すべてのコール] を 2 回押してヘッダーを選択します。 ヘッダーが選択された場合には、電話機がアイドル状態のときと同じソフトキーが表示されます。 これは、電話機に複数の回線があり、[発信] ソフトキーにアクセスする場合などに便利です。

電話機に複数の回線がある場合は、すべてのコール機能を使用することを強く推奨します。

9

プライマリ回線ラベル

プライマリ電話回線に関する情報が表示されます。

選択されている回線を確認するには、回線ラベルの青いアイコンを確認します。 この図ではプライマリ回線が選択されており、プライマリ回線に関する情報だけが表示されています。

システム管理者は、プライマリ回線キーで [すべてのコール] ボタンと同じリストを表示するように、電話機を設定することもできます。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

省電力および Power Save Plus

システム管理者が設定できる省エネ モードには、2 つのレベルがあります。

  • 省電力:使用していない時間が一定の期間が経つと電話機の表示が消えて、必要な電力が低下します。
  • Power Save Plus:所定の時間で電話機の表示が消えて、電話機のオン/オフが切り替わります。 これにより、電話機に供給される電力が大幅に削減されます。

節電

システム管理者が行った電話機の設定によっては、電話機のディスプレイが省電力モードになる(電話スクリーンに何も表示されず、選択ボタンが白く点灯している)場合があります。

電話機のディスプレイをオンにするには、任意のボタンを押すか、何も表示されていない電話スクリーンに指で触れるか、ハンドセットを取り上げます。

Power Save Plus

ご使用の Cisco IP Phone では、Power Save Plus とも呼ばれる、Cisco EnergyWise(EW)プログラムをサポートしています。 節電のための電話機のスリープ(電源オフ)とウェイク(電源オン)の時間はシステム管理者が設定します。

スケジュールしたスリープ時刻の 10 分前になると、選択ボタンが点滅し、指定された時刻に電話機の電源がオフになることを示すメッセージが出されます。 システム管理者によって有効にされている場合は、再生される呼出音も聞こえます。 呼出音は、次のスケジュールに従って再生されます。

  • 電源オフの 10 分前に、呼出音が 4 回再生される
  • 電源オフの 7 分前に、呼出音が 4 回再生される
  • 電源オフの 4 分前に、呼出音が 4 回再生される
  • 電源オフの 30 秒前に、呼出音は、15 回再生されるか、電話機の電源がオフになるまで再生される

スリープ時に電話機が非アクティブ(アイドル)の場合は、電話機の電源がまもなくオフにされることを通知するメッセージが表示されます。 電話をアクティブのままにするには、メッセージの [OK] を押すか、電話機の任意のキーを押す必要があります。 ボタンおよびいずれのキーも押さなかった場合、電話機の電源はオフになります。

電話機がアクティブ(電話中など)の場合、電話機が非アクティブになってしばらく経ってから、保留になっている電源シャットダウンの通知が表示されます。 シャットダウン前に、電話機の電源がまもなくオフになることを通知するメッセージが表示されます。

電話機がスリープ状態になったときに電話機を復帰させるには、選択を押します。 電話機が一定期間非アクティブになっていると、電話機の電源がまもなくオフにされることを通知するメッセージが表示されます。 設定されている復帰時間になると電話機の電源がオンなります。

復帰時間とスリープ時間は、設定済みの通常の労働日にもリンクされています。 要件が変わった(たとえば、勤務時間または勤務日が変わった)場合は、電話機を再設定するようシステム管理者に依頼してください。

EnergyWise および電話機の詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

追加情報

http:/​/​www.cisco.com/​ から Cisco の Web サイトにアクセスできます。

Cisco の Web サイトには次の情報があります。